12月の初冬の静岡ライトゲーム釣行 薄い魚影に渋い釣り

サバ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は港の中へライトゲーム釣行に行ってきました。

最近メッキは少し減り気味で、おまけにカマスもポツポツ釣れてはいますが、好調には程遠い状態ですね。
この年々釣れなくなっていく状況、何とかならないものですかね・・・(-_-;)

ライトゲームなんて以前はボウズ逃れに最適な釣り方でしたが、今となっては全くライトな釣りではありません(笑)
適当にやってもボウズになる可能性が高く、色々作戦を練ってやらないと魚が釣れない時代になってしまいました。

そんな微妙な状態の静岡中部ですが、果たしてどんな展開に?

冬の澄潮+潮悪く苦戦の釣行

潮スカスカの展開

とりあえず最初はカマスメインで色々狙えるポイントへ。
少し向かい風が吹いていますが、波気立っていないので釣りはしやすいですね。

港内もかなり冬っぽくなってきて、海底まで透けて見えるような状態になっています。
クロダイがチラホラ見えますが、やつらは地元特有の超スレた個体。

ラインが水面に落ちただけで一目散に逃げたり、かなり離れた場所のルアーの着水音にも警戒するので、ルアーで釣るのは不可能に近いです。
ですので、見えているクロダイは無視して沖の中層~深場を狙います。

先発はDUOのトトシャッドをチョイスし、中速の巻きとストップアンドゴーで探ってみます。

全く潮が効いていないらしく、ルアーの引き抵抗が釣れない時の感触です(-_-;)

少しずつ歩いて移動しながら釣っていくと、忘れた頃に着水直後の巻き出しでバイト。
強く引き込みはしませんが、スピード感がある横っ走り。

イケカツオとは少し違う感触なので、何かと思って寄せてみると・・・

サバ 釣果

この時期ほとんど釣れた記憶がありませんが、微妙なサイズのサバをキャッチ。
小規模に群れていたようで、次のキャストでもサバが釣れました。

その後またアタリが無くなり、ランガンしていくと30cm弱ほどのカマスが1匹。

何となく予想はしていましたが、これはかなり渋い展開ですね・・・・。
これからは夕マズメが絡む時間なので、夕マズメの状況変化に期待するしかなさそうです。

ポイント移動で激渋のカマス

その後反応が無いのでポイントを移動しました。

次もカマスやメッキが釣れる実績がありますが、こちらもかなり潮が澄んでいて生命感に乏しい。
サビキ釣りの人が1人だけいますが、他に釣りをやっている方はいません。

ここは一気にボトム周辺を狙った方が良さそうなので、ワームにチェンジします。

デルタマジックヘビーの5g+ダート8の2インチの鉄板の組み合わせで。

ボトムまで沈めたら数回スローに誘い上げ、その後ボトムを取り直すボトムワインド的な誘いで探ります。
このパターンは深場に落ちたカマスやメッキにかなり効果がありますね。

ジックリとワームを沈めてダートアクションでリアクションバイトを拾う作戦ですが、なかなかアタリはありませんな・・・。

静岡中部の不調の原因は不明ですが、カタクチイワシやシラスといったベイトフィッシュが極端に少なくなったのは間違いなく影響していると思います。
そのベイトフィッシュが接岸してこなくなった原因を知りたいですね。

以前静岡中部が良く釣れた時は、1年中港の中にシラスやカタクチイワシが居ましたからね。

最近はベイトフィッシュが全くいない状態が普通になってきていて、フィッシュイーター達は何を食っているのか疑問に思うこともあるくらいですから。

生命感が無い海に向かってワームをキャストし続けると、忘れた頃に食い上げバイト。
即合わせはせずにただ巻きをして魚との距離を詰めていくと、モゾモゾッと穂先に重さが。

ここで合わせを入れて無事ヒット。

カマス 釣果

渋い中での1匹だったので、サイズは大きくないですがちょっと嬉しい。

どうやらカマスが時々周ってくるらしく、忘れた頃にアタリが出て釣れます。
連発する気配は全くないので難しいですが、入れ食い状態よりも1匹を釣る楽しさはありますね。

そんな感じで30cm前後のカマスを4匹ほど追加しました。

夕マズメの1発狙い

日が暮れて暗くなる時間が来たので、ここで少しポイントを変えてみます。
夕暮れの一瞬に時合いがあるスポットを狙いましょう。

かなり日没が早くなってきて、ポイントに着いた時には既にある程度暗くなってしまいました。
しかし、ここは真っ暗になるタイミングが一番のチャンスタイムなので、まだ大丈夫なはず。

沖に駆け上がりがあって根掛かるポイントなので、ルアーはそのままダート8で。

ボトムまで沈めて駆け上がりの斜面を打って行きますが、1投目でフグにワームをやられました・・・・。

フグの攻撃を受けると釣りにならないので、ワームを月下美人ダートビームにチェンジ。
このワームならフグの攻撃をある程度耐えてくれるので、こういう状況下で活躍します。

どんどん日が沈んできて真っ暗になってきましたが、丁寧に誘い続けると、フォール中にガツっとバイト。

合わせを入れたんですが掛からず、再び誘ってからフォールさせると狙い通りに追い食い。

今度はしっかりヒットし、カマスとは違う重量感のある突込みです。

メッキ 釣果

狙い通り、メッキが釣れました。
釣れるか少し不安はありましたが、やはり時合いがありましたね。

時合いが一瞬で終わるのも予想通りで、その後は反応が無くなったので数回キャストして撤収しました。

こういう短時間に決まったルートに入ってくる魚を釣っていると、琵琶湖のバス釣りを思い出しますなぁ。
琵琶湖のバスもこんな感じで、決まった時間になると決まったポイント・角度・距離・レンジで魚が釣れたりします。

琵琶湖の場合は釣れてくるのが平均で2kg~3kg程の良型ブラックバスになるので、楽しくて週2とかで通ってましたね。
最近バス釣りは全くやらなくなってしまいましたが、家の裏が琵琶湖だったらまたやりたいですな。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 21ナスキーC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:DUO テトラワークストトシャッド、ドリームアップ ダート8 2インチ、ダイワ 月下美人ダートビーム2インチなど

おすすめ関連記事

全て管理人の実釣経験・実績に基づいたコンテンツになっています。
紹介するアイテムは実費を払って購入&公平な視点で使用感をチェックし、使いやすいものを選抜してあります。

ライトワインド初心者講座

ライトワインド 釣果 ライトワインド初心者講座 タックル選び・必要な基礎知識まとめ!

五目釣りが楽しめるライトワインドに必要な基礎知識をまるっと解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です