徹底解説! 芦ノ湖ワカサギ釣りに挑戦しよう!

今回は手軽に楽しめてとっても奥が深い、そして食べて美味しい芦ノ湖のワカサギ釣りを紹介します!釣行記は以前記事にしたのですが、今回はこれから挑戦したい方や道具の選び方、釣り方のコツなどを知りたいという方向けのものになります。

基本的には餌付け不要で楽しめるので、生き餌の苦手な方でも楽しく釣りができますよ!

実際に芦ノ湖に行ってみると、小さなお子様や女性の方等、多くの方がワカサギ釣りを楽しんでいます。

釣行記はコチラ!

餌付け不要・食べてめちゃウマ! 秋の芦ノ湖、ボートワカサギ釣り!

2017.09.10
同時に楽しめる泳がせ(ムーチング)釣りはコチラ!

ムーチング(泳がせ)で狙う! 芦ノ湖トラウトゲーム

2017.09.11

芦ノ湖のワカサギ釣りが楽しめるシーズンは?

年によって多少の違いはありますが、芦ノ湖のワカサギ釣りは夏から秋にかけて楽しめる釣りになります。季節ごとに釣り方が多少変わってきますので、紹介していきますね!

基本的に水深の浅い夏。季節が進むにつれて深場へ落ちていく

芦ノ湖のワカサギ釣りは早い年ですと7月上旬から浅い場所で釣れ始めます。水深は大体10m前後の事が多く、カラ針でも積極的に食ってきます。遅い年は8月下旬~9月に入って本格的にスタートすることもあるので、ボート屋さんの釣果情報などを常にチェックしておくのがおすすめです。

夏が過ぎて秋になってくると水深10m以上、15m、そして20m以上の深場へと秋が深まるにつれて釣れる水深が変わってきます。水深が深くなってくると空針で釣れなくなり、紅サシや赤虫などを付ける必要が出てきます。私は手軽にワカサギ釣りを楽しみたいタイプなので、餌付けが必要な季節になってくると冬眠状態になります(笑)

大体10月中旬~になると、餌付けが必要になってくることが多いでしょうか。このあたりも年によって多少前後します。

晩秋~冬にもなると、水深30mなどといったかなり深場でのマニアックなワカサギ釣りになります(笑)


芦ノ湖ワカサギ釣りにおすすめな道具、仕掛け

ロッドはある程度長さのあるものが使いやすい!

芦ノ湖のワカサギ釣りでは、ある程度長さのある仕掛けを使い、広範囲に探るのが有効になることが多いです。長さのある仕掛けを使う場合、一般的なワカサギ用の竿ですと短すぎてしまい、長い仕掛けを扱うのが大変です。

私がおすすめするのは、海でアジやメバルなどの小型魚をルアーで釣る時に使うライトゲームロッドです。非常に繊細な上、2m前後の長さのあるものが使いやすいので、まさにぴったりです。

 

私が使用しているのは、220cm程の長さのメバル用のルアーロッドです。ワカサギのアタリがしっかりと穂先に出るうえ、誘いも掛けやすいですよ!

人によってはクロダイ用のロッドと両軸リールを合わせて使う方等もいます。基本的に穂先が柔らかく、繊細なものであれば問題ありません。

もちろん、短いワカサギ用の竿とリールを使用する方も多くいます。

こだわるとキリがないワカサギ釣りですが、まずは一度手持ちの道具で釣りをしたり、ボート屋さんでレンタルタックルを借りてまずはどんなものかチャレンジしてみるのがおすすめですね!

リールは小型のスピニングリールなど

リールは小型のスピニングリールが基本です。糸の太さはナイロンやフロロカーボンラインであればいくら太くても1号以下を使用します。最近は伸びの少ないPEラインを使用する方も多いです。太さは0.3号前後、太くても0.4号以下が良いでしょう。

細い糸を使用した方が風や湖流などの影響を受けにくく、魚のアタリがとりやすいです。入れ食いの時など、魚の食いが立っている時であればだれでも入れ食いが堪能できるワカサギ釣りですが、少しシビアになってくると道具や釣り方の差が出てきます。

また、ワカサギ釣りに重要なのは群れの回遊するタナを把握することです。場合によっては底から少し浮いた場所を回遊していることもありますからね。こういった時、1m毎などに印の付いたラインが使いやすいです。

しかし、マーキングが付いていないラインを使う時は、使っているリールのハンドルを一回転させたとき、何センチ巻き取れるかを覚えておくと良いですよ!

仕掛けはハイパーパニックを基準に、いくつか種類とストックを持つこと!

