ティクト メバスタ! 使い方・実釣インプレッション

今回はメバリングやアジングで活躍中のジグヘッド、ティクト メバスタ!のインプレッションをしていきたいと思います。

もともとはカマス用に導入してみたこのジグヘッドなのですが、

噛みつき系のバイトで歯が鋭いカマスを狙う際にはラインブレイクが非常に少なくなって大活躍でした(*^^*)

飲み込まれる確率が通常のストレート形状のジグヘッドと比較して非常に少なく、こんな風に上あごに掛かる確率が大幅にアップしたんですね。

こういう形でフックアップすればまずラインが歯に当たることはなく、ラインブレイクしません。

そしてこのジグヘッドをメバリングやアジングに使ってみた所、またちょっと違った点も見えてきました。

今回はこのジグヘッドの特徴と使い方を少し詳しく解説していきますので、メバルやアジを狙う際に使えそうだという方は試してみても良いかもしれないですね(*^^*)

アジング ジグヘッドの選び方の基本を徹底解説!

2018.02.10



ティクト メバスタ! 使い方・インプレッション!

さてさて、まずはこのジグヘッドの特徴を私なりに説明していきたいと思います。

メバスタ!の特徴

①特徴的なヘッド形状

このジグヘッドの最大の特徴ですが、何と言ってもヘッドの独特な形ですね。

ヘッドの上部が潮を受けるような直線的な形状をしています。

これによって浮き上がりの防止とロッドアクションを加えた時にダートするようにアクションします。

また、直進性にも優れていてただ巻きで使用した際は無駄に動かないので、余計に魚をスレさせたりプレッシャーを与えることが少ないように感じます。

②若干オープン気味のフックポイント

大きく開いているわけではないですが、針先の方向が若干外向きに向いている独特なフック形状をしています。

これによって魚がワームを食った際にフッキングを入れると、口の中を滑ることなくスパッと深く貫通する特徴があります。

つまり、アワセを入れた瞬間にすぐ掛かるというわけですね。

良く言われる、掛かりのはやいフックという感じかな。

なお、針先が逆に内側に向いているネムリ系の針の場合

合わせを入れた際に魚の口の奥の方に針先があると、少し口の中を滑ってきて口先に掛かりやすい傾向があります。

③ロングシャンクで強度のあるフック

同じくティクトから発売されているジグヘッドにアジスタ!というものがあります。

上がメバスタ!で、下がアジスタ!になります。

どちらも2gのジグヘッドですが、メバスタの方がフックが長くて軸も太くて強度のある仕様になっています。

実際に20cm後半のメバルを数釣ったり、40cm以上のカマスなどを釣ったりしましたが針が変形するということはなくて強度は十分あります。

また、一見細身のアジスタのフックも見た目以上に強度は合って、尺アジをある程度強引に寄せたりしても大丈夫ですよ(*^^*)

使ってみての特徴はこんなところでしょうかね。

あと、アイが大きめに設定されているのでナイトゲームなどの視界が悪い時でもジグヘッドを結んだりスナップにつけるのが簡単です。

これもちょっとしたことですがプラスポイントです♪

メバスタ!を使うシチュエーション

続いて、このティクト メバスタ!の私なりの使い方と良く出番の来るシチュエーションについてですね。

①深いレンジや一定層を引きたいとき

このジグヘッドの特徴的なヘッド形状ですが、実際に同じ重さの他のジグヘッドと比べると明らかに浮き上がりが小さいですね。

これは違いを体感できるレベルでして、今まで同じ重さのジグヘッドを使って底ギリギリを通していた場合、このメバスタに変えて同じスピードで引いてくると根掛かりが多発しました(笑)

大型のメバルやアジを狙う際は水深の深い場所を狙ったりすることは非常に多いですし、風が強くてジグヘッドが浮き上がりやすい条件下でもこのジグヘッドはとても使いやすいと感じますね(*^^*)

メバルにももちろん使えますが、アジングにもバッチリ活躍していますよ!

