メバル プラッキングの基本!

さて、今回は春の時期のメバリングで特に面白くなってくる

メバルのプラッキングゲームについてですね!

プラグで楽しむメバリングにおける時期やタックル選びの基本、プラグルアーの使い方などをわたくしまるなか流にお伝えできればいいかなぁと思っています。

時々プラッギングで狙うメバル釣りについては問い合わせなどを頂くこともあり、しっかりした解説をしたかったのですが

今年の静岡はベイトフィッシュが極端に少なく、プラグに反応するメバルも少ない状態が続いていてですね(笑)

ワームで狙えばポツポツと釣れはしますが、やっぱりちゃんと自分で釣って写真なども用意したかったので引き延ばしていたという状態ですね(-_-;)

ようやく最近になって春のパターンに入りはじめ、プラッキングシーズンも突入かなということで、今回このタイミングになったというわけです。

それでは前置きはこれくらいにして置き、メバルのプラッキングゲームの基礎基本について解説を始めていきましょう!



メバルのプラッキングゲームの基本!

プラッキングのメリット

まずはメバルをプラグを使って狙って行くことのメリットを説明していこうと思います。人によって考え方は違いますが、個人的にメバルのプラッキングをするのはこんな考えからです。

①ステイ・ドリフトが自在

ワームを使用する場合であっても、フロートリグなどを使えば一応可能ではありますが、プラグならではの良さは

水中で止めて浮かせたり、ルアーによってはサスペンドさせたりできる事。

これによってワームの誘いとは違ったアクションでメバルを誘い出すことができる。

②表層付近の攻略が簡単

ワームを使って表層付近を攻略しようと考えた場合、どうしてもジグヘッドのウエイトを軽くしたりリトリーブ速度を早くする必要などが出てくる。

プラグを使うことでこれらの制約は無くなるので、フローティングプラグを使えば水面で放置してメバルを誘ったりすることもできるし、ショートリップのミノーやシンキングペンシルなどは浮き上がりが良いのでスローに水面直下を攻略することができる。

こういった特徴により、水面でライズを繰り返すメバル攻略に、プラグがとても効果的になる。

③フラッシングやジャーク時の波動

ワームを使うとどうしても難しい、フラッシングやジャーク時のメリハリのある動き。こういったものもプラッギングなら簡単に行うことができますね!プラグならではのホログラム系のカラーを使ってアピール力を高めてメバルを誘い出したり、リップの付いたルアーを激しく動かしてメリハリのある動きで誘ったり。

ワームにできないアクションや波動がプラグなら出すことができる。

まとめ:ワームに食わないメバルが食う!

細かく言えばもっといくらでもメリットはありますが、簡単にまとめてしまえば

ワームに食わないスレた魚や気難しい魚をプラッギングなら攻略できる可能性が大いにあるということ。

プラッキングのメバルゲームというと、大型のメバルは釣れるけど数釣りが難しいというような印象を持つ方もいるかもしれない。

しかし、実際にやってみるとプラグを使っても小型のメバルもよく釣れるし、数釣りも十分楽しめるから思ったよりも敷居が低くて誰にでも楽しめるのがメバルのプラッキングゲーム。

難しいことは無いので、ワームでしか普段メバルを狙わないという方にもぜひ挑戦してみてもらいたいかな(*^^*)

メバルのプラッキングゲームの時期

メバルを狙って釣るには、基本的には水温が低下してくる晩秋から梅雨位までの初夏の時期が中心になってきます。

この時期であればいつでもプラッキング楽しめるかというとそうでもないのが事実。

レンジコントロールが自由にできて、速い速度からスローにゆっくり探れるワームを使ったメバリングと比較すると、どうしてもプラグでメバルを効率よく釣ることができる時期はある程度限られてきます。

基本的にプラッキングが有効なシーズンというものは2回あります。

①晩秋~産卵前までの時期

地域によってメバルが沿岸部に接岸してくるタイミングには前後があると思いますが、大体水温16度前後でメバルの接岸が始まってくることが多い様に思います。

私の住む静岡県の場合は大体11月頃がこのタイミングに該当し、メバルがポツリポツリと釣れてきます。

プラッキングでメバルを釣るのに適しているのが

このシーズン初期から産卵に突入するまでの、いわゆるプリスポーンと呼ばれるタイミング。

大体12月~1月位がメバルの産卵期になることが多いので、その前までになります。

静岡の場合は大体11月~12月中旬から下旬位までかな。

この時に釣れてくるメバルは抱卵している個体が多く、大型も釣れはしますが産卵を控えていることもあってか意外と活性の高さにムラがあることが多いです。

そして接岸から産卵までの間は意外と短いものなので、プラッギングが楽しめるのも短期間になることが多くなります。

これがプラッキングが楽しめるタイミングの1度目になります。

1月~2月中旬くらいまでの厳寒期は、産卵~産卵直後でメバルの食いが下がることや水温低下と季節的なものによるベイトフィッシュの回遊が少なくなることなどが重なり、メバルが低活性になりやすいのでプラッギングで楽しむのも少し難しくなることが多いです。

