メタルジグウレタンコーティング 強度と美しさを大幅アップのコツ!

お待たせしました。先日はメタルジグの塗装を剥がし、スプレーやエアブラシを使用しない塗装方法を解説したところまでで更新が滞っておりました。

ようやくドブ漬けによるコーティング作業が完了し、準備が整いましたので今回はメタルジグのウレタンコーティング方法について、より強度と美しさをアップさせるためのコツを交えながら解説していきますね!

メタルジグは市販のものを使う場合、ほとんどが塗装強度が低くて少し使っただけですぐに塗装がボロボロになってしまいます。

正直、塗装が剥がれても魚は問題なく釣れますが、精神的に綺麗なルアーの方が釣りに対するモチベーションも集中力も上がりますよね。

お店に行ってみると、沢山の種類のウレタンコーティング剤が陳列されていますが、実は商品によって全く強度が違うので注意が必要です。ですので、今回は私の今までの経験を踏まえて非常に良かったアイテムを紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

なお、強度を最大限に発揮するため今回は5回のコーティングを行っています。

 

メタルジグの塗装の剥がし方はコチラ

メタルジグの塗装の剥がし方 簡単・厚コーティング対応!

2017.07.24

誰にでも出来る、特殊な道具を使わない塗装方法はコチラ

メタルジグの塗装方法 エアブラシ・スプレー不要で綺麗に作る!

2017.07.25

メタルジグのコーティングに必要な道具を揃えよう

まずは私が普段メタルジグのコーティングをする際に使用している道具を説明します。

圧倒的な強度を誇るオススメウレタン塗料

まずは最も重要となってくるウレタン塗料から。おすすめはずばり、ゼスト 1液ウレタンジグ専用ですね!

他のメーカーからも釣り用のウレタンは販売されていますが、この塗料は圧倒的に硬度が高く、砂などにメタルジグが擦れた時の耐久性が非常に高いです。

以前他のウレタン塗料も試してみたのですが、この商品と比べてしまうと強度が遥かに低く、使っているうちにコーティングが剥がれてしまうことがありました(-_-;)

特に、サーフや磯などメタルジグにとって過酷な環境であったり、ヒラメなどの歯のある魚を狙うとその差が明確に出てきました。

弱いウレタンコーティング剤の場合、重ねてドブ漬けをしたところで強度はそこまで高くはなりませんからね・・・。

ですので、これからメタルジグのコーティングにチャレンジしたいと思っている方は一度こちらのアイテムを使ってみてくださいね!

 

持っていないと後悔する薄め液

メタルジグをウレタンでコーティングする方は多いと思いますが、薄め液を使っていないという方は意外と多いのではないでしょうか?

実はこの薄め液、ウレタンの濃度を薄めるために使うのではなく、硬化を防ぐために使うんですね。

使い方は後程解説しますが、この薄め液を用意しておくだけでせっかく買ったウレタン塗料をより長く使用できる状態を保つことができるようになりますよ!

ですので、今まで使ったことがないという方も一度使ってみることをおすすめします。私ももっと早く気づけばよかったと痛感しております。

 

コーティングしたルアーを乾燥させるボックスと金具があると便利!

段ボールや針金を使って乾燥させるボックスを作成すればよいと思いますが、ちょうどよい大きさがなかなか見つからなかったので100均の新聞入れを加工して自作しました。

針金を加工してジグを吊るす場所を作ればより使いやすくなりますね♪

塗装強度アップの必須アイテム。サンドペーパー

メタルジグのコーティングを行い、乾燥させて次のコーティングに入る前には必ずサンドペーパーでジグの表面を均すとともに塗装のノリを良くするためにサンドペーパーで磨きます。

今回写真を撮り忘れてしまいましたが、耐水ペーパーの#800を使用しました。あまり細かいものだと時間が掛かりますし、粗すぎるとせっかくのコーティングが剥がれてしまい意味が無くなってしまうので注意しましょう。



いざ、ジグのウレタンコーティングに挑戦!

