南伊豆メッキ釣行 磯・港・サーフで連発好調!

南伊豆 メッキ

さてさて、先日は南伊豆方面へメッキ調査へ。

朝のうちはエギングをやり、日が高く昇ってきたらライトゲームで遊ぶプランで。

かなり風が強く、エギング・ライトゲームにはちょっと厳しめなコンディション・・・・。

果たして今回の南伊豆釣行はどんな結果に?

メッキの聖地南伊豆釣行

南伊豆で釣りをするのは結構久しぶりなので、釣り場の様子もどんな感じなのかチェックしつつの釣行です。

まずはアオリイカの実績がある港で朝マズメを過ごす・・・・。

かなり風が強く・南東寄りの風向きなので向かい風気味で超釣りにくい(-_-;)

ゴールデンタイムはエギングと決めてきたので、3.5号のエギを使って早生まれの秋イカを狙う。

しかし強風で釣りにくいし、なんとか釣れたのは100gちょい程の新子(ノータッチでリリース)。

それほどイカの気配も感じられなかったので、すぐにエギングはやめてライトゲームにスイッチです。

根周りにメッキの群れを発見!

今年はメッキの当たり年なので、どこの釣り場でも比較的メッキの魚影は濃い感じ。

ここ南伊豆は黒潮の影響を強く受け、メッキ釣りは結構盛んにおこなわれてきた地域なので期待度も高まる。

とりあえず港の中をヘビーシンキングミノーでテンポよく探るが、フグが多くて厄介。

クサフグとショウサイフグがかなり多く、酷い時はミノーの前後のフックに1匹ずつフグが釣れてくる(ちゃんとルアーにアタックしてくる)。

風も強いし、港の中はフグが多い感じなのでポイントを磯場に移動。

水面には小型のベイトの姿も見え、沈み根周辺を高速トゥイッチで探ると・・・・。

モワッと水面に波紋が立ったと思ったらガツンとバイト!!

ギュンギュン引く楽しい引きで釣れたのは本命のメッキ。

南伊豆 メッキ

サイズは15cm前後~20cm弱位までですが、中規模な群れに当たったらしくバイト連発!

磯場なので根ズレに注意しつつのやり取りになるので気が抜けない感じだ。

とりあえず1か所で5匹程メッキを釣り、ポッパーに変えて水面炸裂ゲームをやってみる。

しかし、風が強すぎてアクションを付けた後のポーズでルアーが水面を滑ってしまう・・・・。

何度かポッパーにもバイトが出たんですが、フッキング出来ず。

トップの釣りには条件が悪すぎるので、再びミノーに戻して釣りを再開。

思ったよりも魚影は濃い感じではなく、西伊豆方面の方がメッキの魚影自体は濃い感じがするな。

とりあえず速めのトゥイッチングで広範囲を流し、メッキの反応が出たら丁寧に打って拾っていく感じの展開だ。

南伊豆 メッキ ライトゲーム

水深が浅い所や、ちょっとスローダウンして探りたい時は沈下速度が遅めのミノーに変えたり、ちょっとだけ工夫すると釣果に差が出るはず。

メッキは速い動きに捕食スイッチが入ることも多いが、スレている場面ではチェイスしてくるだけで食わせられない事もある。そういう時はただ巻きや遅めのトゥイッチ&フォールなどで探り方を変えると良いね!

こんな感じで港や磯でメッキを追加し、十分魚が釣れた所で気分転換も兼ねてサーフでメッキを狙います。



景色が良いサーフのメッキ釣りは最高の癒し

ここからはサーフメインでメッキを釣っていくんだけど、相変わらず風が強いのでポイントを選ばないと釣りにならない感じだ・・・・。

山で風がプロテクトされやすい場所や、堤防の影に入っているサーフを選んで釣っていく。

波打ち際の地形変化で反応あり!

サーフのメッキ釣りの場合、沖に遠投して探っても意外と魚は釣れにくい。

メッキはカンパチと非常に良く似た性質があり、回遊性はあるんだけど根や障害物周りにつく習性を持っている。

なのでわざとルアーを斜めに入れて駆け上がりの斜面を長くトレースしてみたり、偏光グラスを掛けて沈み根などの周りを重点的に探ると釣果に繋がりやすい。

意外と波打ち際のちょっとした駆け上がりが一級ポイントだったりするので、しっかり足元までルアーを引き切ることも忘れずに。

こんな感じでサーフをランガンしていくと、

サーフ メッキ

サイズは伸びませんが、元気なメッキが釣れてくる。

港の中など、コンクリートの岸壁から釣るメッキも勿論楽しいけど、サーフで釣るメッキもこれまた面白いんだよね★

あまり大きい群れが入っている感じではなく、一か所で釣れるのは2~3匹の事が殆どだった。なのでランガンして移動を繰り返すのが効果的で、粘っても釣果は伸びにくい感じかな。

南伊豆 サーフ メッキ

そんな感じで綺麗なビーチでメッキ釣りを楽しみつつ、その後はハゼ・メッキ釣りの聖地青野川へ寄ってみることに。

南伊豆釣行後編は次回へ続きます。

使用タックル

  • ロッド:ティクト アイスキューブ フルレングスボロン IC-610TFLB-ONE-T2
  • リール:ダイワ 19バリスティックLT2500SS-CXH
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号、サンライン NEWブラックストリーム 1.75号
  • ルアー:スミス Dコンパクト、Dコンタクト、DUO テトラワークストト42Sなど

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です