②早春~春本番の時期

節分を過ぎ、徐々に日の出が早くなって日の入りが遅くなってくる頃。朝夕は冷え込むものの、日中はぽかぽかとした日が段々見られるようになってくる2月中下旬頃。

地域差によって前後はありますが、静岡の場合はこの頃からメバルの活性が徐々に上昇してくることが多いです。

産卵から体力を回復させた個体が増えることや、ボラッコやチアユ、バチ抜けなどによって沿岸部のベイトフィッシュも増えてくることが影響してくると考えられます。

水温はまだ低い状態が続いており、3月中旬くらいまでは水温の変化によって一時的に活性が低くなったりすることがありますが徐々にメバルの活性も気温・水温の上昇とともに安定してきます。

この春の時期が、メバルのプラッキングゲームでは最も面白い時期になります。

プラグを使ってメバルを攻略したいということであれば、この春のメバリングでプラッキングに挑戦するのがおすすめですね。ライズを見せたりと水面を意識する個体の数が多く、表層付近を攻略するのに向いているトップウォーターやミノープラグなどが活躍しやすいからですね。

なお、ライズするメバルの攻略方法については「メバリング ライズするメバルの攻略法の基礎」をご覧ください。

静岡の場合は大体4月いっぱい~5月くらいまではメバルの数・型共に狙える状態が続きますが、水温の上昇が急になってくる5月以降に入って来ると沖合に落ちていくメバルが増えてくるので徐々に釣果は落ちていく。その後6月の梅雨時期くらいまではプラグやワームなどを使ったメバリングが楽しめますが、釣果としては落ち着きます。

ざっとメバルのプラッキングにおすすめな時期を説明するとこんな感じ!



メバリング プラッキング用タックル

リールに関して言えば、ハイギアでもローギアでもそこまで高速でリトリーブすることのないメバリングではあまり関係ないように感じる。ロッドやラインもどれでもいいといえばいいですが、使いやすいものや注意すべき点はあるのでそこだけ少し解説していこうと思う。

プラッキング用ロッド

初めにまとめておくと、7フィート~7.6フィートほどで最大ウエイト7~10g前後のロッドが良いと思う。

ソリッドティップでもチューブラーティップでもどちらのロッドでもプラッキングを楽しむことはできる。ただし、低弾性でしなやかすぎるソリッドティップのロッドを使ってトップウォーターゲームを楽しもうとしたりした場合、どうしても少し大きくロッドを動かさないとルアーまでアクションが伝わりにくくなることがあるので注意したい。シンキングペンシルなどをただ巻きして使うのであれば全く問題ないですよ(*^^*)

とはいっても、○○のロッドだからプラッキングはできないなどということは無いですから、いきなり専用のタックルなどを揃えてまでやる必要ないと思う。

ロッド長さに関しては7フィート~7.6フィート位までが短すぎず長すぎずで使いやすいと感じる。

長いとロッドを操作するのが大変になりますが、短いと今度はティップから海面までの距離ができてしまう。これによってプラグをステイさせたりした時に風が吹いている状況などではラインが風で煽られて流されてしまって、プラグが変な引っ張られ方をして魚が反応しにくくなったりする。また、ロッドの長さはある程度長い方が、小さな手の動きでルアーを操作することができる。

ウエイト表示については、軽すぎるものはロッドが柔らかいのであまり向かないかな。ある程度の反発力があった方がルアーを操作しやすいので、大体7~10g最大表示のロッドがプラッギングでは使いやすいと感じる。

プラッキング用ライン

ラインに関しても特にプラッギング専用である必要はありませんが、まずはある程度強度のあるラインを使った方が良い。ワームと比較するとラインブレイクした際の単価が高くなるプラッキングではルアーをロストした際の精神的ダメージは結構大きい(-_-;)

