イッセイ 海太郎スパテラを徹底インプレッション!【アジング・メバリングなどに】

スパテラ インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はイッセイから発売されている海太郎スパテラの使用感や特徴を詳しくインプレしていきます。

スパテラはオーソドックスな形状のストレートワームですが、ピンテールタイプのワームよりも若干潮受けが良く作られているのが特徴的。

オールラウンドに使えるワームで、程よい水押しと存在感でアジやメバル・セイゴなどを魚種問わずに狙うライトゲーム五目釣りにおすすめですね!

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きです。

スパテラのスペック・サイズラインナップ

スパテラ1.5インチ

1.5インチはかなり細身なボディで、10cm台後半程度までのアジやメバルを狙ったり、ワームの抵抗をできるだけ少なくして誘いを掛けたい時におすすめ。

マイクロベイトパターンやショートバイトが目立つ時のアジングにおいて、特に使いやすいです。

スパテラ2インチ

ライトゲーム五目釣りにおいて最もベーシックで汎用性が高いのがスパテラ2インチ。

20cm前後の魚種を狙う時にちょうど使いやすいサイズ感で、どれを選んだら良いのか分からない時にも最適。

アジやメバルやセイゴの他、カサゴの数釣りなどにも対応します。

スパテラ2.5インチ

2.5インチのスパテラですが、ボディが長くなるので、海中をフワフワと漂わせたり、潮に乗せた使い方が得意ですね。

ボディ自体はそれほどバルキーではないので、20cm台前半くらいの魚でもフッキングは意外と安定しています。

スパテラ3インチ

3インチのモデルは大型のアジやメバル・カサゴ・ソイなどを狙う時に使いやすいサイズ感。

一般的なライトゲームでは大きめのワームになり、私は使用していません。

スパテラ サイズ

まるなか

ライトゲームに使うのであれば、まずは2インチを基本に、1.5インチ・2インチ・2.5インチを使い分けるのがおすすめだよ!

※カラーラインナップについては【イッセイ スパテラ商品詳細ページ】を参考にどうぞ

スパテラを「サクッと」インプレ!

スパテラ アジ 釣果

ここからはスパテラの使用感や使い勝手を詳しく紹介していきます。

まずは私なりの印象を簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:ストレートワームとしては平均クラス
  • 耐久性:比較的優秀。コスパも良好
  • アクション:潮を受けるように設計しており、テールの動きとヘコヘコアクションが特徴的
  • 使い方:ただ巻き・リフトフォールなどオールラウンド
  • リグ:ジグヘッドリグ・ライトテキサスなど
  • ターゲット:アジ・メバル・セイゴ・カサゴ等オールラウンド

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

シンプルな形状のストレート・ピンテールワームに近い使用感ですが、わずかにアピール力は高め。

常夜灯周りのライトゲームなどに使いやすいワームですな。

飛距離

スパテラの飛距離ですが、ストレートワームとしては平均クラスですね。

ジグヘッドの重さを活かしてキャストするのであれば、1.5インチまたは2インチのモデルが使いやすいと感じます。

2.5インチ以上になると、風が少し吹いた時などにワームがクネクネと折れ曲がりやすく、やや失速しやすい印象。

カッ飛ばしたい時はジグヘッドの重さを少し重たくし、一方でワームを小さくすることで、風の影響を受けにくくなりますよ!

耐久性

スパテラの耐久性ですが、一般的なマテリアルを採用したライトゲーム用ワームとしては比較的優秀だと感じます。

ワーム自体は柔らかさがありますが、ゴムのような独特な硬さ・コシを感じます。

スパテラ 耐久性

ワーム自体も比較的ズレ難く、ワームキーパーが装備されていないジグヘッドを使用しても、すぐにズレてしまってストレスを感じるとはありません。

ズレてしまっても裂けにくいので、元に戻して使えることが大半。

また、スパテラは他社のライトゲーム用ワームと比較してコスパも優秀。

2.5インチまでは1パック14本入りとなっているので、ガンガン使ってもすぐに無くならないのも嬉しいですね!(3インチは9本入り)

まるなか

スパテラはフックへの密着性も割と優れていて、耐久面での使い勝手は良いんじゃないかな!

