メバリング・アジングなどにおすすめな針外しプライヤーはコレ!

さてさて、今回は魚釣りの際には無くてはならない針外しツールについてです。

わたくしまるなか、毎日のように釣りに行く中で

針外し・プライヤーはとても良く使う道具であり普段の釣行ではとても使用頻度の高いアイテム。

魚が釣れなければ出番はないけどね(笑)

今まで色々な種類のプライヤー(ペンチ)を使用してきましたが、釣りの種類によって使いやすい形状というものは違ってきます。

今回紹介させていただくのは、

アジングやメバリングをはじめ、キスやハゼ釣り~ブラックバスやシーバス釣り位までに使いやすいアイテム。

簡単に言ってしまえば小型~中型魚を対象とした釣りであればかなり使い勝手の良いもの。

プライヤーの形状って、針を飲み込まれた際などに意外と重要です。

例えば口の小さい魚が釣れた時。

幅の広いペンチなどでは口の中にしっかりと入らなかったりフックのホールド力が低くて滑ってしまったり・・・・。

そういったこともなく、スムーズに魚に掛かったフックを外すことのできるアイテムを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね(*^^*)



メバリング・アジングにおすすめな針外し(プライヤー・ペンチ)を詳しく紹介!

おすすめはフォーセップタイプの針外し!

さて、早速ですが今回私が普段使っていて重宝しているアイテムを紹介。

私が普段使っているのはこれ、いわゆるフォーセップだ。

良くフライフィッシングなどで使われるアイテムですが、わたくしまるなかはルアーの釣りを始める前にフライから疑似餌の釣りを始めたのでかなり昔からフォーセップを使用しています。

1000円以下の格安品から2000円以上するちょっと高価な物までがあるが、1000円前後位からのアイテムが品質も安定していて使いやすいですね!

安価なものは先端部の精度が低く、フックが滑ってしまって少し力を入れるとうまくフックが外しにくかったりします。

逆に、高価すぎるものもそこまで必要はないと思います。

ある程度の価格のものであれば十分使用できますからね!

ルアーブランドのティクトからはこんなものも発売されているみたい

ブラックで塗装されていてカッコいいですね!

私はカッコよさよりも実性能重視なので安いタイプで十分ですが(笑)

価格は少し高めですが、そこまで高価ではないです。

どんな状況でも使うなら、5~6インチクラスを基準に!

フォーセップには大きさがあり、フライ用などのかなり小さなものからある程度大きいものまでいろいろなものが発売されている。

私も様々なサイズのものを実際に使用してきましたが、

使いやすいのは意外と大きいサイズ!

5~6インチクラスのものが使いやすいです。

先端は細くできているのでサイズが大きくなっても細かな作業もできますし、

大きい方が夜間などの釣りではライトの光がフォーセップを持つ手で遮断されたりしにくくなるので、針が外しやすいです。

また、小さいものはルアーの大きさなどが大きくなった場合、フックが手に刺さる時があります。

ある程度大きくて長さのあるアイテムの方が、フックと手の距離を離すことができるので安全に針外しができますよ!

ハゼ釣りやキス釣りなど、10cm~20cm程までの口が小さい魚を専門に狙い際は、もう少し小さいものでも良いと思います。

スプリットリングを頻繁に外す→ペンチタイプを使用する

そんなフォーセップ愛用者の私ですがペンチタイプのアルミプライヤーを使う場合もあります。

その使い分けですが、サーフのヒラメ等メタルジグなどを使用する際は

溶接リング+スプリットリングで接続してルアーを使用しているので、その場合はスプリットリングオープナーの装備されているプライヤーを使用するというわけですね!

ですのでスプリットリングの開閉作業が無い釣りの場合は、このフォーセップタイプのプライヤーを使って釣りをしています。

次のページでは私がフォーセップをおすすめする理由について、実際に使用する際のメリットについて詳しく解説!

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • なんだか超便利そうですね。

    しかも、ルアーだけじゃなくエサ釣りの針はずしにも使えるなんて。
    これは買いですね。

    来年のテナガエビにも使えそうです。

    • こんにちは、まるなかです。
      フォーセップはかなり便利なので、普段からよく使います。逆にペンチはあまり使いませんね!
      私もテナガエビを釣るときはフォーセップをもちろん使ってます!
      一度お試しあれ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です