釣りハックにパクリの件で問い合わせをしてみたら・・・

こんにちは、まるなかです。

以前書かせていただいたキュレーションサイトのパクリがウザいという記事に対するコメントやメッセージなどをいまだに頂くことが多く、予想以上の反響があって驚きです。

実は先日も魚釣りでは最大級のキュレーションサイト、釣りハックの記事の内容と私の記事の内容が酷似しているというメッセージを頂きまして・・・・。

まぁその指摘があったものが「ヒラメ釣りの時期」に関するものなんですが、ちょうどキュレーションサイトのパクリ問題について取り上げたもので。

メッセージを頂いたので改めて私の記事と釣りハック様の記事を見比べてみると

あぁ、言い回し変えてるけど書いてある内容やっぱりほぼ一緒やん

となるわけで、何だかよくわからないんですが段々イライラとしてきました。

そこで、この機会に釣りハック様に問い合わせをしてみることにしました。

最大級のキュレーションサイト、釣りハックの運営体制はどうなっているのか?

質問内容を簡単に書くと、

記事の文章自体は私が作ったものと言い回しが変えられてはいるが、明らかに書いてある内容が似すぎてませんか?

少し釣りに知識のある人間が見れば明らかに内容をパクっているのは分かるようなレベルですが、事実関係の確認をお願いします。

というシンプルなもの。

勿論、私の実名や電話番号、メールアドレスもキッチリと記入して問合せを行いました。

念のため、問い合わせを送信した時のスクリーンショットも保存しておきました。

しかし、翌日になっても返事は来ず、1週間・2週間と待っても返事は来ません。

キチンとした企業であるなら、内容は問わず問い合わせに対して返信するのは筋じゃないのかな?

事実関係が認められないのであれば、自分たちが作ったオリジナルの記事だと返事を書けばいい。

記事を書いたライターに過ちがあったのなら、正直に謝罪をして記事を削除したり、作り直せば良いだけのことですよね。

それなのに、無視っていうのは何なんですかね・・・・・。

googleサジェストで明らかになる他の被害者の存在

どうやらこのような被害にあっているのは私だけではなく、他にも釣り好きの個人の方々がいらっしゃるようで・・・。

その根拠となるものの1つが、googleサジェストっていう機能。

検索画面で調べたい単語を入力すると、関連する単語が勝手に表示されるアレの事ね。

ここで面白い現象が起こるんだけど、「釣りハック」という単語の後にスペースキーを打ってみるとね

「釣りハック パクリ」って出てきちゃうんだよね、これが。

これが何を表しているのかというと、

釣りハックというキーワードを調べる方の中に、一定数「釣りハック パクリ」と検索する方が存在しているって事。

こんな形で出てきてしまうっていう事は、おそらく他にも同じようなパクリの被害にあっている方があちこちにいるっていう状況なんだよね。

なぜこのような状況に陥るのか?

どうしてこのようなパクリ合戦が行われるようになっているのか?

理由は簡単で、アクセス数を集めて収益を出したいから。

代表的なのはユーチューバーだけど、動画じゃなくてもHPでお金を稼ぐ事ができる時代なんだよね。

好きなとこで収益を得て、生活が潤ったりそれで誰かの役に立てるというのはとても素晴らしい事だと思う。

しかし、そこには正しい知識や経験などがあり、見てくれる読者や視聴者の方の利益になるというのが前提だと思う。

モラルに反することをしてはいけないし、大好きな趣味を汚すことにもなるからそんなことをしようとも思わない。

しかし、釣りハックのようないわゆるまとめサイトの事をキュレーションサイトと言い、

彼らは広告収入や物販収入(おすすめ○○選とかそういうの)で得た利益で会社を運営し、給料を得ているわけだね。

そうなると、彼らにはお金が絶対に必要になって来るってことだ。

彼らは利益を出すことが根本にあるから、好きでやっている個人とは違い、セコイ真似をしてでも少ない時間やコストでアクセスを集める仕組み(記事)が必要になる。

だから個人のサイトに書かれているコンテンツの内容をパクって作り変えたり、外部からライター(1記事○○円で雇われるアルバイトのようなもの)を使って薄っぺらくて文字数だけが多いコンテンツの量産をしているのだ。

人によって考え方はそれぞれだけど、

人の知識などをパクり、自分が何も知らないのに知っているかのようにコンテンツを作ってそれで給料を貰って生活が出来る。

これってなんかおかしな職業だと思うのは私だけなのかな。

その先には読者や視聴者の方の利益というものが本当に考えられているのか?

