サンライン PE-EGI ULT HS8 極細8本編みPEをインプレッション!

さてさて、今回は最近新たに導入した8本編みの極細PEライン

サンライン PE-EGI ULT HS8

こちらを実際に釣りに出かけてルアーを操作し、魚を掛けてみた感触などをまとめていこうかなと。

もともとはエギング用に開発された結構高価なPEラインになるんですが

このラインは

0.3号、0.4号といった極細の番手がラインナップされている数少ない8本編みのPEライン

ということが購入を決めた最大のポイント。

エギングで使用するために0.5号や0.6号を導入しても面白くないので、ここは大奮発して0.3号を使ってみました。

ターゲットとしてはメバルやアジなどをはじめとしたライトソルトゲーム全般ですが、

ここまで釣行を重ねてきてメバルやアジはもちろん、クロダイやフッコなどといったある程度大きさのあるターゲットも釣り上げることができました。強度のチェックや負荷を掛けた時の使い心地も知ることができましたね(*^^*)

おそらく、ライトゲーマーの中には8本撚りの極細PEラインは使ったことが無いという方が多数ではないでしょうか?

今回はそんなちょっとマニアックな細い番手の8本編みのPEラインの使い心地を紹介していきましょう!

このラインをエギングに導入しようと考えている方はもちろん、私のように細い8本撚りのPEラインが気になっているという方も、購入を迷っているようでしたら参考にしてみてくださいね。



サンライン PE-EGI ULT HS8 実釣インプレッション!

まず、このラインを実際に使ってみての感想をざっとまとめておこうと思う。

  • キャスト時などの使い心地→文句なし!
  • 引張強度→良好
  • 感度→並
  • 価格→非常に高価(-_-;)

簡単に1言でインプレしてみると、大体こんな感じかな。性能自体は非常に優れているんだけど、

とにかくめちゃめちゃ高いというのが最大のネックになってくると思われる。0.3号などの極細の番手はある意味仕方がないが、0.6号や0.8号などといった通常の番手も他のPEラインと比較したらやっぱり高めの価格設定のPEラインになる。

それでは、実際に使ってみたインプレを少し詳しく紹介していきますね。

糸抜けが抜群に良い

このラインを使ってみて、1投キャストしてすぐに感じたこと。

ラインが抵抗なく、フワフワと飛んでいく気持ちよさ!

8本編みのPEラインはシーバス釣りやエギングなど、ある程度の号数以上を使用する釣りではメジャーになってきているのでこれと言って新鮮なわけではない。

しかし、今まで使ってきた8本編みのPEラインや表面がツルッとしたアーマードFシリーズのラインなどと比較しても

明らかに糸抜けが良い。

今回はライトソルトゲーム用にULT HS8 を購入したわけですが、

最近のライトソルトゲームロッドはガイドが極小セッティングのものが多く、糸抜けの悪いラインを使うとストレスがたまることが有る(-_-;)

例えば、今まではメインで使ってきたのが デュエルのアーマードF+Proというライン。

このラインはコーティング系のちょっと変わったPEラインになりますが、表面はツルッとしていてナイロンやフロロカーボンの感触に近かったりする。

しかし、小さなガイドのロッドと組み合わせた際

数メートル先のピンスポットにアンダーハンドでキャストをした時など、ブランクスにラインが張り付きやすかったり、ガイドにラインが引っ付いてしまって飛距離が若干落ちる傾向があった。

同じようにこのPE EGI HS8を使ってみると、

全くラインが張りつかないし、サラッと抵抗なくラインが出ていく。

これはちょっとした差のように見えて、使い心地としては非常に大きな差が出ていると感じましたね♪

フルキャストした際ももちろん遠投が効くし、水切れが良いのでラインメンディングをしたりするのも非常にスムーズにできる。

この点は他のPEラインよりも優れていると感じました。

触感やノイズの少なさは最高クラス

手で触ってみた感じは、シーバス釣りなどに使うような8本編みのPEラインをそのまま極細にしたような感じですが、

それらよりもより表面の凸凹が小さくて1ランク滑らかに感じる。

しかし、分厚いコーティングがされていてその感触を手に入れているというような感じではなく、あくまでもナチュラルで薄いコーティングが施されているといった印象。

ライン自体は非常にサラサラとした感じに仕上がっていて、コーティング系のPEラインに時々見られるようなベットリ感などは無い。

また、キャストした際や魚をヒットさせた際の糸鳴りも非常に抑えられていると感じた。

今まで使用していたアーマードF+Proと比較しても、ルアーを引いた時のノイズはほぼ出なくてストレスフリーな感じかな。

そして魚をヒットさせた時の感覚としては、

そのアーマードF+Proと比較しても、よりノイズが出にくくて好感触!

