うなぎ釣り 仕掛け選び〜釣り方を基礎から解説!

さてさて、今回は釣り初心者の方でも誰にでも簡単に楽しめて食べて美味しいうなぎ釣りを紹介!

身の回りの身近な川や河口周辺に思いのほか潜んでいる、天然うなぎ。

うなぎ釣りを楽しむために必要な道具や仕掛け選び、餌の選び方からポイント選びまで。すべて私の実釣に基づいたうなぎ釣りのコツを少し紹介していきます。

うなぎ釣りはかなりシンプルで少ない予算からでも始めることのできる、難易度の低い優しい釣り。

この機会に一緒にウナギをゲットしちゃいましょう(*^^*)

まずはうなぎ釣りについて、必要な道具や基本となることをまとめておきます。



うなぎ釣りの仕掛けの基本

うなぎ釣りに使用する道具についてですが、オモリや針、餌なんかはある程度決まっている。

竿やリールなどは、正直言って仕掛けが投げられればなんだっていいのがうなぎ釣り!

ですので家に既にリール付きの釣り竿などが有るようなら、新しく買う必要は無い事も多いです。

うなぎ釣りに必要な釣り道具
  • 釣り竿:リールが付けられるもの。大体1.5~3mくらい、長くても5mくらいまでの竿が良い。
  • リール:2号から5号程度の糸が巻いてあるスピニングリール
  • オモリ:釣り場によって変わるけど、大体10号前後を良く使う
  • 針:2号~5号程の太さの糸が30cm~50cm程付いたうなぎ針。針の大きさは12号位
  • 餌:ミミズやイソメの他、サバなどの切り身など

これらはうなぎ釣りには必須アイテム。少し詳しく見ていこう。

竿選び

うなぎ釣りでは高級な道具を使えばよく釣れるものでもなく、基本的には餌がうなぎの目の前に入るのを待つ釣り。ですので高価な道具は全く必要ありません。

私が実際にうなぎ釣りで使用しているのは、リールと合わせて1980円で売っているようなものですからね!家に眠っている竿でも十分です。

うなぎ釣り用の竿というものは基本的に存在しないので、選ぶとすれば

  • ちょい投げ竿
  • バスロッド
  • シーバスロッド
  • 投げ竿
  • 遠投用磯竿

このあたりから適当な物をチョイスすれば全く問題ありません。長さは大体1.5~5m位まででOK。

足元に草が生えているような場所だと、短すぎる竿だと使いづらい。そういう時は最低でも2m以上の竿が欲しいかな。

だからと言って、場所によっては長い竿だと仕掛けを投げるスペースが取れない事があるかもしれません。ですので個人的におすすめなのは、3m前後位までの竿かな。

リール選び

竿と同じく、リールも糸が巻けて仕掛けが投げれればなんでもOK!

糸の太さは大体2号~5号位を使います。基準は3号~4号位にしておくのが無難かな。小型が多い場所なら2号でも十分なので、何度か釣行に出かけてみてから釣れるうなぎの大きさに合わせていくと良い。

細い糸の方が仕掛けが流されにくくて快適に釣りがしやすいというメリットがある。

リールに巻く糸の量は、75m~100mも巻いてあればうなぎ釣りは楽しめるかと。

仕掛け選び

基本的には中通し仕掛けと言い、オモリの中心に穴が開いているものを使う。

その穴に糸を通して金属製のサルカンを取り付け、その先にハリスと針が来る仕組みだ。

オモリとサルカンの間に衝撃吸収用のゴムを入れる人もいるけど、自分は出来るだけ楽に釣りがしたいので使わないスタイル。

そこまで思い切り仕掛けを投げることが無ければ、ゴムは無くても大丈夫。

オモリの形については、角のない丸っこいものは底で転がりやすい性質がある。流れが早かったり、仕掛けが流されると根掛かってしまうような時は小判型のオモリを使ったり、環(金属製の輪っか)付きの角のあるオモリを使ってみるといい。

この時、サルカンが小さすぎるとオモリが抜けるので注意!

本来はこのように使うオモリではありませんが、使えるものがあるなら工夫して使えば良いですよ(*^^*)

オモリの重さ・号数

オモリの重さの選び方ですが、これは釣りをする場所の水深や流れの強さによって全く違うので何とも言えない。大体8~15号位までが有れば十分かな。

重さ選びの目安ですが、

  • 流れの緩い場所→10号位まで
  • 流れの早い場所→10~15号位まで

私の場合の目安はこれくらいかな!

