カサゴ・ガシラ釣りにおすすめなジグヘッドはコレ。特性別に実釣比較で解説!

カサゴ ガシラ ジグヘッド おすすめ
こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はワームを使ったカサゴ・ガシラのルアー釣り講座をやっていきましょう。

今日のテーマは「カサゴ釣りに使うジグヘッド選びのコツ・実際に私が使っているおすすめアイテム」を紹介。

カサゴ・ガシラ釣りに使うジグヘッドを選ぶ時のポイントなどに触れつつ、基礎基本を詳しく解説します。

1通り目を通してもらえば基礎知識は十分習得できるはずなので、これからジグヘッドリグを使ったカサゴ釣りに挑戦する時の参考にどうぞ。

まるなか

年間250以上の釣行をこなす筆者の経験を基に、カサゴ狙いに使うジグヘッド選びの基本・おすすめアイテムを詳しく紹介するよ

カサゴ・ガシラ釣りに使うジグヘッド選びのポイント

まずはカサゴ釣りに使うジグヘッドを選ぶ時、チェックしておきたいポイントを紹介。
私の場合は

  • フックの大きさ
  • フックの軸の太さ
  • フックの形
  • ジグヘッドの形
  • ジグヘッドの重さ

これらをチェックし、使いやすいものかどうかを判断して選んでいる。

ジグヘッドのフックの大きさ

カサゴ釣りに使うワームは、だいたい2インチ~3インチ前後のものが多い。
しかし、全長は同じであってもボディの太さなどによって、適したフックサイズは少しずつ変わってくる。

標準となるフックバランス

ジグヘッド フック 幅

人によって好みもあるが、私のジグヘッドのフックとワームのサイズ感のバランスはだいたいこれくらいが目安。
私はどちらかというと若干大きめのフックが好みなので、一般的なセッティングと比較すると、標準~やや大きめになることが多いと思う。

基本的には、フックの幅がセットするワームのボディ幅に対して1.5倍~2倍くらいのものを使用することが多い。

ジグヘッド フックサイズ ワームの大きさ

フックは小さすぎても、大きすぎても使いにくい。
ある程度は個人個人の好みで選ぶが、あまりにもミスマッチなものは使わない方が良い。

フックサイズの違いにより

  • 小さめのフック:魚が小さくても吸い込みやすいが、すっぽ抜ける可能性が高くなる
  • 大きめのフック:すっぽ抜けが減るが、やや根掛かりやすい

簡単にまとめると、このようなメリット・デメリットがある。

私の場合、一般的な形状のジグヘッドリグは開けた場所で使うのがほとんどなので、根掛かりに対する強さはそこまで強く考慮していない。
※根掛かりのリスクが大きい時はオフセットフック仕様のものを使うことが多い。

フックの軸の太さ

ジグヘッドのフックはアイテムによって強度が異なっている。
細いものもあれば太いものもあり、特徴によって使い分けると良い。

太軸のフック

太軸で強度のあるフックを搭載しているジグヘッドは、強い負荷を与えても変形しにくいのが大きなメリット。

主に良型カサゴを狙う時に使いやすく、強引なやり取りをしてもフックが伸びずに持ちこたえてくれる。

細軸のフック

カサゴ フック 強度

こうやって聞くとカサゴ釣りでは太いフックの方が良いように思えるかもしれないが、実はそうでもない。

例えば、避けられない根掛かりがあるような場所や、そこまで大きなカサゴが釣れないポイントを攻める時。
こういう時はあえて軸が細いフックを使うという手段も有効だったりする。

フックの強度をわざと少し落とすことで、根掛かりが発生した時にフックを伸ばして回収できるというメリットがある。
無駄に海中に仕掛けを残さないのは、根掛かりのリスクが大きいカサゴ・ガシラ釣りでは結構重要になる。

20cmそこそこ位までのカサゴがほとんどの場所であれば、根掛かったときに回収しやすいフック強度のジグヘッドを使うのもおすすめ。

フックの形

フックの形は意外と重要で、これによって根掛かりにくさやフッキングの良さに違いが出てくる。

カサゴ ジグヘッド フック 形

上のジグヘッドは一般的なストレートポイント、下は針先が外を向いたオープンゲイプと呼ばれる形状(主にアジ狙いで使用される)。
アイテムによっては針先が内向きに曲がっているものもあり、それぞれ特性が少しずつ違ってくる。