今回は前回色を塗った3つのメタルジグをコーティングしていきます。早速手順の解説をしていきます。

ウレタンドブ漬けの回数は最低4回。強度を強化するなら5回!

私がメタルジグを使用するシチュエーションとしてはサーフが多いです。

私の住む静岡のサーフは砂と小石が混ざったような砂浜になります。

場所によって粒子の大きさに違いがあり、さらさらとした砂のサーフよりもメタルジグにはダメージの蓄積しやすい環境です。

ですので、塗装の弱いメタルジグを使用すると1日投げ倒しただけでボロボロになってしまいますので、色々とコーティング剤の種類を変えてみたり、ドブ漬けの回数を工夫してみたりして強度の出るものを探してきました。

今回紹介する方法でドブ漬けを行った場合、上手にできれば20回、30回と釣行を重ねてもジグの塗装が剥がれることは殆どなくなるほどの強度を発揮します!

素早くウレタンドブ漬けを行う。

まず、ウレタンとジグの温度が等しくなるのを待ってから1回目のドブ漬けを行います。ジグとウレタンの温度が極端に違うと、気泡を抱いてしまったり塗装の表面が白く曇ってしまう原因などになるので注意が必要です。

 

ウレタンは空気中の水分と反応して硬化します。ですので、出来るだけドブ漬けは早く行い、ふたを閉めないと硬化が促進されてすぐに使えなくなってしまいます。

ジグをドブ漬けしたら、乾燥作業に入ります。この時、湿度が極端に高かったりすると白化の原因となります。ですので雨の日などは作業を行わず、晴れた日などに作業するのが失敗しない為のコツになります。

ここで登場!薄め液を使おう。

ウレタンを保存する前に、必ず少量でも良いので薄め液をウレタンに入れましょう。

ウレタンに薄め液を入れると、このようになります。

少しわかりづらくて申し訳ないのですが、ウレタンの表面がモヤモヤとしているのが分かるでしょうか?

これが薄め液です。

混ぜずにこの状態で保管することにより、

ウレタンと瓶の中の空気が触れることを防ぎ、硬化するのをかなり遅らせることができるんですね!

また、少し硬化が進んだくらいでは薄め液を混ぜることで使用可能な状態に調節できるので一石二鳥です。(硬化が進んでいくと薄め液を使っても使用できなくなるので注意!)

ちょっとしたテクニックにはなりますが、せっかく買ったウレタンを長持ちさせる効果はかなりありますよ!

ウレタンは冷暗所で保管。冷蔵庫がオススメ!

ウレタンの硬化は薄め液を使うと共に湿度、温度が低い場所にて保管するとかなり防ぐことができます。

保管状況や使用状況にもよりますが、うまく保管できれば半年ほど経過してからでも使用できることも多いです。冷蔵庫に保管する際は匂いがしますので、必ず袋を2重以上にして空気が漏れないように口をしっかり締めて保管してくださいね!

2回目のドブ漬け作業!

本当は2回目のドブ漬けを行い前の段階でサンドペーパーを掛けても良いのですが、1度のコーティングではまだウレタンの塗装が薄いんですね。私の場合、このコーティングが薄い状態でサンドペーパーを掛けたところすぐにウレタン塗装が剥がれてしまったので2度目のドブ漬け前はサンドペーパーでサンディングを行いません。

1回目と上下を逆にしてドブ漬けしよう

同じ方向で何度もコーティング作業を繰り返すと、どうしても下になる方向のコーティングが厚くなってしまい、ウレタンの塗装の厚さにムラができてしまいます。ですので、一度ドブ漬けしたら、次にドブ漬けするときは向きを逆にして行うようにしましょう!

 

3回目からのコーティング作業は塗装強度を出し、美しさを上げる重要な工程!

からのこれで2回のコーティング作業が終了しました。2回作業を行ったことで多少コーティングに厚みが出てきたのではないでしょうか?

