静岡アジング、カマス五目釣行 春の数釣りモード!

さてさて、今回は港の中でライトソルトゲームを楽しんできました(*^^*)

エギングやシーバスも気にはなっているのですが、チアユの接岸が少なすぎることが気になっていまして・・・。

港の中のポイントを回って魚と遊びつつ、チアユの状態を見て回ろうという作戦ですね!

プラン的にはアジングをメインに楽しみつつ、その場にいる魚を狙って行くというゆるいライトソルト五目釣行ですね。

あまり時間が無かったので短時間の釣行となりましたが、結果はどうなったのやら・・・



アジング、カマス五目釣行 春の港湾で数釣りを楽しむ

夕暮れからしばらくしてポイントへ到着。若干風が吹いていますが釣りに支障が出るレベルではなさそう。

港の中も釣り人の姿がだいぶ多くなってきていて、足場が良くて常夜灯があるようなわかりやすいポイントは先行者の姿も多いかな。

それでも常夜灯を外したとしても実際に魚は釣れるのであまり影響はないかな。

沈み根や駆け上がりのあるポイントに目星をつけ、ランガンスタイルで魚を狙って行きましょう!(*^^*)

風を利用して釣果に繋げる

まずは駆け上がりが絡んだ若干明るさのあるポイントからスタート!

例年であればチアユが群れている場所のはずなんですが、今年は見た感じ殆ど姿が見えない(-_-;)

こりゃあ今までに無いくらいチアユがいないのか?

風向きは向かい風ですが、向かい風の時は魚の活性自体は上がりやすいので問題なし。

まずは何が釣れるのかわからないので、2.5gのメバスタ!にガルプベビーサーディンで広範囲を探っていきます。

時折小魚の泳ぐ波紋のようなものが見えますが、それを捕食する魚の姿は見えない。

数投して一度アタリが有ったのですが、すぐに風が強くなってきてちょっと厄介に(-_-;)

しかし、風が強くなり出したらライズが発生♪

出かた的にアジのような感じかな。メバスタだと若干レンジが入りすぎてしまう感じがしたので、ジグヘッドをジャッカルのスイスイスイムジグヘッドにチェンジ。重さは2.1gですね。

ワームもチビキャロスワンプに変えて、カウント5~15位のレンジを丁寧に探る。

すると、ココンという子気味良いアタリ。

風が強くてラインが流されてしまうためか、すぐに吐き出されてしまいましたね・・・・。

アジっぽい魚が居ることは分かったので、立ち位置を変えてルアーが変な方向から風を受けないように調整。すると、またすぐにアタリが有りました!

今度は離されないように、そのままワームを引き続けて追い食いさせる。そしてスーッとロッドを立てていくと無事ヒット!

あまり大きくはないですが、ギュンギュン引いてくれて楽しめました(*^^*)

16cmとかそのくらいかな。小型でちょっと細めでしたが無事アジをゲット。その後、もう1匹アジをすぐに追加することに成功。

アジングなんかは特に最近は軽量タックルが主流になってきています。しかし重ためのジグヘッドでも普通にアジは釣れるし、ルアーやラインのコントロールが簡単なのでmしっかり重たいジグヘッドを使って釣りを覚えた方が良いかなぁと思いますよ(*^^*)

周りに何人か釣り人の姿も見えましたが、どの方も1g程度の軽そうなジグヘッドを使っていても釣れている様子はありませんでしたしね。

ここでアタリが少し遠のいたので場所を移動してみることにします。

 

ポイントを移動し、やってきたのはまた向かい風の場所です。このポイントもチアユの姿は確認できず(-_-;)

ちょっとやばそうな感じもしますが、良いサイズのカマスが出る場所なので期待もしている。

ちょっと風が強い状態なので、ジグヘッドはメバスタ!の3gで探っていきます。しっかりカウントダウンを入れ、ただ巻きと巻き落としを使ってサーチ開始。

するとアタリは出るもののフッキングしない。ラインをまっすぐにする基本的な釣り方だと、魚が嫌がっているのか?

今度はあえて風を若干横方向から受けるようにキャストし、若干ドリフト気味に巻いてくる。

と、コツコツというアタリ。こりゃあヤツだなと思ったのでバシッとアワセ( ̄ー ̄)

結構いい突っ込みを見せはするものの重量感はあまりないかな。最後はネットを使うまでもなさそうなので、ササっと抜き上げ。

今度はカマスゲット♪

例年であれば、この時期は40cmを超えるサイズが釣れるはずなんですが今年はやっぱりおかしい。

大きいカマスでも32~33cm程といった所かな?若干体型も細いものが多いですが、それでもうまくドリフト気味に引いてくるとアタリが出る。レンジも結構深めの所が反応が良く、3gのジグヘッドが丁度いい♪

結局カマスは10本くらいキャッチすることができましたがアタリは結構小さいですし、うまく引いて来ないと全くアタリもしないので若干シビアでしたね(-_-;)



ラストは明暗狙い

再びポイントを移動し、やってきたのはわかりくい明暗の発生している場所。先行者もいないので、これなら1匹くらいは何かしら釣れそうかな!

このポイントもベイトフィッシュの姿は小型のハクとシラスっぽい何かの稚魚。チアユのような若干サイズの有る小魚の姿は無し。

多少風も止んできていて、このまま無風になってしまうと若干魚の活性も落ちそうな感じなのでササっと釣ってしまわねば。

明暗の明るい場所から順にキャストしてルアーを通していく。

するとすぐにゴツンとバイトが有りましたが、弾くような感じのバイトで掛けられず。

同じようなコースを何度か通してみたのですが再び食ってくる様子は無いので今度は暗い場所を探っていく。

しっかりルアーをボトム付近まで沈め、テロテロとスローに巻いてくる。

と、1投目でゴツンという衝撃!

バシッとアワセを入れると、ズズズっと魚が動き出す感触。すぐに強い突っ込みが有りましたが、走り回る感じではないかな。

重量感自体はまずまずあるので、これはヒラメか何かかな?

根ズレするような場所ではありませんので、ラインブレイクの心配はしなくていいのでゆっくりやり取り。

結構元気に突っ込むんですがすぐに止まる。

何度かドラグをちょっと出されましたが確実に寄せてきてライトを照らすとちょっと少子抜け?

釣れてきたのは体高の有るフッコでしたね(*^^*)

シーバス系の引きの感じではなかったのでヒラメかなぁと思ったんですが。エラ洗いも全くせずに下へと突っ込む引き方でした。

チアユが港内に接岸してくると、この位のフッコ~70位までのシーバスが結構数釣り出来たりするんですが、今年はまだそのパターンにはなっていないので普段の年とは何かが違う。

それでもアジやカマスもまずまず釣れて楽しめたので良かったかな。

で、家に帰ったら機になるアイテムが着弾していました。

18イグジストの、FCモデル2000S-Pですね!

次回からこのリールを導入してライトソルトゲーム全般もやっていこうと思っているんですが、若干ハンドルが短いかな?

またお金が無くなるのが辛いですが、ハンドルの長さが変わるとフィーリングが変わってしまうので嫌なんですよね(-_-;)

ダイワさんいい商売してますな。

使用タックル

ロッド:がまかつ ラグゼ宵姫華S-74L

リール:ダイワ 12イグジスト2004

ライン:デュエル アーマドF+Pro0.3号,シーガーグランドマックスFX1.75号

ルアー:ジャッカル スイスイスイムジグヘッド2.1g、ティクトメバスタ!2.5g,3g レインズチビキャロスワンプ,ガルプベビーサーディン

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です