また、トリプルフックを使用することも多くなるので、魚にフックを残すことはシングルフックを使うことの多いワーミングよりもダメージが大きくなることが考えられる。また、大型のメバルがヒットすることも十分に考えられるので私の場合はPEライン0.3号に7ポンドのショックリーダーが基準。

この位の強度があれば尺クラスのメバルがヒットしても安心してキャッチできるし数釣りも十分楽しめる。また、障害物周りでメバルをヒットさせてもある程度強引に引きはがしてファイト出来るのでルアーのロストも防げるし魚にも優しい。

ラインが細すぎると、ルアーを操作した時にフロントフックがリーダーに絡んだりするトラブルになりやすい時があるので注意したい。可能ならある程度太さがあり、張りも程々にあるフロロカーボンラインを使うのがおすすめかな。

ラインの伸びに関しては意外と重要で、PEラインやなどの低伸度ラインを使う際には、ある程度伸びのあるショックリーダーを使用した方がバラシが減るし、ショックが吸収しきれないことによるラインブレイクも防げる。

個人的にはアーマードF+ProとグランドマックスFXのショックリーダーでメバリングを楽しんでいますが、強度の面でも扱いやすさでもバランスが良いのでどんな状況下でもオールラウンドに使用しています。

ラインセレクトで悩んでいる方は、「アーマードF+Proインプレッション」、「グランドマックスFXインプレッション」などを参考にしていただき、使いやすいラインを探してみても良いかな。

フォーセップまたはペンチが必須

プラグを使ってメバリングを楽しむ場合、注意したいのがフックに掛かったメバルの針を外す作業。

普段ワームを使っている方は棒タイプの針外しを使ったりしている方も多いかもしれませんが、小さなトリプルフックに掛かったメバルのフックオフ作業は意外と面倒だったり、めんどくさがって素手で外そうとするとすぐにけがをする(-_-;)

細長いペンチなどでも良いですが、一番使いやすいのはやはりフォーセップ。

ペンチより細く、小さなサイズのトリプルフックがややこしく刺さっても外しやすいし怪我したりするのも防げる。わたくしまるなかはライトソルトゲーム全般では昔からフォーセップしか使いませんが、ペンチよりも使いやすいのでとても重宝していますよ(*^^*)

使ったことが無いという方も一回使ってみるといいかもしれないですね!詳しくは「アジング・メバリングにおすすめな針外しはコレ!」をご覧ください。

メバリング プラグの種類と使い方の基本

さて、メバルのプラッキングゲーム必要なタックルやおすすめの時期などについては大雑把ではありますが解説をさせていただきました。

続いてはメバルのプラッキングゲームにおける、私が普段使うことの多いプラグのタイプと使い方の基本についてですね。

普段私がメバルのプラッキングで使う頻度の高いプラグは

トップウォータープラグ、シンキングペンシル、ミノープラグの3種類。まずはこの3種類があれば、プラグでメバリングを楽しむことは十分できると思いますよ。

使うルアーですが、特に「このルアーだから釣れる」というようなことは無いので、皆さんが釣れそうだと思う信じて投げることのできるルアーを使っていただくのが一番いいと思います。

ここで私が紹介するルアーは結構以前から発売されていて基本性能を備えたルアーだということです。すでに発売から年数が経っていますがずっと使い続けているものをピックアップしていきます。どれを選んだら良いのかわからないという方は少し参考にしてみて、そこからそれぞれお気に入りなルアーを見つけて行っていただければと思います。

トップウォータープラグ

メバルをプラッキングで攻略する際、ワームで食わないライズなどを釣るには必須と言っても良いと考えているのが特にペンシルベイトですね。

ですので、個人的にトップウォータープラグを使う場面としては、ライズなどの何かしらの反応が見えている時や、常夜灯の明暗・ストラクチャー周辺などの

ある程度メバルが付いている場所が特定できている時に使用することが多いプラグルアーになります。

つい先日、2月下旬の港湾のメバリング釣行でもワームにイマイチ反応して来ないライズ攻略に活躍したのがペンシルベイトでした。

個人的に最もよく使うペンシルベイトはスミスメバペンメバルですね!

