カマス釣りの時間帯毎の特徴とポイント選びのテクニック!

さて、今回はカマス釣りにおける時間帯セレクトとポイント選びのコツを紹介していく。

カマスは時期や時間帯によって回遊しやすいポイントが変わるから、状況に合わせて魚の居場所を見つけて行くことが大切。

活性の高い群れさえ発見してしまえば割と簡単に釣れることが多い魚だけど、群れに遭遇する確率を上げていくにはカマスの習性を知っておくと役立つはず。

この機会にカマス釣りのレベルアップを図ろう!



カマスは時期、時間帯によって回遊場所が変わる!

カマスは時期や時間帯によって釣りやすい場所が変わることが多い。状況次第では同じ場所で一日中釣れ続くこともあるけど、そういう恵まれたチャンスはなかなか来ないことが多い。

まずは簡単に要点だけまとめておく。

カマスの回遊パターンの要点!
  • 夏はカマスの回遊する範囲が広く、比較的潮通しの良い場所を好む
  • 秋~早春にかけ、水温が下がるにつれて港湾部や内海の奥まった場所に入り込みやすくなる
  • 高水温期は主に朝夕マズメが釣果の中心。夜釣りは秋~早春の低水温期の方が釣果が出やすい

ざっとチェックポイントをまとめるとこんな感じかな!

カマスは同じような場所を回遊し続けているように見えるかもしれないが、水温の変化とともに回遊場所が少しずつ変わってくることが多いのだ。この基本を知っておくだけでも、釣りの戦略が立てやすくなるはず。

関連記事

◎カマス釣りの時期毎の特徴を詳しく知りたい方へ

時間帯毎のカマスの行動パターン

まずは時間という面からカマス釣りを考えてみよう。カマス釣りが成立しやすいのは、基本的には朝夕マズメと夜間。日中でも釣れないことは無いんだけど、狙ってカマスだけを釣るのは岸釣りからではしんどいことが多いかな。

朝・夕マズメのカマス釣り

まずは朝夕マズメのカマス釣りについてだ。

マズメの時間のカマスというのは、基本的にベイトフィッシュの群れについて移動する時間と考えていい。

だから釣りをするポイントもベイトの回遊しやすい場所になる。具体的には、堤防の先端付近や折れ曲がった外向き場所などの潮通しが良いポイントが狙い目。

こういった場所で餌を求めて回遊してくるカマスを狙うのが一般的なスタイル。

この時間帯のカマスは回遊してきさえすれば活性が高いことが多く、ワームやメタルジグ、投げサビキなど色んな釣り方で攻略することが出来る。

ウキ釣り仕掛けで釣ることももちろんできるが、手返しが悪くなるのでルアーやサビキの方がおすすめかな!

釣れる時間はある程度限られていることが多く、時間が経過するとカマスが去ってしまうのが最も良く遭遇するパターン

カマスの夜釣り

潮通しの良い場所から回遊してきたカマスは、夜間になっても秋~早春の時期を中心に狙うことが出来る。

夜釣りの場合は常夜灯が有っても無くてもカマスは釣れるが、釣れる大きさが異なってくることが多い。基本的に中型までのカマスは常夜灯の周辺に潜むことが多く、明暗の境などを中心に探ると良い。

一方で大型のカマスの場合、釣り人のプレッシャーなどが入って来ると常夜灯の下に回遊して来ないパターンがある。大型のカマスは真っ暗な場所の沈み根周辺に潜んでいたり、常夜灯と常夜灯の間の暗い部分を好んでいることもあるぞ。

だから夜釣りの場合はライトの灯りだけにとらわれない方が良い。目先を変え、暗い場所も少し狙ってみると案外良型が釣れたりするからね。

また、夜間のカマスは朝夕マズメよりもスローな動きに反応が良い事が多い。だからサビキ釣りはちょっと厳しい事も多く、釣果を安定して出したいのであればワームを使ったり、キビナゴ餌などを使ったウキ釣りなんかが面白い。

活性があまり高くない状態で速い釣りを展開してしまうとそもそもアタリが出なかったり、アタリが出てもしっかり食って来ない為ラインブレイクが発生しやすくなったりする。夜のカマス釣りはじっくり、スローに探るのが基本だ。

日中のカマス釣り

昼の日が上った時間帯のカマス釣りの難易度は意外と高い。朝夕や夜間と違い、ベイトのまとまった回遊などが無ければ水深が深い場所の底付近に落ちてしまうからだ。

狙い目なのは船道などの駆け上がりの存在するスポット。この時のカマスは捕食スイッチがオフになっていることも多く、適当に釣りをしても食って来ないことも良くある。

だからバイブレーションやメタルジグ、重ためのジグヘッドなどを使ってアクションを与え、カマスのスイッチをオンにして口を使わせる方が良い。ただ巻きよりもダートやトゥイッチングの方が良い場合が多いが、あまりアクションを与えすぎるとラインブレイクの可能性が高まるからほどほどに。



カマスが回遊しやすい有望ポイント

次に、ポイント選びについて見ていこう。

堤防の先端付近

外向きに飛び出た地形は潮がぶつかり、ベイトフィッシュの回遊が望めるポイント。カマスもそれを追ってやってくるが、基本的には朝夕の回遊するカマスを待ち構える場所という位置づけかな。

常夜灯があれば夜間にもカマスが釣れる事はあるけど、ナイトゲームの場合はちょっと内向きの場所の方が安定してカマスが釣れやすい傾向があるように感じる。

スロープ周辺

船を上げ下ろしするスロープの周りは、比較的波が穏やかで奥まった場所に多い。こういった釣り場は、朝夕や日中よりも夜間のカマスが溜まりやすいポイントになる。回遊するカマスを狙うというより、長時間居つくパターンの方が多く感じる。

特に真冬~春先はチアユなどが入って来ることもあり、それを求めて良型のカマスの回遊が見られる場所も良く見かける。

船溜まり

船溜まりもスロープと同様、夜間などに居つくカマスが狙いやすい。しかし、日中であっても状況次第では船の影などに群れが残っている場合もある。

カマスは意外と臆病で、駆け上がりや障害物の影などに隠れていることも多い。

河口周辺

カマスは予想以上に低い塩分濃度にも強く、河川の下流域などにも入って来ることがある。特にチアユやハクが遡上する春先は河口周辺にカマスが集まることも良く有り、良型のカマスが夜釣りで狙えたりする。この時期はシーバス狙いの外道として40cm以上の大型が結構釣れてしまう。

春先のベイトフィッシュが集まるタイミングを中心に、河口内などもちょっと狙ってみる価値はある。

常夜灯周辺

ナイトゲームの人気スポットである常夜灯周辺。カマス釣りの場合、カマスはアジやメバルよりも明暗の暗い側を好む傾向がある事を覚えておこう。

活性が高い状況下ではライトの当たる真下にも入って来ることはあるが、基本的には明暗の暗い側を中心に狙った方が反応が良く出る。

また、ライズなどがあると表層ばかりに目がいきがちになるけどカマスの群れは縦に形成される特徴がある。

上にカマスが居る時は下にもいると考え、下の個体もしっかりキャッチしていくことで釣果は伸びやすい。また、深い場所の方が1周り大きいのが釣れるという事も良くあるからね!

カマス

カマス釣りの時期やポイント選びについてはこんな感じかな。あとは実践の中から地域ごとの癖などを見つけることが出来れば最強!

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

関連記事

◎これからカマス釣りに挑戦する方へ

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です