ヘビキャロに適したリールの選び方の基本・おすすめアイテム!

さて、今回はヘビキャロゲームに適しているリールの選び方について。どういった視点でリールを選んで購入すれば間違いが無くストレスフリーな釣りが展開できるのか?

その選び方の基本的な部分と要点をまとめて紹介していきますね(*^^*)

そしてヘビキャロゲームに向いているリールもちょこっと紹介していきますから、よろしければタックルセレクトの参考にしていただければと思います。

遠投重視のヘビキャロの釣りをする際、タックルセレクトの中でも最も重要になってくるのがズバリ「リール」です。ロッドももちろん重要ですし、ラインセレクトなんかも釣りの快適性に関わってはきますが

リールは飛距離に直接的に影響してくるものなので、使いにくいものを選んでしまうとストレスが溜まってかなり釣りの快適性が損なわれてしまう。ですのでヘビキャロタックルを一式揃えるということであれば、

できるだけリールは良いものを妥協せずに購入した方が幸せなヘビキャロライフを送れると思う!

それでは本題へと進んでいきましょう!



ヘビキャロに適したリールのスペック

まずはヘビキャロゲームに挑戦する際、どのようなスペックのリールを選んでいけば良いのかを簡単に紹介していきます。

  • 糸巻き量:16LB100m以上
  • スプール径:36mm以上
  • ギア比:ハイギア(ギア比7~)またはエクストラハイギア

簡単にまとめてみると、こんなスペックのベイトリールを選ぶのがベーシックかな。もちろん糸巻き量が14LB100mのものでも出来ないことは無いし、スプール径が34mmでも良い。あくまで快適にヘビキャロを楽しむのであればという目安にしてくださいね(*^^*)

続いて、どうしてこういったスペックのリールが遠投のヘビキャロゲームに適しているのかを少し掘り下げて解説をしていきましょう。

ヘビキャロに適したリールの糸巻き量

まず、ヘビキャロゲームに使用するリールを選ぶ際に注目してもらいたいのが「糸巻き量」ですね!最低でも14LB100m、琵琶湖でヘビキャロをするのであれば16LB100m以上巻けるリールを選ぶようにするといい。

3/4OZ~1OZクラスのシンカーを使用してオープンエリアやウィードフラットなどを広範囲に探っていくヘビキャロにおいて、重量級のシンカーをフルキャストしたりヒットしたバスをウィードなどから引きはがして確実にキャッチすることを考えた場合最低でもリールに巻くラインは14LBは欲しい。

特に大型のバスを狙う琵琶湖などの場合は16LB程あった方が圧倒的にやり取りに安心感が出てくる。琵琶湖の場合はエビ藻やカナダ藻などの長さのあるウィードが生えている場所も多く、こういった場所では一気にリールを巻き取ってやり取りしないと魚をキャッチできないことも多いですから。

そしてヘビキャロは飛距離が70m以上になってくるので、これらのメインラインが最低でも100mは巻けないとラインが足りないということになる場合もあるので要注意。(ヘビキャロの飛距離については、ヘビキャロ飛距離測定の記事を参考にしてください)

ヘビキャロに適したリールのスプール径

続いて注目してもらいたいのがスプール径。

スプール径は小さいよりも大きい方がヘビキャロゲームには向いているが、目安は36mm以上、最低でも34mmかな。スプール径が大きいリールの特徴としては

  • 同じ飛距離であれば径が大きいほど少ない回転数で到達できる
  • キャスト後半にスプール径が小さくなり難い
  • 必要以上にブレーキが効きやすい
  • 軽量なルアーは立ち上がりが悪く扱いにくい

こんな特徴がある。簡単にまとめると「ある程度重量のあるルアーがより遠投できる」ってこと!

ヘビキャロは重たいシンカーを使って釣りをするので、軽量ルアーを扱うような小口径のスプールではブレーキが強すぎて飛距離が伸びにくかったり、キャスト後半になるとスプール径がどんどん小さくなっていってしまってバックラッシュは抑えられるが飛距離の低下が目立つようになってくる。ですのである程度径の大きいリールの方がヘビキャロ向きと言えます。

基本的にはスプール径が36mm程のものを基準に選ぶと、より快適でカッ飛び仕様のタックルセッティングになってくる。ちなみに私が使用しているアンタレスDCMDは38mmのスプール径なので、気持ちの良い遠投が可能です(*^^*)

ヘビキャロに適したリールのギア比

ヘビキャロの釣りをするのであれば、ギア比はハイギア以上が間違いなくおすすめ。具体的にはギア比が7以上といった所。

ヘビキャロの釣りをする際、高いギア比のリールが活きてくる点を簡単に紹介すると

  1. 強風時やキャスト後の糸フケの処理
  2. 沖合でアタリが有った時のラインテンションの調節
  3. フッキング~ヒットした魚を引き寄せる際の巻き取りの早さ
  4. 打ち直し時の仕掛け回収の速度

このあたりはギア比の高いリールの方が圧倒的に使いやすい。この中でも特にハイギアが活きてくるのは2と3のバスからのアタリが出た時~キャッチに至るまでの段階かな。

ハイギアで確実なフックアップを

ヘビキャロの釣りをしていると、場合によっては80m沖の場所なんかでバスのバイトが出ることもある。このような時、基本的に水中では糸フケが発生した状態になっています。

特にフロロカーボンラインの場合はボトムに這うようにラインが伸びている状態になっている為、その状態でアワセを入れても水中のラインが持ち上げられるだけになってしまってフッキングパワーが針先にうまく伝わっていない。

