静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

先日、静岡サーフに初めて来られる方や、初心者の方等におすすめの釣り場案内等を簡単にさせていただきました。

今回は少し掘り下げてみて、地元民である私なりの道具の選び方や最も基本となる釣り方等について紹介していきたいと思います。

人気のサーフのヒラメ釣りですが、基本的な考えや方や釣り方はどこの釣り場でも通じるものはあります。しかし、静岡サーフ特有の地形など、特性に合わせた釣り方を意識することで

より安定した釣果を上げることが可能になると思います。

大きなヒラメを一発釣ることより、1年を通じで良い時悪い時を含めてどれだけ安定的にヒラメをキャッチし続けることができるか?また、釣れているという状況に左右されて混雑する釣り場で大勢が横一列で真っすぐルアーを投げ続けるのも否定はしませんが、やっぱり1番楽しいのは自分で釣れそうな場所を見つけて釣りをして、狙い通りにヒラメやマゴチをキャッチしていくことですよね!

今回はそういった静岡サーフでヒラメやマゴチを釣る時に注意すること、意識することを中心にお話をさせていただきたいと考えています。

普段から静岡のサーフでヒラメを狙っているけれど、思ったように釣れない方や遠方からフラットフィッシュを釣りに釣行を予定されている方の戦略作りなどにお役に立てていただければ嬉しく思います。

素人アングラーである私ですが、以前は毎朝静岡サーフでヒラメを狙ってロッドを振る時期がありました。そんな私でも10カ月ほどでヒラメやマゴチを500枚ほど釣り上げることに成功していますから、静岡サーフはそれくらいポテンシャルを秘めた魅力のあるフィールド。

前置きはこれくらいにして置き、早速本題へとお話を進めていきたいと思います。

★まるなか大衆鮮魚では、サーフのフラットフィッシュゲームに関する記事は多数記載してあります。よろしければ「サーフ ヒラメ釣り」のページをご利用くださいね(*^^*)



静岡サーフのヒラメ釣りのいろは

まずは静岡サーフでヒラメを狙って釣りをする際の特徴や攻略のカギとなる部分を紹介していこうと思いますね(*^^*)

静岡サーフのヒラメ釣りの特徴

①急深サーフ

静岡サーフは全国的、世界的にも水深が深いことで有名な駿河湾に面したフィールドになっています。沖合に10分も船を走らせるとバラムツやサットウ(アブラソコムツ)などを手軽に狙えるような地形をしています。

ですので波打ち際を除けば水深が有る程度ある場所が殆どで、サーフィンを楽しめるような遠浅のサーフとは違った顔をしているのが最大の特徴になってきます。

この急深な地形は三保半島を中心に形成されており、安倍川河口まで基本的には似たような急深なサーフが形成されています。普段遠浅のサーフでヒラメやマゴチを狙っている方にとってはルアーが着底するまでの時間が長くなったりして初めは少し違和感があるかもしれません。

水深は大体100m程キャストして5~7,8mくらいの場所が多く、三保半島の先端付近になると着底の把握ができないほどガクンと更に水深が深くなり、西側に行くと少しづつ浅くなっていくのが基本的な地形になります。

この急深な地形により、払い出しや駆け上がりなどといった海中の変化を見た目で判断するのが難しく、どのようにポイントを選べばいいのかはじめは戸惑うかもしれませんね(-_-;)

基本的に急深な地形である駿河湾に面した静岡サーフですが、遠浅の場所と比較すると

魚の密度は低いがどこにもヒラメが生息している可能性が高く、爆発力としては少ないが1年を通じて安定して釣果を出しやすい傾向があるというのが特徴になります。

ですので、目で見える変化を探してポイント選びをするというよりは

テトラポッドの切れ目の沖合にキャストしたり、ほんの少し波の立ち方が変化している場所や波の打ち寄せるタイミングがずれている場所、岸際の地形が急になっている所やなだらかになっている所の境目、波打ち際のマテリアルが石から砂に変わっているところなどを目安にすればいいと思います。

それでも今までずっと静岡サーフでヒラメを狙ってきた私の感触としては、

そこまで細かなピンスポットでヒラメを狙って釣るのは難しく、どこに釣り座を選んでも釣り方さえしっかりしていれば大差なくヒラメは釣れる。

と感じています。実際に入シーズンともなるとヒラメ狙いのアングラーが非常に多く訪れますから、狙った場所にエントリーするのは難しかったりしますね(-_-;)

それでもほんのちょっとした変化や、潮の流れ方を意識してルアーを投入する角度などに意識を置けばヒラメはしっかり答えてくれますからね!

