まるなか自己紹介

初めまして、まるなかと言います。源流のイワナ釣りから船釣りまで、釣りのすべてが大好きな釣り好き人間です。

ルアーや餌釣り等、ジャンルを問わず多くの釣りを経験してきました。

今は寝ている時以外はほぼすべての時間を魚と向き合って生活しています。

インスタグラムはこちら

https://www.instagram.com/fishmarunaka/

facebookページはこちら

https://www.facebook.com/fishmarunaka/

私は幼いころから大の魚好き。こんな私の経歴を簡単に紹介したいと思います。

筆者はこんなやつ

幼少~小学生時代

私が始めて釣りに行ったのは川釣りでした。近所に流れるかわへのべ竿と餌のご飯粒(笑)をもって、両親と良く釣りに行きました。

オイカワやフナなどを釣って楽しんでしました。

その後、小学校中学年になるとリール付きの竿を手に入れた私は、海での釣りも行うようになります。当時はキス、アジ等を釣ってましたね。

そんな中、釣具店で偶然フライフィッシングのビデオが流れているのを発見し、あまりの渓流魚のカッコよさに衝撃を受けます。

お年玉で渓流竿を買い、休日は自然渓流や自然渓流を利用した管理釣り場で渓流魚を釣り始めるようになりました。

小学校高学年になると、段々釣りが面白くなってきた私は餌ではなく偽物の疑似餌を使った釣りに興味を持ち始めます。

渓流魚が好きだったこともあり、小学生にも関わらずフライフィッシングに挑戦したい思いが強くなってきた私はお小遣いをためて入門用のセットを買うことに。

しかし、フライは何匹か魚を釣るとすぐに壊れてしまい、小学生のお小遣いでは資金が回らなくなってしまいました。

調べたところ、どうやらフライは自分で作れるらしいと知った私は小学6年生の時、お年玉でフライのタイイングセットを購入。フライを巻くことを自力で覚え始めました。

幸い、手先は比較的器用だったので自作のフライでも釣果を出すことに成功。

ますます釣りにハマッていく一方に。

中学~高校時代

中学生になると、地元の池でブラックバスが釣れるという話を聞くようになり、部活の先輩とバス釣りへ。

すると、運よく1回目の釣行で35cm程のブラックバスを釣り上げてしまい、完全にブラックバス釣りにハマってしまう。

部活がない日はもちろん部活が終わってからでも毎日のように池に繰り出す日々の中で、元トーナメンターのおじさんに出会う。

釣りの基本を1から教えてもらうことに。

ブラックバスのみならず当時まだ全く知られていなかった、アジをルアーで釣る方法やタチウオ釣り、ヘラブナ釣りなどを学ぶ。

ブラックバスの方も今よりもプレッシャーなどが少なく、最大で58cmを釣り上げることができ毎日釣りの事ばかりを考える日々がスタートする。

ブラックバスが釣りにくいシーズンなどは海でライトソルトゲームを行ったり、太刀魚を釣る日々。当時はまだ釣り人が少なく、尺メバルなどもバンバン釣れた懐かしい思い出・・・・。

大学時代

大学時代に入っても相変わらずバス釣りやソルトルアーの釣り、ヘラブナ釣り、キス釣りなどを行う日々。

そんな中、集魚灯を使った太刀魚釣りに興味を持ち始め、夏休み1か月間毎日太刀魚を10匹釣るまで帰らないという企画を個人的に実施してみたり

 

当時、見事企画はクリアし、ワインドなどに頼らない静の太刀魚釣りを考え出す。

また、当時底に付けないチヌ・キビレゲームや沈み根を狙うメバル釣りなど、ライトソルトゲームも積極的に行いました。

当時の経験は今にも非常に生きています。

その当時、学生時代ということもあり時間もあって1年で400回以上の釣行を記録(笑)

