渓流ルアー釣り入門 タックル選び~必要な装備の基礎固め!

さてさて、今回は渓流ルアー釣り入門に必要なタックル選びと必要な装備について!

何となく敷居が高い感じがするネイティブトラウトゲームだけど、実際にやってみると基本さえ押さえれば誰にでも楽しめるとっても楽しい釣り。

そうはいっても川は滑りやすいし、装備を間違えると転んでけがをしたりする可能性はある。

ここで必要なアイテムについての基礎知識をしっかり作り、安全に楽しい渓流ルアー釣りに役立ててもらえたら嬉しく思うぞ。



渓流ルアー釣り入門に最適なフィールド

渓流と言っても源流域のような岩がゴロゴロした場所から開けた川幅の広い場所まで様々。

初心者の方におすすめなのは

大きな一級河川に流れ込む支流の上流域や里川など、若干川幅が広くなり始めた比較的上流域の場所を選ぶこと!

川幅の広い本流の釣りはポイントの見定めが難しいし、1発大物の可能性は高まる分釣果を手にすることが難しい事も多いからね。

おすすめなのはこのような川幅が数メートル程で、ルアーを投げれば対岸まで簡単に届くくらいの規模の釣り場。今回紹介するタックルは、このような河川の上流域や支流で使いやすいものを基準に選んでいくぞ。

河川の上流部や小規模な支流は落ち込みや淵、瀬などといった見た目にわかりやすいポイントが比較的多い。だから狙ってトラウトをキャッチするのも本流に比べたら比較的容易になり、まずは腕を磨くのにもってこいの釣り場だ。

渓流ルアー釣りに必要なタックル・装備まとめ

まずは渓流ルアー釣りに挑戦する際に必要となるアイテムを簡単にまとめておこう。

基本タックル

まずは釣りに絶対必要となるロッドやリールなどについてだ。

渓流ルアー釣りに必要なタックル
  • ロッド:ネイティブ用トラウトロッド。上流域なら5フィート前後
  • リール:基本はスピニングリール。ダイワ、シマノ共に2000番が基準
  • ライン:ナイロンなら4ポンド。PEラインなら0.3号~0.4号
  • ルアー:ミノー(4~5cm)やスプーン・スピナー(3~5g前後)など

このようなタックルがいわゆる一般的な山間を流れる渓流域では基本のセッティングになる。川の下流へ行けばロッドは長くなるし、それに合わせてリールやラインセレクトも変わって来るぞ。

装備

渓流釣りは歩き回るし、川を渡ったり大き目の段差を越えたりする。

だからウエストバッグなどは邪魔になりやすく、基本的にはベストの中に必要な小物などを収納して身動きがとりやすい状態で釣りを行うことになる。

渓流ルアー釣りに必要な装備
  • ウェーダー:基本はウェーダーを装着して釣りをする
  • 長袖のアンダーや合羽:渓流は木が生い茂っていたり、虫がいたり。肌を露出するとけがをしたり虫に刺されたりする
  • 渓流用ベスト:ルアーや交換用のフックなどを収納する
  • ランディングネット:落下防止のストリングなどと組み合わせて使おう
  • 熊除けの鈴:山間の渓流に入るなら万が一に備えて装備
  • 針外し:小型のフックを外しやすい細長いもの
  • 交換用スペアフック:渓流釣りではフックの消耗が非常に激しい
  • ハサミなどの小物:PEラインを使うならショックリーダーなども必ず用意

ざっとまとめるとこんな感じかな。それぞれについての必要な解説は順番に行っていくぞ。

渓流ルアー用ロッド・リール選び

ロッド選び

ロッドは管理釣り場用の柔らかいものではなく、ネイティブ用のある程度しっかりとした張りのあるものを選ぼう。河川の上流域でヤマメやイワナなどを狙うのであれば、

規準になるのが5フィート前後。

5フィートほどのロッドを1本用意しておくと、源流域~少し開けてきたポイントまでを幅広くカバーできるぞ。

源流域や草木の生い茂ったポイントで釣りをするだけなら4フィートなどの短いロッドが使いやすい事もある。一方で河川の中流~本流で大型トラウトを狙うとなると、7フィート以上のロングロッドを選ぶことになる。

リール選び

ロッドに合わせるリールだけど、巻き取りが速いハイギアを選ぶようにしよう。巻き取りが遅いと、流れの速さでルアーがしっかり動かなくなるからね。

最近はベイトリールを使った釣り方もあるけど、基本になってくるのは小型のスピニングリール。

リールの大きさについてはシマノ、ダイワ共に2000番。ギア比はハイギアデルを選べば基本はOK!

ライン選び

扱いやすくてトラブルが少ないのがナイロンライン。ショックリーダーという先糸を接続する必要があるが、慣れてしまえば非常に強度が高いのがPEライン。

どちらが良いのかわからない方や、釣り初心者の方はまずナイロンラインから使ってみよう。

太さは1号、強度でいえば4ポンドを基本にチョイスすればOKだ。

余り太ラインを使うと飛距離が落ちるし、流れなどの影響を受けやすくなってしまう。ルアーを狙ったコースにトレースするのが難しくなるぞ。逆にラインが細すぎると、石などに擦れてしまってラインブレイクしやすくなる。

渓流ルアー釣りで使う代表的なルアー

 

次に紹介するのがルアーの種類だ。最近はどんどん新しいものも増えてきているけど、基本となるのがミノーにスプーン、スピナーの3種類かな!