実際にはかなり浅い場所で釣りをしたり、流れのほとんどない所であれば3号や5号といった軽めのオモリを使うこともあります。

コツとしては、流れに流されない程度で出来るだけ軽いオモリを使う。そうした方が餌に食いつくウナギに違和感を与え難く、掛かりが良くなることが有るかな!

針・ハリス選び

針の大きさは11号~12号程が無難。うなぎ針を選んでおけば、まず間違いは無いですね!

ハリスは3号~4号程を基準に、道糸と同じように2号~5号位を釣りをする場所や釣れるうなぎの大きさに合わせて選んでいく。

ハリスの長さは30cm~50cm程あれば良いですが、仕掛けが絡む時は少し短くして様子を見る。

自分で結ぶのが面倒という方は、完成品を買った方が楽ですね(*^^*)

沢山入っていて結構安いので、完成品を買った方がむしろいいかも。

次に、持って行くと役立つアイテムをサクッと紹介するぞ!

うなぎ釣りにあると便利な道具

仕掛け以外にも、うなぎ釣りを快適に楽しむにはいくつか持っておきたいグッズが有る。

無くても釣りができなくはないけど、あった方が必ず役立つのでこちらも忘れずに用意しておこう!

あると便利な道具
  • 水くみバケツ:手を洗ったり、釣ったうなぎを活かしておくための水くみに使う。餌を触ると手も汚れるからね。
  • 蓋つきの入れ物:発泡スチロールや衣装コンテナなど。蓋つきのものでないとウナギが脱走するぜ!
  • タオル:天然うなぎは超ヌルヌルだ!うなぎが脱走した際や地面に落ちた際、素手ではつかむのが困難なのであると役立つ。
  • ハサミ:うなぎを釣り上げたら、基本的に糸は切ってしまう。ハサミが無いと針を外すのに苦労するぞ。
  • 竿掛け:手すりが有る場所などでは不要。地べたに直接竿を置くと、ウナギのアタリで水中に竿が引き込まれる恐れあり(-_-;)
  • ・またはケミホタル:アタリが出た際、暗い時間帯だと竿の曲がりが目で見えないことも多いです。鈴をつけるかケミホタルを付けてうなぎのアタリをキャッチする。

これらも可能であるなら持って行くようにしたい。というか、絶対あった方が良い!



うなぎ釣りの餌

うなぎはかなり色々なものを口にする魚です。匂いがそれなりに強く、口に入る大きさのものであれば色々なものを食ってくる!

基本的に良く使われるのが

  • ミミズ:細いものよりも大きめのドバミミズなどの方が良い
  • 青イソメ:太めのものを選ぶ
  • 切り身:サバやハゼ、鮎などが人気

この辺りじゃないかな。餌の使い分けに関してザックリ言ってしまえば、

  • ミミズやイソメはアタリが出やすいが外道が多くなったり、小型のうなぎが混ざりやすくなる。
  • 切り身は外道を避けやすいが、アタリが若干遠くなることが多い。

このような特徴があります。

うなぎ釣りの時期

うなぎ釣りを楽しむには、ある程度釣りやすい時期に狙って釣行するのが大切!

基本的にうなぎが釣りやすいのは水温が高い、暖かい時期が中心。住んでいる地域によって寒暖の差が有るから一概に言うことはできないけど、

目安としては4月中旬~11月いっぱいくらいまでがうなぎ釣りに適していて、釣果を上げやすい時期になる。

寒い時期はウナギが産卵のためはるか沖合いに下ってしまっていたりするが、居残り組が残っていれば真冬でも釣れることはある。

ただし山間部の水温が低い場所よりも、流れの緩い平野を流れる川の方が冬の間は釣りやすい感じはする。

冬にうなぎ釣りは修行的な感じにもなるから、桜が散り、緑が増え始めてきてからがうなぎシーズン開幕って感じかな!

脂の乗る旬は梅雨明け以降

うなぎは1年中食べて美味しいわけは無く、脂の乗ってくる時期というものが決まっている。釣り場の餌の状態などによって、その程度は変わってきますが。

うなぎ釣りを楽しむのであれば、どうせなら食べて美味しいシーズンに挑戦したいですよね!

うなぎは冬に産卵するため、秋になると河川や港湾から沖合に出ていく。このうなぎの事を下りうなぎっていうんです。この下っていくうなぎは栄養分を蓄えた状態。

つまり、脂が乗った状態ということ!

