ハゼ釣りに使う竿の種類と使い分け方法はコレ!

さーて、今回はハゼ釣りに挑戦する際に使用する竿の種類とその選び方について!

河川の下流域や港の中などで簡単・お手軽で超楽しいハゼ釣り。

どんな釣り竿を使って釣りをすればいいのか?

使う仕掛けの種類や釣り場の状況などにより、ベストな竿のチョイスは変わってくる。今回はその選び方の基礎・基本となる部分を紹介していく。

この機会にハゼ釣りにチャレンジしてみたり、もっと使いやすそうな竿が見つかりそうなら参考にしてみてね!



ハゼ釣りに適した竿の種類と特徴!

まず、ハゼを釣ろうと思った際に使いやすい竿の種類をざっくりとまとめてみることにしよう。

私が普段ハゼを釣る際、使う竿の種類の候補は4タイプ!

  • のべ竿(リールが付いていないやつ)
  • コンパクトロッド(ちょい投げ釣りやサビキ釣り用)
  • アジング・メバリングロッド(アジやメバルを小型のルアーで狙う用)
  • バスロッド

ハゼ釣りに使うロッドを選ぶのであれば、この4つの種類のアイテムから選んでおけば失敗は無いはず。次に、それぞれの特徴を簡単に説明しておこう。

ハゼ釣り用に使う竿の種類と特徴
  • のべ竿:ウキ釣りやミャク釣り(胴付き仕掛け)向き。糸が絡んだりといったトラブルが少なく、初心者の方でも扱いやすい。手返しが良い
  • コンパクトロッド:天秤を使ったちょい投げ釣り向き。ハゼ釣り以外にも小型魚を狙った釣りに使える。小さなアタリを取るのは少し苦手
  • アジング・メバリングロッド:胴付き仕掛けや天秤を使ったちょい投げに。繊細で感度が良く、数釣りに向いている。穂先が細いので扱いに注意
  • スロッド:アジング・メバリングロッドと使い方は基本的に同じ。こちらの方が繊細さでは劣るが、キス釣りやカサゴ釣りなどにも使える汎用性が魅力

それぞれの竿の特徴を簡単に言ってしまうとこんな感じかな。それじゃあもう少し詳しく見ていこう!

のべ竿を使うメリットと選び方

ハゼ釣りにのべ竿を使うメリット

まずリールの付いていないのべ竿から見ていこう。

釣り初心者の方にもおすすめ!

この種類の竿はリールが付いておらず、初心者の方でも扱いやすいのがポイント!

リールの付いている竿の場合、慣れていないと糸がグシャグシャッと絡むトラブルが発生したりすることがある。こういった際はシンプルな竿が1番使いやすいぞ。

近い場所をテンポよく釣るのに適している

のべ竿の場合、欠点としては

遠くに仕掛けを投げ込むことができない事。

これはリール竿と比べたら、どうしても勝つことは構造上不可能だ。だから広い釣り場でハゼが沖に散っているような状況下では不利になることがある。

しかし、比較的狭い釣り場やハゼが岸近くに集まってきている時など、のべ竿はその効果を発揮しやすい!

仕掛けを投入したりヒットしたハゼをキャッチする際にリールを巻く必要が無く、手返し良く効率のいい釣りができるからね(*^^*)

状況次第ではリール竿よりも沢山のハゼを釣ることができるってわけだ。

沢山ハゼを釣るなら、釣りのテンポの良さは重要だぞ。

ウキ釣りやミャク釣りに

のべ竿を使ったハゼ釣りを楽しむのであれば、仕掛けの種類はウキ釣りやミャク釣り(胴付き仕掛け)が向いている。

天秤を使った釣りでは仕掛けを遠くに投げるのがポイントになることもあり、のべ竿には不向き。

のべ竿にはウキ釣り仕掛けかミャク釣り仕掛けをセットして釣りをするのがおすすめ!

ハゼ釣りに適したのべ竿の選び方

次に、ハゼ釣りに適したのべ竿はどんなものを選べば良いのか?

竿の種類を選ぶ

のべ竿と言っても種類は様々。渓流でヤマメなんかを釣るための竿もあれば、タナゴなどを狙うためのものもある。

その中でハゼ釣りに適しているものは、ある程度穂先にハリがあり、シャキッとしたタイプがおすすめ。ハゼは動くものに良く反応する特性があり、竿が柔らかすぎると餌に細かな誘いを掛けるのが難しくなるからだ。

だから清流竿やハエ竿といい、ハヤを釣るようなしなやかすぎるものは不向き(できないわけではない)。

ハゼ釣りに適しているものは渓流竿や万能竿など、ある程度シャキッとしているものがおすすめ!

竿の長さ

ハゼを狙う場合、のべ竿の長さは大体3m~5m前後が扱いやすい。

短すぎるとポイントまで仕掛けが届かないし、長すぎても重たくなって操作が大変だ(-_-;)

足場が低くて近いところまでハゼが寄って来ている状況であれば3m前後を、どのような場所で使うのかわからないのであれば、オールラウンドに使える5mクラスの竿がおすすめ。

私の場合、のべ竿を使うのは

「足場が低くて近い場所にハゼが潜んでいる時」

と決めているから、270cmの竿を使っている。



リール竿を使うメリットと選び方

次に、リールを使ってハゼを狙う場合のロッドチョイス方法について。

最初に紹介したように、リール竿の中でもおすすめなのは

  1. コンパクトロッド
  2. アジング・メバリングロッド
  3. バスロッド

この3種類だ。

リール竿を使うメリット

のべ竿ではなく、なぜリールの付いた竿を使うのか?