サンドペーパーでならし&足つけをしよう!

3回目以降のドブ漬けに入る前に表面を整え、塗装の強度を上げるためにサンディングを行います。

#800の耐水ペーパーを使って作業します

このように、サンドペーパーを使うとジグの表面に凸凹があることが分かると思います。しかし、まだコーティングは2度しか行ていないのであまりヤスリをかけすぎるとせっかくの色塗りが台無しになってしまいます。ですのであくまでも表面をある程度均一にし、メタルジグの塗装の表面に細かい傷をつけて塗装の強度を出すためだと思って作業しましょう。この段階で塗装やホログラムが剥がれてしまうとやり直しになってしまいテンションが下がります。

私も何度失敗したことか・・・・。

何度かコーティングを繰り返していくうちに自然と表面は綺麗に整ってくるので大丈夫です。それでも気になる場合は、コーティング回数をもっと重ねてからしっかりサンディングしましょう!

ここでめんどくさがってサンドペーパーを使わないと、塗装強度の違いが大きく出るので気を付けましょう。

うまく塗装同士が食いついていない場合、石やテトラポッドなどにメタルジグを軽くぶつけただけでコーティング内部から剥離が起きるので注意しましょう。めんどくさがらずにやすり掛けは行いましょうね。

5回コーティング作業を行えば簡単には剥がれない強度が出る!

今回は私が普段行うように5回のコーティング作業を行いました。そして待ちに待ったオリジナルカラーのメタルジグが完成します!

どのジグも非常に綺麗に仕上がりました。かなり厚く強いコーティングを行っているので、大切に使えば1年は余裕で持ちます!

完成したメタルジグを見ていこう!

今回私が作成した3つのメタルジグを順番に見ていきましょう。まずはシルバー/パープルゼブラから。

 

しっかりとサンディングを行うことで、ボロボロだったメタルジグが綺麗に復活しました!眩しいばかりのフラッシングでヒラメや青物に良く効きそうですね!

次はダイヤカラーを使って作成した、パールピンク/パールホワイトゼブラです。

コーティングする前はこのような状態でしたが、しっかりとコーティング作業を行うことで・・・

いかがでしょうか?ラメに深みが出て、パール系の優しくアピールするカラーに仕上がりました。

光を当てるとこのようになります。ゴールドラメとレインボーに輝くホログラムの上にコーティングが均一にされると輝きに深みが増します。実物はもっと綺麗ですが、カメラだとうまく撮れません・・・。

最後は80円で購入したギャロップフォール。カラーは蛍光ピンク/パープルゼブラです。

蛍光ピンクを塗った段階ではこのような状態でしたが、パープルゼブラ+ラメを重ねて均一にコーティングすると・・・・

塗りのムラはこのように全く目立たなくなります。

このように、ボロボロだったジグが綺麗な一軍ジグに生まれ変わりました!

少しお待たせする形になりましたが、いかがでしょうか?これらは全てエアブラシなどは使わず、だれでも簡単にできる方法で作ったメタルジグでので、どなたでも気軽にオリジナルカラーのカッコいい世界に1つだけのメタルジグが作れてしまいます。

私の場合、オリジナルカラーのジグを作るのが楽しすぎて、新品のジグを買ってもすべて自分で色を塗り替えて使っているほどです(笑)

皆さんもこの機会に、オリジナルカラーのメタルジグづくりに挑戦してみてはいかがですか?

関連記事はコチラに紹介しておきます。必要な道具も細かく解説してありますので、ぜひ参考にしてみてください。

自分で考えて作ったオリジナルカラーのメタルジグで魚が釣れれば釣れた喜びも大きいですし、カラーセレクトに幅が出てきますね!

メタルジグの塗装の剥がし方 簡単・厚コーティング対応!

2017.07.24

メタルジグの塗装方法 エアブラシ・スプレー不要で綺麗に作る!

2017.07.25

 

 

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です