②1年を通じてヒラメ、マゴチが狙える

お住いの地域によってはヒラメやマゴチが狙える時期がハッキリと決まっている場所もあると思います。比較的水深のある静岡サーフはヒラメにとって生活しやすい環境が整っている為なのか

真冬でも真夏でも全くヒラメがいなくなるということは無く、1年通じて同じポイントでヒラメを狙って釣りをすることができるのでオフシーズンというものは基本的に存在していません。

マゴチも同様で、梅雨頃からの暖かい時期はもちろん、真冬でもしっかり釣れるので気が抜けませんね。

③青物の回遊も見込める

春~年明け位までの水温がある程度高い時期には青物とヒラメ・マゴチなどを同時に攻略できるというのも静岡サーフの魅力でしょうね!

全く同じタックルで同時狙えますから、青物のチェイスが有ったら少し中層付近を意識して狙ってみたりすると良いですね。

ワカナゴ~ワラサ、ブリクラスはベイトの接岸次第で長い時期狙うことができますし、夏場を中心にカンパチが狙えます。

サゴシ~サワラは初秋から初冬位までが面白くなってきます。私は1年通じて40gのメタルジグだけでヒラメやマゴチを狙っているので、青物もフラットフィッシュも道具を変えることなくそのまま状況によって狙えるのでとてもお手軽です♪

静岡サーフに来られる際は、メタルジグなんかも1つくらい持っておくといざという時に役立ちますよ!

静岡サーフのヒラメ釣りの時期

静岡サーフのフラットフィッシュゲームは1年を通じて楽しむことができますが、当然その土地にはその土地の1年の流れというものがあります。

静岡サーフにもおおよその1年の流れというものは存在しており、私なりに感じている1年を簡単にまとめてみますね。

なお、サーフのヒラメ釣りの1年の流れをより詳しく知りたいという方は「サーフヒラメ 時期、シーズンの基本的な流れを解説」をご覧ください。

春:爆釣と撃沈が紙一重

季節としては主に3~5月下旬ころまででしょうか。

実は、静岡サーフで一番気難しい季節が春だと思います。

ヒラメやマゴチのほかに、回遊次第でイナダ~ワラサなども狙える時期になりますが、水温が安定しない事や春の濁り潮などの発生によってヒラメの活性が著しく低下することが良くあります。

この厄介な濁り潮は4月頃に発生することが多くてこの時期の釣果は安定せず、1年を通じてもヒラメの魚影がかなり薄くなることもあります。

水温上昇が安定してきて、大体5月くらいになってくるとヒラメやマゴチの釣果が安定してくるようになるので、遠方からお越しの方はGW位からの水温がある程度安定してくるタイミングで釣行されることをおすすめします。

詳しい春の時期のヒラメ釣りについては「サーフヒラメ 春の時期の攻略法、釣り方の基礎!」に記載がありますのでよろしければご覧くださいね(*^^*)

夏:青物交じりのにぎやかな海

夏の静岡サーフのヒラメ釣りですが、基本的には良型が狙いやすい梅雨明けまでの時期と梅雨明け後の盛夏の小型のソゲが主体になる時期に分けることができます。

6月~7月上旬くらいの時期はまだ水温が上がりきっていない為、ヒラメの活性も比較的高いことが多いですね(*^^*)