これには好みがかなりあり、私まるなかの場合は7~8割くらいがミノーで占められている。とりあえずこれから挑戦するなら、最低限各種揃えてみよう。

その後自分が楽しと感じたり、使いやすい種類のルアーをメインに揃えるようにすれば問題ないからね。

渓流釣りで使う代表的なルアーの種類
  • ミノー:小魚の形をしたルアー。大きさは4~5cm、水に入ると沈んで行くシンキングかヘビーシンキングが基本。ただ巻きやトゥイッチングで使おう
  • スプーン:金属製の薄っぺらい形をしたルアー。重さは3~5g前後が渓流ではメイン。ただ巻きでもしっかり泳いでアピールする
  • スピナー:金属製のブレードが回転するルアー。スプーンと同じく、3~5g位を良く使う。ただ巻きでOK

簡単に紹介するとこんな感じかな!



渓流ルアー釣りに必要な装備

タックルと同じくらい重要なのが、安全かつ快適に釣りを楽しむための装備だね。渓流釣りは基本的に歩き回って釣るスタイルだから、装備の違いで釣りの快適性に大きな差が出るぞ。

ウェーダーの種類と選び方

ウェーダー

夏場はウェーダーを履かない沢登りスタイルもあるが、基本的にはウェーダーを履いて釣りをすることになる。ウェーダーには種類があり、特徴が違う。

選び方のポイントをまとめておくぞ。

ウェーダーの選び方チェックポイント
  • ウェーダーの長さ:色んな場所で使うのならチェストハイ(胸上までの長さ)のウェーダーを選ぶのが基本
  • 素材:オールシーズン使うならナイロン製。歩き回って蒸れやすいので透湿素材の方がおすすめ
  • 足先のタイプ:脱着が容易なのがブーツタイプで、足にフィットして動きやすいのがストッキングウェーダー。ストッキングウェーダーはタビやウェーディングシューズと組み合わせる
  • 足裏の素材:コケや濡れた場所でも安定してグリップしやすいフェルトソールを選ぼう

ウェーダーは足の部分に長靴が取り付けられているブーツタイプと、足袋になっているストッキングウェーダーがある。これは好みにもよるんだけど、釣りをしていて快適なのはストッキングウェーダーかな。

ストッキングウェーダーはポイント移動の際のウェーダーの脱着が面倒になるが、その分足にしっかりフィットするから足を高く上げたり石を飛び越えたりする時に快適。

ストッキングウェーダーはそのままでは使えないので、タビやウェーディングシューズを履くことになる。ブーツタイプのウェーダーの場合も、ストッキングウェーダーと合わせて使うタビやシューズの場合も

靴裏はフェルト素材を選ぶこと!!

ゴム底のラジアルソールやスパイクが入ったソールはツルツルの石の上に乗るとグリップが全く効かず、非常に危険な目に合うことも多いから要注意だ。

ベスト

渓流のルアー釣りではかなり重要なのが実はベスト。

安いものからそれなりの価格がするメーカー品まであるけど、やっぱりメーカー品のものの方がポケットの位置や収納力が計算されていて使いやすい。

選ぶ際のポイントとしては、ルアーボックスがしっかり収納できるポケットサイズである事とD管が装備されている事。

安いベストにはD管が付いていないものある。このようなアイテムを選んでしまうと、ランディングネットや熊除けの鈴を取り付けるのが非常に面倒になるからね。

ランディングネットと接続パーツ

聞かれることが意外と多い、ランディングネットとベストとの接続についてだ。渓流釣りは歩く距離が長いし、ちょっとした斜面を登ったり岩を越えていくこともある。

だからネットが邪魔にならず、かつ落下してしまわないようにするのが超重要だぞ。

ランディングネットと落下防止の接続パーツ選び
  • ネットのサイズと素材:渓流域で使うなら、内径25~30cm前後。使い勝手を求めるならラバーコートされたアイテム。写真映えするのは天然素材
  • ネットホルダー:ネットの枠に取り付け、マグネットホルダーを装着するのに使う
  • マグネットリリーサー:磁石が内蔵されており、片側をベストのD管へ。もう片方をネットホルダーに接続
  • ネットキーパー(落下防止ストリングス):マグネットが外れてしまった際に流されないようにするための物。

初めてネットを購入すると、どんな風に接続すれば良いのかわからないかもしれない。少し詳しくネットとベストとの接続方法を紹介しておこう。

ネットの上部はこんな風に接続するのが一般的かな。

落下防止のネットキーパーはこんな風に取り付け、反対側をベストのD管に取り付ければOKだ。

私の場合、落下防止のネットキーパーの片側は脇の下にあるD管に取り付けているぞ。

熊除けの鈴

釣り場によっては必要のない場合もあるが、一度買っておけば長く使えるので装備しておいた方が安心。消音モードにできるものもあるぞ。

交換用フック

渓流釣りは針の消耗がとにかく激しい。常に岩に針先が当たり続けているわけだから、少し釣りをしているとすぐに針先が丸くなったり変形したりする。

だから予備の針は超必須アイテムで、針を交換する癖のある人とそうでない人では釣果に差がかなり付くので要注意!

パッケージのまま収納するとかさばりやすいので、硬めのスポンジのようなものが入ったフォームケースを使うとコンパクトにフックの収納が出来る。

渓流釣りならメイホウのスリットフォームケースSS、またはF-9位のサイズが使いやすいかな。

針外し

渓流のルアー釣りではトリプルフックの付いたルアーを使う事が多いし、ルアー自体のサイズも小さいから手で針を外すのはかなり危険。トラウトは身をよじらせて抵抗してくる習性があるから猶更だ。

針外しのアイテムは必須になるが、太いペンチなどでは小さい針をしっかり挟み込むことが難しい。

おすすめは細かい作業が行いやすいフォーセップタイプで、渓流釣りで使うなら5インチくらいがベーシック。使わない時はロック機能を使ってベストのポケット部分にぶら下げておくこともできて使い勝手が非常に良いぞ。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です