芦ノ湖でワカサギを空針で狙う場合、最もベーシックな仕掛けがハイパーパニックシリーズです。

針についたフラッシャーが魚にアピールします。

プランクトンの輝きに似ているようで、ワカサギが食いつくなどと言われています。針の大きさは好みもありますが、私は2.5号を基準に使うことが多いですね。

基本的には釣れる範囲で大きな針を使った方が、魚が釣れた時に針を外すのが簡単なのでおすすめです。小さな針を使うとただでさえ細かい仕掛けですから、針を外したりする動作が難しくなってきます。

また、小さな仕掛けを使用すると小型が多く釣れてきてしまうことも場合によっては起こります。

 

また、ハイパーパニックシリーズにはいくつかの種類があります。例えば、カラーハイパーパニックというものがあります。

1本1本の針に色がついており、非常にカラフルな仕掛けです。

日によっては特定の仕掛けに反応が集中することがあるので、必ず何種類か用意しておきます。

今手元にないのですが、ラメパニックと呼ばれるものがあります。こちらは仕掛けの全長が若干短く、フラッシャーがキラキラと強くアピールするタイプのものを使用しています。

仕掛けが短く、初心者の方でも使いやすいので、ラメパニックを持っておくと良いかもしれませんね!

また、ベーシックなハイパーパニックのショートバージョンも発売されています。基本的には仕掛けは長い方が効率よく広い範囲を探れますが、初心者の方には短いものも用意しておいた方が扱いやすく、よいかもしれませんね!

私の場合、仕掛けのトラブルなども考慮して、最低5枚ほどは仕掛けを用意していきます。場合によってはブラックバスやトラウトに仕掛けを沢山切られることもあります・・・。

ですので、予備の仕掛けとオモリは必ず多めに用意しておいた方がいいですよ!

オモリは2号前後のなす型オモリ

オモリの重さですが、基本的にはできるだけ軽いものを使用した方がワカサギにゆっくりと長時間仕掛けをアピールすることができます。ワカサギは落ちてくるものに強く反応を示すことが多いですからね!

私の場合、基本的には2号前後のなす型オモリを使用します。

こだわる方は沈むのが速く、小型のタングステンシンカーを使用する方もいますが、そこまで用意しなくても十分釣果は出せます♪

空針か、餌を付けるか?

基本的に、芦ノ湖のワカサギは秋が深まるにつれて深い水深へと回遊場所を変えていきます。基本的に、水深が12~13m程までで釣れている時は空針でも活発に食ってくることが多いです。水深が15mを超えるくらいになると、餌を付けなければアタリが無くなったりすることも。こういった情報はボート屋さんに聞けば教えてくれますので、事前に餌が必要かどうか聞いておくと良いです。

また、冷たい雨が降って水温が下がり、魚の活性が下がった時なども餌付けが必要なことがあります。

また、ボート屋さんでも仕掛けを販売していることが多いので、ボートに乗る際におススメの仕掛けなどを聞いてみても良いですね。

餌は赤虫か紅サシを使います。どちらも1匹を針にチョン掛けで使用するのが基本ですが、紅サシを使う際は半分にハサミでカットして使ってもOKです。必ずしもすべての針に餌をつける必要はなく、1つ飛ばしなどでも釣れることが多いです。

曇りや雨の日など、天候が悪い時は針についているフラッシャーが輝かず、浅い場所でも餌を付けた方が良い時などもあります。

他、あると便利な道具

ワカサギを釣り上げた際、すぐに弱ってしまう夏場を除いては泥抜きをするとよりおいしいという方もいます。そういった時のために、釣ったワカサギを一時的に泳がせておくバケツなどがあってもよいかもしれません。また、これは小型の洗面器とざるを使うと、泥抜きを終えたワカサギを簡単に掬うことができますよ!100円ショップでどちらも手に入ります。

そして、泥抜きの終わったワカサギはジップロックにいれてクーラーボックスで保存しておくと便利です!

ワカサギを釣るためのコツ!

魚探がある場合は濃い反応を探し、底に近い反応を探そう!

魚群探知機をお持ちの方の場合は魚探とにらめっこしながらワカサギの群れを探す楽しさがあります。

基本的にワカサギは泥底の底付近を回遊します。

群れの反応の出方で食いやすい、食いにくいがあるので注意します。

ベストなのは底から中層までぎっちりと反応が固まっている場合です。

底の赤い部分が全てワカサギの反応です。赤茶色になっているところは非常に群れが濃い状態であることを示しています。こういった反応に仕掛けを落とすことができると、基本的には仕掛けの落ちていく間にワカサギが掛かります!

逆に、中層にワカサギの群れが浮いている時などは群れの魚の型が小さかったり、ブラックバスやトラウトに追われている群れの事があります。そうなると反応が出ていても思ったように食わないことも多いので注意します。食わない群れをずっと食わせようとして粘るより、釣れそうな群れの反応を探した方が効率よく釣りができますよ!

