庄内湖 和地周辺の釣り場・ポイントを徹底解説!

庄内湖 和地 釣り場 ポイント

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は浜名湖の庄内湖エリアの釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは、和地地区周辺の釣り場ですね。

和地は庄内湖エリアの北の端に位置していて、やや奥まった地形をしています。
潮通しはあまり良くありませんが、チヌやハゼなどを狙うことができ、全体的に水深が浅いシャローエリアが広がっています。

今回の解説を参考に、今後釣行する時の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

和地周辺で釣れる魚・おすすめターゲット

チニング 釣果

和地周辺で狙える主なターゲットを紹介していきましょう。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバスなど
  • 底物:ハゼ・ウナギなど

基本的には庄内湖全体で狙える魚種と共通しています。

ハゼ

和地の周辺は水深が浅く、全体でハゼを狙うことができます。

岸近くには杭や沈み石などがあり、ちょっとした障害物の周りが好ポイントになります。
秋になると、のべ竿を使ってハゼを狙う方をよく見かけますね。

根掛かりに注意すれば、リール竿を使ったちょい投げ釣りで狙うことも可能です。

クロダイ・キビレ

ハゼと並んで庄内湖で人気があるターゲットですね。
和地の周辺もクロダイやキビレを狙うことができ、水深がやや濁っているので、チヌを狙うのに都合が良いです。

餌・ルアー共にチヌは狙えますが、最近はルアーを使ったチニングで狙っている方をよく見かけます。
ワームを使って湖底を探るのも良いですし、状況次第では水面に浮くトップウォータープラグでも釣果が出ます。

釣り場風景

和地 釣り場

和地の北側の角になった付近です。
奥に見えるのはオイスカ高校です。

和地 釣り場

岸沿いには石が入っていて、岸沿いもハゼやチヌを狙うのに適しています。

奥に細い護岸が続いていますが、歩いて進むことができます。

和地 釣り場

こんな感じの足場が広がっています。
足場は若干高さがあるので、チヌなどを狙う時は小継のタモがあった方が良いですね。

和地 釣り場

釣り場は全体的に水深が浅く、湖底が透けて見えるくらいの深さの場所が広範囲に広がっています。
水質はやや濁り気味で、水が綺麗とは言えません。

和地 釣り場

特に岸近くには杭や沈み岩などが入っているので、根掛かることがあります。
水面上には見えなくても、水中で折れて朽ちた杭や木の枝なども所々にあるので要注意です。

和地 釣り場

少し南西側に進んだ場所から北側の眺めです。

和地 釣り場

更に南西側に進むことが可能です。
向こう側の方まで釣り歩くことができ、チヌやハゼを狙う方をよく見かけます。

こちら方面も水深は非常に浅くなっていて、湖底が何となく透けて見えるくらいの深さのシャローエリアが広がっています。

偏光サングラスを掛けて歩くと、所々にクロダイ・キビレの群れを発見しました。
水深が浅いので警戒心が高く、不用意に近づきすぎない方が良いですね。

釣り場の水深・地形

和地周辺の水深ですが、全体的に非常に浅くなっています。
魚探掛けを行ったんですが、水深が浅くてエラーになってしまいました。

オモリを投げた感触では、岸から40mほどの地点で水深はだいたい1m前後といった具合です。
底質は主にやや柔らかめの砂泥底で、オモリを引くとフカフカした感触があります。

しかし、所々に杭やゴツゴツした岩・流木などが沈んでいるので、所々で根掛かるリスクがあります。
特に岸沿いは障害物が多いので、ぶっこみ釣りやルアー釣りの場合は少し注意した方が良いですね。

駐車場

和地周辺には整備された駐車場はありません。
釣り人のマナー違反が原因で釣り禁止になったりすることがあるので、住民の方や通行する車の迷惑にならないように!

おすすめ関連記事

庄内湖の釣り場・ポイントまとめ

庄内湖 釣り場 ポイント 浜名湖 庄内湖エリアの釣り場・ポイントまとめ!

庄内湖エリアの主なポイントをまるっと・詳しく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です