ショアジギング メタルジグ用おすすめフックと特徴を詳細解説!

さて、今回は青物を中心としたショアジギングの際に使用するフックにについてです。

メタルジグに合わせるアシストフックとトリプルフック。

どのようなフックが良いのかという問い合わせがありましたので、私が今まで使ってきた中で使いやすかったものを少し詳しく紹介していきたいと思いますね(*^^*)

フックの選び方ですが、お店に行ってみると実に色んなメーカーから色々な形のフックが発売されていて、初めのうちはどれを選んだら良いのかわからないのが当然です。

私自身もはじめは探り探り色んなものを使ってみて、失敗したりもしました・・・。

フックの形やコーティングが違えば当然特徴も変わってきますから、快適に釣りを行うにはそれぞれの使い方にあったフックを選ぶことはとても重要です。

皆さんがフックにどんなことを求めていて何を一番重要視するのか?

これによってベストなフックというものは変わってきますから、どれが一番良いということはありません。

そうはいっても、使いやすくておすすめなフックというものはありますので、それぞれのフックがどのような特徴を持っていて

どんな状況で使うと良いのか?

これを解説しながらいくつかのアイテムを紹介します。

どれも違った特徴を持っていて使い分けができるフックになってしますので

皆さんが釣りに行くシチュエーションや狙う魚のサイズ、ラインの太さやロッドの強さといったタックルバランスに合わせて選んでみて頂ければ幸いです。

 



ショアジギングのメタルジグ用フック おすすめアイテムと特徴を詳しく解説!

さて、今回紹介させていただくのは完成品のアシストフック・アシストフック用のシングルフックが3種類と、リアに取り付けるトリプルフックを3種類。

それぞれ特徴を持ったフックが3アイテムとなりますから、ちょうど選びやすいかと思います。

それでは前書きはこれくらいにしておいて、早速おすすめフックを紹介していきましょう。

ショアジギングにおすすめなアシストフック

①シャウト TCスパーク

軽量で細軸、更に刺さりが抜群になるフッ素コーティングがされているフックになります。

若干針先は内向きになっていますが角度は浅く、

とにかくフッキングを重視した形状のフックです。

フックサイズは#2~#5/0までラインナップされているので、ライトショアジギングからオフショアのバーチカルジギングまで広く対応できます。

私も船のジギングをする際でも、掛かりを重視する際はこのフックを使いますよ(*^^*)

こちらのTCスパークはバラ針ですから、自作でアシストフックを作る方におすすめですね。

完成品を使いたいという方には、TCスパークを使用して作られているこちらの段差のアシストフックがおすすめかな。

tcスパークの特徴:とにかく掛かるフッキング性能

このフックを使用する状況としては、とにかくフッキングを重視して小さなアタリでもバシバシ掛けていきたいときに使用します。

もともと刺さりが抜群なスパークというフックが以前から発売されてはいたのですが、その後フッ素コーティングをまとったこのTCスパークが発売されました。

軽量で魚がメタルジグにバイトして来た時に吸い込まれやすいので、とにかく良く掛かるのが特徴でミスバイトの少ないフックですね!

ジグに魚がじゃれついては来るが、フッキングが悪い時などに使ってみると良いかな。

一方で弱点としては細軸ゆえの耐久性ですね。

しっかり貫通してさえいればワラサ位であれば全く問題ない強度を誇りますが、貫通しきれていない状態で無理な力が掛かると変形しやすいですね。

また、フッ素コーティングは他のコーティングと比較すると明らかに刺さりは良いのですが

砂利や石、魚の口などにスレた際に剥がれるのも速い気がします。

ですので、駆け上がりのきついサーフやゴロタ石のサーフなどで使用した際、ボトムを引いたりしすぎるとコーティングが剥がれて刺さりが悪くなりやすいですね。

また、コーティングが剥がれるとフック素材がむき出しになってしまいますから、当然錆びやすくもなるので注意が必要です。

②カルティバ ジガーライトホールド

続いてショアジギングの際におすすめなフックが、こちらのジガーライトホールド。

このフックは比較的どこの釣具店でも販売されていることが多く、入手しやすいのもありがたい。

このフックの特徴は少し角ばった独特なフトコロ形状でしょう。

フックサイズは#1/0~#5/0まで発売されていますが

似たようなアイテムにジガーライト早掛というものもあるので注意。

両方使ってみたことはあるのですが、早掛の方は掛けてから若干バラしやすいような気がします。

ホールドは赤のパッケージ、早掛は水色のパッケージになるから間違えないように要注意ですよ!

