シマノ 18アンタレスDC MD 実釣インプレッション!

さてさて、今回はバス釣り復活に際して購入した

シマノ18アンタレスDC MDですね!

コチラを実際の釣行に使い、魚を掛けてみた感触などをインプレッションしていこうかなと思います。

主に琵琶湖を中心としたウェーディングゲームやおかっぱり、季節によってはシーバスゲームなどにも使って行こうというわけで購入したリールになります。

とりあえず50アップも複数釣り上げることができ、ブレーキの設定なども色々試してみて

何となくこのリールの特性や使い心地なんかもわかってきたので、それを紹介出来たら良いかな!

何年かバス釣りから離れていた私ですが、これからはこのアンタレスDCMDを使って50アップやロクマル達とまたガチンコ勝負していきたいですね♪

それでは前置きはこれくらいにしておいて、早速アンタレスDCMDのインプレッションを始めていこう!

なお、セットで使用しているワールドシャウラ17114R-2のインプレッションについては「シマノ18ワールドシャウラ17114R-2インプレッション」をご覧ください。



シマノ 18アンタレスDC MD ザッとインプレするとこんな感じ

いきなり細かい部分のインプレッションをしていくのもアレなんで、

まずはこのリールを使ってみて感じたことをまとめてみようかな。簡潔に言ってしまえば

琵琶湖などをはじめとしたバス釣りをはじめ、ある程度の重量のあるルアーや大きさのあるターゲットを狙うのであれば、かなりオールラウンドに使えるリール。

といった感じが率直な所。

もちろん海水対応だしPEラインも対応できる仕様になっているので、ソルトゲームでもかなり活躍してくれる1台になると思う。

もう少し細かくまとめてみると

  • 糸フケの処理やルアーの回収はXGのギア比でかなり快適
  • 絶妙なハンドルの長さでフィーリングがハイギア仕様のリールとズレ難い
  • 剛性感が有りながら巻きはヌルヌル感あり
  • 50アップのバスでも全く余裕(前のアンタレスシリーズでも余裕だったけど)
  • ブレーキの幅が非常に扱いやすく、トラブルレス
  • リールの性能を引き出すなら10g以上のルアーが望ましい

思いついたことをどんどん書いてみるとこんな感じのインプレッションになるかな。

正直言って、使うルアーのウエイトなどが軽すぎない限りは

これといった弱点の無い、非常に優秀な扱いやすいリールというのが率直な感想。

あえて言うならクラッチを押した時の感触がカルカッタコンクエストシリーズと比較して、若干カチッと感が無いというかそんなところはあるかな。

コンクエストは丸型の剛性重視のリールだし違った特徴を持つリールなので一概に比較はできないかもしれませんが、若干気になると言えばクラッチ周りかな。

以前バス釣りをやっていた時に使っていたアンタレスDC7-Lvはクラッチが段々渋くなってきてしまったので、今後負荷をかけて使い込んでいく中でどうなっていくのかチェックしていきたい。

私のスタイルは基本的に魚とのやり取りは無し。掛けた魚はロッドを曲げ込んでリールをひたすら巻き、一気に引き寄せて確実にキャッチするスタイル。結構リールに掛かる負担は大きく、先代のアンタレスDC7-Lvは最後ハンドルが回らなくなってご臨終(-_-;)

このあたりの剛性がパワーアップしてくれているとありがたいですね。

マイクロモジュールと強化されたギアでどこまで耐久性があるのか?

購入してまだ使い込んではいないのでさすがにガタなどは無いが、今後負荷をかけ続けていってどうなるかですね。

全体的なレビューはこんな感じですが、続いて各部を少し細かく見ていきましょう(*^^*)

アンタレスDC MDの外観・重量

DCMDはガンメタ塗装

まずは外観的な所から攻めていきますよ。

今回のアンタレスDCMDですが、今までの銀ピカのメッキ加工のような外観とは少し変わってきていて

細かなラメが入ったガンメタ塗装になっているのが外観上の特徴かな。

手前が先代に使っていたアンタレスDC7で奥が今回のアンタレスDCMD。写真だとわかりにくいですが、実物を手に取ってみるとその外観は結構違う。

ガンメタ塗装で渋いながらもラメラメが細かく光るデザイン。

個人差はあると思いますが、私的にはこのカラーはかなりカッコよくて好み♪

店頭在庫が無かったので注文して購入したのですが、1目見てカッコいいと感じましたね。

重量感

今回のアンタレスDCMDの重量は235g。最近発売されているDCブレーキを搭載しているリールと比較すると若干重くなっているが、私が今まで使ってきたDC7は255gだったので私の場合は軽くなったことになる。

