サーフヒラメ リールの選び方を徹底解説!

前回の記事ではヒラメ釣りにおけるロッド選びについて、少し詳しく解説をしました。

そして今回はロッドの選び方に引き続き

リールの選び方について、チェックポイントと基本の選び方を解説していくぞ!

価格によってどこがどのように違うのか?リールの番手や大きさによる特徴、巻き取りの早さによるメリットやデメリットなどを順番に解説していく。

ヒラメ釣りに必要なスペックを備えたものを選び、失敗の無い道具セレクトの役に立てていただけたら嬉しいかな!

ヒラメ釣りにおいてリール選びの基準などについて悩んでいる方は、参考にしていただけたらうれしい。



ヒラメ釣りにおけるリールの選び方のキホン!

それでは、早速リールの選び方について解説をスタートしていこう!

これがスピニングリールと呼ばれるリール。

まず前提として、今回はルアーを使用したヒラメ釣りでは最もよく使用されるスピニングリールについて解説をしていく。

ブラックバス釣りや船からの釣りで使用されるリールに、両軸リール・ベイトリールと呼ばれるものがある。

両軸リールっていうのはこんな形のやつ。これはまたちょっと特性が違い、ヒラメ釣りではあまり使われないので今回は省略。

最近ではベイトリールを使ってヒラメ釣りを楽しむ方もいるにはいるが、使いやすさを考えたらスピニングリールがベーシックなセレクトになるぞ。

ヒラメ釣りに使う、リール選びについて。まずは選ぶ際のチェックポイントをまとめておく。

リール選びのチェックポイント!
  • リールの形状:スピニングリールが一般的
  • 大きさ・番手:シマノ製で4000番。ダイワ製はLTシリーズで4000番、以前のものでは3000番が基準
  • ギア比:巻き取りが早いハイギアタイプが主流
  • 価格:ヒラメ釣りではリールに負荷が掛かる。販売価格で1万円中盤位のものからがベター

ヒラメ釣り用のリールの大きさ・番手の選び方

まずはヒラメのルアー釣りで使用するリールの大きさの選び方について、少し詳しく解説をしていくぞ。

これについては使用するロッドの長さやラインの太さなどによって変わっては来るものの、大体定番の大きさというものが決まっているからね!

メーカー側もヒラメ釣りには大体○○番といった形で合わせて作っているから、ここはそんなに難しくない。

サーフのヒラメ釣りで使うリールの大きさ・番手の基準

結論から初めに書いてしまうと、サーフでヒラメを釣る場合には

シマノなら4000番。ダイワならLTシリーズで4000番、ダイワの旧モデルでは3000番がベーシックになるぞ。

港湾でヒラメを狙う場合は、飛距離が必要となるサーフよりもワンランク軽いルアーを使用することが多い。だからリールもワンサイズ小さいシマノ3000番、ダイワなら2500番を使用することもあるかな。

万が一、リールの大きさ選びで迷った時は大きい番手で合わせておこう。釣り具は大は小を兼ねる部分が有り、小さいリールだとパワー不足になって使い難い時が有るからだ。

そうすればまず失敗することはないからね!

番手が違うと何が変わるのか?

目安の番手が決まっていると言われても、どうしてそうなるのか?

一度仕組みを覚えてしまえば他の釣りをする際にも使える知識だから、今回はリールの大きさによる違いを少し詳しく解説しておくぞ。

ボディサイズが変わればギアの大きさも変わり、巻き上げ力が変わる

当然と言えば当然だが

大きな番手になると、使用されているギアなどの部品が大きくなるという特徴がある。

そうなると、負荷を掛けた時にボディ自体の強度が増すことになる。また、ボディの変形なども抑えられるので力強く巻き上げることが可能になるのだ!

番手の違うリールで同じルアーを巻いてみるとわかりますが、

抵抗の大きなルアーを引いた場合、リールの番手の違いで引きやすさにかなりの違いが出てくるからね。

ヒラメ釣りの場合、重量のあるメタルジグやバイブレーション、ジグヘッド+ワームなど、ある程度引き抵抗のあるルアーを使用する場合が多いですよね。

また、ヒラメも水の抵抗を非常に受ける形をしている。ある程度の大きさのあるヒラメが波のあるサーフでヒットすると、予想外に巻き取りに力が必要だからね!

ある程度パワーの有るリールの方が、ヒラメやマゴチ釣りでは使いやすいと思うぞ。

スプールの径が変わる

番手の大きいものほど、ボディーサイズとともにスプールの直径が大きくなっていく。

これが何を意味するのか?

