ライトショアジギング ロッドの選び方の基本を解説!

さて、今回はポツポツと質問を頂くことのあるショアジギングのタックルについて!

ショアジギングと言っても、ガチ系のブリやヒラマサを狙って行くようなものもあるし

ワカナゴ(ツバス)~イナダ(ハマチ)といった、大きくても2kg~せいぜい3kgクラスの青物を手軽に狙って行くものまである。

ここではライトショアジギングという事で

イナダなどをお手軽に釣るためのロッド選びについてだ。

ガチのショアジギングよりも敷居が低いし、釣りをしていても疲れにくい。そんなライトショアジギングに挑戦してみてはいかがかな?



ライトショアジギング ロッド選びの基本!

ライトショアジギングという事で、使用するメタルジグの重さは30g~40g程を中心に、重たいものでも60g程度までを想定している。

この位のジグウエイトであれば、初心者の方でもお手軽に青物等と遊ぶことができるぞ!

タックルセレクトについて、初めに簡単にまとめておくとこんな感じだ。

ライトショアジギングロッド 選び方の基本
  • シーバスロッドを選ぶ時:30g、40g程度のジグを扱うならM、またはMHのシーバスロッドでOK。
  • ライトショアジギングロッドを選ぶ時:50gや60gといったウエイトを扱いたい時や、3kgを越えてくる青物が多い時。
  • ロッドの長さ:10フィートほどを基準に、9フィート中盤~11フィート位まで

このように、ライトショアジギングは扱うルアーの重さや釣れてくる魚のサイズによってはシーバスロッドで十分勝負ができる。

だから専用のロッドは要らないことも多いし、その方が魚の引きを十分に味わえる。最近のタックルは細くても強いものが多く、道具の扱い方を間違わなければ簡単にタックルが破損したりはしない。

ライトショアジギングロッドの長さ選び

まずはロッドの長さの選び方について。少し詳しく見ていこう!

ロッドの長さは10フィートを基本にセレクト

シーバスロッドを使う場合でも、ライトショアジギングロッドを使う場合でも

長さの選び方は基本的には同じだ。

ライトショアジギングは港湾部から防波堤、サーフなど様々な場所で楽しむことができる。足場の良し悪しを問わず、オールラウンドに使うのであれば

目安は10フィートクラス!

この位の長さであれば長すぎず短すぎずでバランスが良い。必要以上に長いロッドはジグをシャクる動作で疲れがたまるし、短すぎると水中の障害物をクリアできなかったり・・・・。

1本のロッドで色々なシチュエーションで釣りをしたいなら

9フィート後半~10.3フィート。少し長めで10.6フィートといった感じかな。

これを基準にしてロッドを選んでみると良いね!

特にショアジギングロッドは重量が重いから、長いロッドだと疲れやすい。シーバスロッドなら10.6フィート位でもそこそこ軽量で疲れ難く、快適に釣りができる場合が多いぞ。

9フィート台のロッドを選ぶシチュエーション

9フィート前半から9.6フィート位までのロッドを選ぶ場合。

このような場合は、使用するフィールドが港湾部や足場の低めな防波堤、内海に面した波の穏やかなサーフなど。

足場に高さがあり、海中のルアーに角度を与えることが容易な場合や水中に根や駆け上がりが無いような場所。このようなシチュエーションでライトショアジギングを楽しむなら、ロッドの長さのメリットがあまりなくなってくる。

だからより軽量で疲れにくく、軽快にロッドを操作できる9フィート台のロッドの方が都合がいいね♪

10フィート後半~11フィートクラスを選ぶシチュエーション

一方、ロングロッドが効果的になるシチュエーションはどんな時なのか?

基本的には、波気の有る外洋に面したポイントやテトラ帯、駆け上がりや根のあるサーフなど。またはちょっとした磯場などでライトショアジギングを楽しむ時。

このような時は短いロッドを使ってしまうと、ヒットさせた魚のキャッチ率が低下したりすることが有るので要注意!

特にテトラ帯や水中に障害物があるような場所で青物を狙うとなると、カンパチなどの場合は根に突っ込もうとしたりすることも多い。

この時に短いロッドを使ってしまうと

魚の引きをいなすことが出来なかったり、魚の進行方向をコントロールしきれずに障害物にラインがスレてさようなら・・・なんてこともある。

魚をキャッチするのが難しい、障害物が絡んでくるような場所ではロッドの長さは長め!

