キス釣り 時間毎の釣れ方・特徴の基本!

さてさて、今回は浜からの投げ釣りや港の周辺でのちょい投げ釣りにおいてキスを狙う際の

時間帯は何時くらいが良いのか?

といった事について少しお話をさせていただきますね。

誰でも簡単に、手軽に楽しめてなおかつ奥が非常に深いキス釣りですが、

結論から言ってしまえば朝でも夜でも1日中狙って釣ることは可能です。

しかし、時間帯によっては少し釣り難かったり、効率よく沢山キスを釣るにはコツがいることもあります。

今回の解説を少し参考にしていただき、今後むかえるキス釣りシーズンをより楽しむためのお役に立てれば嬉しいですね!(*^^*)



キス釣り 時間帯ごとの特徴と攻略法の基礎基本!

それでは早速、時間帯ごとにどんな点に注意してキス釣りをしていけば良いのか?

時間を朝夕、日中、夜間の3つの時間帯に分けて解説をしていきますからね!

朝・夕の時間帯のキス釣り

朝と夕暮れの時間、いわゆる朝マズメと夕マズメは

キスの活性が上がって餌を積極的に捕食し、なおかつ最も群れが移動する時間帯!

ですのでこの時間帯はキスを釣りやすくて、まとまった釣果を上げることも狙いやすいゴールデンタイムですね。

日が出て明るくなってきてから・日が沈む前が釣りやすい

上の画像のような、まだ日が殆ど出ていない~薄暗い状態の時はまだ夜のパターンを引きずっていることも多くてキスの活性は上がりきっていないことが多い様に感じますね。基本的にキスは、夜間はあまり積極的には行動しません。

ですので、ある程度日が出てきて明るさが増してきたころからが最もキスの活性の上昇することが多いかな!

夕方の場合も同様で、夕日がかなり沈んできてしまうとキスのアタリが一旦途絶えることが多い。そして暗くなってしばらくするとよるパターンのキス釣りになっていく。

ちょうどこの位の明るさ位がベストな時間かな!

このチャンスタイムを逃さないように、しっかり釣り場で準備をして釣りに臨みたいですね(*^^*)

高活性時は仕掛けを積極的に動かす

キスって海底に潜んでいるイメージが強いですが、

活性の高い時は海底から離れて餌を求めて結構泳ぎまわります。

場合によっては海底から1m以上上を回遊することもあるので、投入した仕掛けを海底で放置していてもキスが見つけてくれる可能性は減る。

ですので朝や夕の高活性な時間帯は、積極的に仕掛けを引いてキスに餌を見つけてもらうようにすると良いかな。また、ちょい投げ釣りなどのように仕掛けが軽い時は、海底から少し上(大体海底~1m位まで)をリールを巻いて探り、海底まで落とし込んで食わせたりするテクニックも存在する。海底から離して誘う距離は、大体リールのハンドル2回転~5回転くらいかな。

この海底から離したキスの誘いを覚えると、かなり釣果はアップするので覚えると非常に役立ちますね!

足元まで仕掛けをしっかり引く

高活性時のキスは、砂浜であれば波打ち際の浅い所であったり、港の中でちょい投げ釣りをしているのであれば堤防際の捨て石周りといった

かなり足元に近い場所にまで餌を求めて上がってくる。

特に大型の個体程こういった浅い場所で餌を捕食するということも非常に多いので、ついつい遠くに投げて沖目を重点的に誘いがちになりますがそれだけでは釣果が伸びないということもあります。

朝夕のチャンスタイムには、しっかりと足元付近まで根掛からない範囲で誘っていきたいですね!

日中の時間帯のキス釣り

段々と日が昇ってきて、明るさも十分でキスの反応も落ち着いてくることが多い日中のキス釣り。

この時間帯になると、潮の流れが良ければ朝マズメと変わらないくらいの釣果が出ることもあれば、潮が流れていないと全くキスの反応が無くなってしまったりすることも出てくる。

ですので日中の時間帯はより活性の高いキスの群れを見つけたり、誘い方を工夫してキスに餌を食わせるテクニックなどによって釣果に差が出てくる。

反応が無い時はテンポよく移動する

朝夕のマズメと比較し、日中の時間はキスの群れの移動速度は遅くなるように思う。

ですので、一度釣れる場所を見つければダラダラとキスがある程度の時間釣れ続いたりすることもあれば、釣れない場所で竿を垂れていても全く魚のアタリすら無いという状態にもなりうる。

堤防なんかでは竿を置き竿にしてじっと同じ場所でキスを狙っている方等も目にしますが、

しっかりキスを釣りたければめんどくさがらずに移動すること!