簡単に言えば、キャスト後半のルアーの伸びが変化するのだ!

この画像はシマノ4000番のスプールと3000番のスプール。左が4000番になり、1周り直径が大きいのが分かるかな?

比べてみるとわずかな差ではあるが、実際に使用してみるとルアーの飛び方に思った以上の差が出ることも多いぞ。

基本的に、糸がいっぱいに巻かれた状態では抵抗なくルアーが飛ぶ。

しかし、飛距離が出るルアーを使用した場合、ある程度ラインが引き出されると、スプールの外周の径が小さくなっていくことになるね。

すると、スプールエッジと言って、スプールの角の部分に接触するラインの抵抗が大きくなるんですね。

試しにラインを極限まで減らしてみればわかりやすいと思う。強い抵抗で、まともにルアーが飛ばないんじゃないかな?

ですので、ある程度スプールの大きい番手を適切に使用することにより、ルアーの飛距離を十分に引き出すことが可能になるというわけだ。

軽の大きいスプールの方がスプール1周分に巻き取れるラインの量が増えるからね。

そうなれば、同じ量だけ糸を引き出した時の直径の変化が小さくなり、キャスト後半でも失速しにくくなる。

ドラグ力が変わる

これはアイテムによって多少の差がありますが、基本的に大きなリール程ドラグ力が強く設定されている。

私の使用しているステラを例に挙げると、14ステラ3000HGMでは最大ドラグ力9kg、4000XGでは11kgとなっている。

これくらいの値があれば、ヒラメ釣りではどちらも使用することができるから問題は無し!

時々ブラックバス用の小型のリールでヒラメ釣りを行っている方等も見かけることがありますが、あまりお勧めしない。

以前大型のブラックバスを専門に狙っていた時があったのだが、初めの頃は2500番という一般的な細い糸を使用するブラックバス用のリールを使用していた。

はじめは問題なく使用できたのですが、何度も使用しているうちにドラグが全く効かなくなり故障する事態に(-_-;)

分解してみると、ドラグ内部のフエルトワッシャーと言われるパーツが強い負荷で薄く紙のように変形し、ダメになっていました。

小さいリールでこのように無茶をすると、パーツが強い負荷で駄目になってしまうから気を付けよう!

また、せっかく魚のアタリが有った際にドラグが締まらなくてバラしてしまったり、逆にドラグが出ずに大物をバラしたり。

こういった可能性も考えられますから、適切な番手のリールを選ぶことは非常に大切です!



ヒラメ釣りにおけるおすすめのギア比

さて、これでおすすめの番手までの紹介が終わりました。続いては糸の巻きとり速さ、ギア比について。

ギア比が高いリールは、ハンドルを一回転させた際の糸の巻き取り量が多い特徴がある。ギア比が低いローギアのリールはその逆だ。

ハイギアのリールを基準に選ぼう!

私が使用してきた経験上、

シマノ製であれ、ダイワ製であれHまたはXHのハイギアと呼ばれるものが使いやすくてベーシックと考えて良い。

以前はギア比の高いハイギアリールはラインナップされていなかった歴史がある。

なぜかといえば、ギア比が高くなると巻きが重くなるからだ。これは自転車のギアと同じで、良く進むギアはその分漕ぐのが重くて大変だよね(-_-;)

しかし、近年は技術が進化したので高いギア比のリールでもそこまで気にすることなく、快適に使用できるようになって来たってわけだ。

ヒラメ釣りをする際、場合によっては風が強かったり波が高かったり。また、潮が速い時などもあると思う。

このような状況では巻き取りの早いリールを使った方が糸のたるみ、糸フケを素早く処理することができるので有利になる。

糸フケが出てしまうと

ヒラメのアタリが取れなくなったり、ルアーを狙い通りにアクションさせることが出来なくなるから要注意。

また、魚がテトラポッドなどの障害物に向かって走っていった際も、巻き取りの早いリールを使って引き寄せた方が魚をコントロールしやすいというメリットがある。

また、ヒラメ釣りはロッドの動かし方と同時に、リールのハンドルの巻き方でルアーにアクションを与えることも多い。

こういった際に巻き取り速度の遅いローギアのリールを使用すると、リールの巻き方だけではルアーにアクションが伝わらないことも良くある。

こういったことも考慮していくと、ギア比の高いリールの方がヒラメ釣りには向いていると考えることができるね!

私の場合、実際にヒラメやマゴチ狙いで使用するのはハイギアのリールばかりだからね!

巻き取りの重さはハンドル選びで克服!

