アジング、メバリングリール 選び方の基礎基本!

今回は、ライトソルトゲームにおける人気ターゲット、アジやメバルを狙う際のおすすめリールの選び方について、考え方の基礎から解説していきます。

自分の釣り方や釣り場にふさわしいタックルを選ぶことは釣果を上げるうえでもとても重要です!

状況によっては釣果に直結してくることもありますから、ふさわしいリール選びは意外と重要です。

どれでもラインさえ巻ければ良いと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そうなるとせっかくヒットした魚を逃してしまったり、

実は魚が目の前にいるのに取り逃している。

そんなことも実際の釣り場では良く起こっています。

初めての場合はリールの番手(大きさ)やギア比など、様々なものが発売されていてどれを選んだらよいのかわからないということもありますよね。

そういった際に少しでも参考にしていただき、自分自身の使い方にあったリールを選んでいただければと思います(*^^*)

その他、ライトソルトゲーム関連記事がこちらにあります。よろしければ参考にしてみてください。

メバリング・アジング ジグヘッドの形状による特徴の基礎基本

2017.10.20

メバリング メバルの釣れる時期・シーズンの基礎基本!

2017.10.24

メバリングロッドの選び方の基礎基本を徹底解説!

2017.10.25



アジング、メバリング用リールの選び方

それでは早速、選び方のポイントについて順番に解説していきたいと思います!

選び方のポイントですが、

リールの番手と巻き取りの早さを表すギア比!

この2つがリールを購入する際のポイントになってきます。

リールの番手を選ぶ

この記事をご覧になっている方は、

おそらくある程度アジングやメバリングをやり込んでいるというよりも

これから始めたい。

または本格的にチャレンジしていきたいという方の方が多いかな?

これから本格的にチャレンジしていく中でそれぞれの釣りスタイルというものが徐々に確立されていくと思いますので、

まずはある程度汎用性があって色々な使い方ができるリールを選ぶことが重要です。

そうなってくると、リールに巻き取るラインはナイロンライン、フロロカーボンライン、エステルライン、PEラインなどがあります。

それぞれ太さなどが多少異なってきますので、細いライン専用のものを購入してしまうと、

少しかさばるPEラインを巻いたりする時にラインが全部巻き取れないということにもつながります。

特に、シマノ製のスピニングリールは表示通りにラインが巻き取れないことも正直多く、若干余裕を持たせてリールをチョイスすることが重要です。

それらをまとめてみると、

シマノ製であればC2000番

ダイワ製であれば2004番

これらの番手がアジングやメバリングではベーシックな大きさになってきます。

また、これらのリールのスプール(糸を巻く部分)はそれぞれのメーカーの1000番台のものと互換性のあるものが多く、

細いラインを下巻きなしで巻きたいときはスプールのみを取り寄せして釣り方によってスプールを交換する使い方もできます。

これ以上大きな2500番のリールなどになってくると、ロッド自体が小型の番手に合わせて設計されているものが多いので注意が必要です。

例えば、ロッドとリールのバランスが悪くなると、ルアーをキャストした際にラインがブランクに当たってしまって飛距離が落ちたり、重量バランスが崩れて釣りをしていて疲れやすくなったり・・・。

ロッドとのバランスが悪くなると釣果に悪影響を及ぼします。

ですので、リールは大きい方がラインが沢山巻けますし巻き取りの力も強いですが適切なものを選ばなければ道具が持っている性能も十分に引き出すことができなくなるので気を付けましょう!

ギア比を選ぶ

リールの大きさとともに重要なのがギア比。

簡単に言うと、リールのハンドルを1回転させた際に巻き取れる糸の量のことです。

ギア比が高いリールをハイギア、低いリールをローギアと呼ぶことが多いですが、表記では番手の数字の後に

シマノ製リールであれば○○HG

ダイワ製であれば○○H

等というように表記があるものがハイギアのリールになり、巻き取りが多いリールになります。

何も書かれていないものは通常のギア比となり、中間の巻き取りスピードになります。

逆に、ローギアのリールはシマノ製リールでよく見られ、

○○PG(パワーギア)

と表記されます。

このギア比の違いは自転車のギアと考え方は同じになります。

つまり、巻き取りの早いハイギアのリールは早く巻くのが得意。しかし、巻き出しの時に若干重みが出たり、抵抗が掛かった時にハンドルが重くなりやすい。

自転車の良く進むけど重たいギアと同じですね!

逆に、ローギアのリールは巻き取りの際は力強く、巻き出しも軽くて力がある。しかし早く巻くにはハンドルをより速く巻かなければなりません。

まとめれば、リールにはハイギア、ノーマルギア、ローギアの3種類に分類することができますが、

初めてアジングやメバリングなど、ライトソルトゲーム用のリールを購入するならノーマルギアのリールをおすすめします。

私が使用しているリールも普段はノーマルギアのものを使用し、アジやメバル、場合によってはチヌやシーバスなど様々なターゲットを狙っています(*^^*)

そうはいっても、使い方によってはハイギアやローギアのリールが力を発揮する場面も存在しています。

次のページではハイギアとローギアのメリットについて解説します。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です