中浜名湖 村櫛海岸の釣り場・ポイントを徹底解説!

浜名湖 村櫛海岸 釣り

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は中浜名湖の釣り場解説をやっていきましょう。

今日は村櫛周辺の釣り場を紹介します。

村櫛周辺はシャローフラットの地形になっていますが、クロダイやキビレ・ハゼなどを狙うことができます。
水質が良く、状況次第では魚影を目視で確認できることもあるポイントですね。

※釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

村櫛周辺で釣れる魚

村櫛 釣れる魚

まずは村櫛周辺で狙える代表的なターゲットを紹介しておきましょう。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバスなど
  • 底物:ハゼ・マゴチなど

基本的には水深が浅い場所を好む魚を狙うのに適しています。

クロダイ・キビレ

村櫛周辺は遠浅の地形をしている場所が多く、クロダイ・キビレが岸近くに接岸します。
水が澄んでいる時は岸沿いを回遊する個体が見えることもあります。

水深が浅いので、トップウォータープラグやワームを使ったチニングもおすすめですね。

ハゼ

ハゼは秋を中心に釣れる魚ですが、岸際の浅い場所が好ポイントになります。
駆け上がりや沈み石の周りが特に狙い目になるので、広範囲を歩いて地形変化を探しましょう。

村櫛周辺なら、4m~5m前後ののべ竿を使ったミャク釣りやちょい投げ釣りがおすすめです。

釣り場風景

村櫛 釣り場

村櫛周辺は広大なシャローエリアが広がっていて、このような湖岸が広がっています。
岸沿いには石が入っていますが、沖合は砂泥底の場所がメインです。

村櫛

道路から湖岸には階段を使って降りることができます。
階段は何か所かあります。

村櫛 釣り場風景

天候にもよりますが、非常に水が澄んでいて、湖底もしっかり見えます。
当日はクロダイ・キビレの群れをいくつか確認できました。

水がクリアな分警戒心が高くなりやすいので、プレッシャーが掛からないようにロングキャストで狙ったり、マズメや夜間に釣行するのもおすすめです。

村櫛

北側のほうに歩いていくと、運河があります。
運河の中と本湖への接続している場所の周辺は若干水深が深く掘れています。

水の流れに変化が出て地形も変わるため、ハゼやチヌ・シーバスなどを狙うのに適した地形になっています。

村櫛 釣り場

風が弱いと、湖底まで透けて見えます。
岸近くには石が入っていますが、全体的には砂泥底のエリアが広がっています。

村櫛漁港・村櫛海水浴場:立ち入り禁止の表記あり

村櫛には漁港がありますが、関係者以外立ち入り禁止の表記があります。

村櫛港 立ち入り禁止

立ち入り禁止エリアへの侵入など、マナー違反が原因で周辺の釣り場が閉鎖されたりするので、ルールは必ず守りましょう。

村櫛海水浴場 釣り禁止

海水浴場周辺も海水浴で利用の方以外の立ち入りが禁止されていました。
周辺は私有地もあり、現場の表示に従いましょう。

釣り場の水深・地形

村櫛周辺は全体的に遠浅な地形になっていて、岸から魚探掛けを行おうと思ったんですが、水深が浅くて正確な測定ができませんでした。

オモリを投げて引いた感じでは、岸から50m付近でも水深は1m~1.5mくらいの場所が多い印象です。
北側の運河周辺は若干深く掘れていて、1.5m~深い場所で2mくらいありそうな感じでした。

底質は砂泥底の場所が多くなっています。

駐車場・トイレ

村櫛海水浴場 駐車場

村櫛周辺で釣りをする時は、村櫛海水浴場に広い駐車場があります。
駐車場にはトイレも整備されているので便利です。

無理な路上駐車など、マナーを守らないと釣り場閉鎖につながるので、ルールを守って釣りをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です