お金を稼ぐっているのは、本来何か価値を提供したからその対価として得るものだと思うんだけど。

人が作ったものをうまく書き換えていくだけで、実際はそれに関する知識も経験も情熱も無いのにお金を稼ぎ、パクられた側に残るのは虚しさだけ・・・・。

何か嫌な世の中だよなぁ。

釣りの情報サイトは既に飽和状態へ

魚釣りに関する情報サイトは去年あたりから一気に飽和状態に入っている。

実際に今回の釣りハックをはじめとした利益追求型の企業が運営するサイトですら、アクセスが停滞~下落も見られはじめている。

釣りハックなどと比較すると規模が小さめな釣報というサイトはクックパッドに買収されちゃったしね。

実際に釣報のアクセス数を見てみると、従業員を雇ってやっていくには規模が小さすぎたし。

釣りで代表的なキュレーションサイトはいくつかあるけど、今後数年後に残るのって1つか2つくらいじゃないかな?

利益主義の企業が進出してきてしまったせいで個人の方達の勢いが一気になくなり、諦めモードになってしまっているのもなんかもどかしい。

更新頻度が落ちてしまったり、半分放置状態になっているブログも多いし・・・・・。

私にもう少し力があれば、個人が結託してなんか活動出来たりしそうな感じもするけど、そこまでの影響力は持ってないし。

まとめサイトを作るなら、まとめられるだけの専門的知識と経験を持て

キュレーションサイトにはうんざりしているけど、今の釣りに関するキュレーションサイトは

そもそもキュレーションになっていないと思うのは自分だけなのか?

キュレーションというのはまとめるという意味があり、転がっている知識や技術をまとめて紹介するにはそれ相応の正しい知識と経験が必要なのは言うまでもない。

しかし、今の現状では情報サイトの運営者自身が釣りをそれほどやっているようには見えず、やったことも無い釣り・使ったことも無い釣り道具を平気で紹介しちゃってる。

これってキュレーションと言えるのかな?

自分だったら、その釣りをやったこともない人間に教わろうという気には到底なれないけどね。

明らかな間違いやでたらめが目立つ

今回の釣りハックは結構面白い記事が有り、良く見てみるとでたらめで良くわからないことが書いてある事が多い。

たとえば、謎のダブルラインの電車結び。

一番下の結び方が電車結びなのか?

良くわからないけど、この方が結びやすくなるって書いてあるけどそれって本当なのかなぁ。

私には複雑すぎて難しそうだし、そもそも電車結びには見えないけど・・・・。

 

他にもね、暮らし~のというキュレーションサイトがあって

絶対にうまくできないメタルジグのホログラムシートと、ウレタン塗料の組み合わせを紹介していたり・・・・。

やってみればわかるけど、このストレッチホロシートって綺麗にウレタンコーティングするのは難易度高いのよ。

そのサイトにも

「紹介されているホロシートとウレタン塗料の組み合わせでメタルジグのコーティングをすると、ホロシートがシワシワになったり光沢が失われてうまくできません。

どうやったらうまくできるのかコツを教えてください。」

以前問い合わせをしたことがあったんだけど、見事に

無視

でしたね。

実際にやったことも無いのに、知っているかのように記事を書ける度胸は認めるけど

それを真似してコーティングに挑戦し、失敗してしまう方がいたらどうするのかな?

オリジナルカラーのルアーをコーティングの失敗でダメにした時の精神的なダメージは結構大きいし、掛けた時間も無駄になるわけで。

 

またの機会に釣り情報を調べる時に役に立たない代表的なサイトや、金稼ぎ主義のHPかどうかを見極めるためのポイントなどをまとめて紹介するのも良いかもしれないね。

毎日釣り情報に触れていると、そういうのって1瞬見ただけで大体見分けがつくようになるんだよね。

ましてやパクられる被害者側になるとなおさらなわけで(笑)

今はこうして我慢するしかないのが現状だけど、いつか見返せる日が来るまで。僕らはコツコツと現場の知識と実体験に基づく情報を発信し続けます。

そんな感じで話が脱線気味になってしまったけど、釣りハックというサイトにパクリに関する問い合わせをしたら「無視」されたって事で。

無視するっていう事は、彼ら自身も日々パクリ続けているのを暗に認めていると読んで良いんですかね?