逆にハイギアのリールを使用すると、いくら技術が進化したとはいえ多少の巻き出しの重さなどが気になる時があります。

こういった時はハンドルノブの形や、ハンドルの長さそのものを変えると非常に効果があるから覚えておくと良い。

私の場合、港の中で比較的引き抵抗の少ないルアーを使用する際。このような時は、一般的なI字型のハンドルノブを使用する。

一方、サーフなどで40g程のメタルジグなどを使用する際などは、より力の入りやすくなるラウンド型のEVAノブに交換して使っているぞ。

このノブに変えてあげれば、握り込みがとても容易になる。だからかなり効果は大きく、とても快適に釣りができるようになるからおすすめだ。

ダイワの場合は、

これが丁度使いやすいかな。今まで使っていなかった方は、一度使用してみるとその快適性が分かると思うぞ。

かなり楽に巻き上げができますから、釣りが楽になるからね♪

価格によるリールの違い

釣具店に行ってみると、2~3000円程のものから高価な物では7~8万円程するアイテムまで。非常に多くのリールがラインナップされていると思う。

ここからは価格によって何が違うのか?

初めに簡単にまとめてみると、こんな感じ。

価格の違いによる差
  • ボディ素材:リールの重量や精度(巻き心地やガタ)に影響する。
  • ギアの素材:使い込んだ時の壊れにくさや、巻き心地に影響する。
  • ベアリングの数:リールの巻き、ドラグのスムーズさに影響する。

ボディ素材が違う

重要なのは、ボディの強度と精度、そして軽さ。

これらは次のような所に影響してくるぞ。

  • ボディの強度→負荷が掛かった時、ボディ強度が低いとスムーズにリールが巻けない。
  • ボディの精度→リールを巻いた時の巻き心地の良さ、ガタの大きさに影響
  • ボディの軽さ→軽量なリール程疲れにくく、快適に釣りができる

安価なものは強化プラスチックなどで作られていることが多く、これらは酷使すると壊れたり、負荷が掛かるとボディーがゆがんでしまってうまく巻き上げができなくなったりする。

実用的に長く使用することを考えると、金属ボディか炭素系樹脂のものがおすすめかな!

サーフや港湾でルアーを使ってヒラメ釣りをしようと思ったら、ある程度頑丈な物を使用する必要が出てきますからね!

続いて、リールに使われる素材の話を少し。

リールに使われる素材の種類
  1. アルミ合金:比較的安価だが強度が有り、腐食に対する強さもまずまず。一般的に広く使われる素材。
  2. マグネシウム合金:アルミよりも軽量だが強度は十分。ただし酸化しやすく腐食に弱い特性がある。
  3. 炭素系樹脂(ザイオン、CI4+等):軽量で硬い素材。全く錆びないので腐食に強い。ただし精度が金属に比べて劣りやすい。

大きく分けると、3つのものに分類できることが多い。

①アルミ合金

若干重量は増えるものの、ボディの強度があって精度にも優れているのがアルミ合金だ。シマノではHAGANEボディと記されたものに、アルミ合金が使われていることが多い。

腐食にも比較的強く、力の掛かる釣りに使用する中型以上のリールにも使用される素材だね!

②マグネシウム合金

炭素系樹脂の普及によって以前よりも使用される機会は減ってきましたが、一部の高額スピニングリールではマグネシウムが使用されている。

最大の特徴は、強度を持ちつつも非常に軽量で精度も高い事!

私の使用しているシマノ製のリールもマグネシウム合金ボディ。

しかし、理科の実験を思い出していただけるとわかりやすいが、マグネシウムは良く燃えて非常に酸化しやすい性質がある。

つまり、腐食しやすいということ!

私の釣行回数が多すぎるということも影響しているのかもしれませんが、

上の画像のようにボディが腐食してきてしまう・・・・。

特に石にぶつけたりしなくても、海で使い続けているとこのような状態に。

使用後は毎回流水で洗ってたんだけどなぁ・・・。

今の技術では完全にマグネシウムを腐食から守ることは無理なのかもしれません。

このあたりはマグネシウム合金の欠点ですね。腐食すると黒くなって粉を噴いたようになるぞ。

③炭素系樹脂

最近になって使用される機会が増えているのがこの炭素系樹脂。

リールメーカー大手のシマノではCI4+、ダイワではザイオンと呼ばれているね!

私はシマノのスピニングリール以外にも、ダイワのザイオン製のリールも所有している。

こちらのリールは炭素系樹脂のザイオンが使用されています。

特徴はなんといっても軽さと硬さ!