群れの濃い部分を抜けて、底ギリギリの反応に変わってきたところです。こういった場面では後に紹介する、底に仕掛けを這わせて釣っていく釣り方が効果的です。

反応がかなり出ている時であれば、このような状態になったらすぐにポイントに船を入れなおして、より反応の濃い場所を釣っていくのもおすすめです。

ワカサギの群れは、水深を基準に回遊する

基本的に、ワカサギはその時によって決まった水深を回遊していることが多いです。ですので反応が先ほどまであったにもかかわらず反応が無くなった時は、まずは似たような水深の場所を探していくと良いでしょう。それでも反応が無かったときは、狙う水深を変えてみます。ですので、出発する際にボート屋さんの方に釣れている水深などを必ず聞いておきます。これが分からなければ、ワカサギ釣りは始まりません。

また、朝夕は浅い所、昼になると若干水深の深いところなど、状況によっては時間で回遊する水深が変化することもあります。しばらく周囲を探ってみて反応が無い時は、少し水深を変えてみるのも大切ですね!

初めての方や魚探を持っていない方等は、ボート屋さんがポイントまで船を引っ張っていってくれますから安心です。

誘いの基本は竿を持ち上げて、下げる。この繰り返し。

ワカサギを釣る場合、竿をほったらかしておくと極端に食いが悪くなります。特に餌の付いていない空針の場合はその差が顕著に出ます。

ですので、基本的には仕掛けを底まで落としたら、ゆっくりと竿を上げ下げします。

イメージとしては、針についたフラッシャーをキラキラと光らせるイメージですね!場合によってはゆっくりと持ち上げてストンと素早く落とすなど、変化を出すのが効果的な場合もあります。細かく竿を震わせてみたり、色々な誘い方を試してみると、釣果に繋がりますよ!

 

魚の機嫌に合わせて誘いができれば、ずらーっとワカサギが連なってきますよ!良い時は1度に10匹以上釣れることもあります。そうなると、いくら小型のワカサギとはいえ、かなりの重さが伝わってくるので楽しいです。

ワカサギの活性が低い時は、底ギリギリを狙う

ワカサギの群れの反応が薄い時や、活性が低い時はオモリを底に付け、そこから仕掛けをたるませて探ったりすると効果的です。イメージとしては仕掛けが水中で斜めにたるむようなイメージです。この状態で細かく仕掛けを震わせて止めてみたり。そうすると、底ギリギリを回遊するワカサギを釣ることができます。

水温が急に下がった時など、ワカサギの活性が低い時はこのような釣り方も有効ですので、ぜひ試してみてくださいね。

1匹釣れた時はそのまま釣り続けて追い掛けを狙おう!

仕掛けを落としてプルッと感触があった時は、すぐに巻き上げるのではなくそのまま誘い続けるとどんどん他のワカサギが掛かってくることがあります。掛かったワカサギが暴れて仕掛けが動き、それが誘いになるからですね!

しかし、あまりゆっくりと待ちすぎるのは危険です。

掛かったワカサギをそのままにしておくと、ブラックバスやトラウトがそのワカサギに食いついてきてしまうからです。芦ノ湖はワカサギも豊富ですが、それを捕食する魚も沢山います。

ワカサギの仕掛けに大型の魚が掛かってしまうと、仕掛けがメチャクチャになってしまったり、糸が切られたりして大変です。こういったトラブルを避けるなら、魚のアタリが有ったらすぐに巻き上げてどんどん落としなおしていくことも有効ですね!

釣りとともに、綺麗な景色を楽しむ

芦ノ湖は都心からも比較的近いですが、とても自然が豊かで何もしていなくてもとても気持ちよく過ごせる環境です。

釣りに熱中するのもいいですが、のんびりご飯を食べたり、コーヒーを飲んだり・・・。とても優雅な休日を過ごすことができるのが魅力でもあります。水も綺麗ですしね!

秋になると紅葉なども楽しめますし、湖上で過ごす時間は最高ですよ!

防寒対策は万全に!

芦ノ湖は標高が高いので、真夏でも朝夕は思った以上に冷え込みます。ですので、必ず薄手の長袖くらいは用意しておいた方がいいと思います。日が出てくると暑くなることもありますが、日が陰ると霧が発生したりする場所です。風を引かないように、服装には注意しましょう。

釣ったワカサギの下処理

釣り上げたワカサギはとても美味しいです。芦ノ湖のワカサギは、他の場所のワカサギよりも癖がなく非常に美味しいと感じます。釣り上げたワカサギはそのままてんぷらなどにしても良いですが、意外と体表が汚れています。潮をまぶしてかき混ぜるだけでも汚れを落とすことができます。天ぷら以外にも、空揚げ、南蛮漬け、大型のものは焼き物など、色々な調理法で美味しくいただけます。また、冷凍しておいてトラウト釣りの餌にしたり・・・。

ワカサギは内臓もすべて丸ごと食べられるので、下処理の手間もかからないのでおすすめですよ!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です