何か進展が有ったら、またお知らせします。

キュレーションサイト撲滅活動、いつになるのかわからないけどやらなきゃいけないような気がするよね。

おすすめコンテンツ

ブログ村

8 件のコメント

  • キュレーションサイトへの怒り、本当に共感させていただきました!!
    釣りハックやら何やら、釣り業界を破滅させようとしているのかと思うサイトがいくつもありますよね。
    (あんなコピペサイトで騙された初心者は、二度と釣りをやらなくなってしまうのでは、と心配します)

    ワードプレスのコピペを発見するプラグイン「チェックコピーコンテンツ(https://ja.wordpress.org/plugins/check-copy-contentsccc/)」を入れておくと、全文そっくりそのままパクられていたりしてあきれるばかりです。検索で上位をとるとよく記事を丸々パクられるんですよね。やれやれです。

    ちなみに「ツリホウ(釣報)」は、ひどいキュレーションサイトでしたよ。
    ぼらおさん(ブログ名:三十にして立ち、四十にして惑わず)のブログにその一部が記されています。主に写真の盗用や無断転載などをしていました。
    「まーたパクられた」https://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-1169.html
    「【続報】ぼらお、ツリホウからだんまりを決め込まれる【疑惑】」https://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-1171.html
    「ツリホウに関する個人的見解」https://hakataseabasslure.blog.fc2.com/blog-entry-1173.html
    ツリホウはそもそも記事の質が低く、他にも色々とやらかしていました。
    「初心者でもヒラスズキは簡単に釣れる!釣るにはこれ買って!!(安全対策についての言及なし)→指摘されてあわてて修正」
    「引用と書いて他人のブログから大量の無断転載→引用の条件は本来とても厳しいはずです。引用と書いてパクるのは無断転載、著作権侵害です(引用について解説した例:https://innovarth.co.jp/writing/copyright.html)」
    現在は、パクリ記事で儲けた金で、パクリ記事を隠して外注記者に記事を書かせたりYouTuberとコラボしたりして、うまく雲隠れしている感じです。
    現在、Google検索ワードの候補に「ツリホウ」と入力すると「ツリホウ パクリ」が一番上の候補に出るぐらいですし、釣り人のみなさんは気付いているのでしょう。騙されているのは釣り初心者ばかりで本当に気の毒です。
    クックパットによる買収も、弱小で買収されたというより、危険だと判断したウミーベCEOのカズワタベ氏が「ツリホウ」を売り抜けて逃げたように感じられます。

    こういった凡百のキュレーションサイトより、まるなかさんのように「釣り愛」が感じられるサイトを運営しておられる方が評価されるべきだと常々思っていたところです。
    これから先、検索エンジンの問題も解決されると良いですね。

    私もコピペ対策をしながらサイトを育てられるように頑張ります。
    今は弱小ブログで恥ずかしいのでサイトやメールは公開いたしませんが、協力できることがあればまたお声を掛けさせていただくかもしれません。

    全てのキュレーションサイトが撲滅される日が来るのを願っています!
    ではでは、長文失礼いたしました。

    • こんにちは、まるなかです。

      釣報は以前半年で月間100万pv達成などと自信満々な感じでしたが、その後は結局伸びずに・・・という感じでしたね。

      パクリまくって最後は買収とは、なんだか哀れですが当たり前ですよね。ぶっちゃけてしまうと、あの程度のサイトなら私1人で作れますからね笑
      一応これでも善悪の判断はしているので、そんなことはやりませんが。

      釣りハックも最近はユーチューブに出てたりしますが、良くくだらないことしながら顔出せるなあと感心します。

      釣りを見る限り、対して実践経験も積んでいない感じがしますね。やはり釣りはそんなに好きではないんでしょうね。

      コピー対策を教えていただきありがとうございます。早速やってみますね!

