夜釣りにおすすめ充電式ヘッドライト! ZX-R350インプレ

今回は、夜釣りに必須となるヘッドライトについてです。

先日使用していたヘッドライトの電池ケースが割れてしまい、まさかの故障・・・・。

そこで、新しくUSB充電ができるヘッドライトを購入しました!

釣り用のヘッドライトの超定番ゼクサスブランドのZX-R350を購入しました。

このヘッドライトは決して安いものではないですが、安価なヘッドライトは正直危険を伴うので使用しない方が良いです。

釣具店やネットショップを見てみると、海外製のLEDを使用した1000円を切るアイテムも発売されています。

わたくしまるなかも、夜釣りを始めたころはそのようなアイテムを購入して使っていました。

しかし、使うのが怖くなったので使用中止。

その後はお金が無くてもそれなりの価格のするメーカー品を購入して使うようになりました。

まずはメーカー品と、安価な海外製のライトの違いから解説していきましょう!



安価なライトとメーカー品の違い

耐久性の違い

まず、安価な製品とメーカー品の違いは耐久性の違いがあります。

当然、メーカー品のヘッドライトの方が配線や球の質、防水性能などはかなり上になります。

特に、海で夜釣りをするのに使用を考えている方は要注意です!

安価な海外製のものは新品の状態であっても、少し使っただけで接触不良を起こしたりする可能性が高く、実際私が購入したアイテムも1度目に買ったものは点灯してしばらくすると消えてしまうようなものでした・・・(笑)

また、防水性と聞くと雨が降った時に壊れるか壊れないかの違いだと考えがちですが、これが実際は大きな差になります。

海で使用する場合、潮風にさらされることになります。

防水性能の低いヘッドライトを使用した場合、潮風によって内部がどんどん腐食していき、高い確率で故障に繋がります。

ですから防水性能が低いライトを使用していると、

雨に打たれたりすることが無くても故障の可能性がかなり高い。

海辺にいて潮風を避けることは実質不可能ですからね。

私の購入した1000円程のライトも最後は内部が腐食したらしく、煙が出てきてご臨終となりました(-_-;)

防水性能のしっかりとしたアイテムであれば、今までそのような壊れ方はしていないのでこのあたりは信頼性が違いますね。

夜釣りをする際、ヘッドライトの灯りというものは本当に重要です。

ヘッドライトが無ければ餌を付けることだって、釣れた魚の針を外すことも、絡まった仕掛けをほどくこともかなりの重労働になります(-_-;)

安全に釣り場まで移動することだってできなくなるかもしれないですから。

いざとなった時に故障してしまったのでは安全に釣りを楽しむことができなくなる場合もありますから、多少高価であっても信頼できるメーカーのものを購入し、長く大切に使う方が良いですね!

次のページでは、私が以前使用していたライトとの比較インプレッションです!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です