最近は小口径のトルザイトリングがセットされたロッドが増えてきているが、今までのSic素材のリングとは形状が変わっていて感度を重視した設定になっている。そのためラインノイズを拾いやすいという特性があり、釣りをしていると時々ガサガサというようなラインがガイドに擦れる感触が気になったり。

そういった事も、このPEラインを使えばほぼストレスない釣りが実現できると思いますね♪



強度:しなやかで結束しやすく十分!

続いて、このPE EGI HS8ですが、表面の滑らかさやしなやかさ、無駄なコーティングが無いことなどが相まってか

ノットの締め込みも容易で強度もしっかり出るので安心して使用できるといった感じ。

何度か根掛かりをした際にジワジワとテンションを掛けてみましたが、そう簡単にはノット部もブレイクすることなくて結束強度も出ている様子。

このラインで55cmを超えるクロダイをヒットさせたりもしましたが、ある程度強めにテンションを掛けてやり取りしても大丈夫だった。強度の面では十分満足しているかな♪

また、アーマードFシリーズを今まで使っていたのですが、

ノットを組む際には注意しないと表面のコーティングが少し剥がれたり、キャストを繰り返しているだけでも徐々にコーティング剥がれが見えてくる。

極端に強度が落ちるという感覚は無いが、見た目的にも精神的にも毛羽立ったPEラインというのは不安になる。

このULT HS8はコーティングで滑らかさを出しているというより、編み方などで滑らかさを出しているのでそういった心配は今のところ全く感じていない。

毛羽立ちにくく滑らかな状態が続くので使用感も良いし、必要な強度もある!

感度や伸びは通常のPEラインと同格

今までメインで使用していたアーマードFシリーズは

低伸度(通常のPEラインの約1/2位らしい)と高比重をウリにしているライン。

ですので風にも非常に強いですし、水中のラインが真っすぐな状態を保ちやすい。そのような特性から、非常にダイレクトな使用感が有ってアタリもビンビン伝わってくるのが明らかにわかった。

このHS8の場合、そういった面では他の一般的なPEラインの特性に近い為

アーマードFと比べると感度の面では落ちるし、若干伸びが有るのでマイルドな操作感になると感じた。

感度が悪いと言っても通常のPEラインと同じくらいのものはあるので、比較対象が悪かったのかな。また、伸びに感じてはアジングなどをはじめとした

数釣りを中心に添えた釣り物には、伸びは少なくダイレクトな操作感とアタリの出方があった方が良い。

しかし、私のように同じタックルで良型のメバルを狙ったり、時にはチヌやシーバスなども視野に入れていくとなると

ある程度の「タックルの遊び」が無いと、ダイレクトに引きが伝わってきすぎてしまってラインブレイクしたり、フックが破損したり・・・・。

そういった面ではアーマードFシリーズよりもマイルドな使い心地で若干の伸びが有るので、タックルを保護する効果は大きい。実際にチヌやフッコを掛けてみて、結構な強さで突っ込まれたけどラインブレイクするような感じもないし、ドラグが作動するまでの若干の時間を「ラインの遊び」が作ってくれていると感じた。

アーマードFを初めて使った時は、ドラグ設定を今までの感覚で行ってしまうとラインブレイクしたり、フックを伸ばされたりしましたからね(-_-;)

こんな感じで、感度や伸びといった点は通常のPEラインに近い印象。より感度やダイレクトな操作感を重視するのであれば、アーマードFシリーズの方が良いかな。

PEエギ ULT HS8 インプレまとめ

今回新たに購入した8本撚りの極細PEライン、ULT HS8。

ちょっとお高くて奮発して購入してみたわけですが、

やっぱり8本編みのPEラインは良いな!

と思いましたね(*^^*)

シーバスやエギングなどでは8本編みのPEラインを好んで使用していますが、ライトソルトゲーム用のラインとなると、価格が・・・・。

ということで4本編みのものを使ったり、アーマードFシリーズを使ったりしていましたが。

価格以外の面では非常に優れた性能を持ち、何よりも表面のサラッサラ感はやっぱり病みつきになりますね!

  • 今後はアジの数釣りをするような時→アーマードF+Pro
  • メバリングやターゲットを絞らないライトソルトゲーム→ULT HS8

こんな風に使い分けをしていきたいと思います(*^^*)

アーマードシリーズの独特な感度や高比重といった特性はこのラインには備わっていないものなので、そのあたりは狙うターゲットに必要とされる要素の優先順位によって使い分けが良いかなと。

でも、1度8本編みのPEラインを使ったら4本編みには少なくても戻れない・・・・・。今度ライトソルトゲーム用のラインを買いなおす時はお金が掛かるな~(笑)

今回はこの辺で。

それでは、良い釣りを!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です