移動する際に意識することは、海底に所々石があるような変化のある場所であったり、釣り場の水深を少し変えてみること!

海底の変化は仕掛けをズルズルと引いてくればコロコロと石にオモリが接触する感触があったりして分かるかな。

意外とキス釣りで重要なのは水深で、水深が50cm変わっただけでもキスの反応は大きく変わる。仕掛けを投げて着底するまでの時間をカウントすることで、このあたりは目安が作れると思いますよ(*^^*)

外道ばかり釣れてキスが釣れないという時は、水深を思い切って変えると良い方向に繋がることも多いですからね!

誘いと食わせ(待つ)時間を工夫する

朝夕の高活性の時間帯であれば、ズルズルと仕掛けを引き続けてもキスは結構イージーに釣れたりする。

しかし、活性が下がってくると単調な釣り方だけではキスが食いついて来なくなることも多い。

同じように釣っていてアタリが無くなった時、移動する前には必ず誘い方を変えてみて反応が変わるのか確かめておいた方が良いかな。

ズルズル引くスピードと距離、そして待つ時間。これらを少しずつ変えてみるだけでもキスの反応は変わってきますよ。人によっても釣り方は違いますが、私の場合は日中にキスを狙うのであれば長くても20秒位までしか仕掛けを止めて待つということはしないかな。

基本的にヒトデが釣れてきてしまうようであれば仕掛けを動かすのが遅すぎるサイン。こういった時は待つ時間を短くしてみて、もう少し仕掛けを動かすように意識してみよう。



キスの夜釣り

日中の釣りの印象が強いキス釣りですが、夜間の時間帯でも狙ってみると意外と釣れるもの。暑さの厳しい夏場などは、キスの夜釣りも結構面白いですね(*^^*)

しかし、釣果には結構ムラが出やすくて釣れる場所と釣れない場所の差が大きかったりするので気を付けたいかな。

日没後しばらくしてからを狙う

どういうわけか、今までキス釣りをしてきた感じでは夕暮れからの少しの間はキスのアタリが出なくなる時間帯があるように感じる。

ですので、キスを夜釣りで狙うのであれば最低でも日没後1時間以上は経過してからの方が釣果に繋がりやすいと感じますよ♪

誘いは掛けるがゆっくり、スローに

夜間のキスは餌を求めて泳ぎまわっているというよりは海底~海底から少し上の場所をフワフワと漂うようにしていることが多い様に感じる。

ですので、朝夕のように仕掛けをズルズルと引いてアピールするのは大切ですが、あまりにも早くしてしまうとキスが誘いについて来られなかったりする。

また、仕掛けを引くのをこまめに止めてしっかり食わせの間を作ってあげた方が良いかな。夜間の場合は沖竿にして狙うのも間違ってはいないですが、夜はヒトデもよく釣れたりするので注意したい。

アタリが無ければ積極的に移動する

夜間のキス釣りを楽しむ場合、日中以上に釣れる場所とそうでない場所の差が出やすい傾向があると感じます。

また、釣れた場所でもある程度のキスを釣り上げてしまうと、途端にアタリが遠のくことも多い。おそらく夜間はキスがあまり移動していないことが原因であると思われますが、そうなるとアタリが無い場所で釣りをしていても時間の無駄になる可能性も高いということ!

夜間こそ釣れない時は少しでもいいので釣り座を移動したりする方が良い。

ハズレが少ないのは港湾や内海

キスの夜釣りをする場合、特に砂浜で狙うとなると一発大物の傾向が強くてアタリが無い時はとことんアタリが無いという状況になりやすい。逆に港湾部や少しワンド状になったような内向きの波の静かな場所などは夜釣りでも比較的キスのアタリが出やすいように思う。キスは夜間には積極的に移動したがらないのか、あまり潮の流れが早かったり波の高い場所は好まない傾向がみられるかな。

ですのでキスの夜釣りに挑戦してみるという方は、まずは波の静かな内海や港の周辺でチャレンジしてみて、それから大物狙いの外洋向きのポイントなどでやってみるのがおすすめかな!

★今回はキス釣りの時間帯ごとの特徴と釣り方について、基本的な部分を解説させていただきました。他にもまるなか大衆鮮魚では、キス釣りに関するコンテンツを多数用意してあります。

時間のある時にでも「キス釣り」のページを見ていただくと、なにか参考になることが見つかるかもしれません。他にも様々なジャンルの釣りを紹介してありますからね!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です