普段はバス以外にもソルトルアーや船の餌釣り全般なども行うが、

軽いリールには感じないが重さは目立たずバランスが取れている。

というのが第一印象だったかな。アジングやメバリングなども行うので繊細なタックルを扱うことも多いが、そういったものと比較すればもちろん重量感はある。それでもメチャメチャ重いような感覚にはならず、ロッドをセットして1投目からすんなりとなじんだね(*^^*)

ソルトウォーターや海外の大型魚まで視野に入れていてこの重量で収まっているのであれば、十分合格点だしむしろ軽量なリールに仕上がっていると思う。

アンタレスDC MDの巻き心地

マイクロモジュールギアで滑らかさは維持

気になる巻き心地ですが、

マイクロモジュールギアを搭載しているので巻き感はヌルヌルをキープしている。マイクロモジュールが搭載されていなかったアンタレスDC7-Lvとは当然滑らかさは違っていて、明らかに良くなっていますね。

ただし、現行のアンタレスシリーズなどと比較してみると目立って良くなったり悪くなったりしているというような感じは無くて、この価格帯のリールでは平均点といった所。

また、丸型のカルカッタコンクエストシリーズなどと比較すると若干荒さの有るような感じもする。

丸形リールの剛性感や巻き心地とはやっぱり一味違った感じはある。それでも決して巻き心地が悪いなどということは無くて

比べる相手がコンクエストではちょっと分が悪い。

巻きの重さはロングハンドルで解消

そして、XG(エクストラハイギア)化による巻き感の重さなどですが、購入する際は結構気にする方が多いんじゃないかと思います。

私自身、今までHG(ハイギア)リールまでしか使ってこなかったし、巻き取りがかなり早いものはジギング用のリールなどになってくるのでちょっと不安があった。

抵抗の大きいルアーやルアーの回収時、ある程度重さのある魚がヒットした際などに違和感になるのではないか?と思う部分はありましたね。

しかし、実際に使ってみると今までのHGリールと大して変わらなくね?

という不思議な感覚なので、ある意味非常に新鮮でした(*^^*)

一投目から別にこれといった違和感も無かったし、巻き取りが早いだけで他の面ではHGと同じ感覚で釣りができるから不思議です。

もちろんローギアのような軽くてグイグイ巻き込めるような感じでは無いんですが、変なモッサリ感や巻き重りは気になりません。

これにはハンドルの長さの変更が影響しているのかな?

今までのアンタレスシリーズは42mmのハンドルでしたが、今回のアンタレスDCMDは3mmロング化した45mmになっている。

上がアンタレスDCMD(純正のグリップは外して先代のアンタレスDC7-Lvからウッドノブを移植)で、下が今まで使っていたDc7-Lv。

比べてみるとわずかな差ですが、この差が結構大きくて程よい抵抗感と軽さを両立していると感じますよ(*^^*)

エクストラハイギアリールに対して変な先入観を持っているという方も、一度使ってみたら

「アレ?」

ってな感じでいい方向に裏切られるかもしれません。

私の場合はヘビキャロやバイブレーション、大型のトップウオーター。ワーム系ではノーシンカーやスコーンリグなどがメインなので純正のハンドルではデカすぎてちょっとスマートじゃないなと。

ですのでノブは小型のものに交換して使っています。

引き抵抗の大きいクランクやビッグベイトなどをメインで扱うという方には

純正のハンドルノブは結構大きくて力が込めやすいものが付いているので、この辺りの不安も使ってみたら特に問題なかったと感じる方の方が多いんじゃないかな。

ハンドルの長さは実際に使ってみるとかなり良い感じにバランスが取れていて、

これよりもロングハンドルになってくると

「XGにより巻き取りの早さ」+「ロングハンドルの巻き取りの軽さ」によって微妙な流れの変化などを察知する感覚的な部分が損なわれるように思う。

そういった意味でも、非常に良い感じの味付けに仕上がっていると感じました。

魚をヒットさせた時の剛性感

ルアーをキャストしてリトリーブしたり、ルアーを回収したりする際の巻き心地以上に

魚をヒットさせて負荷が掛かっている状態で、ボディやギアがタワむことなくグイグイ巻けるのか?