梅雨前線からのウネリが厄介になりますが60cm~の産卵を意識しているヒラメをまだ狙うことができて、日によっては大型ヒラメが複数釣れることもあります。

梅雨明けが発表されてますます暑さが本格化していく7月下旬~9月上旬頃は水温がかなり上昇していますが、この真夏の時期であってもヒラメやマゴチは十分に狙えます。

水深の比較的浅い場所ではソゲサイズがかなり増えてきてアベレージサイズは若干落ちますが、水深の深い場所や港の周辺を狙うと良型のヒラメが釣れることも。

またワカナゴやカンパチなどの回遊がスタートするので、30g~40g程のメタルジグを用意しておくと、これらの回遊魚で楽しく遊ぶことができます。

注意点としては、ハンマーヘッド(シュモクザメ)や、アカエイなどもかなり増えてきます。サメは釣れた魚とやり取りしていると魚を横取りされたり、エイは海底付近を丁寧に探っていると掛かってきます。

どちらもかなり重量があり、ルアーをロストしたり場合によってはロッドの破損などにつながるので気を付けましょう。特にエイは河口周辺や水深の浅い場所で群れていることが多いので要注意!

テトラポッドが等間隔で入っていることが多い静岡サーフでエイやサメがヒットしてしまうと

左右に走られた場合にはテトラにラインが擦れてラインブレイクを起こしたり、テトラ上で釣りをしている際は足元のテトラに突っ込まれてロッドを破損したりすることがあるので気を付けてください。毎年被害にあう方がいらっしゃいますので・・・。

なお、夏のヒラメ釣りに関しては「サーフヒラメ 夏の攻略法・釣り方の基礎」に詳しいものがあるので、時間のある時などにご覧くださいね。

秋:最も手堅く釣れる数釣りシーズン!

水温が気温の低下に少し遅れて下がってくる10月くらいからの秋のヒラメシーズン。この10~1月上旬程までは最も多彩な魚種が狙えて、なおかつヒラメの接岸数も安定していることが多く、数釣りが楽しみやすい季節になります。静岡サーフが最も盛り上がる時ですね!

魚種としてはヒラメやマゴチのほかに、タチウオやイナダ~ワラサ、カンパチやアジ、サワラなども回遊次第で釣果が出ますので、日によっては五目釣りが楽しめることも。

秋のシーズンは最も手堅くヒラメやマゴチの釣果が出やすくておすすめな時期になります。

サーフのヒラメ釣りに入門したい方や遠征で静岡サーフに釣行したいという方は、まずはこの秋の時期に釣行してみるのがおすすめかな!

海水温の変化によって年ごとのズレは存在しますが、基本的には秋のシーズンから12月下旬~年明けの1月上旬くらいまでは比較的安定してヒラメやマゴチの釣果が出ることが多いですよ。釣行の際の目安にしてみてくださいね。

冬:急深サーフの強み、意外と釣れる時期

1~3月頃の冬の時期は季節風が強く、静岡サーフは釣りにならないことも多いです。急深な地形のサーフは多少荒れた程度の時は波が立ちにくいこともありますが、ある程度荒れてくると沖合のウネリが手前の駆け上がりで一気に力が収束します。そうなると手前の波打ち際で一気に大きな波が立ちやすいのでとても危険ですし釣りどころではなくなることも。

朝マズメなどは比較的風が弱いことも多いのでそれでも釣りに行けるタイミングはありますが、日中~夕方は強風に悩まされることが多い時期ですね。

釣果としては、水深が有る程度深いということが影響しているのか

遠浅のサーフと比べれば安定して釣果が望めるのが冬の静岡サーフのヒラメ釣り。遠征で来られるには厳しいかもしれませんが、朝マズメなどを中心に丁寧に探ればヒラメやマゴチは十分狙えますね!

正直、春の濁り潮の季節よりは遥かに安定して釣果が出せる印象はありますね。この季節は一般的に冬のランカーシーズンだといわれていますが、実際はそこまで目立って大きなヒラメが釣れることはあまりなく、あくまでタイミング次第といったところです。静岡は水温が比較的高いことが影響しているのかもしれません。

大体1月上旬くらいまでは秋シーズンからの続きで比較的ヒラメや狙いやすい時期が続き、その後2月や3月になると水温低下が一段と進んで釣果が少し落ちます。

この時期になってくると、ワームでスローに誘うというよりはメタルジグを使って海底に潜んでいるヒラメの目の前にジグを落とし込んでリアクションバイトを狙うイメージで釣りをすると良いかな!