沖の深い場所に落ちたハゼが狙える

ハゼは基本的に岸近くの浅い場所に潜み、餌を待ち構えていることが多い。

しかし、干潮周りで河川や海の水位が下がってきたり、水温が下がった場合などは

ハゼが岸から離れた深い場所へと移動してしまう。

という事が起こったりする。このような場合、のべ竿ではハゼの潜む場所まで餌を届けることが出来ず、釣果を上げるのが難しくなる場面がある。

1本で様々なフィールドに対応できる

リールの扱いが出来るのであれば、極端な話リール竿さえあれば

近い場所でも、遠い場所でも仕掛けを投入してハゼを釣ることが出来る。

だからどんな場所でハゼ釣りをやるのか全く分からない時や、1本でどんな場所でもハゼ釣りを楽しみたい。そんな時はリール竿の方が汎用性が高い。

釣行する場所の水深や流れの強さが変わったとしても、オモリの重さを変えて釣りをすれば基本的には何とかなる。リール竿は、1本でハゼ釣りを楽しみたい方にベストなチョイスだね♪

コンパクトロッドでハゼ釣り

ちょい投げ釣りやサビキ釣りなど、釣り初心者の方に向けた収納に便利なロッド。

長さは大体180cm~2m前後のものが多いが、ハゼ釣りではその長さがあれば十分対応できる。

コンパクトロッドは比較的安価なアイテムが多く、このロッドはリールとセットで2000円程で購入できたぞ♪

リール竿に初めて挑戦したい方や、家族で気軽に釣りを楽しみたい方におすすめなロッド。

天秤を使ったちょい投げ釣り向き

釣り初心者の方に向けたアイテムが多いコンパクトロッド。これらは多少扱いが雑でも折れにくいものが多い一方、

小さなアタリを察知したり、細かな誘いを掛けるのはちょっと苦手。

これらはより繊細なバスロッドやアジングロッドなど、後に紹介する種類の竿の方が感度や操作性の面では優れている。

そうなると、コンパクトロッドに適した仕掛けは天秤を使ったちょい投げ釣りでのハゼ釣り。

これなら基本的には仕掛けを海底までつけ、ズルズルと引っ張るだけでハゼを釣ることが出来る。初めてリール竿を使った釣りに挑戦するなら、コンパクトロッドを使ったハゼ釣りは最適!

アジング・メバリングロッドでハゼ釣り

本来は1gや2gなどの軽いルアーを使い、アジやメバルを釣るためのロッド。これらは非常に繊細にできていて感度が良く、ハゼの小さなアタリも明確に伝わってくる特徴がある。

また、細かく仕掛けを操作するのにも優れており、道具の扱いに慣れている方が使用すれば強力な武器になる。

実際に私がハゼを釣る際も、メインで使用しているのはこの種類のロッドになる。

ただし、変に曲げたり負荷を掛けたりするとちょっとした衝撃で折れやすかったりするので、初心者向きではないかな。

胴付き仕掛けや天秤を使った釣りに

アジングロッドなどをハゼ釣りに使うのであれば、ウキ釣りよりも仕掛けを沖に投げて釣る釣りの方がそのメリットが活きる。

より繊細に餌を動かし、小さなハゼのアタリを瞬時に察知して合わせを入れる・・・・。

そんな釣り方にマッチしているから、胴付き仕掛けや軽量な天秤を使ったちょい投げ釣りなどにベスト。

オモリの重さは1.5号や2号など、大体3号以下の軽いものを使った釣りに適している。

釣りに慣れてきたら、繊細なルアーロッドを使ってハゼを釣ってみると良い。より繊細で奥が深いハゼ釣りが楽しめるはず!

バスロッドでハゼ釣り

最後に紹介するのが、元々はブラックバスを釣るために作られているバスロッド。

イメージとしては、コンパクトロッドをよりシャープかつ軽量にした感じで、アジング・メバリングロッドよりもパワーがある竿。

バスロッドは非常に汎用性が高く、ハゼ釣りでも使いやすい種類のロッドになる。

バスロッドは程々の強度と繊細さを兼ね揃えている。だから釣りは何度かやったことはあるというレベルの方にもおすすめできる。

全く釣りをやったことが無いのであれば、のべ竿やコンパクトロッドから挑戦して釣りに慣れていくのが良いと思う。そして徐々に軽くて繊細なロッドへとステップアップしていけば良いね!

色んな釣りに使えるオールラウンダー

バスロッドはかなり色んな釣りに使う事が出来る。ハゼ釣りはもちろん、キス釣りやちょっとしたサビキ釣り、根魚釣り・・・。

池や港周辺での堤防釣りなど、淡水・海水問わずオールラウンドに使えるロッド!

1本のロッドで色んな釣りに挑戦したいという事であれば、バスロッドを購入するのはかなりおすすめできる。

ロッドの長さは180cm(6フィート)~210cm(7フィート)位、パワーはL~ML位のものを選んでおくと汎用性が高い。

仕掛けの種類も、ウキ釣り・胴付き仕掛け・ちょい投げ釣りと色んな釣りをカバーできる。

バスロッドは中古で出回っているものも多いから、必ずしも新品で高級なものを買う必要は無い。だからもともとは高かったものでも、上手く買えばお買い得にゲット出来る機会も多いぞ。

バスロッドなら、小型~中型魚を狙う釣りをかなり広範囲にカバーできる。私の場合はうなぎ釣りなんかにもかなり活躍しており、非常に使い勝手がいい。

 

ハゼ釣りに挑戦するのであれば、今回紹介したロッドの種類の中から選んでもらえれば大丈夫!

後は自分のレベルや釣りに出かける場所の状況などにより、使うロッドを合わせていければベストだね。

それでは、今回はこのへんで。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です