カマスにおすすめなジグヘッドの選び方、特選3アイテム!

今回は、ライトソルトゲームにおける人気のターゲットであるカマスを釣る際におすすめできるジグヘッドを3つに絞って紹介させていただきます。

全て実釣の上メーカー問わず使い比べ、良かったものをピックアップして紹介させていただきますので

ワームを使ってカマスを狙いたい方等、どのジグヘッドを選んだらよいのかわからない方は参考にしていただければ幸いです(*^^*)

近年はライトソルトゲームもターゲットごとに細分化されてきていて

魚種やシチュエーション毎に特化されたアイテムも多く発売されているので、初心者の方等には少しややこしい部分もありますよね。

それでは早速、解説を始めていきましょう!

カマスのルアー釣りにおける釣り方やタックルの基礎については「カマスのルアー釣り 釣り方の基礎基本」をご覧ください。



カマスを狙う際のジグヘッドに求められるもの

まずは、カマスを釣る際に使用するジグヘッドに必要とされる条件をまとめてみます。

これを参考にしながら、お店で条件にマッチしたアイテムを探してみても良いですね!

フックが強い事

基本的に、カマス釣りとなるとメバリングなどと比較して群れを狙った釣りになります。カマス釣りの面白さは、誰でも手軽に数釣りが楽しめることがあります(*^^*)

しかし、回遊魚ですから釣れ始めたと思ってもたもたしていると群れがすぐに居なくなってしまったり、急に活性が下がってしまって食わなくなったり・・・。

状況によっては時合が僅か数分足らずということも良くあります。

限られた時間に効率よく釣ることはカマス釣りで釣果を伸ばしていくかなり大きなポイントになります。

特に、夏場~秋の高水温期のカマスは群れの移動が速く、回遊する範囲も広くなりやすいですからね。

そうなると、ある程度強引に巻き上げたり、針を外したりとテンポよく釣りをしていく必要がどうしても出てきます。

また、カマスは大きくなると40cmを超えてきますから、引きの強さも意外と強い。

ですので良くあるアジング用などの軽量・細軸のフックを使用するとフックの変形や破損が原因で手返しが悪くなる。

更に、カマスの口ってかなり硬い。

特に口先の部分は骨のように硬くなっているので

細軸のしなるジグヘッドを使用すると、フッキングした際にフックがたわんでしまって硬い部分を貫けなくなるので注意。

ある程度強いタックルでスパッとフックを貫通させてあげると、釣果が伸びます。

フックポイントがストレート

カマスは歯が鋭いので、ジグヘッドを飲み込まれてしまうと簡単にラインブレイクしてしまいます。

それを防ぐために、針先が真っすぐになっていて掛かりが速いものを使う。

そしてアタリが有った瞬間にアワセを入れてあげて出来るだけ口先に近い場所に掛けてあげると良いです(*^^*)

このジグヘッドは吸い込み重視のメバル弾丸ですが、こういった針先が若干カーブしているものの場合

カマスの口の少しでも堅い部分に針が当たった場合、そこで刺さらずに滑ってしまってすっぽ抜けやすくなるような気がします。

ですので針先が真っすぐに向いたものを基準にして選ぶと良いですよ!

 レンジコントロールが容易で浮き上がりにくいもの

カマスの群れは横方向ではなく縦方向に形成される特徴を持っています。

ついつい表層にカマスが見えてしまうと軽いジグヘッドを使って水面付近を探りがち。

ですが、実際は中層~底付近にまでカマスの群れは回ってきていることが多いです。

そうなると、浮き上がり難くて狙ったレンジを長く引けるジグヘッドが理想的です。

このようにジグヘッドの上面に水受けが付いているようなものは浮き上がりにくく、巻き抵抗も出るので非常に使いやすいですよ!

逆に、ラウンド型などの浮き上がりやすいタイプは、私の場合は水深が浅い場所などに限られますね。

特に、大型のカマスになると海底付近の変化や明暗部の暗い場所に位置していることが多いので

サイズを狙いたいときはとにかくしっかり沈めてあげてレンジキープ!

底付近を丁寧に探ってあげると40cmを肥えた極太カマスが狙えます!

ジグヘッドの重さの選び方

基準は1.5g前後で選んでみよう

私の場合、基本的に表層狙いはあまりせず、底付近のスレていないカマスや根付きの大型を狙うことが多いです。

ですので使用するジグヘッドも重たくなり、2g程度をメインに3g程まで使用します。

しかし、一般的には常夜灯の周りなどの表層~中層を探る場合が多いと思います。

この場合、オールラウンドに使うなら1.5g程、表層や浅い場所を狙うなら1g前後の軽いジグヘッド。

足場がそこまで高くない港湾部の場合、これを基準にジグヘッドを選択すればOKです!

初めての方や、どのような状況で釣りをするのかわからない時は

1g、1.5g、2g、2.5g、3g

こちらの重量のジグヘッドを揃えておけば、かなり広いシチュエーションで釣りができるはずです(*^^*)

分からなければ迷わず重たく。とにかく糸フケを出さない事!

最近はどんどん軽いルアーが主流になってきていて、ラインは細く・ルアーは繊細に。

といったような釣り方に特化するアングラーが増えているような印象があります。

しかし、どんどん繊細にしていく癖がついてしまうと、もっと簡単に釣れる状況にもかかわらず自分で釣りを難しくしてしまう傾向にあります。

また、こういった繊細な仕掛けは強風や潮が速い時、大型のカマスが回遊している状況では扱いが難しくなってくるので注意しましょう。

私の場合は足場の低い場所で風な無くても3gのヘッドなども普通に使います。

下手に繊細なものを使ってルアーのコントロールができなくなってしまうよりも、しっかり狙った通りにルアーを泳がせる。そして余計な糸フケを出さずにルアーをまっすぐ引く。

これが何よりも釣果を上げるうえでの基本ですからね!

実際に軽い1g以下のものを使っている方より釣れないか?

と聞かれれば、答えはノーです。

むしろ、沖合の深い場所にいる攻め切られていない魚を拾っていくことができ、釣果が上回ることもとても多いです。

カマスは繊細すれば釣れる魚というわけではなく、あれこれ試してみて釣れなければ

軽く、繊細な釣りに落としていってもいいかなぁと思います。

そこまでしなくても釣れる状況がほとんどですから、使いやすい重さのジグヘッドを選んでいただければ大丈夫(*^^*)

次のページでは、わたくしまるなかが普段使用しているアイテムを紹介!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です