8月26日更新分 地磯・堤防ロックフィッシュでスジアラ・怪物がヒット!

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回もロックフィッシュ・青物ポイント開拓へ行ってきました。

ケガの具合は日に日に良くなってきていて、今回は少し長く歩きそうな場所へ。
よほど無理をしなければ、傷口も開かない状態まで回復したので良かったです★

予定では地磯・堤防を1か所ずつ開拓するプランですが、果たしてどんな展開に?

急深な地磯狙い

最初にやってきたのは、駐車場から40分くらい山・沢を降りてたどり着くポイント。

先日軽く様子見には来ていて、多少獣道があるので、磯まで降りられる可能性は高いはず。

途中でアブに付きまとわれて最悪でしたが、噛まれずに何とかポイントに着きました。
見た感じほとんど人は来ていないようです。

こちらでは貴重な比較的急斜面の磯で、沖は結構深そうですね★

横風が6mくらい吹いていて厄介ですが、まずは28gのビーンズシンカー+リングマックスパワーオーシャンで釣り開始。

28gのシンカーで着底までだいたい30~35カウントくらい。
超急深ではないですが、沖は基本砂泥底で、オオモンハタなども狙えそうな気配。

手前20mくらいまでは沈み根・シモリが点在していて、アカハタやキジハタを狙うならその周辺かなぁ。

何となく自分の中で作戦を立てつつ、まずは沖から広範囲を探ります。

釣れそうな気配がある磯で、潮通しも良いので時期が来ればヒラマサやブリが絶対釣れるポイントでしょうね。

1キャストずつ少し歩きながらランガンして30分くらい経過しましたが、なぜか本命のアタリはゼロ・・・。

少し斜面を越えてポイントを変え、再び釣り開始・・・・。

しばらくアタリがありませんでしたが、忘れた頃にヒット!

結構良い引きですが、ハタにしては諦めが悪い。

引き自体は強いので期待して寄せてくると、上がってきたのはイラ・・・。
50オーバー、2kgUPの良型です(笑)

かなりテンションが下がりつつ、ササっとリリース。

イラはアタリ・引きともに良いのでヒットするとワクワクしますが、その分上がってきた時の気分がね。

とりあえず魚は居るっぽいので、少し中層付近までレンジを上げて巻き中心の釣りを展開。

これが功を奏したのか、ボトムから5mくらい上を中速でただ巻きしていると「ガチコン!」と分かりやすいバイト。

合わせを入れると中々の重さで、これは本命の引き。

重たい感じの根に入り込もうとする引きですが、ゴリ巻きで応戦。

1度根にラインが擦れましたが無事クリアし、後は一気に寄せるだけというところで痛恨のフックアウト・・・。

重量感的には1kg後半~2kgくらいありそうなオオモンハタか何かだと思うので、残念。

これでハタが居ることは確信に変わったので、気持ちをリセットして釣り再開。

手前の沈み根の斜面に沿ってワームを巻き上げてくると、至近距離でバイト。

合わせを入れるとそこまで重くはありませんが、これは本命の感触です。

キジハタ 釣果

アベレージサイズのキジハタをキャッチ。
大きくはないですが、ポイント開拓での釣果はやはり嬉しい。

その後はベラの反応が増えてきてワームが千切られ始めたので、ここでジグにチェンジ。

メタルエフェクトブレード40gのただ巻きメインで探ります。

フックがすぐ錆びるらしいので、速攻で洗うようにしていますが、今のところまだ酷い錆びは無し。

丁寧に釣り歩きつつ、手前の沈み根の周りを根掛からないように通すとまたすぐにヒット。

アカハタ

釣れたのはアカハタでした。

アカハタが釣れるには少し潮が効きにくい場所かと感じていたので、いい意味で裏切られましたね!

その後はこれといった反応が無くなったので、今度は斜面を汗だくになりながら登ってポイント移動。

堤防で怪物ヒット&スジアラ!