一日3度釣りに行くこともよくありましたね・・・。

釣具業界に就職

就職活動をするようになった私は金融機関などを中心に内定寸前のところまで何社か進んでいました。

そんな中、偶然釣具店の就活ブースを発見し何となくエントリー。そしてあれよあれよという間に内定をいただく。

当時やりたいことがこれと言ってなかった私は一番先に内定をもらったという理由で釣具店に入社、他の会社の内定は辞退する。

入社後、すでにキ〇ガイな程釣りが好きだった私は先輩方の好意もあって釣り竿作りからすべてを教わる。

スパルタな先輩に教わった私は、船竿~ルアーロッドまでロッドメイキングができるようになりました。

その後、研修で船の餌釣りを学ぶ機会にてある出来事が・・・。

当時お世話になった船宿の船長はかなりの凄腕漁師!

水深100mの海底にある仕掛けのオキアミ餌が落ちたのを竿の曲がり食い合いで判断したり、高級なオニカサゴを1人で20匹位操船しながら軽々釣ってみたり・・・。

 

この体験は非常に自分にとって大きなもので、自分の釣りの引き出しの少なさを痛感させられましたね(-_-;)

また、この頃関西に住むバス釣りマニアな学生に琵琶湖や野池の案内をしてもらったんですね。

その際、50アップだけを狙って釣る方法などを目の前で見せてもらったりと、自分の知らない表には出てこない世界が釣りには存在していることを確認。

こんなこともあり、釣りを一度しっかり勉強しようと思い始めるようになりました。

漁を教わり、釣りを学ぶ日々

凄腕の船長、天才学生に衝撃を受けた私はこのままでは釣りの技術がこれ以上進歩しないと判断。

また、ルアー釣りを中心に行ってもその上のレベルには行けないと船長に言われる。

そこで、仕事の休みの日は餌釣りの漁を船長に教わることに。

船長は非常に厳しく、正解は教えてもらえず自分だけ釣れない日々が続くが、試行錯誤して工夫していくうちに徐々に魚が釣れるようになっていき、船長も釣りを教えてくれるようになっていきました。

その当時、今の釣りの根本である

  • 潮の流れをつかむこと
  • 糸(仕掛け)のコントロール

を徹底的に教わりました。

ルアー釣りと違って餌釣りは仕掛けの長さが長いものでは15m程あり、ルアーしかやったことのない状態では思った通りにコントロールできません。

こういったルアー釣りよりもはるかに難しい餌釣りの仕掛けコントロールを覚えることで、水中の仕掛けやルアーのイメージができるようになりました。

また、潮の流れの読み方なども体得できたことは非常に大きな財産ですね。

琵琶湖に通い込む日々

漁で教わった仕掛けの扱い方と学生に教わった

魚を習性とパターンで釣る釣り。

これを自分なりに発展させるため、私は琵琶湖にひたすら通いこむようになります。

なぜなら、琵琶湖は淡水なので潮による不確定な影響がないため、釣り方やパターンが分かりやすく結果に反映されやすいからです。

当時、琵琶湖への往復700kmほどの道のりを1人で日帰り、月6日ほどひたすら通いこみました。おそらく、私の住む地域でここまで通った人物はいないと思います(笑)

おかけで習性を使った釣りはほぼ習得に成功し、2kg~5kgのブラックバスを大漁に釣り上げることに成功。

 

 

金欠になり地元のサーフでヒラメ釣り

あまりにも琵琶湖に通い詰めた私は当然のことながらやがて金欠になってしまいました。

また、習性を使って釣る釣りは慣れてしまえば比較的素直に魚が釣れてしまうので、徐々に刺激もなくなってきます。

そこで、次は地元のサーフのヒラメに着眼しました。

海の釣りは潮の影響を受けます。この潮の存在が厄介で、日によって潮が動いたり動かなかったり。さらに2枚潮なども存在するため、パターンや習性で釣るにも限界があるんですね。