レーシングカーなどにも炭素系素材が使用されている通り、非常に軽量で強度がある。

最近は剛性を求めたリールには金属ボディが使用され、軽さを求めたモデルには炭素系素材が使用されていることが多い傾向にある。

一方でそこまで目立つ欠点ではないのですが、金属と比べて加工が難しく、精度を出すのが難しいとメーカーの方から聞いたことがある。

最近は技術の進歩でそこまで目立つことはありませんが

高硬度なボディの特徴と相まって、個体差が出やすく若干巻き心地がざらついたり、異音の出ることが増える傾向があるようだ。

これらの素材がデビューした頃は価格の割に巻き心地の悪いものがあったこともありましたが、最近は目立たなくなってきてはいるかな。

ギアなどの素材が違う

あまりカタログなどには載っていないのですが、価格が高価になるほど

使用されているパーツがより強度のあるものに変わってくるぞ。

耐久性の高いパーツが使われていれば、当然壊れにくくなる。また、買った時の初期の使い心地が長く続くことに繋がる。

安価なものはボディの強度も低く、使用されている部品の耐久性も低い。だからあまり負荷をかけて使うとすぐに壊れやすくなる。

この点、私の使用している耐久性重視のシマノステラはボディこそ腐食しているものの

今まで何千匹という魚を釣ってきても、巻き心地は非常に滑らかな状態をいまだに維持している。

この点は流石といった感じですな♪

ベアリングの数が違う

また、カタログなどのスペック欄に記載があるのですが、高価なリール程内部に使用されているベアリングの数が多くなる。

ベアリングが少ないリールの場合、高額品では金属製のベアリングが取り付けられている場所には樹脂製のブッシュが使用されていることがほとんど。

そうなると、回転抵抗が増えるので巻き心地が重たくなったり、回転のスムーズさが低下するわけだ。

このあたりは工業用のベアリングなどを自分で追加して、使用感を向上させることもできるぞ。

おすすめの価格帯は?

以上のことを考慮に入れると、波しぶきをかぶったりする可能性のあるヒラメ釣りでは

あまり安価なものを購入するとすぐに壊れてしまい、安物買いの銭失いになってしまうこともある。

また、ある程度釣りをやっていくと、どうしてももう少し良い道具がほしくなってしまうもの。

そうなってくると、

最低でも販売価格で1万円程、可能であれば2万円前後のものを購入するのがおすすめかな!

この位の価格帯のものであれば、ある程度うまくなってきてからも問題なく使え、耐久性も兼ね揃えたものが手に入るぞ。

コスパ良し!ダイワフリームスLTシリーズ

1万円台で購入でき、使い勝手は価格以上・・・・。かなり使いやすいリールで、私もこのシリーズのリールを実際に使っているぞ!!

ハンドルノブとラインローラーにはベアリングが追加できるから、ちょっと工夫すると使いやすさが更にパワーアップする。

ヒラメ釣りのリール選びまとめ!

今回はヒラメ釣りにおけるリールの選び方についてまとめてみた。最後に、チェックポイントをまとめておくぞ。

ヒラメ用リールの選び方!
  • リールの大きさ:シマノ、ダイワLTシリーズは4000番が基準。港湾ヒラメなら3000番でもOK。
  • ギア比:巻き取りが早いハイギア(H)、またはエクストラハイギア(XH)がベーシックだ。
  • 価格:ある程度負荷の掛かる釣りなので、出来れば1万円台中盤位から。(例)ダイワフリームスLT等。

今回はヒラメ釣りに使うことを基準にして解説していきましたが、選び方は基本的にどの釣りでも同じ!

対象魚の大きさ、ラインの太さ、使い方などを考えて番手やギア比を選んでいく。あとは予算が許す範囲で良いものを購入した方が、より快適で長く使える道具が手に入るというわけだね。

メーカーに関して、こだわりが無いのであればシマノかダイワを選んでおけばまず間違いありません。どちらも世界で評価されている高性能で信頼できるリールメーカーだからね!

以前はシマノの方が耐久性が有り、ダイワの方が軽め。そんな傾向もあったけど最近は殆ど差が無く、好みによる違いが大きくなってきている。

私自身両方のメーカーのリールを使うが、どちらが良いとは言えない状況になってきている感じ。前はどちらかといえばシマノだったけど。

他にも海外のメーカーが有るけど、こだわりがないなら買わない方が良いと思う(笑)

どう考えても、同じ価格であれば国産のリールの方が優れているからね。

それでは今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です