これは結構個人的には重要視しているポイント。

琵琶湖のエビ藻周りで50アップを複数掛け、基本的にはヒットしたらドラグなどは一切出さずにロッドはポンピングせずリールをひたすら巻く。

こんなスタイルで普段バスを釣っているんですが、新しく購入したDCMDの使い心地を知るためにも

普段にも増してより高速で巻き取ってみたりして感触をチェックしました。

結果的にはXGによる巻きの重さやボディやギアの弱さから来るような変なグニャグニャ感などは無く、

ブラックバス程度なら問題なくガンガン巻いてキャッチできるといった感じかな。南湖の50アップなどでは正直全くへこたれたりするような印象は無く、今後北湖のロクマルなどを相手にしてどんな感じになるのか見ていきたいですね(*^^*)

そうはいっても、このリールをプロデュースした方が某王様ですから、限界まで負荷をかけて魚をキャッチするタイプの釣りをする方なので問題ないとは思います(笑)



圧倒的な回収速度・糸フケ処理

遠投の釣りをしていると、ウィードエリアからルアーが外れたりした際に

無駄な時間を過ごさない為にもササっとルアーを回収して次のキャストへ。といった事が良くある。

また、遠方で魚をヒットさせた際には1度合わせを入れてもしっかりフックが貫通していないことも多い。そのような時は高速でリールを巻き取り、追いアワセを入れたり・・・。

このような時、さすがにXGのギア比はかなり巻き取りが早くてストレスフリーで釣りができますね。ルアーの回収速度はかなり早く、それでいて巻きが重すぎないのがアンタレスDCMDの良い所。

このリールを使ってからHGのリールに戻したりすると、その巻き速度の違いが非常に目立つと思います。

巻きが早い分ストラクチャー際で魚を掛けた際なんかも強引に魚を引き寄せてキャッチしたりできますから、そういった際にも巻き取りのはやいXGギアはメリットがある。

クラッチの感触

アンタレスDCMDのクラッチの感触なんですが、

コンクエスト200番台位までと比較すると若干甲高い音がしてちょっと不安が有る。

バス釣りではドラグを使わず一気にカバーからバスを引き出し、手元に来てラインの伸びが使えなくなったところでクラッチをオフにしていなしたりすることが有る。これは本来のクラッチの使い方ではないし、リールに良くないのは承知しているけどどうしても必要になることが有るのが事実。

シマノのリールは特にアンタレス系はクラッチが弱い感じがしていて

初代のアンタレスなんかはすぐに半クラッチ状態になってしまったり、先代のDc7-Lvもクラッチは使っていく中で徐々に具合が悪くなっていったかな。

今回のDCMDも感触としてはそこまで強化されているような印象は無くて、実際には大丈夫なのかもしれないが個人的にはちょっとクラッチの耐久性が気になるかな。

雷魚用に使用しているコンクエストの300はクラッチも非常にガチっとしていて、ぜってぇ壊れない感が出ている。

コンクエストの300を使った後にアンタレスDCMDを使用すると、若干のクラッチ周辺の弱そうな感触がしてしまう。

今後も使って行って気になることが有れば、ここに追記していきます。

アンタレスDCMDのブレーキ性能・飛距離

今回購入したDCMDですが、率直な感想としては

非常にブレーキ設定が作り込まれていて、しっかり設定してあげればオートマチックに快適な釣りが約束される。

というのがファーストインプレッション。個人的にはXBモードが特に使いやすく、

メタル系の飛距離の出るルアーやヘビキャロ、逆に抵抗の大きいビッグベイトなんかを扱う時にはかなり重宝すると思う。

全体的なブレーキの効き具合に関しては、特にキャスト後半の伸びが良くていい感じ。

ブレーキ設定によっては、向かい風の中での釣りなどになるとスプールの立ち上がりの際にラインが膨らむことが有る。このあたりはオートマチックさを求めて1ダイヤルブレーキを強くしたり、指のサミングをほんの少し加えてあげたりすると向かい風の中などでも快適に釣りができると思う。

キャスト中盤から後半にかけては本当にトラブルレスで、ちょっと風が吹いていてDCブレーキがうまくスプールを制御して飛距離を伸ばしてくれる。

バイブレーションやヘビキャロではXBモードをうまく使う

私の場合は立ちこみの釣りでの遠投の釣りがメインなので、そうなってくると出番が多いのが「XB」モード。

XBモードはアンタレスDCMD用にチューニングされた特徴のあるブレーキ設定になっているらしく、ヘビキャロやバイブレーションなどはXBの1~3位を使分けると飛距離もかなり伸びてくる。