ですから脂の乗ったうなぎを釣るのであれば、産卵を控えて餌を積極的に食う夏~秋に掛けてが最も良い。

大体7月の梅雨明け~10月位までがうなぎが美味しいとよく言われます。

しかし、これには注意が必要。

釣りに出かける河川や都道府県により、天然うなぎ保護のために釣りが禁止されている期間が設定されていることも多い!

★ルールは必ず守ったうえでうなぎ釣りを楽しむようにしよう。

うなぎがよく釣れる時間帯

うなぎを釣り上げる際、

最も重要とされるのがズバリ時間帯!

うなぎ釣りをやってみるとわかりますが、ウナギのアタリが出る時間というのは結構決まっていることが多い。

アタリが出るタイミングになると複数の竿に同時にうなぎがヒットしたり、時間が終わると全くアタリすら無くなったり。

ですので釣行する時間はしっかり選ぶようにしよう!

うなぎは夜行性

うなぎ釣りを楽しむのであれば、日中よりも太陽が沈んでからの時間外の方が良い。

日中の明るい時間帯は、岩の隙間やテトラポッドの奥深く等、暗い場所にウナギが潜んでいることが多い。

穴釣りといって、このうなぎの寝床の奥に餌を落とし込んで釣る方法もあるけど、お手軽に楽しめる釣りではない。

夕暮れ以降の日が落ちてきて暗くなってくると、うなぎは寝床から餌を求めて開けた場所に出てくるというわけ!

ですので夕マズメと言われるような日が沈んで暗くなっていく時間から、朝日が出るまでの時間帯がうなぎ釣りを楽しむおすすめの時間帯!

夏の夜釣りなんかにうなぎ釣りは最適だね(*^^*)

日没前後と日の入り前後2時間~3時間がゴールデンタイム!

暗い時間帯にうなぎはよく釣れるということは説明した通り。

実際にはこの中でもよりうなぎの活性が高まり、釣果が伸びやすい時間帯というものが存在しています。日に寄ったり濁りの有無によって多少の違いはあるけど、

最もアツいのは日の入り直後と日の出直前の時間帯だ。

夕暮れから釣りをする場合、最もアタリが出やすいと感じているのは日が入って真っ暗になるかならないかといったタイミング。

そしてここから大体2時間~3時間くらいが経つまで、反応が出る時間が何度がやってくる感じ。

日の出の場合はその逆バージョンになるってことだね。

だからうなぎ釣りを楽しむのであればこの時間帯に集中して釣行するのが効率がいい。私の場合、夕暮れから2時間から長くても3時間ほど釣りをして引き上げる場合が殆ど。

そして深夜の時間ですが、この時間帯でもうなぎが釣れないということは無い。しかし、釣れても単発でポツリポツリといった状況になることが多いかな。

ですのでうなぎ釣りに挑戦する際は、この日の入りと日の出前後の時間帯に釣行するようにするのがおすすめ!

ポイント選び

うなぎは河川の上流域から河口まで広く分布している魚。しかし、釣りやすい場所というのはある程度決まっている。

  • 基本的には川の上流域に行くほど、数は少なくなるが大きく成長した居つきのうなぎが多い。
  • 海に近い場所になるほど数は増える傾向が有るけど小型も増えてくる。

こんな特徴があります。

うなぎ釣りに挑戦するとなると、流れの早い上流域はちょっと難易度が高いかもしれない。

ですのでおすすめは流れの緩い河川の中流域から下!

釣りやすいのは河川の下流域~河口周辺

うなぎ釣りに挑戦してみるのであれば、まずは流れの緩い河川の海に近い場所で挑戦してみよう!

流れの緩い下流~河口周辺は仕掛けが流されにくいので釣りがしやすく、魚影も比較的濃いのでうなぎが釣れる可能性も結構高い。

うなぎは比較的汚れた水にも強く、身近な場所にも案外沢山潜んでいるもの。

おまけにうなぎという魚は汚れた物質を体内に留めない性質がある。ですから多少濁った水の場所で釣り上げたからと言って臭くなるような事って実際は殆どない魚。

臭いがでるのは焼き方に問題がある場合が多く、1晩ほど綺麗な水で活かしておけば十分料理に使えるぞ(*^^*)

川の合流点

川や水路が合流している場所はうなぎ釣りでは1級ポイント!