アタリは小さかったり、ヒラメがルアーの泳ぎについて来れないことが多くなりスレ掛かりになることもありますが、しっかり狙えば1年中静岡サーフでヒラメは狙えますよ!

ざっくりとですが、これが1年の簡単な流れになります。



静岡サーフヒラメ釣り タックル選びとチェックポイント

急深でテトラポッドが並ぶ静岡サーフ。釣りをする際に注意する点や今まで使ってきた道具を紹介していきます。よろしければ戦略を作る際の参考にしてみてください(*^^*)

ロッド選び:テトラ際の攻防を想定しよう

静岡サーフで釣りをする際、厄介なのがテトラポッドの存在です。

魚を掛けた際にテトラ際で攻防になると、大型のヒラメやマゴチがヒットした時は特に魚のコントロールが難しく、場合によってはラインブレイクの可能性も増えてきます。特に、大型のヒラメなどはかなり水中での抵抗も大きくなるので要注意ですね。

こうなってくると、短いロッドでは魚の引きをコントロールするのが少し難しくなってきます。長いロッドの方が取り回しは悪くなりますが、その分魚のコントロール性は上がります。

今まで色々な長さのロッドを静岡サーフで使ってみましたが、バランスが良いのは10.6~11フィート弱くらいまでの10フィート台後半のロッドになります。10フィートクラス位までのロッドは軽量になるので釣りをしていて疲れにくいというメリットはありますが、テトラを躱してやり取りをしたりするのにはあまり向いていませんね。

静岡サーフで釣りをする際は、ランガンしながら広範囲を探ってもあまり釣果に繋がらないことが多いです。人も最近は多くて移動するのも難しいことも多いですしね(-_-;)

おすすめなのがその時の潮の流れ方を把握し、どの角度でルアーを引いたらルアーが一番しっかり泳ぐのか?ロッドティップからルアーまでのラインが真っすぐになるのか考えて決めた場所でキャストして釣りを続けるスタイル。この時、どうしても釣果を出すには横方向にルアーをキャストしなければ釣れないような時もあるため、どうしても魚をヒットさせたらテトラ際で攻防を余儀なくされるということもありますね。

また、急深なサーフは波打ち際の駆け上がりが少しきつく入っていることもあります。このような場合はロッドを高く掲げてヒラメを海底から引きはがしてやり取りをする必要が出てくるということも良くあります。

となると、操作性と魚をコントロールする性能のバランスが良いのが10フィート台後半くらいの長さのロッドになる。11フィートクラスのロッドになると、釣りをしていて疲れやすい傾向があるので私は11フィートの長さのロッドは今の所使用していませんね。

また、ロッドのキャストウエイトは最大で40g前後まではしっかり投げられるものを選びましょうね。私は40gのメタルジグで1年中静岡サーフでヒラメを狙って釣りをしますが、

30gのメタルジグでは潮の流れが早い時や2枚潮などになった時に着底がハッキリしなかったり、水中のラインがフケてしまってうまくルアーを狙い通りにコントロールできない時があります。また、ヒラメ釣りはルアーが重くなったからと言ってそこまで釣果に影響するということは無いように感じます。

急深サーフでもしっかり着底が取れて狙ったようにルアーをコントロールするために、40g程度のキャストウエイト表記のロッドを選ぶと良いですね!