サスペンドやソリッド(シンキング)、小さなJrなどの派生モデルが発売されていますが、一番使いやすくて数釣りからサイズ狙いまで広く使えるのはフローティングのオリジナルサイズですね。

このメバペンは、よく飛びフッキング率も高い比較的高比重なのも特徴的なんですが、

小型ペンシルながらしっかり首を振ってスケーティングするので視覚的にも楽しく、様々な使い方ができるのが魅力ですね。小型のペンシルベイトは各社から発売されてはいますが、アイテムによってはうまく泳がないもの等も多いです。また、浮力が強すぎると風が吹いた時などにキャストが難しくなったり、メバルがアタックして来た時にも弾いてしまってフッキング率が低下したり。

メバペンはそのあたりのバランスも非常に良くできていて昔から1軍ルアーとして今も変わらず活躍してくれていますね(*^^*)

プラグでメバルを釣りたい方はもちろん、トップウォーターゲームに入門したいという方にもまずはこのメバペンでプラッキングの釣りを覚えても良いかなぁと思います。

キャストしたら水面をドッグウォークさせたり、穂先を震わせるようにして波紋を出したりするのが基本ですが、波や風に任せて放置してドリフトやステイするのも非常に効果絶大。

状況によっては動かさずに放っておくだけで勝手にメバルがバイトしてきますよ。早アワセは厳禁。ロッドに重さが乗ってからアワセるようにするのがキモですよ!

トップウォーターのメバリングについて、もう少し詳し使い方などを知りたい方はこちら「メバリング トップウォーターゲームの基本」をご覧ください。

シンキングペンシル

ペンシルベイトと並び、メバルのプラッギングゲームでは出番の非常に多いプラグの種類がシンキングペンシル、いわゆるシンペンっていうタイプのルアー。

このシンキングペンシルは比較的メバルを引き寄せるアピール力としては小さく、目の前にいる魚を自然な動きで食わせていくのが得意。

ですのでトップウォータープラグと同じように、メバルの潜んでいる場所がある程度絞れている時に使うことが多くなります。

トップウォータープラグを通しても食ってこないメバルや若干魚が沈み気味の時に、他のルアーで取りこぼした魚をナチュラルなアクションで拾うことができます。

個人的に普段使うことの多いアイテムは、

スミスシラスミノーリップレスのシンキングモデルと

バスデイのSPMかな。

シラスミノーの方がどちらかといえば数釣り向き、サイズを狙って行くならSPMみたいな感じで良いと思います。2つとも必要以上には動きすぎないんですが、最低限は動いてくれるので使いやすいですしスレたメバルに強い。

トッププラグの方が視覚的にも使いやすいんですが、少し波立っていてメバルのレンジが若干低くなっている時や飛距離が欲しい時。

こういった状況下ではシンキングペンシルは使いやすくてワームに食わない個体も反応させることができる。

使い方はデッドスローにただ巻きが基本で、それで食ってこなければスローにトゥイッチしてフォールを混ぜたりすると良いですね!

フォール時にヒラヒラとフラッシングしながら沈んでいくので、少しラインを張り気味にして待っているとガツンとアタリが来ることも多いです(*^^*)

ミノープラグ

最後に、トッププラグやシンキングペンシルがナチュラルにメバルを誘うのに対し、若干アピール力を強くしてリアクションバイトを誘ったりする時に使うのが

リップ付きのミノープラグ。

ナチュラルなトップウォータープラグやシンペンに反応しない魚をリアクションバイトで狙ったり、真っ暗な場所や魚の着き場を特定しにくいようなシチュエーションでもある程度しっかりルアーが泳いでアピールしてくれるので、ルアーの力で魚を引っ張ってくることが得意です。

他のルアーターゲットの魚と同様、メバルにもリアクションバイトは有効な手段。

使用頻度は先に紹介した2つの種類のプラグよりは減りますが、持っておくと攻略の幅が広がるので1~2個揃えておいても良いかなぁと思います。

普段良く使うミノープラグは大体3つ。

タックルハウスのバフェット43mmのシンキングですね。元は渓流用のミノーですが、かなり前からメバリングで使っています。このミノーは派手すぎない泳ぎをするので、水中でチョンチョンとロッドを操作して水中ドッグウォークさせるようにアクションさせると、ガツンとバイトが来ますよ(*^^*)

そして、このリップが大きいタイプのダイビングモデルも効果的。

リップが大きいのでただ巻きでも大きく動きますが、効果的なるは激しくジャークしてからのストップアクション。ダイビングミノーをジャークしてメバルを釣るのはあまりメジャーではないかもしれませんが、風が強い時やプレッシャーが高くてワームやシンペンなどに食ってこないメバルを釣る時にリアクションで食わせていくことができます。

型にはまった時にとても強い効果を発揮するといった所かな!

