清水港周辺シーバス釣行 3月のチアユ・ボラッコパターン!

清水港 シーバス釣行

さてさて、先日は夕方からシーバス釣行へと出撃!

ここの所チアユ、ボラッコが増えてきていて魚の動きも活発化している清水港界隈。

チアユがメインの時はまだ釣れやすいんですが、ボラッコがメインベイトになるとボイルが出ていてもルアーに反応し難かったり・・・・。

この日の最初に訪れたポイントのベイトはチアユらしく、細長いベイトフィッシュの姿をチラホラとですが確認。

果たしてチアユに付くシーバスに出会うことはできたのか??




浮遊ゴミに苦戦のシーバス釣行

とりあえず港湾部のポイントに到着し、まずはシンキングペンシルで様子見。

ルアーはワンダースリム70、ベイトがちょっと小さいのと、ここの所魚がセレクティブなのでちょっと弱めで入ります。

まずは表層から順番に攻め、アタリが無いのでカーブフォールを入れながらレンジを下げて探る・・・・。

目に見えるボイルは今回は無し、ただしベイトは多少入っているので魚はそれを意識しているはず。

徐々に潮の流れが出て来たかなぁと思っていると、潮の流れとともに切れた水草やゴミがやってくる(-_-;)

トリプルフックの付いたルアーでは釣りにならない状態になってしまい、キャスト毎にフックにゴミが絡まる状況に・・・・・。

こうなるとワームに頼るしかないので、早めにミドルアッパー+SGヘッド3.5gへとチェンジ。

若干濁りが入っているので、カラーは少し強めなパープル系が入ったものをチョイス。

早速ルアーをチェンジし、魚の反応を見ていく。

シングルフックのジグヘッドなら多少ゴミも掛かるが、なんとか釣りになりそうな感じだ。

水深が浅いシャローの方が良い感じなので、ボトムまでゆっくりとテンションフォールで落とし込み、ひたすらスローにただ巻き。

すると、2投目にガツガツっという気持ちいいバイト。

バシッとアワセを入れると、結構いい感じに突っ込みを見せる。

しかし、ファーストランが止まると全く引かなくなったのでシーバスではない。

ヒットしたのはここ最近の定番、

清水港 シーバス釣行

意外と良いサイズのキビレ。

去年はクロダイが大量発生した清水港、なぜか今のところはクロダイが釣れずにキビレばかりに変わってしまった。

あれほど沢山いたクロダイが居なくなったのか??

普段この時期は乗っ込みに入る2kgクラスのクロダイもルアーにヒットしてくるはずなんだけど。

やっぱり今年の海は今までとはちょっと違い、何かがおかしいね。

ワーミングにシーバスが好反応

とりあえずルアーを変えてキビレがすぐに反応をしたので、どうやらやっていることは間違っていない感じだ。

表層にボイルが出てもおかしくはない感じなんだけど、全く見えないので魚は沈み気味らしい。

こういう魚が沈んだ時はシンペンなどよりも圧倒的にワームが強く、ただ巻きや時々ハンドルの巻き速度を一瞬変えた誘いを入れてあげるとガツンと来ることが多いかな!

どうやら今回もこのパターンがアタリらしく、すぐにガツンとアタリ♪

今度はキビレよりもちょっと重たい感じの引きだけど、サイズは小さそう。

清水港で釣れたシーバス

この時期のアベレージサイズをキャッチ。

シーバスはプラグで釣るのも楽しいけど、私はワームで釣るのも違った楽しみ方が出来て面白いと感じるね!

流れのヨレなどにワームを入れ、ちょっと動きに変化を出すとガツンと来るのがコレはコレで楽しい。

若干潮周りが合っていない為か、またすぐにシーバスが釣れたけどこれまた40位の小さめ。

ちょっと他の場所の様子を見たいので、見切りをつけて移動します。



ボラッコに付く個体をアルカリで・・・・

次にやってきたポイントには、ボラッコらしいちょっと丸い感じのかなり小型のベイトの姿が。

これは結構めんどくさいパターンで、チアユ付きのシーバスよりも釣れないことが多いんだよね(-_-;)

ここも結構ゴミが多く、千切れたオオカナダモ等が沢山流れてくる始末。

時間も無いし、スタートからワームで入ります。

ジグヘッドは同じくSGヘッドの3.5g、ワームはコアマンのアルカリをチョイス。

カラーはクリア系のゴールド、ちょっとだけアピールは有りつつも水に馴染むものを選んだ。

ミドルアッパーよりも少しマテリアルに張りがあり、フラットサイドなのでアピール力が若干強いという認識かな。

また、ボラッコなどの少し偏平しているベイトを食っている時はアルカリが良い事もある。

このあたりはサーフのヒラメなどと違い、シーバスはルアーを選んで食ってくるので上手に使い分けた方が良いね。

早速流れの上流側にキャストし、ドリフトさせつつU字ターンで探ります。

結構ウグイが多い場所なんだけど、まだ少し時期が早い為かウグイっぽい小さいアタリは無い。

若干流れが強いので、レンジを入れるために静ヘッドの5gにチェンジ。

少しずつU字ターンさせる場所をズラしつつ、ボトムギリギリを転がしていくとゴツっとバイト♪

タイミングが良い時間ではないのでサイズは小さめだけど、若干サイズアップしたし狙ったピンスポットで食わせたので良かった。

シーバス 清水港

やせ気味のシーバスでしたが、満足したので今回はこれにて切り上げ。

帰り際に上流部のポイントも見て来たけど、釣り人はポツポツと入っていますね。

まだ春のシーバスは楽しめそうな感じなので、また時間を見つけつつ色んな釣りを気ままにやっていきますね(*^^*)

使用タックル

リール:シマノ 18ステラ3000MHG

ライン:バリバス アバニシーバスPEマックスパワーX8 0.8号+シーガーグランドマックスFX3号

ルアー:ダイワミドルアッパー+デコイ SGヘッド3.5g、コアマン アルカリ+オーナー 静ヘッド5g

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です