カルティバ アジ弾丸 使い方・実釣インプレッション!

さてさて、今回紹介させていただくのは、アジングやメバリングなど、ライトソルトゲーム全般で使えるジグヘッド

カルティバアジ弾丸!

このジグヘッドは以前は結構使っていたのですが、これといった理由もなく最近まであまり使わない状態になっていました。

その後思い出したように使ってみた所、やっぱり使いやすいな!という印象を持ったので、

忘れないうちにインプレッション&使い方の紹介をさせていただきますね(*^^*)

比較的多くの釣具店で扱われている入手しやすいジグヘッドですので、今回紹介する特徴のジグヘッドを探していたという方は一度使ってみてください♪

それでは前置きはこれくらいにしておいて、早速アジ弾丸のインプレッションをスタートしていきましょう!



カルティバ アジ弾丸の使い方・インプレッション!

今回紹介させていただくアジ弾丸なんですが

ウエイトラインナップは0.6g~3gと、港湾部で小型のマメアジを狙っていく時から大型の尺アジ等を釣る際まで対応できる広いラインナップが魅力。

刺さりの良いオーソドックスなストレートポイントと扱いやすい形状のジグヘッドで、初心者の方でもとても使いやすいジグヘッドですね!

アジ弾丸の特徴

①引き抵抗のあるヘッド形状

このアジ弾丸なんですが、形状としてはオーソドックスな砲弾型のジグヘッドになる。

実際に使ってみると、

見た目以上に引き抵抗がしっかりと出てラインのテンションを保ちやすく、レンジキープ能力にもけっこう優れていて非常に優秀。

小型のジグヘッドを使用した際の引き抵抗の無さを軽減しているので、アジング初心者の方でも誰にでも使いやすいジグヘッドになっていますね(*^^*)

また、角が立っているので手がかじかんでいる時でもジグヘッドをしっかり持ちやすく、滑って落っことし難かったりするぞ。

②オーソドックスなストレートポイントのフック

フックメーカーのオーナー針製ということでフックポイントの鋭さは全く問題なし。

アジング用のジグヘッドはオープンゲイプ気味のアイテムが多くなってきている中、このアジ弾丸はシンプルでオーソドックスなストレートポイントを採用している。

だからと言って針掛かりが遅かったりするようなことは無く、しっかり上顎をとらえてくれるし釣れた魚のフックを外したりするのは簡単。

フックのゲイプも幅広すぎず、細すぎずといった形状でオールラウンドに使えるものになっていますね♪

フックポイントの位置は若干後方気味になるので、リフトフォールで扱う際にもどちらかと言えばテンションを掛けた斜め方向の動きで誘ってアタリを取ったり、ただ巻きで使いやすい形状だと感じる。

ヘッドを目がけて食い上げてくるようなアタリを掛けていくよりも、斜め後方や後方からのついばむバイトを拾っていくスタイルで使った方がこのジグヘッドの特性を活かせるかな!

フックの軸はファインフックなので刺さりを重視したものになるが、

1.8gまでの細軸モデルはドラグを締め込んでやり取りしたり、フックオフする際に雑に扱うとフックが変形したりすることが有るので注意したい。

0.6g~1.8gの軽量モデルはフッキング重視の数釣り設計になっているということですね。

2.3gと3gは太軸になるので尺アジや尺メバルにも余裕で対応できる。また、このアジ弾丸の太軸モデルはチヌやフッコ以上のシーバスを狙っても十分使える強度を持っているので色んな使い方ができますよ。

私が普段使用しているものはこの太軸のアジ弾丸になりますが、結構無茶な使い方をしてもしっかり耐えてくれるので、尺アジ程度でしたら余裕です!