  • ストレートポイント:オールラウンドに使える
  • 外向きの開いた形状:フッキング重視
  • 内向き:根掛かりにくさ・吸い込みやすさ重視

それぞれの特徴はこんな感じ。

ストレートポイントを基準に選ぼう

アジング ジグヘッド 外向き

カサゴ釣りに使うジグヘッドを選ぶ時は、アジング用の極端な外向きのジグヘッドは少し使いにくい。
開いた形状のジグヘッドはフッキング率に優れるが、根掛かりやすくて負荷を掛けた時の強度が低下しやすい(カサゴ釣りはアジやメバル狙いよりも負荷がかかりやすい)。

なのでストレートポイントを基準に、若干開き気味のオープンタイプ・内向きのジグヘッドを選ぶのが基本かな。

まるなか

極端にフックが開いたものは、アジ狙い専用のジグヘッドが多いよ!

ジグヘッドの形状

ジグヘッドの形状には種類がある。
代表的なものを紹介すると

カサゴ ジグヘッド 形

このように分類できる。

ヘッド形状選び

カサゴ狙いにおけるジグヘッドの形の選び方だが、私の場合は

  1. ラウンド形状のジグヘッド
  2. オフセットフック仕様のジグヘッド

これらのアイテムを使用することが多い。

ジグヘッド 形状 ラウンド

シンプルな形状のラウンド(球状)型のジグヘッドは、安定して飛んで真下に素早く沈む性質がある。

海底付近でやや倒れやすい傾向があるが、岸壁沿いを落とし込んだり、それほど根掛かりのリスクがない場所で使い勝手が良くておすすめ。
なお、ラウンド形状の派生形として、ヘッドの左右が張り出した「フットボールヘッド」と呼ばれるジグヘッドがある。

これらは海底でフックが倒れにくいので、海底をトントンと叩くのに使い勝手がいい。

オフセットフック ジグヘッド

また、一部のアイテムでは根掛かり回避能力に優れたオフセットフックを使用しているアイテムも存在している。

これらはジグヘッドリグの欠点である根掛かり回避能力を向上したもので、テトラの穴打ちや根がキツい場所でも使いやすい。
カサゴ釣りではかなり使い勝手がいいアイテムなので、根掛かりに悩んでいる方は使ってみると良い。

その他岸壁沿いや開けた場所でワームをダートさせて使う矢じり型のヘッド・一定層を引くのが得意な砲弾型ヘッドなどもある。
ただしあれこれ揃えると複雑になってしまうので、最初のうちはアイテムを絞って揃えると良い。

ジグヘッドの重さ選び

カサゴ・ガシラ釣りでは海底付近を探る機会が多いため、中層を狙うのがメインとなるアジングやメバリングよりも重ためのジグヘッドが使いやすい。

カサゴ ジグヘッド 重さ

目安としてはだいたい3.5g~5g程度を基準に、2g~7g、深場狙いで10g前後の重さを使うことが多い。

詳しい解説は「カサゴ・ガシラ釣りに使うジグヘッドの重さ選び」を参考にどうぞ。

▼【関連記事】カサゴ・ガシラ狙いに使うジグヘッドの重さ選びを徹底解説!

カサゴ ルアー ジグヘッド 重さカサゴ・ガシラ用ジグヘッドの重さ選びと使い分けの基本を徹底解説!

カサゴ・ガシラ狙いにおすすめなジグヘッド

カサゴ ガシラ ジグヘッド おすすめ

最後に、実際に私が良く使っていて使いやすいおすすめなジグヘッドを紹介しておこう。

デコイ ラウンドマジック

  • 形状:ラウンド
  • フック:やや内向きのストレート
  • 重量ラインナップ:0.9g~7g
  • フックサイズ:#8・#6・#4・#3

オーソドックスなラウンド形状で昔からある定番のジグヘッド!

