ベイトリールの水洗いの方法とチェックポイント!

さてさて、今回はベイトリールの水洗いメンテナンスについて。

海水でベイトリールを使った時は水洗いメンテナンスが必須!

ベイトリールはスピニングリールよりもボディ内部に潮が入りやすい特徴があるから、港の中などで釣りをした際にも必ず水洗いはやっておいた方が良い。

逆に淡水の釣りで使った後はそれほど神経質になる必要はなく、洗いすぎると内部のオイルやグリスが出ていってしまう原因にもなるからね。

この機会にジギング用リールなど、両軸リールの水洗いの基本を覚えておこう!



ベイトリールの水洗いの際のチェックポイント!

まずはどんな点に注意して水洗いをすれば良いか?

チェックポイントをはじめにまとめておこう。

ベイトリールの水洗いのポイント!
  • 使用後は出来るだけ早く水洗い。使った日のうちに潮抜きしよう
  • ドラグ:水洗いをする前に少し強めに締めて置き、終わったら緩めておく
  • しっかり水を掛けつつ、可動部は動かして洗う
  • レベルワインド、クラッチ、メインギア、ハンドルノブなどは特に潮ガミしやすく、1度水洗いしないだけでも固着することも

水洗いする際はただ適当に水を掛ければ良い訳ではない。しっかりと内部に入り込んだ潮を外に出してあげるよう意識すること!

ベイトリールの水洗い手順

どんな手順で両軸リールは洗えばいいか?私が普段行っている手順を紹介するぞ。

使用後は出来るだけ早く潮抜きを!

海水は乾いてしまうと塩分が結晶化する。1度結晶化してしまった塩を水洗いで溶かすのって実はかなり困難。

だから使い終わったら出来るだけ早く、その日のうちに水洗いするように!

それが無理ならペットボトルに真水を入れて持ち歩き、釣りが終わった時に簡単に水洗いするだけでも効果はかなりある。

ドラグは締め込んでおく

効果がどれくらいあるのかは正直言って不明だが、ドラグの性能を維持するには出来るだけドラググリスに水が付かないようにしたい所。

洗う直前にドラグを締め込み、洗い終わったらドラグを緩めるようにしよう。

ドラグは締め込んだ状態で放置すると、内部のワッシャーが変形したりしてドラグの効き具合が悪くなるから要注意!

しっかり水は掛けろ!

水洗いOKのベイトリールはちょっと強めにシャワーしたりしても全く問題はない。しっかり水を掛けつつ洗えばOK!

お湯を使ったりすると、内部のオイルやグリスが溶け出しやすくなるから要注意!

常温の真水をじゃぶじゃぶ掛けながらリールを綺麗にしよう。

可動部はしっかり動かしながら洗う

水洗いする時はただ単に水を掛けるだけではNG。

それだけでは内部に入り込んだ潮が抜けず、次使おうと思った時に潮ガミの原因になるぞ。

ベイトリールを水洗いする際のポイントとしては、ハンドルを回しつつ洗う事。

特に潮ガミしやすい場所は大体こんな感じ。

  • ギア
  • レベルワインド周辺
  • ハンドルノブ
  • クラッチ周辺

潮ガミしやすい場所は要注意で、新品のリールを買って1度水洗いしなかっただけでも巻き心地がジャリジャリになったりすることがある(実際に過去にやらかしている)

ギア周り

リールの巻き心地などに直結するのがギア。海水で使用すると、スプールなどを伝ってギアボックス内にも潮が入り込んでくる。

しっかり水を掛けつつハンドルをグルグル回しながら水洗いするが、水を当てる角度を少し変えつつしっかり潮が抜けるように注意しよう。

レベルワインド周辺

ハンドルを回せば連動して動くレベルワインド。ここも潮ガミしてしまうと巻きが重くなったり、ガサガサしたりする場所。ここもしっかり稼働させつつ綺麗に洗おう。

ハンドルノブ

ハンドルノブは指で回転させつつ洗う事。

ベアリングが入っていないものもあるが、ベアリング入りのものは万が一固着しても簡単にベアリングを自分で交換することが出来る。

クラッチ周辺

ここが固着してしまうと実に厄介で、クラッチを切るのが硬くなったりギシギシしたりして不具合が出ると釣りをしていてストレスが溜まりやすい。

必ずクラッチを切ったりしてレバーを動かしつつ水洗いしておこう。

クラッチは最も固着しやすい場所と言っても過言ではない。念入りに潮抜きしておこう!

洗い終わったらふき取りもキチンと!

意外と重要なのが洗い終わった後のふき取り。

水洗いして水分が付着したまま放置しておくと、ボディの塗装が剥がれたりメッキパーツの表面がくすんだりすることがある。

柔らかいタオルなどでササっと水分をふき取っておくように。

簡易メンテナンスをすれば更に長持ち!

ふき取りが終わり、リールの乾燥まで終わったらスプール周辺やレベルワインド、ハンドルノブなどは簡単に注油しておいた方が良い。

そうすればより長く良い状態でリールを使える。

内部を分解してメンテナンスするのは大変だけど、簡単に外れる部品などは取り外してオイルやグリスを挿しておけばリールの寿命はかなり長くなるからね。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です