太軸モデルでもフックポイントの鋭さは十分なので、中型までのアジの数釣りにも十分対応できると感じていますね(*^^*)

③ワームにやさしいワームキーパー

アジ弾丸に採用されているワームキーパーは手巻きのスレッドタイプのものになっており、

ワームのズレ難さと裂け難さのバランスが良いので使いやすい。

ただしパートのおばちゃんが作っていると思われるので、キーパーの大きさが大きいものや小さいもの等若干のムラが有るように感じる。

キーパーが大きいものになると、細長いストレート系のワームを刺す時は丁寧に刺さないとワームが裂けそうになるような気がするね(-_-;)



アジ弾丸おすすめの使い方

①引き抵抗をしっかり感じたい時

少し風が強い時や潮の流れが早い時など、引き抵抗の無いジグヘッドだと何をやっているのかわからなくなってしまいそうな状況でアジングを楽しむ時。

こういった悪条件時や初心者の方等に、このアジ弾丸は使いやすいと思いますね!

また、浮き上がり難さも程々で一定のレンジをキープして巻いてくるのも得意なジグヘッドになるので、風が強くてジグヘッドが表層へ流されてしまいがちな時でも比較的使いやすい。

私はこの特性を活かして、ボトム周辺をライトタックルで狙うチニングやヒラメ釣りにこのジグヘッドを好んで使用していますが、使用感は上々ですよ(*^^*)

②横方向~斜め方向の誘いのアジング

縦方向のフリー気味のフォールでアジを狙ったりするのであれば、

もう少しショートシャンク気味のオープンゲイプのジグヘッドの方が扱いやすいと思う。また、ヘッド形状も砲弾型よりもラウンド形状のものの方が縦方向のアクションに素直に反応しますからね!

ですので、こういった縦方向のアジングではティクトアジスタ!や、34ダイヤモンドヘッドを使うようにしています。

一方でこのアジ弾丸を使うシチュエーションとしては

ただ引きやテンションフォール、巻き落としなどといった横方向~斜め方向の誘いでアジを狙って行きたい時かな!

こういった使い方の方が、このフックの形状をより引き出せると思いますし、砲弾型ジグヘッドの引き抵抗や直進性もより活きてくると感じますね!

③深場の大アジ狙いに

船道や水深のあるポイントなどで大型のアジを狙う際、ちょうど2.3gと3gという太軸のアジ弾丸は非常に使い勝手がいい。

特に2.3gという重さのジグヘッドって意外と少ない。2gまでのラインナップのアジング用のジグヘッドも結構多いですし、あっても2.5gというウエイト設定がアジングやメバリング用のジグヘッドでは比較的ラインナップが多いですよね

この中で2.3gという微妙なウエイトは、ちょうど他のジグヘッドの間を埋めてくれたりするので個人的には非常に重宝していますね(*^^*)

たかが0.3gとかの差にはなりますが、実際に使ってみると使い心地はかなり違うのでワームの泳ぐレンジなども当然変わってくるわけで。

また深場で尺アジ等を狙うスタイルの私には3gのジグヘッドも必須となってくる。そのウエイトがしっかりラインナップされているというのが嬉しいですね。また、2.3gと3gは使いやすい強度のある太軸設計になっていますしね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はカルティバアジ弾丸の使い方やインプレッションをさせていただきました。

このジグヘッドは引き抵抗が程よく有り、レンジキープ性能も程良くバランスがとられていて誰にでも扱いやすいアジング用ジグヘッドだと思いますね!

1.8gまでは刺さり重視のファインフック仕様、2.3gと3gは太軸設計になっていて尺アジでも余裕で対応可能になっています。

比較的横方向の誘いでアジを狙っていく時に扱いやすいように感じていますので、ただ巻きやテンションを掛けたフォールなどでアジングを楽しみたいという方におすすめかな!

★まるなか大衆鮮魚では、他にもアジングやメバリングに関するタックル選びや釣り方、釣行記などを多数用意しています。時間のある時にでも「アジング」や「メバリング」のページをご覧いただくと、何か役立つ情報が見つかるかもしれません。

では、今回はこの辺で。

それでは、良い釣りを!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です