スパテラのアクション・使い方など

ただ巻き

スパテラはただ巻きで使用すると、ストレートワームらしい微波動アクションでスイミングします。

スパテラ アクション

テールが潮を掴むので、少し巻き速度に変化を与えたり、潮を受けることでピラピラとイレギュラーな動きを発生させます。

速めの巻きや少し大きめにリフトさせることで、テールのアクションが大きくなりますね。

シンプルなツルッとした形状のワームよりもアピール力は少し高めで、スパテラに変えるとアタリの数が増える場面にも遭遇していますね。

ロッドアクションによるリフトフォール・シェイクなど

一方でロッドアクションを与えて使用すると、移動距離を抑えたヘコヘコアクションで誘いを掛けることができます。

テールとボディに設けられたリブが潮を受けるため、抵抗が少ないワームよりもワームを一点にとどめやすく、ボディをくねらせて誘いを掛けやすい印象。

操作感も軽すぎないので、穂先でワームの存在感を程よく感じながら動かすことができるのもスパテラのメリットですね!

逃げ惑うベイトフィッシュを演出するというより、ネチネチ誘いたい時にスパテラのリフトフォールやシェイクが使いやすいと感じています。

少しラインスラッグを出して誘いを掛けると、狭い範囲でネチネチ誘いを掛けることができて良い感じですぞ。

まるなか

テールが潮を受けてプルプルとアクション、ロッドアクションを与えると移動距離を抑えてワームを動かしやすい。
程よいアピール力の強さで魚を引き付けるパワーがあり、使い勝手は良いよ!

深めのリブで吸い込み良好!

スパテラのボディはそこそこ太さがあり、マテリアルにも独特なコシを感じます。

スパテラ 折れ曲がり

しかし、深めに設計されたリブの効果でボディの硬さは全く目立たず、見た目以上に折れ曲がりやすく作られています。

リフトフォールなど、縦方向の誘いで魚がワームの頭を目がけでバイトしてきた時であっても、ワームがスムーズに曲がるのでフッキングを阻害しません。

ワームの耐久性・アピール力・吸い込みやすさがバランスよく備わっているワームですよ!

適したシチュエーションなど

スパテラで狙うのにおすすめなターゲットですが、主にアジ・メバルを中心に、セイゴやカサゴ狙いなどに使い勝手が良いと感じます。

カマスやメッキなどの回遊魚狙いでは、私の場合はツルッとした形状のストレートワームやシャッドテールワーム・ダート系ワームを多用しています(使えないことは全くなく、普通に釣れますが)。

ですので、小型回遊魚狙いではあえてスパテラを使うことは無いですね。

若干波気立っている時など、ワームの存在感を出したい時にも使いやすいストレートワームですな。

一方、少しワームのアピール力を足したい時は、同じくイッセイのシルキーシャッドがおすすめ。

シルキーシャッド

シルキーシャッドは一般的なシャッドテールワームのようにブルブル動かず、細かくテールが振動してアピールします。

ストレート系のワームに近い使用感で、狭いスポットからアジやメバル・カマスなどを狙う時におすすめですよ!

▼シルキーシャッドの詳しい解説については【シルキーシャッド徹底インプレッション】を参考にどうぞ

まとめ!

スパテラ アジ 釣果

今回はイッセイのライトゲーム用ワーム、海太郎スパテラをインプレしました。

  • ワームは比較的ズレ難く、コシがある素材で耐久性は良好
  • コスパ優秀
  • 移動距離を抑えた誘いが得意
  • 深めのリブとテールにより、シンプルなストレートワームよりもアピール力が少し強め

要点をまとめるとこんな感じですね。

ツルッとした形状のストレートワームよりも少し水掴みを良くしたい・アピール力を出したい場面におすすめなワームで、アジングやメバリングなどに使いやすくなってますな!

おすすめ関連記事

【実釣比較】アジング用おすすめワームを紹介

アジ アジングにおすすめなワームはコレ!シンプルな選び方・実釣から選んだアイテムを解説

アジングに使いやすいワームを実釣比較で選抜しました。

ライトゲーム五目用おすすめワーム紹介

アジング 釣果 ライトゲーム・ライトソルトワームの選び方・おすすめアイテム徹底解説【実釣比較】

魚種問わず色々狙うライトゲームにおすすめなワームを選び抜き!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です