庄内湖 白山鼻の釣り場・ポイントを徹底解説!

白山鼻 釣り場

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は浜名湖の庄内湖エリアの釣り場解説をやっていきましょう。

今日紹介するのは、白山鼻周辺ですね。
岬状に突き出た地形になっていて、水の動きに変化が出るエリアです。

今回の解説を参考に、今後釣行する際の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

白山鼻周辺で狙える魚・おすすめターゲット

チヌ 釣果

白山鼻周辺で狙える主な魚種としては、

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバスなど
  • 底物:ハゼ・ウナギなど

基本的には、庄内湖エリアで狙える水深が浅い汽水域を好む魚を釣ることが可能です。

クロダイ・キビレ

白山鼻周辺は一帯がシャローエリアになっていて、クロダイやキビレが好む石・岩が比較的多く入っています。
ルアーを使ったチニングを中心に、クロダイ狙いに適したポイントになっています。

岸釣り以外にも、ボートでチヌを狙う方もよく見かけます。

岸際を中心に根掛かる場所もあるので、仕掛けをロストしないように注意が必要です。

ハゼ

庄内湖一帯はハゼ釣りの好ポイントになっていて、白山鼻周辺もハゼ釣りが楽しめます。

ハゼは砂泥底に石や岩が混じっているような場所が狙い目で、根掛からない範囲内で障害物の周りを攻めた方が釣果は伸びやすい傾向があります。
岸近くのかなり浅い場所にハゼは差してくるので、のべ竿を使って釣るのもおすすめです。

釣り場風景

白山鼻 釣り場

岬の先端から南側の眺めです。
沖合には養殖棚があります。

この日は養殖棚の周りをボート釣りで狙っている方が何人かいました。

全体的に遠浅な地形になっていて、岸付近はやや大きめの岩が転がっているのが分かります。

白山鼻

岬の北側の眺めです。

こちら側も大きめの岩が沢山入っていて、岸際の障害物はかなり豊富になっています。
古い杭などが届く範囲に刺さっています。

岩にはカキガラが付いているものも多く、根掛かりに注意が必要ですね。

白山鼻

岬の先端から東側の眺めです。
こちら側も似たような地形になっていて、全体的に遠浅です。

右端にボートがあり、チヌをルアーで狙っているようでした。

釣り場の地形・水深

今回は岬の先端付近と先端から北へ40m~50mほど進んだ地点から魚探掛けを行ってみました。
どちらも地形は似たような感じで、岸から40m~45mほどの付近で水深は約1.5m前後、だいたい1.2m~1.6mほどを計測しました。

白山鼻 水深

海底は岸近くを中心に硬い感触で、ゴツゴツした石が多く入っています。
特に岸から近い場所のボトムを攻める時は、ラインの根ズレ・根掛かりに注意が必要なポイントです。

なお、オモリを投げて引いてみると沖合は岸近くほど大きい岩や石は少なく、砂泥底になっているような感触で下。

地形的にはシャローフラットで、急な駆け上がりなどは見当たりません。

水深が浅いので、暖かい時期はトップウォータープラグを使うのもおすすめです。

駐車場

白山鼻周辺には整備された駐車場はありません。
無理な路上駐車など、マナー違反が原因で釣り場が閉鎖されたりすることにつながるので、ルールを遵守するように。

おすすめ関連記事

庄内湖の釣り場・ポイントまとめ

庄内湖 釣り場 ポイント 浜名湖 庄内湖エリアの釣り場・ポイントまとめ!

庄内湖エリアの主なポイントをまるっと・詳しく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です