特に出番の多いヘビキャロなんかは無風時には1、向かい風の時やワームが大きい時は2~3のブレーキ設定でちょうどいいように思う。

XBモードの1で遠投すると、スプールの大口径化と相まってキャスト中盤~後半が今までのアンタレスやアンタレスDC7-Lvなどと比較して1伸び勝るといった感じ。

8号1オンスクラスのシンカー+3インチクラスの抵抗が少ないワームを使ったヘビキャロをキャストした場合、

私の場合で70m中盤程の飛距離が平均的に出せるといった感じ。以前使用していたアンタレスDc7-Lvよりも中~後半の伸びが少し強化されていて、フワフワとルアーが伸びていく印象が有りますよ(*^^*)

私は以前ひたすら遠投の釣りばかりやっていたので多少の慣れはあるかもしれませんが、飛距離に関しての不満は無いかな。

通常のルアーにはライン毎のモードで対応

ヘビキャロやメタル系のルアーやビッグベイトなど以外のルアーには、それぞれ使用するラインの素材毎のモードが用意されている。

私の場合はフロロカーボンラインを巻いてノーシンカーリグやテキサスリグなんかも比較的出番が多いんですが、

その際は「F」モードにして後は外部ダイヤルで調整していけば快適なブレーキ設定がカンタンに見つかるかな。

ブレーキの幅は結構広く、軽いワームでも投げようと思えば投げられる。しかし、スプール系が大きいのでスプールの立ち上がりの際のモッサリ感はある。

使ってみた感触では最低でも10g程度の重さがあった方が快適に釣りができると感じましたね。

20LB100mの糸巻き量のスプール

今回のアンタレスMDですが、スプール系が大口径化して20LB100mの糸巻き量になりました。

これは結構個人的には大きなポイントで、14LB100mの糸巻き量のリールなどでは

琵琶湖などでの遠投の釣りを考えた場合、糸巻き量が足りなかったり14LBでは強度が低くて使いにくかったりした。

ですのでこのリールが発売されることを知った時、すぐにバス釣り復帰に使用するリールはこれにしようと決めましたね。琵琶湖ではウィード周辺を攻める機会が非常に多いですし、狙っている魚が3kg、4kg、,5kgといった大型のバスになってくる。

そうなると14LB100mのスプールではどうしても小さすぎるんですね。

また、スプール系が小さいものを使用した際、バイブレーションやヘビキャロなどをロングキャストすると

ラインの放出とともにキャスト後半のスプール系がどんどん小さくなっていってしまい、キャスト中~後半の伸びが損なわれてしまう。

これは以前使用していた16LB100m巻きのDc7-Lvでも気になっていたことだったので、その部分が緩和されて非常に扱いやすいリールになったと感じていますね(*^^*)

琵琶湖で遠投の釣りをする以外にも、フロロカーボンやナイロンラインの20LB以上のものを使用してビッグベイトを扱ったりする際にもこのラインキャパシティは必ず武器になってくると思いますよ。

ライトな釣りではなく比較的強い釣りに使うのであれば、18アンタレスDCMDはかなり強い武器になって来るんじゃないかと。

それでいてDCブレーキが非常に扱いやすく仕上がっているので、スプールが大口径化しているにもかかわらずライントラブルは少なく、快適に釣りができるリールになっていますね。

シマノ 18アンタレスDC MDインプレまとめ!

とりあえずアンタレスDCMDを使ってみた感じはこんな感じかな。

最後にまとめてみると

  • 巻き取り早い
  • それでいて巻きの重さは目立たず、違和感なし
  • DCブレーキが優秀。オートマッチック!
  • 糸巻き量も遠投や重量級ルアーを扱うならちょうどいい

こんな感じで、アンタレスDCMDは思っていた以上に使い勝手が良くて購入して非常に満足しているリールですね(*^^*)

今後もバス釣りにどんどん釣行していきますので、気づいた点などがあれば追記していきますね。また、バス釣りのテクニックや考え方のコツなども皆さんにお伝えできる部分が有れば、そういったものも配信していきますからね!1投で仕留める3kg以上のバス釣りなど、結構マニアックで面白いものもあるので今後お見せできればいいかな。バス釣りに関するコンテンツは「ブラックバス」のページをご覧くださいね。

今回はそんな感じ!

ではまた明日会いましょう!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です