そして、最後はジップベイツのリッジ。

このミノーは小型ですがよく飛ぶんですよね。このサイズながらも重心移動が入っていますしマグネット式なのでアクションの立ち上がりも早くて使いやすいですね!小型のルアーを遠投して狙いたい状況下などで強い効果を発揮しますよ(*^^*)

ただ巻きをメインに、時々ルアーをトゥイッチしてからのステイ中のバイト等も多いルアーです。このルアーの飛距離は実際に投げてみると病みつきになりますね。綺麗な姿勢で気持ちよく遠投できる小型ルアーはあまりないですからね!

メバルのプラッキング カラーセレクトの基本

カラーについては個人個人で好みがあり、言い出すとキリがないと思います。そうなってしまうとどれを使っていいのかわからなくなってしまうと思いますが、私の場合プラグを購入する際は基本2~3色と決めて使用しています。

それでも十分に色々な状況下でも釣果が出せていますし、プラッギングの場合は細かなカラーセレクトよりもプラグの種類のセレクトやアクションの付け方の方が重要です。

①クリア系

常夜灯周辺のスレたメバルをプラグを使って攻略したい時や、ベイトフィッシュがアミやかなり小型の時に効果的ですね!

もちろん、暗い場所で使っても魚にはしっかりと見えていますから釣果は出るので安心してください。

常夜灯の多い港湾部などでメバルのプラッギングを楽しむのであれば、最もベースになるカラーと言っても良いでしょう。

迷った時はとりあえずクリア系から入ってもOKだと思いますよ(*^^*)

②フラッシング系

シルバーやゴールドなどのキラキラと水中で光り輝く系統のカラー。

どちらかというと、ペンシルベイトなどの放置やドリフトで使うことよりもミノーやシンキングペンシルをロッドアクションを加えて使用したいときに出番が多いかな。

ワームでは出すことのできない反射を生み出しますから、ワームのアピールにスレている個体に効果がありますね!

一般的にはシルバー系は澄潮、ゴールド系は濁り潮に良いなどとされていますが、今まで釣ってきた感じではそこまで明らかな差が出るような気はしていません。

まず初めは自分が釣れそうだと思う方を選んで使ってみるのが一番大切だと思いますよ(*^^*)

③グロー系

 

真っ暗な場所でどの位置にルアーが泳いでいるのか全く分からなくなってしまうのが嫌な時や、他のカラーに食ってこない時に一発を狙って投入したりするのがグロー系のカラー。

ボディ全体がグローのものも時々使いますが、あまりアピールが強すぎても魚をスレさせてしまうような気がするので基本的には背中がグローになっているもの等のボディの1部分が夜光になっているものの方が私的には好みかな!このあたりは個人個人で考え方が違うので何とも言えませんが(-_-;)

トッププラグなんかはどの位置にルアーがあるのか把握するのが大切ですから、ヘッド付近を最小限夜光カラーに塗ったりするのは非常におすすめですね!

魚に対する視覚的なアピールは最も大きく、スレていないフレッシュなメバルを効率よく釣っていくには良い働きをすると思います。ただし、ポイントにタチウオなどが回遊してきている時は注意。夜光カラーの小型ルアーを使うと、タチウオの標的になってしまってラインブレイクが増えることがあります。

まとめ

今回はメバルのプラッキングについて、基本的な部分を解説させていただきました。何となく難しそうなイメージを持ってしまうかもしれませんが、1匹釣り上げてみれば結構シンプルでワームよりも釣れる状況もある、爆発力を秘めた釣りになります。

時期には注意していただき、活性の下がりやすい年明け位の頃は少し難しいので頭に入れておくと良いかな。

一番良いのは春先から4月、5月位まで!

スレた場所にこそ効果的になることも多いプラグを使ったメバルゲーム。

この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?

なおメバリングでちょっとつまづいたり、うまく釣れないような時は「メバリング 釣れない時のチェックポイント」を参考にしていただくと、何かヒントになるようなことがあるかもしれません。よろしければ参考にしてみてくださいね(*^^*)

★まるなか大衆鮮魚では、他にもメバリングに関するタックルセレクトや釣り方、釣行記などの多数のコンテンツを用意してあります。時間のある時にでも「メバリング」のページに目を通してみると、何か役立つ情報が見つかるかもしれません。

メバリング入門に最適な、メバルの釣り方や道具選びの基本については「メバリング入門 釣り方、タックル選びの基本!」をご覧ください。

今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です