ですからしっかり糸ふけを取り、確実なフックアップをする動作が必要になってきます。この時、ギア比の高いリールが活きてくるというわけ。

また、春先のプリスポーン期のちょっと気難しいバスを相手にする場合などはしっかりワームを吸い込んでくれないことも多い。

そうなってくるとワームに微妙なテンションを掛けてバスに食いなおしを促進させたり、場合によってはテンションを緩めたり微妙な調整をする場面もある。このような時も巻き取りが遅いローギアタイプのリールだと、リールを巻く動作の回数が多くなってしまって面倒。ギア比の高いリールの方が少しハンドルを巻いただけでテンションがしっかり変わってくれるので快適ですよ(*^^*)

フッキング後のバスのコントロール性

特に琵琶湖でヘビキャロを楽しむ場合などは、「伸びたウィードをどのようにクリアしてくるのか?」これが非常に重要になってきますね(-_-;)

せっかく沖合で良型のバスをヒットさせても、ウィードに巻かれてキャッチできなかったという経験をしたことのある方は多いと思う。こういった時に巻き取りのはやい高ギア比のリールを使ってゴリゴリとリールを巻いてバスにウィードに潜らせる隙を与えない事は重要になる。

私の場合はロッドは45度ほどで固定してしまって、あとはひたすら全力でリールを巻いてキャッチするスタイルですが、ローギアのリールでこれをやろうとするとハンドルを早く巻かなくてはならないので非常に釣り難くなります(-_-;)

サイズがそれほど大きいバスではなくても、ウィードが絡んでくると予想以上に重たいですし厄介になる。ハイギアのリールをうまく使ってヒットさせたバスのキャッチ率を向上させるのは意外と釣果に繋がる要素です。



ヘビキャロの遠投におすすめなリール

最後に、ヘビキャロゲームにおすすめできるリールを紹介していきます。

シマノアンタレスDCMD

私が現役で使っているリールですが、特に琵琶湖でヘビキャロをやるのであればこのリールが間違いなくベーシックで使いやすいと思います。38mmのスプール径と20LB100mの糸巻き量でヘビキャロの釣りやビッグベイト、バイブレーション、カバー打ちなどといった遠投系の釣りやパワーフィッシング全般を高次元でカバーできるリールですね♪ブレーキシステムも非常に扱いやすく進化しており、ヘビキャロをブン投げると100mのラインでは足りないくらい飛びますよ♪

価格は結構するリールですが、それだけの性能と快適性は持ち合わせているのでヘビキャロゲームを思いっきり楽しみたいということであれば間違いなくおすすめ!

★アンタレスDCMDのインプレッションは「アンタレスDCMD 実釣インプレッション」を参考にしてください。

シマノアンタレスDC

他の釣りもやりつつ、ヘビキャロも楽しみたいということであれば16LB100m巻くことのできるアンタレスDCの方が使いやすいという場面もあるかな。アンタレスDCMDはより重量級のゲームに特化した仕様になっているので、野池なんかで中量級のルアーも使って釣りをしたいということであればこちらの方が汎用性は高いかな。

ダイワジリオンTW HLC

個人的にはシマノのDCブレーキには敵わないものの、Tウイングシステムのラインが無抵抗で出ていく感触は結構好きですね♪以前のHLC搭載のリールは結構ピーキーな感じが有り、空気抵抗が大きいルアーや軽量級のルアーは扱い難さが有りましたが、ジリオンTWHLCは結構マイルドになった感じで扱いやすくなった印象が有ります。

スプール径も36mmで遠投性に優れたリール何ですが、最大の欠点は14LBが100mという糸巻き量・・・・・。16LB以上のラインを巻くと、少しロッドを曲げ込める方が投げたり10号以上のシンカーを使ったりするとラインが足りなくなります(-_-;)

14LBまでのラインを使ってヘビキャロをやるというダイワ派の方におすすめかな~。

ダイワ タトゥーラHLC TW

実際に購入して使い込んだリールではないですが、試投した感じではHLCとはいうものの結構マイルドで扱いやすいかな~といった印象ですね。スプール径が他の遠投系のリールより小さい(34mm)ので、その分キャスト後半の伸びは一歩劣る感じ。それでもコストパフォーマンスには優れているし、扱いやすいのでこれから遠投の釣りをちょっと始めてみたい方には十分おすすめかな。

このリールもそうですが、ダイワのベイトリールは全体的に糸巻き量が少ないのが欠点。14LB105m巻けるスペックなのでジリオンHLCよりは若干マシですが、それでもまだ足りないと言えば足りない。

個人的におすすめなのはやっぱりアンタレスDCMDかなぁ。

ヘビキャロ用リールの選び方まとめ!

私がヘビキャロの釣りをする際、リールを選ぶ際にチェックしていることは今回紹介したような感じかな。遠心ブレーキやマグネットブレーキなどのリールも投げては見ましたが、

やっぱりヘビキャロの遠投にはDCブレーキが1歩抜けている印象はありますね!お金が許すなら、素直にアンタレスDCMDか普通のアンタレスDCを購入することをおすすめします。

それくらい遠投の釣りでは扱いやすいし飛距離もかなり伸びてきますからね!

最後に選び方をまとめておくと、

  • 糸巻き量:最低14LB100m以上(できれば16LB100m巻けると快適)
  • スプール径:36mm以上
  • ギア比:ハイギアまたはエクストラハイギア

こんな点をチェックして選ぶようにしてくださいね。

★まるなか大衆鮮魚ではバス釣りに関するコンテンツも今後どんどん充実させていきます。すべて実釣に基づいたコンテンツになりますので、タックル選びや釣り方、釣行記なども時間が有る時などにご覧ください。何か役立つ情報が見つかるかも。詳しくは「ブラックバス」のページまで。

なお、ヘビキャロの釣り方や仕掛けの自作、おすすめタックルなどについては「ヘビキャロに関する記事一覧」をご覧ください。

では、今回はこのへんで。

それではまた明日会いましょう!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です