私が使用しているロッドは10.7フィート、最大42gの表記のロッドですが、実際の強度は非常に強いので50g程度のメタルジグまでフルキャスト出来るものを使用しています。

リール:シマノ・ダイワLTシリーズ4000番

リールの大きさはこれで決まりとみても良いと思います。人によっては1周りボディやローターが小さい3000番などを使っている方も見かけますが

ボディ強度が低くて巻き上げ時の強度が足りなかったり、リールのハンドルの巻き具合でルアーにアクションを付けた際にうまくアクションを付け難いと感じますね(-_-;)

大型ヒラメや青物、エイなども掛かってくるや、テトラ際や駆け上がりを確実にクリアするということを考慮すると、

リールの番手はシマノ、ダイワのLTシリーズであれば4000番、ダイワの旧シリーズならば3012番が一番バランスが良くて使いやすいですね。

私は掛けた魚はかなり強引に寄せるタイプなのでなおさらボディーが強く、巻き上げ力のあるものが使いやすいと感じています。このリールのサイズはサーフのフラットフィッシュゲームでは結構重要で、使いやすさに結構差が出ますよ。ある程度強度があり、巻き上げ力の強いものの方が圧倒的に釣りをしていて楽ですね♪

ライン:PE1号200m、リーダーは6号前後を1ヒロを目安

静岡サーフでヒラメ釣りを行う場合、飛距離と強度のバランスを考えると

メインラインのPEラインは1号を基準に選び、ショックリーダーに関しては6号前後を1ヒロ程接続しておくのが最もベーシックでしょうか。

PEラインの長さは150mでは足りないということも出てくるので必ず200m巻きを用意します。また、単一カラーのPEラインでも良いのですが

静岡サーフでヒラメを釣っていると、ヒラメのアタリの出る距離が決まっているということに気づいてくる方もいるでしょう。そうなってくると10m毎にカラー分けのされているラインは非常に有効。

沖合い100m付近などでヒラメがよく釣れたりすることもありますから、こういった遠方でヒラメのアタリが良く出るスポットを感覚的に把握するのは非常に難しいと思います。色分けされているラインを使えば、非常に正確にヒットしやすい飛距離を把握することができるので釣果に直結しますね(*^^*)

丈夫で長持ち、滑らかさも十分でコストパフォーマンスにも優れた8本撚りのPEラインですね。私は普段このラインを使って静岡サーフでヒラメ釣りを楽しんでいますよ!

ショックリーダーはフロロカーボン製の方がどちらかと言えば人気ですが、口切れによるバラシが目立つという方等はナイロン製のショックリーダーもアリだと思います。

私は普段よつあみのフロロカーボンのショックリーダーかシーガーグランドマックスFXを使用しています。最近はしなやかさを重視してグランドマックスFXを使う機会の方が若干多いかな?といった所。

スーパージグマンX8、グランドマックスFXの詳しい使い心地などのインプレッションは「よつあみ スーパージグマンX8 徹底インプレッション」、「シーガーグランドマックスFX 詳細インプレッション」に詳しい記載があります。どちらも非常に強くて扱いやすいラインですので、サーフのヒラメ釣りに使うラインでお悩みの方はよろしければ参考にしてみてくださいね。

ルアー:しっかり着底を確認できるものを

普段から静岡サーフでヒラメ釣りを楽しんでいるわたくしまるなか。

釣具屋さんやメーカーの方には怒られるかもしれませんが、

普段ヒラメ釣りで使用するのは40gのメタルジグのみです。必要最低限のタックルで釣りをする方が楽なので、今はアイマガン吉40gをメインに使って時々ジャクソンギャロップフォールを入れていくスタイルです。

カラーは全て自分で釣れそうだと思うものに塗装しなおしてあるので、市販されているものとは少し違うけれど実績は十分です(*^^*)

どちらのジグもワームのようにスローに誘うこともできるし、ジグならではのリアクションバイトを狙うこともできるのでとても使用できる速度範囲が広くて1年中釣果を出すことができます(*^^*)

詳しいインプレッションについては「アイマ ガン吉 徹底インプレッション」、「ジャクソンギャロップフォールエディション 徹底インプレッション」を参考にしていただくと良いかな。別にこのルアーでなければ釣れないというわけではないですが、どちらも基本性能をしっかり備えていてヒラメを狙いやすい要素が詰まっています。

ヒラメ釣りはシーバス釣りなどと違い、

細かなルアーの違いによる釣果の差が非常に出にくく、波動の種類がどうだとかカラーがどうだとかといった細かな違いよりも

同じルアーを使い続けて釣り場の潮の流れの変化などを適切に、とにかく敏感に感じること!

