夜釣りで狙うカマスゲーム 釣果を伸ばすコツ!

今回はルアーを使ってカマスを夜釣りで狙う際の釣果を伸ばすためのコツについて、私なりの考え方や注意している点についてワンポイントアドバイスを。

基本的にカマスを狙う際、活性が最も上がって魚がいさえすれば釣れるのが朝夕のマズメ。そして日中は水深の深い場所や、海底ギリギリにいることが多くなる。

このような状況下ではデッドスローに誘うか、リアクションバイトを狙うためにルアーをダートさせたりするのが効果的になってくることが多い。

つまり、静または動のメリハリのある釣り方を試していくと、結果に繋がりやすいというわけだ。

一方、ナイトゲームの場合はどうかな?

カマスの夜釣りのコツについて、今回は解説していこうと思う。



カマスの夜釣り。釣果を伸ばすには?

夜釣りで狙うカマス。釣果アップの為にはどんな点に注意したらいいのだろうか。

カマスは夜、こんな場所にいる

私の住む静岡の場合、カマスが夜釣りで狙いやすいのは秋~初春までの比較的水温が低い季節になる。

水温が高い時期の場合、カマスは朝夕に港の岸壁やサーフなどにも接岸してくることもある。しかし、日中や夜間は沖合いの水深のある場所に落ちていきやすい傾向があり、岸から狙うのは意外と難しかったり。

一方で水温が低い時期になると、カマスは夜になると港内などに集まってくることが多くなる。ライトソルトゲームやキビナゴ餌などを使った電気ウキ釣りなどでカマスは手軽に狙える。

常夜灯周りは鉄板ポイント

カマスを夜釣りで狙う場合、最もメジャーで釣りもしやすいのが常夜灯周りだ。

常夜灯周りは夜になると、イワシやボラッ子等が光に集まるプランクトンなどを求めて集まってくる。それを捕食するために、カマスも常夜灯周辺に集まってくるというわけだね。

ここで注意すべきは、日によってカマスの付くポジションの明るさは変化すること!

状況によってはライトの真下の明るい部分であったり、活性が低いとライトの下には入って来ず、周辺の暗い部分の少し深い場所にいたり・・・。

このあたりは釣りをする中でその日の釣れ方をパターン化することが大切。基本的にカマスの活性が低かったり、プレッシャーが掛かっている場合は暗い場所を好む傾向があるぞ。

釣りにまぐれは基本的になく、釣れたのには必ず理由と根拠があるはず!

そこにいち早く気づき、その日に適した釣り方を絞り込んでいくと釣果が伸びるはず。

常夜灯の無い暗い場所の駆け上がりや沈み根

狙う方が少ないものの、実はカマスは真っ暗な場所でも普通に狙って釣ることができる。

しかしどのような場所でも釣れるかと言ったら、そこまで簡単ではないぞ(-_-;)

狙うのは基本的に水中に変化のある場所!

特にカマスは水中の岩礁や石など、硬いものの周りに付きやすい傾向がある。そうなると、水深の変化する石などが絡む駆け上がりの周辺や、泥底等の中にポツンとあるような沈み根。

こういった場所であれば、常夜灯の灯りなどが無くても夜釣りでカマスを狙うことが実は可能なのだ。

また、こういった場所にいるカマスは大型が釣れることも多いのが魅力!

こういったカマスが付きやすい、海底に変化のある場所を見つけることができれば40cm以上のカマスを釣ることもできるようになってくる。

夜釣りでカマスを狙う時のルアーの動かし方

基本的にカマスを狙う際は、できるだけルアーにアクションを与えず食わせの釣りを行うことが鉄則。

だからルアーの種類については、最もナチュラルに誘えて様々な水深を自由に狙えるジグヘッド+ワームが最もオールラウンドで使いやすいと思う。バイブレーションやメタルジグなどでも狙うことはできるが、活性が低いと無駄にプレッシャーを与えるだけになったり、アクションを与えすぎるとラインブレイクが増えるから気を付けよう。

そして、基本のアクションについてはとにかくロッドでアクションを付けない事。

カマス釣りでは、ただ巻きとテンションフォールがキモ!

理由は第一にラインブレイクを避ける為。

カマスの歯はとても鋭く、ルアーにアクションを与えて食いつかせた場合は反転しながらバイトしてくることが増えやすい。

大型のカマスはこのように牙のような鋭い歯になってくる。このような鋭い歯にラインが触ってしまえば、少し太いラインを使っても一発でラインブレイクしてしまうぞ(-_-;)

反転したバイトになった場合は口の横付近に掛かる可能性が高くなり、そうなると魚の泳ぐ方向によっては口の中をラインが横断する形になってしまう。

そうなるとかなりラインブレイクの確率が上がるので、出来るだけただ巻きで食わせてアタリが有ったらすぐにフッキングしてやる。

そうすれば上あごの良い位置に掛かりやすくなり、ラインブレイクを防ぎつつ効率の良い釣りができるようになるぞ!

ラインブレイクを防ぐにはアクションとともにジグヘッドのチョイスなども重要。

私のおすすめはティクトのメバスタ!

このジグヘッドに変えてからラインブレイクが激減し、口先の一番良い位置にフッキングする確率が格段に上昇した実績ありのジグヘッドだ。

若干開き気味で掛かりの早い形状がカマスゲームに最適な形状をしている。

フックサイズはMで良いかな。Lサイズはアベレージが35cm位あるような良型カマスが多い場面では使えるが、数釣りには少し大きい感じ。

そして、余計なアクションを付けない大きな理由としてもう1つ、

同じポイントの魚を出来るだけスレさせず、より長い時間多くのカマスが釣れ続く状態を維持するため!

確かに、ロッドアクションを付けてワームを動かせばそれだけ広範囲の魚にアピールして魚を引っ張ってくることはできる。

しかし、カマスって活性が上がりやすくて下がりやすい魚。

一旦ルアーにスレてしまうと、極端に口を使わなくなる性質を持つのだ。

だから激しいロッドアクションなどを付けて釣りをする場合、初めは好調に釣れてもその不自然な動きにスレてしまい、時合いが短い時間で終了してしまうことも良くある。

逆にルアーに余計なアクションを与えず、出来るだけナチュラルに誘っていくことで魚にルアーを見切らせず、長い時間釣り続けることが可能になっていくぞ。

うまく魚のポジションを把握し、魚の目の前を自然な形でルアーを通す。

これさえできるようになれば、カマスの数釣りがどんどんできるようになっていくはずだ。

少し釣り方を覚えれば、後は群れの回遊次第で数十匹、束釣りだって夢ではなくなってきますよ!

次のページでは、常夜灯周辺を狙う際の注意点を紹介!

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • アップストリームでボトムとってると、知らず知らずの間に根掛かりに…(つД`)

    それはそうと、今年はカマス少ないですよね?カマスに限ってでは無いようですが。
    黒潮の影響でしょうか?
    去年の今頃が懐かしい…常夜灯周りで活性の高いやつをトップでって…楽しかったなぁ…(´Д` )

    • 潮上に投げる釣りは簡単なように見えて意外と難しいですからね(-_-;)
      あくまでしっかり潮を受けて、ラインを一直線にするように潮下に投げる釣りが基本になりますからね。
      今年はカマスの数的には、まぁ例年通りかな?
      といった印象はあります。ここ何年かカマスが多い状態が続いていましたが、10年くらい前はもっと釣れなかったような気がするので(笑)
      もう少し水温が下がってからが面白いと思いますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です