ナマズ釣りの時期・シーズンの基本的な流れを詳細解説!

さてさて、今回はナマズ釣りを行う際の、時期についてですね。

釣りやすい時期や季節毎の狙い方、ナマズの釣れやすい場所などの傾向を少し詳しくお話させていただこうかなと。

私自身ナマズ釣りは結構好きな釣りでして。お手軽に水面炸裂の釣りが楽しめるし、愛嬌が有って可愛らしいので春~秋のシーズンにはちょくちょくナマズを狙って釣行していますね(*^^*)

ドブ川などの身近なフィールドにもナマズは結構多く潜んでいるんですが、

時期の特徴を知っておかないとポイントからナマズの姿が消えていたり・・・・。

簡単なように見えて、ナマズは意外と広範囲を移動したりすることも多い。状況によって狙い方をしっかり考えた方が釣果は圧倒的に伸びてくると思います。

今回はそういったちょっとしたナマズ釣りの時期毎のコツなんかも交えながら解説していきますので、よろしければ参考にしていただいて楽しいナマズゲームの戦略作りに役立てていただけたら嬉しいかな!



ナマズが釣れる時期・シーズンの基本と流れ!

ナマズをルアー等で釣ろうと考えた場合、

魚影が濃い場所や温排水の流れ込む場所などであれば1年中釣ること自体は可能ですね。私の住む静岡は最近ナマズの魚影が薄くなってきていますが、以前はナマズが大量にいて真冬なんかにもナマズが見える場所が有りました(笑)

しかし、一般的にナマズを釣ろうと考えたら

狙い目は3月~11月、12月上旬くらいまでがナマズのシーズンとして考えることができるかな。しかし、これはあくまでも狙えるということであり、シーズン初期と終盤は結構難しい展開になることも多い。

水温の低い冬の時期になると、ナマズは流れの緩い川や用水路の淵で半分泥の中に埋まったような感じで越冬状態になっていることが多いです。こういった個体も目の前にワームなどを落とし込んでひたすら頭の上でシェイクしたりしていると目覚めて釣ることができますが、アグレッシブに餌を食ってくるわけではないので面白さには欠ける。

この3月~12月上旬くらいの中でも、シーズン初期と終盤はナマズの動きが鈍くなってくるでトップウォーターゲームなどを楽しむのはちょっと難易度が高い。

狙いやすいハイシーズンを考えた場合、

地域にもよるが大体4月中旬~11月中旬くらいまでになるかな。

この時期はナマズの動きも結構活発化してくるのでナマズのバイトも多くなってくるし、水面に豪快に出てくれることも多いのでナマズ釣りが楽しくなってくる。

まとめてみると

  • ナマズ釣りのシーズンは大体3月~12月上旬くらいまで。
  • 特に活性が高くて釣りやすいのは4月中旬~11月中旬くらいまで。

といった所。ナマズ釣りに始めてチャレンジするのであれば、この中でも産卵期前後の5月~7月上旬くらいが最も釣りやすくておすすめ!

春のナマズ釣り 攻略の基本

冬眠状態で底でじっとしていたナマズが動き始めるのが

3月位の日が伸びてきて徐々に暖かさを感じる頃からになる。

シーズン初期のナマズ釣り

このシーズン初期はまだ活性自体は低いことが多く、ナマズが近くにいても目の前にルアーが入らないと反応しなかったり、着水音が大きいとびっくりして逃げたり。釣れないことは無いが、トップウォータープラグで狙うのは難しくなることも多くて、スピナーベイトやテキサスリグなんかを使った方が楽ですが、楽しさには欠ける。

