キスのちょい投げ釣り おすすめ仕掛けと選び方の基本!

さてさて、今回は釣り初心者の方からベテラン釣り師の方まで誰にでも楽しめる釣り、ちょい投げ釣りの仕掛けについてですね!

釣具店に行くと沢山の投げ釣り用の仕掛けが並んでいて、どのように仕掛けを選べばいいのかわからないという方はとても多いと思います。

同じように見える投げ釣り用の仕掛けですが、お手軽に楽しむちょい投げ釣りに向いているものと向いていないものがあるので要注意!

今回はキスやハゼ等の小型の魚をちょい投げ釣りで狙う際に使う仕掛けの選び方のチェックポイントと、わたくしまるなかが実際に使っているおすすめの仕掛けを紹介していきます。

これを参考に仕掛けを選んでいただき、快適に楽しいちょい投げ釣りを楽しんでいただければと思います(*^^*)



ちょい投げ釣り おすすめ仕掛けと選び方の基本!

今回紹介する選び方は、港の中や波の穏やかな防波堤などで比較的短い竿(大体1.5m~3m位まで)を使用して、お手軽に投げ釣りを楽しむスタイルを想定しています。

狙うターゲットはキスをメインにハゼ等といった小型の魚です。家族や初心者の方でもお手軽に釣れて食べて美味しい魚ですから、釣り入門にも最適な釣りになりますよ(*^^*)

まず、初めに選ぶ際のポイントを簡単にまとめておきますね。すぐに仕掛けを購入したいという方はこれを参考にチョイスしてみてください。

ちょい投げ仕掛けを選ぶ際の目安

テンビン(オモリ)を選ぶ際は

  • 片テンビン、または小型のジェットテンビン
  • オモリの重さは8号前後を中心に

仕掛けを選ぶ際は

  • 仕掛けの長さは1m前後
  • 針の大きさは6~7号、細長い針の2本針仕掛けを選ぶ

これに注目してテンビンと仕掛けを選んでいただければ、大きな間違いをすることはなく比較的色々な釣り場でちょい投げ釣りが楽しめると思います。

簡単にまとめてしまうとこんな感じになりますが

ここからはもっと詳しく、どんな点に注目して仕掛けを選んでいくと良いのか?少し詳しく、分かりやすく説明していきましょう!

ちょい投げ用テンビンの選び方

ステンレスなどの金属を使用して作られているのがテンビン。ちょい投げ釣りはもちろん、投げ釣りではテンビンは必須アイテムになるので必ず必要になる。

この天秤を選ぶ際のチェックポイントは3つ。

  • テンビンの形状
  • 腕の長さ
  • オモリの重さ

オモリはテンビンと一体化しているものもあれば、取り外しが可能で好きな号数のオモリをセットすることができるものもある。

片テンビン

私がちょい投げ釣りを楽しむ際に最も多用するのが片テンビンかな!

シンプルな形状で、基本的には折り畳みのできないものが多い片テンビン。このテンビンの特徴ですが、

オモリを脱着させることができるアイテムが多い事と、何と言っても絡みにくいのでストレスなく釣りが楽しめる!

ということかな。絡みにくさというのはかなり重要で、片天秤の中でも絡みにくいものと絡みやすい使いにくいアイテムも多く発売されているので注意したい。

選ぶ際に最重要視した方が良いのがテンビンの付け根の構造!

このように、付け根の部分にバネのようなものが使用されているものを使うと、ここに針や糸が絡んで非常にストレスになりやすいのでそういったものは避けた方が無難。

そして、片天秤の場合はテンビンの腕の長さがいくつかに分けられてラインナップされているものが多い。

テンビンの長さは長いほど絡みにくくなるが、仕掛けが大きくなる。あとで紹介する紹介するちょい投げ釣りにおすすめな仕掛けとのマッチを考えると、

最もトラブルなくかつ使いやすいのは15cm~20cm程の長さのテンビンかな。

この位であれば大きすぎることも無いし、仕掛けが絡むといった面倒も効率よく防げるのでとても釣りが快適ですよ!

ジェット天秤

主にちょい投げ釣りで使用されるテンビンの種類は主に2種類。先ほど紹介した片テンビンと呼ばれるものと、もう1つがジェットテンビン。

ジェット天秤はこんな形をしているテンビンのことを言う。

オレンジや赤色をしているオモリがセットされているものが多く、

浮き上がりが良いという特徴がある。

ですので、港の中などのある程度水深の深い場所で使うというよりは砂浜などといった場所でキスを狙ったり、先端に疑似餌を取り付けて表層を巻いて青物等を狙ったりする時の主役になるテンビン。テンビンに羽と呼ばれる小型の翼のようなものが付いているものは、より浮き上がりやすい性質があります。

欠点としては水深が深い場所や、うまく投げられない方等が使用すると若干絡みやすいという点があることかな。

また、オモリの取り外しはできないので重さをいくつか用意する時はテンビンごと用意する必要がある。

オモリの重さの選び方

ちょい投げ釣りで使用するオモリの重さですが、

需要なのは何と言ってもしっかり底に仕掛けが着いたのを確認できること!

