シマノ ソアレモモアジを徹底インプレッション!

ソアレ モモアジ インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はアジやメバルなど、ライトゲーム用ワームのシマノソアレモモアジの特徴や使用感などを詳しくインプレ。

モモアジは繊細なシルエットと波動が特徴的で、食い渋りの状況下や小型魚が多い場面でも非常に使いやすいワーム。

安定した食わせ能力・フッキング性能で使いやすいですね!

忖度なしにインプレしていくので、ワーム選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

モモアジのスペック・ラインナップ

  • 全長:1.8インチ
  • 素材:高耐久マテリアル

モモアジはアジやメバルなど、だいたい20cm前後のターゲットを狙う時に使いやすい1.8インチのストレート・ピンテールワーム。

ダイワの月下美人シリーズのような伸縮性のあるマテリアルを採用しており、数釣りにも手返しよく対応できます。

モモアジを「サクッと」インプレ!

モモアジ アジング 釣果

モモアジの使用感を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:比較的優秀
  • 耐久性:優秀
  • アクション:軽快な操作感で潮を切り裂く。キレの良いアクションと微波動で高い食わせ能力
  • 使い方:ただ巻き・リフトフォールなどオールラウンド
  • リグ:ジグヘッドリグなど
  • ターゲット:小型~中型までのアジやメバル・セイゴ・カマス等に

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

モモアジは潮をしっかり受けてアクションするワームというより、スルスルっと潮を抜けて必要以上の存在感を出さないタイプ。

常夜灯周りなど、小場所から魚を抜いていく時などにかなり使いやすいですよ!

飛距離

モモアジの飛距離ですが、ワーム自体は細身で自重自体はあまりないです。

ですので、0.5gなどの軽いジグヘッドをセットして無風時の使用における遠投性能はそこそこといった具合。

一方で0.8gや1g前後、それ以上といったある程度重量のあるジグヘッドを使用したり、風が吹く状況下での投げやすさはかなり優秀。

ボディに深いリブや細かいパーツが付いてない分、ヘッドの自重を活かしやすいからですね。

風が吹いてもワームの抵抗による失速が目立ちにくく、スパッとキャストできます。

沈下速度も程よくスピーディーなので、少し深いレンジにワームをキッチリ沈めこみたい時や、潮が流れている状況への対応力も優れています。

耐久性

ワームの耐久性に関してですが、非常に良く伸びる高耐久素材を使用しているので一般素材のワームよりも明らかに持ちます。

モモアジ 耐久性

アジ狙いで使用するのであれば、魚を釣り上げた時に丁寧に針を外せば半永久的に使えますね。

モモアジに使用している素材ですが、ダイワの月下美人シリーズに代表される高耐久素材採用のワームとしてはやや張りが強めでしょうか。

モモアジ マテリアル

吸い込み重視の超ソフトな素材ではなく、程よい硬さがあるのでワームのズレ難さも良い感じ。

ジグヘッドのシャンクへの密着性が高く、テンポよく数釣りが可能。

まるなか

漁港内の数釣りアジングなど、手返しよく釣果がのばせる

モモアジのアクション・使い方

ただ巻き

モモアジの使い方ですが、1つめはシンプルなただ巻きですね。
個人的には最も使用頻度が高く、モモアジの特性を活かしやすいと感じています。

アジングではリフトフォールを使う機会が多いですが、ただ巻きの方が良く釣れることも多いですから。

ただ巻きで使用すると、小さなヒレ+極小テールが微妙に潮を受けて弱めな波動を発生。

モモアジ 形状

マテリアル自体はやや張りがあるので、海中でウネウネとワームがワイドに動くのではなく、あくまでも微波動。

特にシラスやキビナゴの幼魚など、細身のベイトフィッシュを食っている状況下ではただ巻きをメインに使うのもおすすめです。

食いが悪い時は超デッドスローのただ巻きで巻き落としを使ってみたり。
逆に小魚系ベイトが逃げ惑っていたり、激しめのライズが出ている時は中~高速巻きで操作すると、本気食いで深いバイトが連発したりします。