 

②ただ巻きメインの横の釣りをする時

このジグヘッドは縦にリフトフォールしたりして使うのはあまり得意ではありません。

ロッドアクションを与えてジグヘッドを持ち上げようとすると、左右にダートしようとしてしまうからですね。

ですので縦の釣りで使う場合はアジスタ!を使って釣りをしてみると使い分けがしやすいと思います。

私の場合はワームをダートさせて使うことはそこまで多くしませんから、このジグヘッドを使う場合はただ巻きで一定層を探ったり、テンションを掛けてカーブフォールさせたり巻き落としで使うことが多いです。

メバスタ!の使いにくい点

①手返しの悪さ

噛みつき系のバイトをしてくるカマス釣りに使った場合は口の良い位置に高い確率でフッキングさせることが容易にできるようになりました。

しかし、メバルやアジといったカマスよりも吸い込むようなバイトをしてくる魚を狙った時はどうなるのか?

例えばアジングに使った場合、ストレートポイントの通常のジグヘッドを使った時よりも掛かりが早くなるので深くフッキングすることが増えてきます。

これは極端な場合ですが、今までよりも深くフックが刺さることが増えてくるので針を外すのが少し大変になりましたね(-_-;)

特に吸い込みの良いワームとセットで使うとかなり口の奥まで一瞬で飲み込まれます(笑)

また、若干のオープンゲイプフックですから、飲み込まれていなくても若干針を外すのが大変です。

この点は掛かりの早さと引き換えなのかもしれませんが・・・。

おかげで指でフックを外せる機会が減り、針外しを使うことが多くなりました。

メバスタのフックサイズ・重さは?

このメバスタには2種類のフックサイズが用意されています。

MサイズとLサイズの2種類がラインナップされていますが、私が使うのは今の所Mサイズのみです。

Lサイズは結構フックサイズが大きいので、メバリングやアジングで使用されることの多い2インチ前後のワームを使用する場合はMサイズがあれば十分だと思います。

レインズアジアダー、ジャッカルアミアミ2.3インチをMサイズのメバスタにセットするとこんな感じです。

大きすぎず小さすぎずでちょうどフックサイズも良いと思います(*^^*)

また、ジグヘッドの重さですが、

私の場合はプレッシャーの掛かっていない深い場所や沈み根周辺のメバルを狙うことが多いので

港湾部で使用する場合のウエイトの基準は2gがベース。

少し深い所や風が強い時には2.5gを使います。3gはオカッパリの場合は少しレンジが入りすぎることがあるので私個人としては使わないかな。

私の場合は重いジグヘッドが好きなのでこんな使い方になりますが、一般的な港湾部での常夜灯周辺のメバリング等に使うなら1g~2gがあれば大抵何とかなると思います。

なので、Mサイズの1g~2g位を重さを変えて用意しておけばとりあえず幅広い状況下で使えるはずです。

特にメバリングをしていて、このジグヘッドを使ってしまうとレンジが入りすぎてしまってボトムに当たりやすくなったり、魚のいる層と合っていないと感じる時は

JAZZの尺ヘッドタイプRに変えて釣りをすることが多いです。

このジグヘッドの方が引けるレンジが若干浅いので、ジグヘッドの重さは同じでもルアーを泳層を若干コントロールすることができます。

またフック形状がシンプルなストレートポイントなので、掛かりは遅くなりますが飲み込まれることが減り、手返しは良くなります。

フックの強さはこれも十分あり、漁師パックで購入するとかなり安いのでお気に入りのアイテムですね(*^^*)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は私がメバリングやアジングに使用しているティクトメバスタ!のインプレッションをさせていただきました。

このジグヘッドはオールラウンドに使えるオーソドックスなジグヘッドというよりは、多少癖のある特徴的なジグヘッドといった感じです。

ですので場合によっては使い分けが重要になることもあると思います。

その分シチュエーションハマるとかなり効果を発揮するアイテムですから、使えるシチュエーションではかなりの武器になるはずですよ!

簡単にまとめてみると

浮き上がりが少なくて、ダートに対応している、掛かりのはやい強度のあるジグヘッドという感じです。

若干魚が沈んでいるような時にはとても強いのでおすすめで、レンジキープが苦手という方にも使ってもらいたいですね!

ティクト アジスタ 徹底インプレッション!

2017.12.05

アジング ジグヘッドの選び方の基本を徹底解説!

2018.02.10

★まるなか大衆鮮魚では、他にもメバリングに関するタックルセレクトや釣り方、釣行記などの多数のコンテンツを用意してあります。時間のある時にでも「メバリング」のページに目を通してみると、何か役立つ情報が見つかるかもしれません。

メバリング入門に最適な、メバルの釣り方や道具選びの基本については「メバリング入門 釣り方、タックル選びの基本!」をご覧ください。

今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です