次にやってきたのは堤防のポイント。

これまで何となくスルーしていたんですが、地形的に判断すると、結構なかけあがりがありそうなんですよね。

まずは地形変化の把握をかねてワームで。

追い風に乗せて遠投できる風向きなので、釣りはやりやすそう。

ワームは困った時、とりあえず投げる機会が多いロックマックスの5インチ。

28gのビーンズシンカーで遠投・・・。

着底までカウント45ほどと、中々深そうですね。

基本は砂底ですが、所々に根掛からない程度に根が点在しているっぽい。

予想通りにかけあがりは形成されていて、斜面に絡んだ沈み根がポイントかな?

何となくここはデカいのが出そうな気配を感じつつ、沖合をスローリトリーブ&フォールで攻めると、フォール中に「ズドン」という衝撃。

合わせを入れると、硬く締めたドラグが数メートル以上一気に出され、半端ない重量感。

すぐにゴリ巻きで対応しますが、モンスターバトルがバットから思いっきりブチ曲がっています。

ドラグが出つつ、何とか寄せようとしますが、しばらくすると根に入られました・・・。

しかし、ここの根はそれほど荒くはないので、丁寧にやれば出せるはず。

焦らず、少しテンションを抜いて1分以上経過したでしょうか。

魚が動き出す感触があったので、一気にテンションを掛けると無事根をクリア。

最初の突込みを無事耐えることができ、ゴリゴリ寄せたいところですが、重くて中々寄りません。

これは6kg・7kg?いや、それ以上あるか?

感触的に根魚の引きですが、まだ時々抵抗してきます。

時間を掛けつつ無事10mくらいの地点まで寄りましたが、問題はここから。

足元付近に沈みテトラがあり、うまく越えさせることができるのか・・・。

リーダーは間違いなくダメージが入っているだろうし、沖でタイミングを取りつつ、一気に寄せ!

あと少しで魚体が見えそうなところまで来たんですが、最後の最後でテトラにラインがスレてプッツン・・・。

かなりショックというか、釣り上げられなくても良いので、何が掛かったのか見たかったです。

引きの質からしてロックフィッシュ系なのは間違いないんですが、キジハタやオオモンハタ・アカハタのレベルは遥かに超えているんですよね。

とりあえずは非常にロマンがあるピンスポットだということが分かり、リーダーを結び直して釣り再開。

それほど根は荒くないので、メタルエフェクトブレードで探ります。

40gのジグになったことで、ワームよりも遠投が効き、更に広い範囲が探れます。

大型が掛かっても良いように少し上のレンジまで巻き上げつつ探っていくと、ジグにかえて数投目の巻き上げ中に「ドンッ」と鋭いアタリ。

合わせを入れるとまた結構強い引きですが、さっきと比べたら全然余裕。

今度はしっかりキャッチしたいので、より気合を入れて全力巻き。

上がってきたのは色鮮やかな魚体・・・

スジアラ

釣れたのは予想外過ぎるスジアラ!
大きさは2kgあるかどうか、長さで言うと48~50くらいですね。

決して小さくはではないですし、スジアラ自体が暴力的に引く魚ですが、さっきの怪物と比べたら引きの強さは全然弱かった。

もしかしたら、さっきのはスジアラの親分がヒットしたのかもしれませんね。

その他の可能性としては、クエやマハタになってくると思います。
もしくは、ホウキハタとかその辺りでしょうか。

引きの質からしてタマンとかではないですし。

とりあえず最低限のリベンジを達成&スジアラという嬉しいゲストが釣れたので、今回はこれにて撤収です。

あの怪物と真っ向勝負である程度確実にキャッチするとなると、PE3号~4号くらいは必要になりそうですね。

すさまじいポテンシャルを痛感した釣行になりました!

新しいポイントも開拓でき、今後につながること間違いなし。

使用タックル

  • ロッド:ジャンプライズ ツーリミットモンスターバトル105
  • リール:シマノ 22ステラ4000XG
  • ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドX X8 1.5号・2号+サンライン ブラックストリームプラズマ 6号・10号
  • ルアー:ジャクソン メタルエフェクトブレード40g、エコギア リングマックスパワーオーシャン3.6インチ、ロックマックス5インチなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。