メバリング PEラインの選び方とおすすめアイテムを徹底解説!

さて、今回はメバリングを楽しむ際における

PEラインのセレクト方法についてですね!

メバリングをはじめ、ライトソルトゲームにおいては

ナイロンやフロロカーボンラインの方が、初心者の方には使いやすいかもしれない。

しかし、しっかりPEラインとショックリーダーの接続方法などを覚えてしまえば

どう考えてもPEラインの方が圧倒的に汎用性が高いし、ヒットさせた魚を確実にキャッチすることにも繋がる。

ですので、私自身メバリングを楽しむ際は「PEラインの使用率が100%」となっています。

それくらいメバリングではかなり戦力になるのが極細のPEライン。今回はその選び方の基準やおすすめなPEラインを紹介していきますからね!

全て私が実釣を重ねたアイテムを紹介しますので、どういったアイテムを選んだら良いのかわからないという方はぜひ参考にしてみてください。

そこから、皆さんが自分自身のスタイルに合ったPEラインのセレクトができるようになってくださいね!(*^^*)

では、早速メバリングに使用するPEラインの選び方についての解説を始めていこう!

なお、ショックリーダーの選び方については「メバリング ショックリーダー選びの基本メバリング おすすめショックリーダー」をご覧ください。



メバリング用PEラインの選び方と、実釣に基づくおすすめアイテムを紹介!

メバリングにおけるPEラインの選び方についてですが、すぐに購入したいという方もいると思いますのでササっと選び方のまとめを書いておきますね。

メバリング用PEラインの選び方の基準

  1. 号数は0.3号を基準に、オープンエリアの数釣りなら0.2号を。障害物のきつい場所を攻めるのであれば0.4号を選ぶ
  2. 長さは長く使うことを考えれば150m以上のものを購入した方が安上がりでおすすめ
  3. 基本は4本編みのPEラインを。3本編みはコストパフォーマンスに優れるが、性能は劣る。

簡単にまとめてみるとこんな感じになるかな。

それでは少し詳しく知りたいという方達へ、メバリング用のPEライン選びについて話を進めていきますね!

メバリングにPEラインを使用するメリット

まず、メバリングを行う際に使用するルアーの重さ、ウエイトについてですが

大体1g前後から3g程度までを中心に、重くても7gや10gといった所になると思う。

こうなってくると、あまり太いラインを使って釣りをしてしまうとルアーの飛距離も出なくなるし、ラインの抵抗によってルアーの動きが悪くなったりしてしまう。

これらのバランスを考えると、メバリングをナイロンやフロロカーボンラインを用いて楽しむ場合は

3ポンドほどを基準に、2ポンド~4ポンドくらいがベーシックになってくると思われる。

しかし、メバルは根魚。

ルアーにヒットした場合は水中の海藻や岸壁沿い、沈み根やテトラポッドの影などに逃げ込もうとするわけですね。

メバルは20cmに満たないような小型サイズであっても、一瞬の突っ込みは結構強い。

そうなると、3ポンドなどのラインではドラグを出してやり取りを行う必要が出てきたり、少し良いサイズがヒットしたり巻き上げが遅くなってしまうと根に潜られて出てこなくなってしまうことが有る。

こういった事を防ぐ為にも、細くて強度のある極細のPEラインとショックリーダーを組み合わせることは非常にメリットが大きい!

私自身昔はナイロンやフロロカーボンラインを使ってメバリングを楽しんでいました。当時は細いPEラインは無かったので、当然3ポンドや4ポンド。太くて5ポンドくらいの強度のラインを使用するしかないわけです。

そうなると、25cmを超えてくるようなメバルが障害物の周辺でヒットしたりするとラインブレイクしてしまったり・・・・・。

こういう苦い経験は過去に結構繰り返してきました(-_-;)

しかし、今となっては0.2号や0.3号といった細い号数のPEラインが多く発売されるようになり、メバリングはかなり快適に進化しました。

しっかりとしたラインセレクトをすれば、尺クラスの大型のメバルだって余裕をもってキャッチすることができる。

メバリングにこれから本格的に挑戦しようと思うのであれば、間違いなくPEラインの導入を考えた方が良いですね(*^^*)

とまぁこんな感じで、メバリングを楽しむのであればPEラインを使ってみることを激しくおすすめするってことですね!