ですが、今まで教わった潮を読み、仕掛けのコントロールに重点を置くことでどこまで釣れるのか試してみることに。

結果として、メタルジグオンリーの釣りで10か月ほどでヒラメ・マゴチ合わせて500匹以上を釣り上げることに成功しました。

その後もサーフに通い続けるが、転職などもあり行ける回数が減っていく。

鮮魚業界で魚の捌き方を学ぶ

その後、色々あった私(笑)は、鮮魚関係の仕事をすることに。

今までは魚を釣ることばかりでリリースなども多く、魚をさばくことはそこまで本格的にやってこなかったんです。

しかし、職業上プロの料理屋の方を相手にすることも多い職場であったため、魚捌きの技術も必然的に向上しました。

現在のまるなか

今現在はサラリーマン生活を辞めて鮮魚業界で生活資金を稼ぎつつ、

釣った魚を寿司屋、割烹、居酒屋などに卸したり、釣りに関することをこのサイトで紹介して生活をしています。

ですので今は完全に魚に関わって生活をしていて、好きなことをとことんやれる環境に生きています。

まだまだこのサイトも立ち上げたばかりで皆さんに満足していただけるものになっているとは言えませんが、

今後も毎日更新を原則に、頑張っていきますのでよろしくお願いしますね(*^^*)

 

このサイトを見に来てくださる皆さんに伝えたいこと

このサイトを作り上げていくにあたり、皆さんに伝えていきたいことはいくつもありますが、代表的なものをサラッと解説。

①小手先のテクニックよりも大切なことがある

最近の釣り具業界はどんどん専門的になってきていてタックルもより専門化してきたり、釣り方もあれこれとややこしくなってきています。

しかし、釣りって本当に上手な人はめちゃめちゃシンプル。

魚を釣って販売し、生計を立てている漁師の方等の釣り方は本当にシンプルで、必要なこと以外に手は加えません。

結局、それが一番魚がよく釣れるからです。

それには細かい仕掛けや道具にこだわる前に、魚の習性を知ること。

この魚はどうやって餌を食べているのか?

どんな動かし方に反応するのか?

どんな時間に餌を良く食べるのか?

こういったことをしっかり覚えておけば、どんどん出てくる釣り具の新製品に惑わされることなく、時代が変わっても魚はずっと釣れるようになります。

釣り具が進化したって、魚の本能や習性は変わりません。

私の釣り方は時代が変わっても通用する、基本を重視した釣り方になっています。

魚がイマイチ釣れないという方は少し参考にしていただき、釣り方の基本を磨き上げていきましょう(*^^*)

②もっといろんな釣りに挑戦してみよう

私たちは四季があって海も山もある日本に住んでいます。

ですから、色々な釣りを楽しんでいただきたいと思います。

最も多く頂く問い合わせが

○○を狙っていますがうまく釣れない。

というものです。

正直、特定の魚釣りをやる方達は専門家で上手に見えて、実はそうではありません。

私に釣りを教えてくれた方達はどの方も本当に魚を釣るのが得意ですが、

全員がオールラウンダーで、餌もルアーも、船も川もすべての釣りの達人たちです。

釣りには色々なジャンルが存在しますが、簡単に言うとどのジャンルの釣りも実はつながりがあります。

ルアーと餌釣りって全く違うように思えますが、実は共通する部分が多い。

本当に釣りがうまい人たちはルアーの釣りに餌釣りの考え方を取り入れてみたり、その逆をやってくるので釣りの考え方の幅が桁違いです。

釣りが上手になりたければ、いろんな釣りに挑戦してみましょう(*^^*)

③「釣れた」から「釣った」に変えてみよう

魚釣りって実は運ではなくて、実は狙って釣れることの方が多い。

もちろん運の要素が無いわけではありませんが、1年を通じて安定して釣果を上げていくには運の要素だけでは不可能です。

そうなると魚の習性を知り、魚のいる場所などをきちんと把握して狙えるようにならなければなりませんよね。

このサイトでは単に釣果などを乗せるのではなく

どうしてそうなったのか?

どういうことを考えて道具を選んでいるのか?

等といった事に重点を置いて解説していきます。

ただ釣り糸を垂れて運が良ければ釣れるというのもそれはそれで面白いですが、狙って魚が釣れるようになってくると釣りがもっと面白くなってくるはずですよ!