河口周辺から上流に向かってポイントを探してみて、河川の合流点などを発見したらそこで竿を出してみるのも良いですね。流れに変化のある場所はエビやカニ、小魚が集まりやすいのでそれを求めてうなぎも集まって来るんじゃないかな。

流れ込む水の量は決して多い必要は無く、小さな水路のような流れ込みであってもうなぎがよく釣れる場所は沢山ある!

橋の周辺

うなぎは暗い場所が大好き。日中の寝床になる場所でもありますが、夜間であってもそれは変わりません。

周囲よりも暗くなっている橋の下などは、ウナギがよく釣れる好ポイントになっていることが多いです。

橋脚が入っている場合、その周辺は石などが沈んでいたりして一段と良いポイントになっていることもあるぞ。ただし根掛かりには注意すること。

捨て石、テトラ周り

ゴロゴロした石やテトラポッドが入っているような場所も、うなぎ釣りでは実績の高いポイントになります。

根掛かりが多いので釣り難い場合もありますが、釣れてくるうなぎのサイズが大きいことも多い。

釣りやすい場所は小さなうなぎが多いということも良くあるので、この辺りはどちらを取るのか?

といった所ですね。

夜間はこれらの障害物から少し離れた場所まで餌を求めて出てくることもある。根掛かりが酷い場合はポイントを直撃せず、その周辺に仕掛けを落とすようにしても良いですね!

落ち込みや淵など、水深のある場所

堰堤やちょっとした滝など、水が落ち込んでいるところは酸素が豊富で水深も深くなっていることが多い。

また、落ち込んでいる裏側はえぐれになっていることも多くて、うなぎの寝床になっている可能性あり!

流れのある程度早い中流域で釣りをするのであれば、川の流れが緩くて深くなっている淵を狙うのも良いですよ!

うなぎは濁りが大好き!

うなぎ釣りに出掛ける際、

まとまった雨が降った後などは大チャンス!

うなぎは濁った水が大好きで、水の色がかなり濁っていても餌を問題なく発見することができます。釣果は雨の後などはかなり伸びやすいので要チェック!

セットした竿全てにウナギが同時にヒットしたりすることもあるくらいですから、雨が降って濁りが入った状況下ではぜひうなぎ釣りに出撃したいところ。

普段は小さいうなぎが少ししか釣れないような場所でも、キツイ濁りが入った時は大きいのが沢山釣れるような事もうなぎ釣りでは良くある!

そして、釣れる時間帯が伸びることが多いのも濁りのありがたい力!

雨が降った後の濁りが入っている時は、普段よりもうなぎが活発に活動する時間が長くなる傾向があるのだ( ̄ー ̄)

こういう時は、夕暮れから真夜中までアタリが続いてしまうようなこともあるから見逃せない。



うなぎの釣り方・コツ!

うなぎ釣りに使う道具や仕掛け、おすすめの時間帯などはこれまでに紹介した通り。ここからはウナギをより多く釣るためのコツなどを紹介するぞ!

うなぎを釣るまでの流れ

うなぎ釣りは超シンプルな釣り。

うなぎ釣りの流れ
  1. 餌を付けて仕掛けを投入
  2. アタリが出るのを待つ
  3. アタリが出たら、しっかり餌を飲み込むまで少し待つ
  4. 軽くアワセを入れ、リールを巻いて釣り上げる。

大した説明になっていませんが(笑)、本当にこれだけでうなぎは釣れる。

また、プルプルという小さなアタリが出る時は、ハゼやセイゴ、超小型のうなぎが餌をつついている可能性あり!

このような時は餌を取られてしまいやすいので、小さなアタリが出て針に掛からなかった時は1度仕掛けを上げてみよう!

餌が取られていたら、ウナギはいつになっても釣れないですからね(-_-;)

私の場合、アタリが無くても15分~20分ほどに一度くらい仕掛けを上げ、餌が付いているのか確認するようにしている。場合によってはカニなどが餌に反応し、知らぬ間に餌を泥棒している時もあるからね。

仕掛けは複数本出すと効果的!

うなぎ釣りは基本的に待ちの釣り。ポイントに仕掛けを放り込んだら、アタリが出るか餌が残っているか確認する時以外は置き竿で待つのが基本。

ですからよりうなぎがヒットする確率を上げる為、1本の竿で釣りをするよりは2本、3本と竿を出した方が効率よくうなぎを狙うことができます。

慣れないうちは2本でも良い。可能な限りで広範囲を効率よく探るように工夫してみよう(*^^*)

この時、ちょっとしたコツとしては

投げる角度を微妙に変えたり、投入点までの距離をズラすこと!