メバリング用PEラインの太さ・号数選びの基本

メバリングにPEラインを導入するメリットについては何となくわかったかな?

それではここからが本題!

メバリング用PEラインを選ぶときには何号のラインを選べばいいのか?

私の場合、号数の基準は0.3号をベースに考えるようにしている。0.2号と0.4号をそこに組み合わせていくけど、

別に必ずしも必要ではないのでまずは0.3号から入ってみるのが良いかな。

0.3号→メバリング用PEラインの基準

一般的な港湾部や防波堤などでメバリングを楽しむ場合。

このような時は、0.3号程のPEラインがオールラウンドに使いやすい。

港湾部には開けたオープンエリアもあるけど、ちょっとしたテトラ帯が広がっていたり、沖に駆け上がりや沈み根などの変化が有ったり・・・・。

場合によっては岸壁沿いのピンスポットにメバルが付いているようなことも。

そうなってくると、そこそこの飛距離などは持ちつつもヒットしたメバルをある程度強引に引き寄せる強度も欲しい。

磯などでメバリングを楽しむ時ほど障害物は多くないけど、ちょっとした障害物の周りを攻めるということが良くあるのが港湾部でのメバリングというわけだ。

こういった要素をうまくバランスさせるのであれば、0.3号位のPEラインが使いやすいというわけですね!

具体的にいうと、0.3号のPEラインは

強度的には6ポンド前後の強度を持ったアイテムが多いかな。6ポンドのナイロンやフロロカーボンというと、大体1.5号前後のものになる。

1.5号のラインってかなり強くて、本来であればブラックバス釣りなどに用いられる強度になる。

メバリングにおいてこれくらいの強度があれば

ある程度大きいメバルが障害物の周辺でヒットしても、強引にやり取りして確実にキャッチすることも容易になってきますね。

0.2号→オープンエリアの数釣りに

0.3号よりもワンランク細い0.2号のPEラインを用いる場合。

私の場合、普段開けた場所で小型~中型の数釣りを楽しむことは殆どないのであまりこの太さのラインを選ぶことは無い。

ですが、アベレージサイズが15cm程度でいくら大きくても20cm位までのメバルしか釣れないような場所であったり、

常夜灯周辺の開けた障害物のほとんどない場所でメバリングを楽しむのであれば、0.2号のPEラインでも強度的に不便を感じることは無いと思う。

ただし、メバルはキャッチする寸前に足元の岸壁沿いに激しく突っ込んだりする時も良くあるから注意したいですね。

細いラインの方が飛距離も出るし、風や潮の影響を受けにくくなるのでアタリが取りやすくなったりルアーの操作がしやすいというメリットはある。

しかし、何よりも大切なのはヒットしたメバルを確実にキャッチすることですからね!

まずは安全に・確実にヒットさせた大切な魚をキャッチできるタックルを選ぶようにしてください。

0.4号→テトラ帯や沈み根のきついエリアに

ベーシックな0.3号よりも強度が増す0.4号程の号数のPEライン。

0.4号のPEラインになると、大体8ポンド前後の強度が出るものが多いかな。

若干飛距離の面では劣りますが、それでも1g前後の軽量なルアーを使っても大きく不便を感じるということが無いのがこの号数になると思う。

0.4号を使用する場面としては、外洋に面したフィールドやテトラポッドの上からの釣り、小磯などで釣りをする時かな。

こういった場所で釣りをすると、どうしてもショックリーダーを中心にラインが傷つくことも多くなるしヒットさせた魚を素早く引き抜く必要が出たり。

また、障害物の多い場所はヒットしてくるメバルのサイズも大型が多くなるので、ますまず強度的にある程度余裕のあるものが必要になりますね!