このように覚えておこう。

ちなみに私の住んでいる静岡のサーフは比較的急深な地形。だから水中に何か所かきつめの駆け上がりが入っている場所も多い。

魚がヒットした際、しっかりラインの角度を付けてやり取りしないと

ラインが常に駆け上がりに擦れるような状態になり、ラインブレイクしやすかったりする。だから地域的にはロングロッドが比較的人気かな!



ライトショアジギングロッドの種類と硬さ選び

長さ選びについては大体こんな感じだ。

次にどのようなロッドの硬さを選んでいけば、快適に楽しい釣りができるのか?

少し詳しく説明していくぞ。

シーバスロッドを使用するパターン

ライトショアジギングだからと言って、専用のロッドが良いかというとそうでもないことが多いと感じる。

名前にこそライトという呼び名が付いているが、実際にロッドを持ってみると意外とゴツイよね(-_-;)

わたしの感覚からすると、ゴツくて硬い竿って大体3kg以上の青物だけを狙って釣りたいときにしか必要性をあまり感じない。最近はそれでも比較的ライト化が進んでいるから、以前よりは良くなってきている感じはあるけど。

みんなが手軽に狙いたい、30cm位から50cm台位までの青物を狙うとなると

ライトショアジギングロッドであってもぶっちゃけオーバーパワーだ。

このような時は若干パワーのあるシーバスロッドの方が扱いやすく、釣りが楽しいんじゃないかな!

大体30g~40g程度のジグを使い、かなり根のきついポイントなどを攻めないのであればシーバスロッドで十分!

シーバスロッドで対応できるシチュエーション
  • 狙う魚のサイズ:平均2kg台(50cm台)位までを狙う時。
  • ジグのウエイト:30g~40g位を使う
  • フィールド:オープンエリア~多少の障害物がある場所
  • 水深:大体10m台まで

このような場所やルアーで釣りをするなら、ライトショアジギングロッドよりもむしろシーバスロッドの方がおすすめ。

いきなり専用タックルを購入するのではなく、手持ちにシーバスロッドなどがあるようならそれを使ってまずは釣行してみてからでも十分じゃないかな。

開けている場所であれば、ブリクラスだってシーバスロッドでも十分あげられるからね。

シーバスロッドの硬さ・パワー選び

このようにお手軽なスタイルで中型までの青物を狙う時のロッドについて。

シーバスロッドであれば、サーフや磯マルスズキなどに使うロッドが適している。

具体的なスペックとしては、MまたはMHパワーで最大適合ウエイトが40~50g程度あるものが良い。

また、ロッドの調子は伝統的なスローテーパーのムチの様に全体が曲がるロッドではなく、若干先調子寄りのものの方がジグの操作が楽。

目安はR(レギュラー)~RF(レギュラーファスト)くらいが扱いやすい。

私の場合、表記以上にパワーのあるちょっと硬めのシーバスロッドを使っている。これならサーフのヒラメやシーバスも余裕で対応できるし、60cm位のワラサクラスならほとんどドラグを出さなくてもやりが取りできる。

シーバスロッドって実は汎用性がかなり高いのだ(*^^*)

専用ロッドが適している場合

次に、専用のライトショアジギングロッドの方が釣りが快適に行えるシチュエーションについて。

シーバスロッドよりも重量が重たくなるし、ごつくなるから扱いは少し大変。

どのような場面でライトショアジギングロッドが必要になってくるのか?

少し見ていくことにしよう。

専用ロッドが適したシチュエーション
  • 狙うサイズ:3kg台など、中~大型の青物が多く混ざる時
  • ジグのウエイト:50g~60g位のものを使いたい時
  • フィールド:障害物の多い場所や、釣り人が多い場所
  • 水深:20m以上の深場を攻めたい時

専用ロッドが効果的になってくるのは、釣れる魚のサイズが有る程度大きくなってきている場合。または重たいジグを扱いたい場合など。

水深の深い場所は当然だが、潮の流れが非常に速い場所で釣りをする場合。フィールドの地形などによっては40gのジグなどではあっという間に流されてしまい、釣りが困難になる事もある。

このような時は必然的に重たいジグを使うことになるので、シーバスロッドではちょっと辛いことも。

専用ロッドの硬さ・パワー選び

ライトショアジギング専用のモデルも最近は発売されているが、この場合はそれを購入すれば間違えることはない。大体のモデルが30~60g位のジグウエイトをカバーしているので、失敗することは殆どない。