同じような場所に仕掛けを何本も入れるのでは無く、1本は沖目の場所を。もう1本は足元付近。みたいな感じで狙う場所を変えてみるようにする。

そうすると、日によってはうなぎがヒットしてくる場所が有る程度決まっていることを発見できることなんかもあります。

それを発見することが出来たら、アタリが出る周辺を重点的に攻めたりすることができますからね!

例えば、川の合流点で釣りをした場合。状況によってはどちらかの川側でしかアタリがでないような時が有ったり、

  • 川の流心(流れの最も早い場所)が良いのか?
  • 岸沿いが良いのか?

日によって釣れるパターンが決まっていることも結構多いですよ!

うなぎのアタリが出たら

仕掛けを投入し、ウナギの反応が出たらどうするのか?

うなぎのアタリは大体2パターンあり、

  1. 「コツン、コツン」と竿先が有る程度の間隔をあけて動く
  2. 「ガタガタガタッ!」と竿を叩くようなアタリ

この2つのアタリの出方になることが多いかな。プルプルというアタリは、ハゼ等の外道であることが多い。

この、1の状態の時はうなぎが餌をついばんでいる状態で、まだしっかり餌を飲んでいない時が多い。

2の状態の時は餌をしっかり飲み込み、既に針に掛かっていたりアワセを入れれば針に掛けることができる状態である事が多いかな。

つまり、1の状態の微妙なアタリが出ている状態では基本的にアワセを入れたりリールを巻くことはせずに

「待つ」のが基本。

そして竿がガタガタと激しく揺れるようなアタリが有ったら竿を煽ってアワセを入れたり、リールをグリグリっと巻いて針を掛けてあげる。

うなぎの活性が低い場合、1のアタリが出るだけで餌が1部カジられて終わってしまったりするような時もある。

このような時は餌を少し小さくしたり、オモリを1ランク軽くしたりしてあげると食いが良くなるという事もある。餌の種類を変えてみるのも効果的だね!

比較的硬めな切り身餌は餌持ちが良い特徴がある。しかし、ウナギの活性が低いとしっかり飲み込んでくれないような時も。

こういうときは、柔らかいイソメやミミズに変えたりすると釣果に繋がることも良くある。

餌の使い分けも少し覚えておくと良いですね(*^^*)

うなぎが釣れたら速やかに糸を切る!

運よくうなぎを釣り上げることが出来たら、できるだけ素早く針を外すか仕掛けを切るようにしよう!

針が口先に掛かっているようなら針を外しても良いが、もたもたしていると糸に体を巻き付けてくる。飲み込んでいる時も同様ですが、糸に巻きつかれると非常に厄介だし、場合によってはそれが原因で死んでしまう。

うなぎは死んでしまうと、食べた時の風味が格段に落ちる。活かして持って帰るのが重要な魚なのだ!

もし仕掛けに巻き疲れてしまった時は、水の中に素早く付けてあげると解けることも多い。あまりひどい時は水に付けた状態で絡んだ糸を切った方が良いですね。

釣れた時の時間や流れの強さなどを覚えておこう!

先程解説した通り、うなぎ釣りは時間やタイミングがめっちゃ重要だ。

通うフィールドにより、何となく釣れる時間帯などに決まった傾向がみられることも多い。うなぎが釣れた時はその時の条件を覚えておこう!

潮の影響を受ける下流域などで釣りをするのであれば、釣れた時の潮位や川の流れの早さなども覚えておく。そうすると、次に出かける時は釣りやすい条件を狙って釣行することができる。

うなぎの釣り方まとめ!

うなぎ釣りに必要な道具、釣り方等は大体こんな感じ!あとは必要な道具を準備して釣り場に出かけてみよう。

特に高価な道具も必要ないし、場所とタイミングが合えばだれにでもうなぎは釣れますからね(*^^*)

とにかく重要なのは釣りに出かける時間と場所、濁りの有無かな。

一番うなぎが釣れると感じるのは、大雨が降った後の川に濁りが有る状態での朝夕の時間帯!

天気予報を見て、ちょうど良さそうなタイミングで釣りに出かけられそうならぜひうなぎ釣りに挑戦してみてくれ!

それでは今回はこのへんで。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です