磯などで尺クラスのメバルを専門に狙うとなると、0.4号よりも更に強度のある0.6号や0.8号などのPEラインを使用することもあります。

こういったメバリングは少しマニアックになってくるので、今回は省略で(笑)



メバリング用PEラインの長さ選び

PEラインの号数の選び方については大体こんな感じになるが、続いて悩みがちなのが

何メートル巻きのラインを買ったらいいのか?

ということじゃないかな。

基本的にメバリング用のPEラインは

75M巻き、100M巻き、150M巻き、200M巻きじゃないかと思う。

初めのうちは、一番安い75M巻きで良いかな?

と考えがちですが、そうすると逆に高くつくことが多いので注意したい。

ナイロン製のラインなどは、潮や紫外線で性能が劣化していく。ですので、リールに巻いた時点でラインの性能というのはどんどん低下していくもの。

しかし、PEラインの場合はそのような劣化は基本的には殆ど発生しない。ですから、回数を使っても傷になったりしていなければ長く使えるし、色が落ちたからと言って強度がいきなり落ちたりすることも無いわけ。

となると、大切に使えば1年くらいは普通に使えるのがPEラインになる。

メバリングを楽しむ場合、大体ルアーの飛距離はジグヘッドリグやプラグルアーを使った場合30m位から50mくらいになることが多いので

実際は100M巻きのラインを買えば十分に感じる。

しかし、ここはあえて150M巻きのもの等を購入しておく方が安上がりになることが多いですよ!

理由は簡単で、毛羽立ったりしてくるとラインをカットして短くなっていくのは当然ですが、ある程度短くなってラインが痛んでいる個所が多くなってきたら

150M巻きなどのものであれば、ラインの上下をひっくり返して使えば新品同様になるからです(*^^*)

私自身、メバリング用のPEラインを購入する時は最低でも150M巻きのものを購入し、

短くなってきたりしたらリールの下巻きを増やしたり、ラインをひっくり返して使ったりして延命措置をしています。

そうすれば、結構釣行頻度の高い人でも1年くらい使えることも良くあるし、それ以上長持ちさせることだって可能。

ですから、PEラインを購入する際は気持ち長めのラインを購入することをおすすめしますよ!

メバリング用おすすめPEラインを紹介!

ここまででメバリングに使うPEラインのセレクト方法についての話はオワリ!

ここからは、今まで実際に私が使ってみて良かったと感じたPEラインを紹介していきます(*^^*)

よろしければ参考にしてみてくださいね。

デュエル アーマードF+Pro:使いやすさと強度、価格のバランス◎

ここの所ずっと私がメバリングでメインに使い続けているラインがコレ。

PEラインでありながら、コーティングによって繊維が束ねられているのでナイロンやフロロカーボンのようなツルツル感のあるラインになる。

アーマードFシリーズにはプロ以外にもいくつかありますが

最も高性能で毛羽立ち難く、更に長持ちするのがProシリーズになる。

とりあえずPEラインを使ってみようという方はそちらのF+やFシリーズでも良い。しかし、そこまで極端に価格が高くなるわけでもないので個人的にはProシリーズから入ってみてもいいんじゃないかと思いますね!

このラインの特徴は、PEラインの中でも

  • 高比重で風や潮の流れに圧倒的に強い
  • 低伸度でアタリの出方が明らかに違う
  • 細くてツルツル、飛距離が伸びる

といった所かな。PEライン自体が細くて伸びが少ないラインですが、

アーマードFシリーズは通常のPEよりも更に伸びが少なく、小さなアタリなどでも手元にしっかり伝わってくる。これは今まで他の通常のPEラインを使用していた方はその違いにすぐ気づくレベル。

モゾモゾッとしていたアタリがビンビンと伝わるようになるので、軽量なリグや風が吹いている時などに特に差となって表れやすい。

欠点としては、障害物に擦れていなくても徐々に毛羽立ちが発生してくることかな。この毛羽立ちですが、表面のコーティングが剥がれてくるためのようで、少しケバケバになったからと言って簡単にラインが切れたりすることは無い。ですが、精神的に良くは無いのでこのあたりは少し気になるところ。

ですが、飛距離や伸びの少なさ、比重の重さは他のPEラインとは違う大きなメリットになる。気になる方は1度使ってみる価値はあるんじゃないかな。

サンライン PE-EGI ULT HS8:最高品質のPEラインが欲しい方に

最近使い始めてみた所、かなり使用感が良い高性能PEライン。もともとはエギング用のPEラインですが、0.3号と0.4号はメバリングにも対応できる。

このラインは8本撚りの極細PEラインになるので、強度や使用感の良さはトップクラス!