念のため最大適合ウエイトを見て購入するようにしよう。

また、ライトショアジギングロッドとして扱っていないメーカーも多く、この場合は通常のショアジギングロッドから適したものを選ぶことになる。

目安としては大体M(メディアム)パワーで、最大ウエイトが60g程のロッド。

この位のスペックなら太すぎず重すぎずで、比較的手軽にショアジギングを楽しむモデルになってくるぞ。

それでもシーバスロッドとのフィーリングの差は結構大きいものがある。

価格帯の選び方

ライトショアジギングに使うロッドの価格帯について。

基本的にはシーバスロッドの方が同じ価格であればワンランク上の素材を使っているものが多い。だからライトショアジギング専用ロッドとなると若干高価になることが多いかな。

この釣り使用するラインはPEラインになるので、ロッドを選ぶ際は

アルコナイトガイドかSicガイドを選ぶのが望ましい。

それ以下のハードガイドのものでも釣りができないことはないが、PEラインの強度低下を防ぐのであればあまり適してはいない。

価格帯選びの基本
  • 1万円前後まで:いわゆるエントリーモデル。とりあえず挑戦したい方向け。
  • 1万円中盤~2万円前後:ガイド素材が良くなり、PEラインでも快適に釣りができる。価格はそこそこ、それなりものが欲しい方向け。
  • 2万円中盤~3万円台:高級なロッドと比較してもそこまで大きな差が無くなってくる。長く使えるものが欲しい方に。
  • 4万円~:いわゆるハイエンドロッドになってくる。このクラスはもはや趣味の領域。価格の差に対して性能の差は少なくなる。

個人的のおすすめするのは、初心者の方であっても販売価格で1万円中盤~1万円台後半くらいのロッドかな。

いわゆるエントリークラスのロッドだと、ロッドの重さやルアーを投げた時のダルさなどがちょっと目立つ傾向が有り、正直言って使い難いものが多い。

初心者の方こそある程度使いやすい道具を揃え、釣りを快適に行う方が釣果にも直結しやすいからね!

ある程度長く使えるものが欲しいというのであれば、そのワンランク上の販売価格で2万円~3万円位のロッド。このクラスになると、ハイエンドロッドと比較しても大きな欠点は無く、実釣では不自由なく使えるアイテムが殆どになるからね!

おすすめロッド

これからライトショアジギングに挑戦する方へ、私が釣具業界にまだ残っていたら(笑)おすすめするのはこのへんかな。

シマノ ディアルーナ

10.6フィートのちょっと硬めのシーバスロッド。シーバスロッドはショアジギングロッドよりも軽い。だからワンランク長めでも問題なく扱えるのが強みでもあるね!

50gを越えたメタルジグも扱えるくせに自重は175g。軽くて扱いやすく、40gや50gをメインに使うライトショアジギングにもピッタリじゃないかな!

コスパもかなり良く、値段を隠されたらもっと高いロッドだと感じる方が多いと思うぞ。シマノやダイワは免責を安いから、そういう点でも安心。障害物の無い場所であれば、10フィートのモデルでも良いね♪

40gまでのジグを扱い、ヒラメやシーバスがどちらかと言えばメイン。という方にはMパワーモデルの方が良いかな。

ディアルーナシリーズは以前から価格の割の物が良く、個人的にはかなり好きなシリーズ。

初代は丈夫だけど若干重いロッドというイメージ。そこから強度はそのままに軽さも手に入れたディアルーナはいいんじゃない?

私の場合、ライトショアジギングであれば汎用性の高いシーバスロッドでやるのが好み。だからショアジグ以外の色んな釣りも視野に入れるなら、このロッドをおすすめするね!

メジャークラフト トリプルクロス

薄型のs-sicガイド搭載で低価格。60gクラスのジグを扱うならライトショアジギングロッドの方が適している。

1万円台で手に入り、十分使えるロッドがトリプルクロスという感じ♪

メジャークラフトのロッドは折れやすいとかいう人もいるけど、購入する人が多いしロッドの扱い方・曲げ方を間違えている方が多いんじゃないかと感じる。

以前は確かに異様に軽くて折れやすいロッド(ライカル)などもあったが(笑)、今のロッドにネガティブなイメージは持っていませんね(*^^*)

この辺りからスタートしてみて、もっと良いものが欲しくなったらレベルアップしてみる。とりあえずこの位で良いのであれば、壊れるまで長く使ってあげれば良いと思うぞ。

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です