モモアジ 釣果

キビナゴ付きの良く肥えた良型アジをモモアジで。
激しくライズしている時は少し速めの誘いが良く効きますね。

リフトフォール・シェイク

もう1つはロッドアクションによる縦方向の誘いを入れるパターン。

個人的にはただ巻きで釣れる時は巻きの釣りで対応することが多く、使用頻度としては若干低めですね。

リフトフォールやシェイクは特にアジ狙いで使う機会が多くなりますが、モモアジは極小テール+テール付け根の若干のクビレにより、ロッド操作を加えた時の必要な動きを確保。

しかし、ワームが大きくしなるのではなく、あくまでもテール付近を中心とした細かい・繊細な動きになっています。

細かいロッド操作や少し速めのアクションに対するレスポンスが良く、強すぎない波動で誘いたい場面に使いやすいワームですな。

全体的に細身な1.8インチということで、アジやメバル狙いに使うワームとしてはオールラウンド~若干控えめなボリューム感。

ベイトフィッシュがかなり小さい時でも違和感を与えたり魚をスレさせにくく、中々絶妙なサイズ・形状ですね!

まるなか

若干小さめな細身のシルエットを活かした使い方を意識してみよう

適したシチュエーションなど

アジ・メバル・セイゴ・カマス等におすすめ

ソアレモモアジは名前にこそ「アジ」と入っていますが、小場所狙いにおけるライトゲーム五目釣りにしっかり対応できます。

モモアジ ムツ 釣果

ボリューム感はやや控えめなので、ある程度魚の居場所が絞れている時や常夜灯周りの釣りにおすすめ。

アジ以外にもメバルやセイゴ・カマス等に使いやすい印象。

細い小魚系ベイトを食うパターンに強い!

モモアジはスレンダーで食い込みが良いワームなので、釣れる魚のサイズが10cm台など、少し小型が目立つ場面でも安定したフッキング性能を誇ります。

だいたい20cm台中盤くらいまでの魚がアベレージになる時におすすめで、細身のシラスやキビナゴ・シラスウナギなどを捕食するパターンで特に強いですね。

一方でプランクトンパターンなどでも使えないことは全くないので、汎用性は結構高いと感じます。
ベイトフィッシュの種類などの状況が良くわからないが、釣れる魚が大きくはない時の1投目に使うのもおすすめ。

一方で良型魚を狙う時や、ベイトフィッシュが少し大きい時はワームの存在感が小さくなり、状況によってはアタリの数が少し減ることもあります。

そういう時はもう少しボディがファットなものや、深めのリブ・パーツによる波動が強めに出るものにローテーションすると良いです。

モモアジ アジ

モモアジは吸い込みが良い形状なので、魚が小さい時にも効果的。

まとめ!

アジ 釣果

今回はシマノのソアレモモアジの使用感や使い方をインプレしました。

  • 自重は軽いが、抵抗が小さいのでヘッドの重さを活かした遠投が出来て風の影響も受けにくい
  • 耐久性が高いマテリアルを採用していて裂けにくい。程よい張りもある
  • 波動は弱め。素早く逃げる小魚系ベイトを演出するのが得意
  • 細身のボディで吸い込みは良好。小型のターゲットでも安定したフッキング性能
  • アジやメバル・セイゴ・カマス等のライトゲームにおすすめ

要点をまとめるとこんな感じですね。

若干控えめな1.8インチのストレート系ワーム。
持ちもかなり良く、数釣りしたい場面で特に効果を発揮する使い勝手が良いワームですぞ。

おすすめ関連記事

アジング用おすすめジグヘッド紹介

アジング用ジグヘッドのおすすめはコレ。実釣比較で使用感を解説!【実績から選ぶ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です