しかし、価格もトップクラスなので良いPEラインを妥協せずに購入したい方におすすめかな。

特徴としては

  • 表面の滑らかさはアーマードF+Proと並んでトップクラス
  • 抜群の飛距離と操作性
  • コーティング剥がれによる毛羽立ちは無し
  • しなやかで結束強度抜群

などといった所かな。

シーバスゲームやエギング、オフショアのジギングなどでは8本編みのPEラインはかなり浸透してきているが、

その使用感をそのまま極細のPEラインに落とし込んだのがこのULT HS8かな。

飛距離は圧倒的で、小さなガイドのメバリングやアジングロッドでも糸抜けが抜群に良くてフワフワと抵抗なくルアーが飛んでいく。

初期状態ではアーマードFシリーズとさほど変わらない手触りですが、こちらはコーティングが薄いのでよりしなやかで劣化が少ないという特徴がある。

強度も十分で、55cmを超えるクロダイも余裕でキャッチすることに成功していますからね♪

一方、風への対応力や感度という面ではアーマードシリーズに1歩劣る感はある。

比重は通常の軽いPEラインになるので、この辺りは好みなどで使い分けると良い。

バリバス アバニライトゲーム:強度のある強い4本編み

一般的な4本編みのPEラインですが、

中でも優れた強度を持ち、滑りも良い高性能モデルになります。

アーマードシリーズや8本編みのPEラインはちょっと・・・・。というような方に、4本編みのPEラインでも良いものが欲しいという方におすすめ。

滑りも比較的良くて糸鳴りも大きく無くて使いやすいPEラインといった感じ。素材の強度はかなり強く、同じ号数のPEラインの中ではトップクラスの引っ張り強度が有るので安心して使える。

よつあみ G-soul X4 アップグレード:コストパフォーマンスに優れた4本編み

コストパフォーマンスに優れた4本編みのPEラインが欲しいということであれば、ベーシックなアイテムがよつあみのX4になるかな。

先程紹介したバリバスのPEラインと比較すると、使いやすさや強度の面では劣りますが

その分価格のコストパフォーマンスはかなり高いPEラインになる。実際にリールに巻いた時の太さも比較的細くて表示通りの太さになっている印象。

輸入系の海外メーカーのPEラインは号数表示の割に強度が高かったりするけど

実際にリールに巻くとラインが太い場合も非常に多いので注意した方が良い。

また、以前私は海外製のPEラインを買った所、ハズレを購入したためかキャスト切れが突然多発するという症状になったことが有る。たまたま粗悪品を引き当ててしまったのかもしれないが、それ以来ラインは必ず日本製のアイテムを買うようにしている。

そんなコストパフォーマンスに優れたPEラインですが、欠点としては

糸鳴りが大きい事と、ザラザラ感がちょっと目立つ事かな。こういった点では高価なPEラインには1歩劣るような感じ。

3本編みのPEラインを購入する際の注意点

4本撚りよりも安価なPEラインが、原糸が1本少ない3本編みのPEライン。

これらはコストパフォーマンスをウリにしたアイテムが多いが、実際に使ってみると

糸つぶれが酷くてきしめん状になったものや、糸ヨレが非常に目立つものが多いと感じるので注意したい。

メバリングに限らず、PEラインを購入するのであれば

まず4本撚りを基準に、8本撚りやコーティング系のアーマードシリーズなどを優先した方が快適に釣りができると思う。

まとめ

今回はメバリングにおけるPEラインの選び方について、少し詳しく解説をしてきました。今回紹介した選び方を基準にしていただき、皆さんが普段メバリングを楽しむフィールドに合わせて最適なラインチョイスに役立てていただけたら嬉しいですね(*^^*)

ここではPEラインについての解説でしたが、セットで使用するショックリーダーの選び方やおすすめショックリーダーについては

メバリング ショックリーダー号数、長さの基本」「メバリング おすすめショックリーダー」を参考にしてください(*^^*)

他にもたくさんのメバリングに関するコンテンツを用意してありますので、時間のある時でも「メバリング」のページをご覧ください。釣行記やタックルセレクト、釣り方のコツなど多数のコンテンツを用意してありますからね!

