清水港タチウオ釣行 秋シーズン釣果出てます!

さてさて、今回はサーフへアオリイカエギングへ行こうかと思い、釣り場まで行ってみたんですが予想以上の爆風&激流で速攻撤退・・・・・。

そこで、ここの所ポツポツ釣れているタチウオを狙ってみることに。

釣り場に到着してみると、まだ少し早めの時間だったためか自分のやりたかったポイントは空いている( ̄ー ̄)

早速準備をして、ジグヘッド+ワームの組み合わせて食わせのタチウオゲームをスタートします。



釣り開始後から反応あり

今回使うのはワインドなどではなく、シンプルなジグヘッドにピンテールワームを使ったタチウオ釣り。

タチウオ釣りは以前毎日ひたすらやり込んでいたことがあるんだけど、食い気がかなり少ない個体にワインドやメタルジグを見せると嫌がって逃げていく。

だから私の場合はワインドなどは全くやらず、メバルを釣るようなシンプルなただ巻きやフォールを組み合わせて釣っていくスタイル。

慣れてしまえば餌釣りとも十分渡り合えるし、ラインブレイクなどもほとんど発生しないので釣りの効率がいい。

まずはカルティバミッドラン7g+エコギアミノーSの懐かしの組み合わせでスタート。グラスミノーなどのシャッドテールワームでも良いんだけど、活性が低いタチウオにはこの方が良く釣れる。

このジグヘッドはかなり前に廃版になってしまってもはや入手不可・・・。シンプルなラウンドヘッドにロングシャンクな下向きのジグヘッドは港湾タチウオには絶対使えるものなんだけど。

こういうのも時代の流れってやつですね。

タチウオは食い渋ってくるとアシストフックやスナップなども嫌がるんで、こういうシンプルな無駄のないジグヘッドは私には必須。まだストックは沢山あるから大事に使ってます。

まずはパールグローのミノーSをキャストし、テンションフォールで明暗の向こう側の暗い場所から探りを入れる。

すると、開始数投目でモゾっと微妙なアタリ!

巻きアワセを入れるが掛からず、ワームの尻尾だけ千切れて帰ってきた・・・・。潮の流れも速くもなく遅くもない良い感じで流れているので状況は悪くなさそうだが。

これならすぐに釣れるだろうと思ったんだけどその後はアタリが続かず、ここでピンクグローにカラーを変えて様子見。タチウオはカラーを意外と選んでくるので、最低でも2色くらいはローテーションした方が良いよ。

基本的にはメインを白系のグローを使い、渋った時にピンク系を入れるのが私のパターン。この2色の単純なローテーションだけど、釣果に大きく差が出ることもあるからね。

しばらく釣りを続けると、またフォール中に反応が出たのでアワセを入れると無事ヒット!

重量感はないけど、結構鋭く突っ込むので面白いね♪

まずはアベレージサイズの指3本ほどのタチウオをキャッチ。群れでいる可能性も高いので、すぐに針を外して次を狙っていきます。

すると、まだ群れがとどまっているようで連発。

ガツンというわかりやすいアタリが出るので難易度的にはそんなに高くないパターンで釣れてくる。ちょっと良い引きだったので期待して寄せてくると、ちょっとサイズアップして指3本半くらいだった。

いつも千葉産の厚みのあるタチウオを見ていると、駿河湾のタチウオがやけに薄っぺらく見えるね。

地域によって太刀魚の脂の乗り具合とかが全く違うから奥が深い。

活性が落ちたら巻き落としで

ポンポンと2本釣れたところで、急にアタリが途絶えてしまった・・・・。

ちょっと風も吹いて来たし、厄介な感じかなぁ。あと1本くらいは釣っておきたいので、ここで引き上げずにもう少し粘ってみる。

少し釣れない時間が続いたんだけど、時間を空けてまたアタリが出始める。しかし群れの活性が低い為か微妙なアタリは出るんだけど、掛けられるような感じではない(-_-;)

何度か小さいバイトはキャッチしたんだけど、フックアップできない事が何度かあっただけで釣ることが出来ず。

状況が少し変わったっぽいので、ここでジグヘッドの重さを7g→3.5gにチェンジ。軽いジグヘッドでよりスローに探りつつ、ただ巻きで一定層を引くのではなく徐々にレンジを落としつつ引いてくる作戦。

これがタチウオやカマスの低活性な個体に非常に良く効くんだよね。イメージとしては、水中でスタンバイしている魚の口先にルアーを落とし込みながら引いてくる感じかな。

この作戦が的中したらしく、巻き落としを使うと再び良いアタリが出だしてタチウオを追加。

とりあえず4本のタチウオをキャッチしたところでもう満足なので引き上げることに。

ガツンと来るイージーパーンのタチウオ釣りも楽しいけど、食い渋った魚に無理やり食わせていく釣り方も結構面白いので試してみて欲しい。港の常夜灯周辺を狙うなら、7gか重くても10g程度までのジグヘッドで十分だからね。

食わないタチウオはできる限りルアーを動かさずに釣るのがポイント!

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:ユニチカ  キャスラインスーパーエギングPEⅢx8 0.6号 + シーガーグランドマックスFX4号

ルアー:エコギアミノーS+カルティバミッドラン3.5g、7g

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です