フックキーパーの形状やフック強度がカサゴ釣りにもちょうど使いやすく、堤防周りの岸壁沿いなど、開けた場所を狙う時におすすめ。

カサゴ狙いの場合、フックサイズは#3をメインに、2インチ前後のワームを使う時に#4を使っている。

ラウンドマジック ラインナップ

▼【関連記事】デコイ ラウンドマジックをインプレ

カサゴ ジグヘッドデコイ ラウンドマジックを実釣インプレ!【ライトゲームのオールラウンダー】

ダイワ 月下美人SWライトジグヘッドSS

  • 形状:ラウンド
  • フック:やや細軸のストレート
  • 重量ラインナップ:0.5g~3g
  • フックサイズ:#10・#8・#6・#4

このジグヘッドもオーソドックスなラウンドタイプのアイテム。
何と言ってもコスパが非常に優れており、ジグヘッドの消耗が多いカサゴゲームの強い味方!

3gまでのラインナップなので、岸壁沿いなどをスローに探るのが得意なアイテム。

フックがしなやかなので、強めのラインを使用すると根掛かったときにフックを伸ばして回収できる確率が高いのも特徴!

カサゴ狙いに使うなら、フックサイズは#6・#4がマッチする。

▼【関連記事】ダイワ 月下美人SWライトジグヘッドSSをインプレ

カサゴ フック 強度ダイワ月下美人SWライトジグヘッドSSをインプレ。コスパ抜群!メバリング・ライトゲーム対応ジグヘッド

issei 海太郎 根魚玉

  • 形状:オフセットフック仕様(フック交換可)
  • フック:オーナーマルチオフセット
  • 重量ラインナップ:2g~28g
  • フックサイズ:#4・#2・#1・#2/0

根魚玉は非常に根掛かりに強い、ジグヘッドとテキサスリグの中間的なアイテム。
オフセットフックを使うが、他の一般的な形状のオフセットフック仕様のジグヘッドやテキサスリグよりも明らかに根掛かりが少ないのが最大の特徴!

私の場合はテトラ帯を狙ったり、根掛かりのリスクが大きい場面で使用している。

価格が高いのがネックだが、確かに根掛かりにくいので使い勝手は非常に優秀。

フックはオーナーのマルチオフセットを使用すれば自由に交換ができる。
カサゴ釣りの場合は#4~#2前後を基準に、#6~#1ほどを使うことが多い。

デコイ ロックボム

  • 形状:オフセットフック仕様(フック交換不可)
  • フック:オフセット
  • 重量ラインナップ:2.5g~7g
  • フックサイズ:#4・#2

ロックボムはボトムで倒れにくいフットボール形状のジグヘッドとオフセットフックが合わさったようなアイテム。
普通のジグヘッドよりも根掛かりにくく、コスパに優れているのがおすすめポイント!

まさにカサゴ・ガシラ狙いにピッタリなラインナップになっている。

根魚玉よりも根掛かり回避能力はやや劣るが、初心者の方でも簡単に使えて安いのが嬉しい。

ロックボム デコイ

ティクト メバスタ!

  • 形状:砲弾型
  • フック:やや外向き
  • 重量ラインナップ:0.4g~4g
  • フックサイズ:S・M・L

メバスタはカサゴを専門に狙うというより、アジやメバル・カマス等を狙っている時のボウズ逃れとしてカサゴを釣りたい時に使用することが多いジグヘッド。

2インチ~2.5インチクラスまでのやや小さめのワームに使いやすく(ガルプベビーサーディンやグラスミノーSなど)、浮き上がりにくいヘッド形状と少し開き気味のフックが最大の特徴。

主に岸壁沿いを落とし込んで探ったり、壁際をスローな巻きで使う時に使いやすい。
フッキングの良さは非常に優れており、何とかして魚の顔を見たい時の五目釣りにおすすめなアイテム!

カサゴ狙いの場合はM・Lサイズのフックが使いやすい。

▼【関連記事】ティクトメバスタをインプレ

ティクト メバスタ!を実釣インプレッション。レンジキープ力抜群のジグヘッド!

おすすめ関連記事!

▼【実釣比較セレクト】カサゴに効く!おすすめワーム紹介

カサゴ ガシラ ワーム おすすめカサゴ・ガシラ釣りにおすすめなワーム選び・役立つ基礎知識を徹底解説!

▼【カサゴのルアー釣りをまるっと解説!】カサゴ釣り初心者基礎講座

カサゴカサゴ・ガシラのルアー釣り初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です