メバリング入門に最適な、メバルの釣り方や道具選びの基本については「メバリング入門 釣り方、タックル選びの基本!」をご覧ください。

では、今回はこの辺で。

それでは、良い釣りを!

ブログ村

4 件のコメント

  • まるなかさん、こんにちわ。毎回楽しませてもらってます。

    現在メバリングではまるなかさんの記事を参考に、
    アーマードF0.3+シーガーグランドマックスFX1.75号を75cm程度
    の構成でやってます。
    精々25cmクラスしか釣れていないので問題なしと言えるのですが、今までの記事では書かれていない、アーマードラインとリーダーの結束方法が知りたいです。
    私は初めはFGノットでやってましたが、締め込み時のコーティング剥がれが気になるのと、現場での結束時間短縮を考え、トリプルエイトノットにしました。
    現状、このノットで問題は無いのですが、まるなかさんのアーマードライン使用時の使用ノット、またオススメのノットが知りたいです。

    また、Fの0.3号が気に入ったので、投げ用にアーマードF+PRO投げを格安で発見して購入、1号200mにナイロンテーパー力糸4-15号15mを結束しています。
    流石最上級クラスの所為か、このラインはFGで締めこんでも毛羽立ちが目立ちません。
    まだ使用回数が多くないので経験不足ですが、この構成ならFGで良いのかなと思いますが、まるなかさんのご意見も聞いてみたいです。

    そもそもアーマードシリーズは、結束時にPEとして扱うべきか、フロロカーボンとして扱うべきか、号数によって使い分けるべきか・・・是非教えてください!

    • こんにちは、まるなかです。
      アーマードシリーズの結束ですが、私は種類や号数を問わずにすべてFGノットで結束していますね!
      初めの編み込んだ後の締め込む前の1度のハーフヒッチをする際と、最後の複数回ハーフヒッチをする際に注意が必要かなと。
      少し離れた位置でハーフヒッチを行い、結び目をスライドさせてくると、そこで毛羽立ちが発生してしまうことが多いですよね。
      ですので、出来るだけハーフヒッチをする際に結び目を動かすことのないように注意して組んでいますが、少し気を付ければそこまで目立ったコーティング剥がれは発生しない感じですね。
      編み込み部分に多少コーティング剥がれが発生しやすいですが、PEの繊維が傷になっているわけではないので強度の低下は見られないといった感じでしょうか。
      答えになっているのか不安ですが、普段の結束はFGノットのみですね!
      それが嫌であれば、PRノットで組むしかないかな・・・・。

  • お答えありがとうございます!
    なるほど、ハーフヒッチ時にスライド幅を短く、ですね。
    私はかなり長めにスライドさせるので、その所為で毛羽立ちが凄かったのかもしれませんね。試してみます。

    トリプルエイトノットに関してはどうでしょう?
    根掛かりロスト後等、夜間の屋外で手軽にそれなりの強度の出るノットとして重宝してるのですが、使ってる人は少ないし、聞く事も殆ど無いので、まるなかさんのご意見も聞いてみたいです。
    ショートリーダー以外だとやり辛そうだし、私もライトゲームにしか使いませんけど、まるなかさん的にはナシですか?

    • 自分の場合はリーダーは最低1ヒロ取るので、コブが引っかかりやすいノットは使わない感じですね。
      ライトソルト 用のロッドはかなりガイド径が小さいものを使っているので。
      使っていてそれほど不満を感じないのであれば、トリプルエイトノットで全く問題ないと思いますよ☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です