オーシャンルーラー ガンガンサーフフラッターをインプレ。低速ただ巻きにおすすめなヒラメ対応ジグ!

ガンガンサーフフラッター インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はヒラメ・マゴチ対応のメタルジグを紹介していきましょう。

 

今日のテーマはオーシャンルーラーの「ガンガンサーフフラッター」をインプレッション。

 

ガンガンサーフフラッターは前後にトリプルフックを搭載しているのが特徴で、主にスローな誘いで使い勝手がいい。

メインターゲットとしてはヒラメやマゴチ・ハタなどの底物系の魚を狙うのにおすすめだ。

こんな感じで、このジグを使って良いサイズのマゴチもキャッチしている。

ガンガンサーフフラッターは初心者の方でも比較的安定した飛距離と使用感で使いやすいアイテムで、簡単操作で使えるのもありがたい。

 

ヒラメ・マゴチ狙いに使うメタルジグを探している方に、アイテム選びの参考になったらうれしく思う。

ガンガンサーフフラッターのスぺック・ラインナップ

まずはガンガンサーフフラッターのスペック・ラインナップについて簡単にまとめておこう。

  • 重量:25g、30g、35g、40g
  • 重心バランス:後方重心
  • フック:前後トリプルフック標準装備

 

ガンガンサーフフラッターはヒラメ・マゴチ狙いを中心とした30g前後のウェイトが細かくラインナップされている。

フックは標準装備になっているので、パッケージから取り出してすぐに使うことが可能だ。

ガンガンサーフフラッター カラー

出典:オーシャンルーラー ガンガンサーフフラッター商品紹介ページ

カラーラインナップはこんな感じで、フラット狙いでよく使われるアピール系カラーが手厚く展開されている。



ガンガンサーフフラッターを「サクッと」インプレ

ガンガンサーフフラッター ヒラメ マゴチ 釣果

ガンガンサーフフラッターの使用感について、私なりの印象を簡単に紹介してみよう。

  • 飛距離:青物用のジグよりは劣るが、必要十分な飛び
  • フォール:バックスライド気味にユラユラっと沈下
  • アクション:レスポンス良好なワイドなウォブンロール
  • 使い方:スローなただ巻きをメインに、軽めのワンピッチジャーク(リフトフォール)など
  • ターゲット:ヒラメ・マゴチ狙いにおすすめ。青物狙いにも対応可

 

ざっくりとインプレッションするとこんな感じで、軽めの操作でスローに探るヒラメ・マゴチゲームに使い勝手がいいジグだと感じる。

飛距離

ガンガンサーフフラッターの飛距離について、少し詳しくインプレを進めていこう。

後方重心で飛行姿勢は安定

ガンガンサーフフラッターは後方にボディの厚みを持たせた設計になっている。

ガンガンサーフフラッター 飛距離

これによってキャスト時の飛行姿勢の安定度は比較的高く、ミスキャストは起こりにくい印象だ。

 

横風や向かい風がある程度吹いていても空中でルアーがグルグルと回転しにくく、しっかりロッドを曲げ込んでキャストすれば飛距離はかなり安定している。

一般的なメタルジグよりも飛距離は多少劣る

飛行姿勢の安定度は高いガンガンサーフフラッターだが、最大飛距離に関してはそこまで良く飛ぶアイテムではないと感じる。

 

私が30gのモデルを8割程度の力でキャストすると、平均飛距離としてはだいたい100mほど(ラインのマーキングにて測定)。

 

原因としては前後に空気抵抗が大きいトリプルフックが装備されていることによる可能性が高い。

一般的な青物用のリアバランスのメタルジグをキャストした場合、30gのモデルでは105m~110mほど飛ばせるので5%~10%程飛びについては落ちる程度かな。

 

しかし、ヒラメ釣りでよく使われるワームなどと比較すれば飛距離の差は明らかだし、必要な飛距離については十分確保できているのでデメリットだと感じることはないかな。

フォールアクション

次はガンガンサーフフラッターのフォールアクションについて紹介していこう。

バックスライド気味のフォール

ガンガンサーフフラッターはリアバランスのメタルジグだが、ストンと真下に素早く落ちるアイテムではない。

フォール時は後方に若干滑るように沈下していくいわゆるバックスライド系のフォールを見せる。

 

フォール中は激しくローリングするわけではなく、ユラユラっとナチュラルにイレギュラーなアクションが入る。

 

バックスライド気味に沈下することで、アクションとフォールのセット回数をしっかり確保しやすいメリットがあるね。

フォールバイトも十分狙える

後方重心のメタルジグはフォールスピードが速くなりやすい。

ガンガンサーフフラッター フォール

しかしこのジグは偏平気味のボディー形状とバックスライドフォールによって沈下速度はそこまで速くはなく、ヒラメやマゴチといった底物狙いの場合でも十分フォールでアタリが出る。

 