狙い目になるのは川の淵や用水路の土溜まりなどといった、水深が有って流れの緩い場所。

まだ水温が低い時は、こういった場所の底近くでナマズはジッとしていることが多い。

そして大体桜が散って暖かさが増して来たころ。4月中旬位から徐々にナマズの活性は上がってきます。

産卵期(5月~7月上旬)は最も魚影がまとまるハイシーズン

そして暖かさが増して来る4月中旬くらいになってくると、ナマズは産卵を意識してくるようになる。餌も多く喰う様になるので活性も上がってきます。

産卵期は大体5月~梅雨の時期になるが、この頃はナマズ釣りでは最も釣果を上げやすいハイシーズンになってきます。ベイトフィッシュも小魚が中心だったのがカエルや虫なども混ざるようになってきて、水温の上昇とともにトップウォーター系のルアーへの反応も良くなってきますね。

産卵期のナマズですが、特に雨の後などは産卵行動を意識する。ナマズが1か所に固まりやすい傾向が有るので覚えておくといい。

産卵期のナマズは特に水路や水草が生い茂った支流など、産卵場所に集結することが多いので要注意!

川の開けた場所や本流などからナマズの魚影が消えることもあり、そういった時は支流やホソにナマズが集まっていることが有る。

ですのでナマズの魚影が全く本流で見られないような時は早めに見切りを付け、狙うポイントを小場所へ移した方が良い結果に繋がることも多いですね!

産卵行動を起こしているナマズは数匹で群れを作って水草や護岸沿いを泳ぎ回っている見えている個体もいますが、

こういった個体はルアーや餌には基本的に無関心。

ナマズが近くに潜んでいることの目安にするようにして、見えている個体にばかりにアツくならない様に。しつこく狙っても時間の無駄になることが多いですからね。

夏のナマズ釣り 攻略の基本

暑さが厳しくなり、水温もぐんぐん上昇してくる夏のナマズ釣り。

梅雨明け位になると産卵も1段落し、ナマズの釣れるポイントにも変化が出始める。

水路やホソなどの小場所で産卵を終えたナマズはそのまま支流などに残るもの、本流などに帰っていくものに分かれる。

ですのでナマズが狙えるポイントは拡大して、満遍なくナマズの反応が出やすい傾向があるかな。

逆に言うと1か所に固まっているようなことは減るので、爆発的に釣果を出すのは難しくなってくるのが夏以降のナマズ釣り。

水温が高くない春などはナマズが何もない川の中心にドーンと居座っていたりすることもありますが、夏になってくると日中を中心に

ストラクチャーの影や流れ込みの泡の下付近など、何かしら暑さを避けるための要素が重要になってくることが多い。

草の影や岸壁沿いなどの日光を避けることのできる場所は夏のナマズ釣りでは鉄板ポイント。他にも橋の周辺なんかも影が出来やすく、ナマズが暑さを避けるために潜んでいることが増えてきます。

また、日中や夜間問わずに流れに変化の出る流れ込みや落ち込み周辺がより活きてくるのが夏の時期。

こんな風に日陰+流れ込みが重なってくるような場所は絶対にチェックしておきたいですね!

ナマズ自体は予想以上に流れが強い場所にも入ってくる魚。強い流れが合流しているような場所でも、意外とナマズが潜んでいることが有る。

この時期に台風などの通過でまとまった雨が降った場合、春~初夏の産卵期程顕著ではないが水路や支流に遡上するナマズが居るのも忘れないように。本流の流れ込みなどでもナマズは十分狙えるが、魚影が薄いと感じた時は支流などへ狙いをシフトしてみると良いことがある。



秋のナマズ釣り 攻略の基本

秋になって水温が下がり始めると、ナマズの活性も徐々に下がってくる。季節的に狙いやすいのは大体10月位までかな。

この時期になるとシーバス釣りなどをしている時に大型のナマズが釣れることも結構多く、流れの中でベイトフィッシュを追いかけている個体が多い事に気付く方もいるかもしれないですね。

秋も夏の延長で同じようなポイントでナマズが釣れることが多いですが、増水時などは鮎やボラッコなどのベイトフィッシュの動きが結構カギになることも多いかな。

具体的には、川の合流点や橋脚周辺や川のカーブしている場所など

いわゆる「流れのヨレ」が発生する地点ですね。

こう言ったヨレにはベイトフィッシュが流されてきたり、強い流れを避けるために一時的にベイトが溜まったりする。このような場所で増水した流れに負けて落ちてくる鮎などをナマズが意外と喰っているパターンが有ります。

鮎は綺麗な清流だけではなく、海まで繋がっている河川であればドブのような川にも結構生息していますからね!