こちらは自作に使うためのバラ針。完成品は段差仕様のこちらが発売されていますね。

ジガーライトホールドの特徴:掛けてからのバラシ難さ

このジガーライトホールドですが

この特徴的な形状のフックのおかげからか、掛けてからバラすということが非常に起きにくいんですね。

PEラインを使っていると、やり取りをする際に魚の口が切れてしまったり、波の影響を受けてテンションが抜けてしまったりしやすくなります。

そういった際にもこのフックを使うとどういうわけかバラし難い。

この独特な形状ですが、後に紹介するおすすめなトリプルフックのSTX-45ZNにも採用されていてこちらも非常に使いやすい。

このフックの形状がきっとバラし難さに繋がっているんだと思いますが、詳しいメカニズムは不明です(笑)

もちろん、フッキング性能も悪いということはないので非常にバランスの取れたフックだと感じますね!

タフワイヤーという細くて強靭な素材を使っているので

実際に他の同じくらいの軸のフックと使い比べてみても、強くて変形し難いのもポイントですね(*^^*)

このフックも、船からのスロージギングなどにも良く使用するお気に入りのフックですね!

ショアからのキャスティングゲームから、バーチカルのジギングまで広く対応できます。

結構バランスが良くて、これといった欠点は私個人としてはないかな!

③ヴァンフック JIGEN JH-10

最後に紹介するのは少しマイナーになりますが、このフック。

ヴァンフックから発売されているJH-10ですが

私の住む静岡のサーフは急深な地形な場所が多くてフックの消耗が激しいのでコレを多用しますね。

これまでに紹介した2つのフックと比べると、若干針先の向きが内向きに向いているのがわかるでしょうかね?

このフック形状と素材が、一見すると普通のフックに見えるこのジゲンJH-10の最大の特徴です!

フックサイズは#3~#3/0までが発売されているので、30g程の軽いメタルジグ用にアシストフックを作れるのもポイント!

バラの針こちらはこちら

完成品も発売されています

ジゲンJH-10の特徴:優れた針先強度と耐久性

このフックの特徴ですが、何と言っても強度が強い素材!

このフックを使ってみるとわかるんですが

針先の強度が非常に優れているので良く刺さる状態がとても長持ちします。

サーフで釣りをしていると、気づかないうちにフックポイントが鈍ってしまっていたりすることってありますよね?

その状態で小さなショートバイトがあったりすると、どうしてもフッキングできないアタリも増えてきてしまいます。

サーフは駆けあがりや舞い上がる砂や小石、場所によってはテトラポッドなどによって針先は常にダメージを受け続けています。

そういった中でも鋭い針先が長く続くことは大きなアドバンテージになります。

また、このフックは針先の強度もそうですが、フック自体の強さもかなり優れています。

小型の番手でも大型の青物と余裕でやり取りできますし

しっかり貫通してしまえば、そう簡単には魚の引きでフックが伸ばされるということはないと思います。

フッキング率も決して低いということはなくとても耐久性に優れているので

私はヒラメやマゴチなどをメタルジグを使って狙う際にもこのフックは非常にお気に入りですね!

普段私がメタルジグを使用する際に好んで使用しているフックはこんな感じかな?

続きまして、リアフックに取り付けるトリプルフックを紹介していきます(*^^*)

④ジゲン デコアシスト

耐久性抜群のフックを採用したアシストフックですが、こちらはティンセルと魚皮が取り付けられていて、サバやソウダガツオなどを狙ったりする時などに効果的です。また、ベイトフィッシュのサイズが小さい時にも効果を発揮することが有る。

そして段差のダブルフック仕様で魚皮のみが取り付けられたタイプがコレになる。

ジゲン デコアシストの特徴:ティンセルや魚皮で食わせる!

ティンセルや魚皮が付いているアシストフックは他にもあるが、フックが弱かったりサビやすいものが多い。

このフックは錆びにくくて耐久性のあるフックを使用していて安心して青物とのやり取りを行うことができる。

こういったアピール素材の効果は、コマセ餌に着くような小型のベイトを青物が捕食している時やサバやアジ、ソウダガツオなどの魚種に効果的だったりする。

メタルジグではシルエットが大きくて食わないような時、ジグのアピール力で魚を寄せ、フックで食わせるようなイメージで使うと良いかな!

ナブラが出ていて食わないというような時にも、フックのアピールを1工夫すると良いという時もあるぞ!

ショアジギングにおすすめなトリプルフック

激しくメタルジグを操作する方や、センターバランスのジグを使用する方等はリアフックを使うと

ショックリーダーとリアのトリプルフックが絡みやすくなる場合もあるので、場合によっては取り外すことも重要です。

しかし、少しでもフッキング率をあげたい時などはトリプルフックを取り付けたい事もありますよね。

それでは、フロント用のシングルフックに引き続いてリア用のトリプルフックを紹介していきましょう(*^^*)

①カルティバ ST-41

パッケージに入ったものが無かったので、ストッカーの画像でごめんなさいです(-_-;)

一般的にメジャーなのは同社のST-46なんですが、私のおすすめは41になりますからね!