      今後時間を掛け、本当に好きな人間が活躍できる状況を作りたいものですね!何かありましたら連絡くださいね。

  • ホントにクソですね、パクリサイトって。
    ボクみたいな弱小ではパクられたりはしませんが、まるなかさんレベルになると相当ひどいんでしょうね。

    釣報が買収された時にはざまあと思いましたが、今は釣りハックの方がタチが悪いんですね。なんとか撲滅させたいですね。

    • こんにちは、まるなかです。

      お金儲けの方達は本当に釣りが好きなのか?好きなものに対するこだわりとかプライドはないのかと疑問に感じますね。

      釣報の買収はやっぱりなという感じもありましたが、パクリ続けても社員を養えるだけの利益は出ないんでしょうね。

      今パクリがひどいのは釣りハックと暮らし〜のですかね。
      面白いことに、ここに来て釣りハックをパクるキュレーションサイトも出てきていて賑かくなりそうです笑

      お金が欲しいならユーチューブやればいいのにと思いますね。

  • おはつに。
    釣法・作製術など、いつも参考にさせていただいてる、いちフアンです。

    私はブログもホムペもやっていませんが、キュレーションサイトはホントに邪魔に感じています。
    だって、どのサイトも内容は地域性やパターンについての考慮、体験に基づく考察が殆ど無く、何の役にも立たないのに検索上位を埋め尽くしているんですもの。

    それに引き換え まるなかさん のブログは説明がわかりやすく、参考にさせていただくとドンピシャリで結果が出ることが多いため、本当に助かっています。

    先日 静岡の某釣りtuberがハックとのコラボ動画をアップしていましたが、出ていたハックの人たちは明らかに「魚釣りに熱を上げている」感じではなかったです。
    なんというか、「魚釣り?やりはするけど、そんな熱中することじゃないかな~(作り笑い)」みたいに感じました。

    長くなりましたが、私は まるなかさん を応援しています。
    これからも良質な、職業釣り人ではない一般釣り人向けの情報発信に期待していますね。

    • こんにちは、まるなかです。

      本当にその通りで、釣りに興味がある方を利用して利益を上げることしか考えておらず、嫌な感じですよね。ロクに釣りをしないくせに知っているかのように振る舞っておすすめアイテムとかを紹介しちゃうんですから(^_^;)

      私も釣りハックの方がユーチューブに出ていると聞き、某動画は見ました笑
      言っていいのかわかりませんが、釣りは大して好きには見えないし経験も少ない感じですね。釣りの準備から道具の扱い、魚の扱いを見ればどれくらい場数を踏んでいる人なのかはすぐわかりますから。

      私自身は別にお金持ちになりたいとか有名になりたいとかそういう欲求は全くないので、これからも消費者目線で色々な情報をお届けできればと思います。
      今後ともよろしくどうぞ!

  • 私はキュレーションサイトで働いている者です。
    はじめに謝ります。ごめんなさいm(_ _)m

    私も今の記事を見て本当にキュレーションサイトの上層部に怒りがこみ上げてきます。

    WELQというキュレーションサイトでコピペが発覚したことを皮切りに 次々と記事内容のパクリをしていた会社が倒産していきました。

    そのため、コピペチェックは入念にするようにはなりましたが 信憑性のある内容かどうかは、ほとんどチェックしていません。

    なぜなら、情報が嘘であっても多くの人に見てもらえれば収入になるからです。

    私は本当にいい記事を作りたいと思って、ライターをしているのですが 上司や上層部はそれをよく思いません。

    Googleで上位に上がっているサイトが多くの人に読まれている記事ということで そういったサイトを中心に記事をパクっているのです。

    人が頑張って書いた記事を短時間でパクるよう指示をされることに私は良心の呵責に苛まれています。

    まるなかさんの記事を読んで、今の会社を辞めることを決心しました!

    • キュラーションサイト自体アクセス数が落ちてきているものも多く、今後は淘汰が進むでしょうね。

      私は趣味でやっているだけなので良いですが、仕事としてこんなことをするのは個人的にプライドや誇りは持てないですね^^;

      会社を辞めるのであれば、自分でメディアを立ち上げるのが良さそうですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です