秋はベイトフィッシュの溜まりやすい場所も意識してポイントを選んでみると、釣果に繋がりやすくなってくるはず。このようなパターンの場合、ノイジー系のルアーだけでなくバス用のビッグベイトなんかも混ぜて使っていくと良いですね。

冬のナマズ釣り 基本はオフシーズン

最後に水温がかなり低下してくる冬の季節のナマズ釣りについて。ナマズの活性は低下していることが多く、暖かい雨の後などでなければ基本的に狙うのが難しくなってきます。

私の場合は他の釣りも行うので、あえて冬にナマズを釣ることは最近ではしませんが、以前は真冬にナマズを狙ってみたこともあります。温排水があったり、ナマズがめちゃめちゃ沢山いる地域であればナマズ釣りが成立することもあるとは思いますが、基本的には狙って釣るのが難しくなってくるのでおすすめはしない(笑)

狙い方としては、越冬状態にあるナマズをどう目覚めさせるのかがポイントなんじゃないかな。

ポイントとしては、水路の土溜まりや川の淵など、水深が周りよりも深くて流れの緩い場所。

こういったちょっとしたポイントに越冬しているナマズが潜んでいることが有ります。

基本的にはボトムでじっとしているか、半分泥に埋もれたような状態で潜んでいることが多いですね。

トップウォータープラグなどで狙うのは結構難しいですが、可能性を高めるコツとしては

ただ巻きではなくシェイクを交えたりして、短い距離でのルアーのアクション回数を増やしたり、ラトルの音でナマズを威嚇したり。

1キャストでは目覚めてこないようなこともあるので、気になるスポットがあれば何度も繰り返しキャストしてナマズの活性を上げてあげる必要があったりします。

より簡単に釣るのであれば、テキサスリグをナマズの至近距離に通して目の前でシェイクしたり。それでも微動だにしないような時は、

ナマズの顔の上にワームを落としてチョコチョコやっていると、目覚めるのかイラついてなのかはわからないですがバイトしてきたり(笑)

ただし、いずれにしてもナマズの魚影が濃くないと冬のナマズ釣りは成立しにくいので、難易度はかなり上がります。

温排水が流れ込んでいるような河川であれば、真冬であろうと秋の釣り方等でずっとナマズが釣れ続けます。

冬にナマズを狙うのであれば、温排水が流れ込んでいる川などが近所にあるような時に限った方が個人的には良いと思う。他にも面白い釣りは沢山あるしね。

ナマズ釣りの時期まとめ!

ざっと1年のナマズ釣りをまとめてみるとこんな感じかな?

最後にまとめてみると

  • ナマズのシーズンは3月~11月、12月上旬くらいまでだが、釣りやすいのは4月~10月いっぱいくらい。
  • 最も狙いやすいのは産卵期の5月~7月上旬でハイシーズン!
  • 春~梅雨明け位までは産卵を意識して水路や支流などを要チェック!
  • 夏は水温の上がり難い場所や、流れ込みの下などを狙う
  • 秋はベイトフィッシュの溜まりやすい川の合流点やヨレなどを狙う
  • 冬は基本的にシーズンオフ。狙うのであれば川の淵などの流れが緩く水深のある場所。

こんなところを意識してみて、ナマズ釣りに挑戦してみると良いんじゃないかな。

今回はこの辺で。

それでは、また明日会いましょう!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です