これが分からないと、海底付近に潜んでいるキスなどを狙って釣るにはかなり難しくなるので気を付けたい。港の中など、穏やかな場所でちょい投げ釣りを楽しむのであれば、

大体オモリの重さは6~12号前後あればなんとかなることが多いと思う。

出来るだけ軽いオモリを使った方が餌に食ってきたキスに違和感を与えなかったりするメリットがあるが、着底したのが分からなかったり潮の流れで仕掛けが流されて行ってしまうようでは意味が無いので気を付けます。

オモリの重さはいくつか用意していくのが鉄則ですが、細かくそろえすぎても意味が無いので難しい所。基本的には1号飛ばしで6号、8号、10号といったように揃えてみるのが良いかな。同じ場所で釣りをするにしても、風が吹いていたり潮の流れが早い時は少し重たいオモリが必要になるので、このあたりは状況に合わせてオモリの重さを少し変えながら釣りをするのはとっても大事!

ちょっとした違いで釣れる魚の数は大きく変わります。釣りが上手な人は、状況に合わせて色々工夫するのがうまい人であることが多い。

片テンビンに使用するオモリはバラで販売されているオモリを購入する必要がある。基本的にはナス型か六角オモリで良いと思いますが、六角オモリの方が潮の流れなどによって海底を転がりにくくて仕掛けが流されにくい特徴があります。



ちょい投げ釣り おすすめテンビン

普段私が使っているテンビンはコレ。船釣りなんかでも良く使われるテンビンなんですが、使いやすいので初心者の方からベテランの方まで誰にでもおすすめできる。

仕掛けが絡みにくく、仕掛けが飛んでいく時の姿勢も安定していてとても使いやすくて欠点の無いテンビンです。大きさもちょい投げ釣りではちょうど良い。オモリの部分が少し動くようにできているので、キスのアタリが明確に伝わってくる。結構以前から使い続けているテンビンですよ♪

天秤の腕の長さが何種類かありますが、とりあえずLサイズを選んでおけばトラブルなく使いやすいかな!

ちょい投げ釣り おすすめ仕掛けと選び方のポイント

これでテンビンの選び方については基本的な部分の紹介は終わり!続いてはキスが食いついてくる重要なパーツである仕掛け選びに進んでいきます。

仕掛けを選ぶ際にチェックしたいポイントは

  • 仕掛けの長さ
  • 針の数
  • 針の号数(針の大きさ)
  • 針の形

このあたりに注目して選んでいただくと沢山同じようなアイテムが並んでいる釣具屋さんでも、それぞれの仕掛けが違ったものなんだということが分かるようになってきます(*^^*)

キス釣り用の仕掛けを大きく分けると、長い竿を使った本格的な投げ釣り用のものと、短い竿を使って釣りやすいちょい投げ・船キス用の仕掛けがある。

ちょい投げ釣りと船からのキス釣りで使う竿などは共通点が多いので、船キス仕掛けはちょいなげ釣りでも使えるので覚えておくと良いですよ!

※ですので砂浜などから狙う本格的な投げ釣り用の仕掛けを選んでしまうと、仕掛けが長くて非常に扱いづらいので購入する際はしっかり確認してからにしましょうね。

釣りで使用する仕掛けの入っているパッケージには針の大きさやら色んなスペックが書かれている。これを参考にして仕掛けを選んでいくのが魚釣りでは基本になる。一見すると良くわからないかもしれないけど、理解してしまえば難しいものではないから大丈夫!

ちなみにこの画像の仕掛けは、2本の針で1セット。つまり1つのパッケージに3セット分の仕掛けが入っているということになりますからご注意を。

※キス釣りに慣れてきて、もっと自分に合った仕掛けを作ってみたいという方は「キス釣り仕掛けの作り方」をご覧いただくと、より自分の釣り方にマッチした仕掛けを自作することができるようになります。

仕掛けの長さを選ぶ

まず、ちょい投げ釣りで大切なのは仕掛けの全長、長さですね。なぜかというと、比較的短い竿を使うちょい投げ釣りで長い仕掛けを使ってしまうと、場合によっては竿よりも仕掛けが長いという事態に陥ることも。

こうなってしまうと、餌を付けるのを仕掛けを投げ込むのも非常に難しくなるし、場合によっては自分の体を釣ってしまうので注意!