私は外道でハタやエソなどもキャッチしているが、十分フォール中にバイトが拾えている。

なので巻きで食わせるだけでなく、フォールも混ぜて使うことで魚のバイトチャンスをより多く引き出せるはず。

ガンガンサーフフラッターの使い方・アクションの質など

ガンガンサーフフラッター 使い方

ガンガンサーフフラッターの主な使い方・アクションの質について解説していこう。

ただ巻き(ストップアンドゴー)

ガンガンサーフフラッターはバシバシとロッド操作を与えて使うのは個人的にあまりおすすめしない。

スローな巻きでもテールをユラユラと振って比較的強めの波動で泳ぐので、大きなロッド操作でアクションを与えるとジグが無駄に動きすぎると感じる。

 

なので基本的にはアクションが立ち上がるスローな巻きで使えば十分で、これにフォールを組み合わせることで動きに変化を与える感じ。

波動自体は比較的強く、ジグがアクションする感触が手元まで比較的しっかり伝わってきやすいね。

 

ガンガンサーフフラッターの良いところは、しっかりテールスイングでアクションしつつもバタバタしないギリギリのセッティングになっている事。

 

後方重心系のヒラメ用ルアーはアイテムによっては非常に波動が強く、波動が強すぎることによって逆に使いにくいものも結構多いんだよね。

このルアーの場合は強すぎないアクション強度に設定されているので、使っていてストレスになりにくくてバランスが良いと感じる。

 

これよりもアクションが大きくなりすぎてしまうと、個人的には波動・引き抵抗が強すぎて使いにくいだろう。

 

なお、ヒラメやマゴチなどの底物を狙うのであれば

  1. スローなただ巻きでハンドル2回転~6回転くらい
  2. 若干テンションを掛け気味にしてフォールを入れて底を取りなおし

 

この繰り返しで魚は十分食ってくる。

フォール中はラインを弛ませてしまうと微妙な居食いを察知しにくくなるので、ラインがある程度張った状態をキープすると良い。

 

フォール中はロッドを動かさずにテンションを掛け続けることを基準に、深場や払い出す潮に乗せる時はゆっくりとロッドを寝かせてラインを徐々に送り込んでいくのもおすすめだ。

 

この辺りは潮の効き具合やフォール中のラインの張り具合によって微調整すると、誘いとフォールの回数をワンキャストの中でより多く稼ぐことができ、効率よく探ることが可能になる。

緩めのワンピッチジャーク(リフトフォール)

ガンガンサーフフラッターはただ巻きでも十分使えるジグだが、風が弱い時や急深なポイントでの釣りの場合は軽くアクションを与えて縦方向の誘いを意識して使うと良い。

 

あまり大きく動かす必要はなく、

  • ロッドは殆ど動かさずにリーリングに緩急をつけて「グリンッ」と巻く
  • リーリングの緩急に合わせ、ロッドを20~30cmくらい軽くチョンチョンと動かす

 

こんな感じの2パターンを使い分けて操作すれば十分。

ナチュラルに動かすときはリーリングのみ。少しキビキビと動きにキレを与えたければ、軽めのロッド操作を与える感じで。

 

アクション自体はリールのハンドル1回転につき1回ジグを操作するワンピッチジャークで十分で、1秒間にハンドル2回転程度までのスローな誘いで使うことが多い。

 

ガンガンサーフフラッターは後方重心で比較的浮き上がりが良いので、ゆっくり巻いても底をズルズルと擦りにくいのでスローな誘いで誘いを掛けやすい。

アクションを与えて使う時もただ巻きと同様ハンドル数回転の誘いにつきフォールを入れるのがおすすめで、レンジキープ&バイトチャンスをしっかり確保するようにしよう。



ガンガンサーフフラッターで狙えるターゲット

最後に、ガンガンサーフフラッターで狙える・効果的なターゲットについて私なりの印象を紹介。

メインはスローに誘うヒラメなど

ガンガンサーフフラッターは比較的波動が強いタイプのただ巻き系のジグという印象がある。

なのでおすすめターゲットとしては、ヒラメやマゴチといった底物系の魚になる。

 

これらを狙うのであれば、スローなアクションでもしっかり動くこのジグの特性がしっかり発揮できるはず。

沈んだ青物狙い

ガンガンサーフフラッター 青物 釣果

一方で青物狙いにもガンガンサーフフラッターは使うことができ、実際に釣果も出している。

しかし緩急をつけた高速巻きや海中でジグをしっかり飛ばすような使い方にはちょっと使いにくいので、低活性な青物をスローなアクションで釣りたい時に出番は限定されるかと。

 

私としては青物をメインに狙う時のジグとしては考えておらず、ヒラメなどを狙いつつ「回遊があったら青物も同時に狙ってしまおう」的な感じかな。

おすすめ関連記事!

▼ヒラメが釣れない・初心者の為の基礎講座

ヒラメ 開拓 条件

ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

2020年4月29日

▼ヒラメ・マゴチ用おすすめメタルジグを紹介!

ショアジギング 冬

私が使うメタルジグを使ったヒラメ釣りにおすすめなアイテム・必要な基礎知識を解説!

2020年6月20日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です