ST-46との違いは、その針先の形状になります。

このST-41は若干針先がネムっていて、内側を向いているんですね。これがショアジギングなどに実はよさげなんですよ!

ST-41の特徴:バラし難さと針先の耐久性

このフックの特徴である内向きの針先ですが

針先が内側に向くことによって、サーフなどでショアジギングをする際に針先が砂によるダメージを受けにくく長持ちします。

これは先ほど紹介したシングルフックの時と共通しています。

また、針が内側になることで掛かり自体は若干遅くなるのかもしれませんが、その分刺さってしまえばバラシ難いのが特徴ですね。

シーバスなどにも良く使われるこのフックですが、

人によってはST-46を使うとバラシが多発するからシーバスプラグに使うフックは全てこのST-41に取り換えて使うという方もいますね。

定番のストレートポイントのST-46の陰に隠れがちですが、このフックはとてもバランスが良くて使いやすいと思いますよ!

欠点としては、大型のブリなどを狙う際は少しパワー不足になります。ですのでライトショアジギングなどにこのフックはおすすめです。

②カルティバ STX-45ZN

まだ発売されて比較的新しいフックになります。

このフックの特徴は、錆びに強い亜鉛加工とフックのフトコロ形状

ジガーライトホールドに似た角ばった形状をしていて、この特徴的なフック形状がバラシを減らす効果があるらしい。

実際にヒラメ釣りの際にこのフックを取り付けて色々使ってみていますが、ここまでの所目立つバラシは無いのであながち間違ってはいないようです。

STX-45ZNの特徴:強い防錆性と高耐久性

このフックは同社のST-41よりも耐久性に優れているタフワイヤーを使用している為か、明らかにフックは硬く・強くできています。

ですのでストレートな針先でありながらも砂などの擦れには比較的強くて針先の持ちも良い。

バラし難さにおいても独特な形状がサポートするためか優れていて、とてもバランスの良いフックだと思いますね!

新しいZNコートも一般的なスズのコーティングよりも防錆性が優れていてなかなか錆が出てこないのも魅力です。

錆びにくいことで知られているがまかつのハイパーシールドは

メタルジグに使うと黒く変色してフックがもろくなりますが、これはそういったことは見られません。

そもそもハイパーシールドよりも錆びにくいような印象がありますしね!

とはいっても欠点はあります。

それはフックが真っ黒になることですね。

表面の亜鉛が酸化してフック素材を守るため、どうしてもフックが黒く変色します。

この状態になると少しコーティングが剥がれやすくなるので、海底や魚の口などに擦れる針先などはコーティングの剥がれが進みやすい。

それでもすぐに錆び始めることはないので少し不思議なフックです。

若干価格が高いのがネックですが、その分性能も優れているのでおすすめですね!

ワラサ位でしたら十分に対応できる強度も備えています(*^^*)

③カルティバ STX-58

ラストは少し強度が強い太軸のトリプルフックです。

STX-58ですが、既に紹介した2つのフックよりも太軸で強度を重視したものになります。

一見するとシンプルなストレートポイントのフックなんですが、PEライン用に設計されていて強度も優れていますしバラシも少ない。

このフックは磯のシーバスゲームや青物釣りなどにも良く使用されるフックですが、私の場合は障害物周りのヒラメやマゴチ、港湾のシーバスゲームにも普通に使用します。

STX-58の特徴:強い強度と錆びにくさ

このフックを使用する際はある程度強度を必要とする場面が多いですね!

5番のパワーですが極端に太くてフッキング率が落ちるわけでもないので、結構オールラウンドに使えて使いやすいフックです。

ですのでワラサ以上を狙う時であったり、障害物や駆け上がりがきついポイントなどである程度の強引さが必要とされる際におすすめですね。

とはいっても、かなりガチンコなタックルで釣りをする際はより強度のある6番のフックやシングルフックに交換した方が良いですね。

また、このフックの防錆性はかなり優れていて

これもがまかつのハイパーシールドよりも錆びにくいような気がしています。

メーカーではあまり錆びにくさを押し出してはいませんが、実際に使ってみるとなかなか錆が発生しないので長持ちします。

欠点としては価格が高い事。

優れたフックではあるのですが、定価で1050円以上するのでホイホイ交換するのには勇気がいる(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はショアジギングにおすすめなメタルジグに使用するおすすめアシストフックとトリプルフックの紹介をさせていただきました。

どのフックも比較的特徴がわかりやすく、使うシチュエーションによって使い分けができるものを紹介してあります。

フック選びは軽視する方もいますが実は結構重要で、釣果に直結するアイテムでもあります。

皆さんにピッタリなフック選びの参考になれば幸いです。

それでは、良い釣りを!

 

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です