これが静岡サーフでヒラメを安定してゲットしていくには一番重要だと感じています。実際40gのメタルジグだけを使ってヒラメやマゴチをボウズ無しで1か月間釣り続けたりすることができていましたから、多分ルアーの差は関係ないんだと思います。

もちろん、人によってワームが好きだったりバイブレーションが好きだったりという好みの問題はありますから、皆さんが釣れそうだと感じて信じて投げ続けるルアーを使い続けること。

そしてそのルアーと仲良くなって魚が釣れる状態の潮の流れを知ることができるようになると、釣果は一気に安定してくると思いますよ!

朝夕マズメの静岡サーフでヒラメが釣れるのってある意味当たり前なんですね。特に難しいことを考えずにボトムを取ってチョコチョコルアーを動かしていれば、目の前にヒラメやマゴチがいてくれれば普通に釣れてしまいます。

ですが、それって時合いの力で釣っているだけであって腕によるもの等ではないです。まして釣り座が混雑していて真っすぐに投げることしかできないような場所で釣れても、それって運の要素が大きすぎる。

そういった場所で釣りをしなくても、マズメの時間以外に安定してヒラメを釣ろうと思ったら潮の流れを知ることが最大のキーになるんですよね!

そんな風に感じているので、私は40gのメタルジグを使って釣りをしています。最近は釣り人が多くなってきていて80m~の遠距離でバイトが多発すること等も多いので、飛距離が出せるルアーは非常に強力な武器になりますし、遠く出かけた方が魚とのやり取りがしっかり楽しめますしね。

カラーの選び方ですが、ジグやプラグ、ワームなどは関係なしに

迷った時は良く目立つピンクやホワイト、ブラック系などを中心に揃えておけば静岡サーフのヒラメ釣りは十分楽しめますよ!

詳しいカラーの解説などはサーフヒラメ メタルジグのカラーセレクトの基本」を見て頂くと、メタルジグのみならずワームやプラグにおけるルアーカラーの選び方の参考になるかな。

メタルジグの操作方法については「サーフヒラメ メタルジグのアクション・使い方の基本」なんかに目を通してみると、メタルジグを使ってヒラメを釣るイメージがしやすいかな。他にも色んなコンテンツを作成してあるので、暇なときなんかに色々目を通していただくと時間つぶしにもなって良いと思います(*^^*)

その他にもサーフのフラットフィッシュゲームに関する記事は多数記載してありますので、よろしければ「サーフ ヒラメ釣り」のページをご利用くださいね(*^^*)

まとめ

今回は静岡サーフにおけるヒラメ釣りについて、基本となる部分について解説させていただきました。静岡にお住まいの方はもちろん、周辺の他県に住んでいる方も多くの方が静岡サーフのヒラメ釣りに注目が集まっていますね。遠くからわざわざ静岡に足を運んでいただけるのはとても嬉しい事ですし、マナーをしっかり守って釣りを楽しみたいものですね。

釣り場でのごみ処理や駐車スペースのトラブルなどには細心の注意を払って、皆さんがいつまでもヒラメ釣りを楽しめるフィールドを守っていきましょう。

では今回はこの辺で。それでは、良い釣りを!

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • まるなかさん、こんにちは。奇遇にも昨日前浜インしました。放水路の近くに住んでます。ただ当日は風が強くハウルで2時間ほど粘りましたがヒラメさんは釣れませんでした。記事参考にしてまた出掛けてみますね。色々教えて下さい。

    • こんにちは、まるなかです。

      ヒラメ釣りは潮の通り具合など、どうしても運の要素が非常に多いですからある意味仕方がないですね(-_-;)
      釣れない状況下では、釣りを延々と続けて目の前に落ちたルアーを食ってくる個体を見つけたりすることになりますから、辛抱の釣りになりますね・・・・。

      ヒラメ釣りにも気が向いた時に出かけますので、よろしくお願いします(*^^*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です