仕掛けの長さの選び方ですが、

私の場合は1m前後の仕掛けを基本に、使う竿の長さの半分くらいの長さのものを選んでおくと快適に釣りが楽しみやすい。

これで仕掛けの長さは決まりましたね!次に重要なのが針の大きさになります。

針の数を選ぶ

仕掛けの長さとリンクしている部分もありますが

キス釣り用のちょい投げ仕掛けには針の数が2本のものと、3本のものに大きく分類することができる。

針の数が多いほど餌を食わせるチャンスが増えるし、1つの餌が取られてもまだ餌の残った針が有ればキスがそれに食いついてくるということが期待できる。

しかし、針が多くなれば仕掛けが長くなるので扱いが難しくなったり、餌を付けたり魚の針を外す動作が面倒になるというデメリットも。

初めての場合は扱いのカンタンな2本針の仕掛け。つまり1本の仕掛けに対して針が2本ついているものを基準に選んでいただくと良いと思います。

私もちょい投げ釣りや船でキスを狙う際は2本針の仕掛けを使っていますからね(*^^*)

本命のキスと外道がセットで釣れたり、いろんな魚がお手軽に狙えるのはちょい投げ釣りの魅力です。少し釣りに慣れてくると、1つの針に魚が掛かっても仕掛けを巻き上げずにそのまま誘って2匹同時に狙って釣ったりと色んな楽しみ方が有ります。

針の大きさ・号数を選ぶ

上の画像の仕掛けの場合、針の大きさは7号になる。基本的にはちょい投げ釣りで釣れるキスの大きさは、船や沖合に遠投して釣る本格的な投げ釣りと比べると若干小型のものが多くなる。

小さな魚は口の大きさも小さくなるから、大きな針を使ってしまうと針が口の中にうまく入らなくて釣るのが難しくなる。

ですのでちょい投げ釣りで使用する仕掛けの針の大きさは若干小さめの6~7号ほどを選んでおけば、失敗が少なくて良いかな。

大きなキスが釣れている時でも、小さな針である限りは釣れないということはないので大丈夫。大きすぎる針を使用するよりは釣果が出しやすい。

良くある初心者向けのちょい投げ釣り用の仕掛けを使うのも良いですが、針の大きさが若干大き目に作られていることが多い。

針の大きさが大きい場合、釣れてくるキスなどの大きさが小さいものが多い時は針までしっかり飲み込まれにくく、掛かりが悪くなる時が有るので注意した方が良いかな。

針の形を選ぶ

キス釣りで使用する仕掛けに使われている針は、結構小さくて初心者の方には餌を付けるのが難しかったり、釣れた魚の針を外すのに苦戦することがある。

基本的にキス釣りで使われる針の形は2種類に分類することができます。まず初めに紹介するのが、最もオーソドックスで初心者の方にもおすすめな袖型(そでがた)と呼ばれる針。

細長くて直線的な形状をしているのが特徴の針になります。

この針の形は餌が付けやすく、釣れたキスの針を外すのも容易で比較的丈夫。初心者の方から誰にでも使いやすい針で、おすすめな形になる。

そして、もう1つが狐型(きつねがた)と呼ばれるような針だ。

全体的に丸みを帯びているのが特徴の針になりますが、この針には違った特徴がある。

この狐型の針ですが、餌を付けたり魚を外すのは少しコツがいるので初心者の方にはどちらかというと向かないかなと。無理に力を与えると簡単に変形したり、折れたりしやすい。その代わりキスが餌を食った時に吸い込みやすいという特徴がある。

袖型の針を使って仕掛けの扱い方に慣れてきたら、こういう形の針に変えていっても良いと思いますよ(*^^*)

ちょい投げ釣り おすすめ仕掛け

船キスと書かれていますが、ちょい投げ釣りにも使いやすい仕掛けです。

90cmの長さで2本針、扱いやすい針の形となっていて初心者の方~ベテランの方まで誰にでも使いやすくてシンプルな仕掛け!

表示は9号になっていますが、購入する際は6~7号位を目安に選んで揃えてみてください。キス釣り用の仕掛けにはキラキラしたパーツなどが付いているものもありますが、まずはシンプルなものを使っておけば大丈夫でしょう。私が普段キス釣りをする際には余計なパーツが付いていないものを好んで使っていますが、十分キスは釣れますからね!

まとめ

今回は、ちょい投げ釣りに使用するテンビンと仕掛けの選び方の基本について紹介させていただきました。今回説明したところに注目して道具選びをしていただき、理解できればちょい投げ釣りの基本的仕掛けについての基本的な知識は十分だと思います(*^^*)

あとは実際に釣りに出かけてみて、どんな風にすると魚が釣れやすいのか?などといった事を実践の中から見つけ出していってくださいね!

★まるなか大衆鮮魚では、他にもキス釣り仕掛けの作り方や釣れる時期の解説、釣り方のテクニックなどの記事が有ります。時間がある時に「キス釣り」のページもご覧いただくと、キス釣りへの理解が深まると思います(*^^*)

では、今回はこの辺で。

それでは、良い釣りを!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です