四国遠征釣行① 爆風のライトゲーム

アナハゼ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日から気になる土地のポテンシャルチェックの釣り旅に出発しました!

とりあえず最初は高知・愛媛方面の四国エリアを調査してみます。
釣り場の状況や街の様子などを見て、今後の拠点を決めようと思います。

しかし、ネットで情報を探してみても静岡中部とは違い、ほとんど釣り情報が集まらない(笑)
結局地図を見て適当に釣り場を探し、実釣調査するしかなさそうです。

果たしてどんな旅になるのか?

夕マズメのライトゲームで様子見

とりあえず日が沈む前の時間帯にちょっと見ておきたかった場所へ到着。
ホテルのチェックインまで少し時間があるので、簡単にライトゲームで探ってみることにします。

記録更新のアナハゼで開幕(笑)

とりあえず釣り人が誰もいない小規模な漁港を探ってみます。
問題点としては風がめちゃ強く、風速は8mくらいありそう。

おまけに水面まで距離があり、釣りにくくてキャストする釣りはほぼ不可能かな~。

とりあえずこういう時は岸壁沿いを探るしかないので、ベビーサーディンにメバスタの2.5gをセットして釣り開始。

岸沿いは良い感じに捨て石が入っていて、何とか着底が把握できます。
適当にテクトロのような感じで歩きつつ、フワフワとワームを動かして風を使ったドリフト気味の誘いで様子見。

するとすぐにアタリがありましたが、一瞬重さが乗っただけでバラシ・・・。

風が強すぎてうまくアタリも分からないし、ラインテンションが抜けてしまうので厄介だなぁ。
静岡中部の場合は岸壁沿いを探ってもカサゴすらまともに釣れない状態なので、それと比べたら魚はやはり多いんだろう(笑)

そんなこんなで歩き回っていくとまたアタリがあり、今度はヒット。

若干鋭い引きがありましたが、すぐに引かなくなりました。
何かなぁと思いつつ巻き上げてくると・・・

アナハゼ

サイズ感が良く分からないですが、20cmオーバーのアナハゼ(笑)
静岡で釣れるのはだいたい10cm台後半位までなので、今まで釣ったアナハゼで一番大きい★

やはり、九州や四国のポテンシャルは桁違いなのか?

カサゴ・小型のメバルが連発

どうやら岸壁沿いのかなり深い場所に魚が集まっているらしく、スローに・ジックリ探りを入れるとアタリが頻発します。

カサゴ

メインで釣れてくるのはカサゴで、小型~20cmそこそこまでのサイズがポンポン釣れます。
静岡で釣れる黒いカサゴと違い、海が綺麗なので赤色が美しい。

カサゴに混じり、静岡では貴重な存在となったメバルも釣れましたが、サイズは15cm弱くらいの小型のみ。

そんなこんなで夕暮れになり、まだ少し時間があったのでナイトゲームも少しやってみようかと思ったんですが、爆風+極寒になってきたので今回は引き上げることに。

今回探った地域は常夜灯も全くない感じで、真っ暗なので場所を大きく移動しないとアジを釣るには少し難しい感じでしたね。
おまけにロングドライブでさすがに少し疲れたので、ホテルへ行ってすぐに寝ました。

次回、奇跡が起こる!

そんな感じで初日は短時間のお手軽フィッシングになりましたが、翌日はチニングをやってみることにしました。

そんな中、地形チェックで気になった場所があり、竿を出したところ奇跡が起こる・・・・!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です