ヒラメ、青物、シーバスなどの好ポイント 静岡サーフを紹介!

今回は、雑誌などのメディアなどで取り上げられることも多い私の地元、静岡サーフを紹介したいと思います。

ヒラメやマゴチ、キスなどのほかにシーバスや青物なども狙える好ポイントとしてその名が知られるようになってきています。

最近は県外などからも遠征に来られる方も多くなってきているようですが、

どこに駐車場があるのか?

どのような釣り場なのか?

などわからないことも多いと思います。釣り人のマナーの悪さで釣り場が閉鎖されたりすることのないよう、マナーを守って釣りを楽しみたいものです。

静岡サーフでヒラメを釣る際のタックル選びなどのポイントについてはコチラ

静岡サーフ ヒラメ釣りの基礎基本!

2017.07.12

静岡周辺の釣り場、清水港と三保海岸のポイント紹介はコチラに詳しいものがあります。初めてお越しになる方は参考にしてみてください。

清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2017.10.04

【人気釣りポイント】青物の聖地、三保の釣り場を詳細解説!

2017.10.11

サーフヒラメ関係の釣り方や釣行期はコチラにて随時更新しています!

http://fish-beginner.com/category/lure-fishing/flat-fish/



静岡サーフってどんなところ?

静岡サーフと呼ばれるポイントは一般的に静岡市に属するサーフ一帯を指していますが、具体的には

安倍川河口~三保半島手前までを表す

ことが多いです。

人によっては三保海岸も静岡サーフと呼びますが、三保は三保と呼ぶことがどういうわけか多いです。

画像で示すとわかりやすいでしょうか?

大きな川が安倍川で、右側のちょっとした半島が三保(みほ)と呼ばれる場所になります。

静岡サーフの最もわかりやすいポイントは流入河川周り

静岡サーフには、安倍川、浜川、大谷川という3つの川が流れ込んでいます。

詳細に見ていけば小さな流れ込みなどもいくつかはあるのですが、初めてでもわかりやすいのはこの3つの川だと思います。

地元民ならば頻繁に通うことができるので状況に応じたポイント選択も比較的容易ですが、初めて挑戦される方や県外から遠征に来られる方などはまず川の河口周りからエントリーしてみても良いと思います。

駐車スペースもあり、釣りもしやすい場所は?

今回は整備された駐車スペースがあり、初めてでもエントリーしやすい場所を紹介したいと思います。

あまり具体的にポイントを紹介することは一種のマナー違反だと考える方もいらっしゃいますので、今回はメジャースポットを中心に見ていきましょう。

実績も十分あるポイントなので、しっかり戦略を立てていけば魚に出会える確立も比較的高いと思います♪

浜川河口

浜川は、大きさ自体はそこまで大きくはありませんが、アユの遡上する川として比較的水質も良く、水量も安定しています。

駐車スペースは国道150号線沿いの河口左岸、右岸のどちらにもあるのでエントリーも容易なポイントですね!

河口左岸から安倍川方面(西側)を撮影したものです。遠くに見える白い風力発電装置の見えるところが安倍川河口になります。

浜川河口周辺はテトラポッドが設置されていますが、オープンになっている場所も広いので比較的多くのキャパシティーがあると思います。

河口左岸から100m程、少し東側に行ってみました。

テトラポットの設置されている場所が多くなっているのが分かります。

沖に見えているのはシラス漁船で、静岡サーフの風物詩ですね!

朝の漁開始の時間になると、どこからともなくディーゼルエンジンの重低音が聞こえてきます。

基本的に良い場所に網を下したもの勝ちの漁になるので、毎朝船が競争になっています。

早い時間にシラスを水揚げすればするほど高値が付くので漁師さんも必死なんですね。

場合によっては波打ち際から20m程の所まで網を入れます。

走行してくる船のスクリューに仕掛けを巻き込まないように注意しながら釣りをしましょう。

 

こちらは浜川河口左岸の駐車スペースです。広さもそれなりにあるので、使いやすいと思います。

浜川河口で狙える魚は主にヒラメ、マゴチ、キス、青物、タチウオなどになります。大雨の後などで濁りが入ると大型のシーバスなども狙えます。

個人的な印象としては、イワシなどがまとまって入ってきたときに爆発力があり、年に何度かは爆発的な釣果が出るタイミングがありますね!

 

大谷川河口

浜川河口から車で東に1分ほど進むと、水門が国道沿いに見えてきます。そこが大谷川河口となっています。

大谷川河口はテトラポットの入っている個所が広いので、オープンなエリアは浜川河口よりも少し狭い印象です。

この日は浜川河口と同様にシラス船が船団になっていました。大谷川の水量は比較的少なく、テトラポッドの下から海に注いでいる形になっていることが多いです。

こちらも狙える魚は浜川河口とほぼ同じですが、所々に根が点在しているので初めて釣行する時などで地形が分からないときは、底に何か引っ掛かる場所があった時は少し場所をずらした方が無難です。

私は沈み根でいくつもルアーをなくした苦い経験があります(笑)

 

ギリギリを攻めることができれば釣果を伸ばすことも可能かもしれませんが、かなりロスト率が高いので注意しましょう!

久能周辺

大谷川河口からさらに東側の方へ行くと、石垣イチゴで有名な久能海岸になります。こちらのポイントはテトラ帯と小ワンドが繰り返されている地形になっています。

釣れているという情報が入った週末などには釣り人でいっぱいになります。

基本的に、テトラの間の小ワンドには釣り人1名という暗黙の了解といいますか、習わしみたいなものがあるので無言で隣に入って釣りをしたりするとトラブルの原因になります。

入る際は最低でも1声かけることは必ず行いますが、個人的には違う場所へ移動した方が良いと思います。

大勢で並んで釣りをするのが苦にならない方は、安倍川河口や浜川、三保周辺に釣行される方が多く、久能周辺はある程度自由に釣りをしたいと考える方が多いように感じますので。

久能周辺には小さな駐車スペースがいくつかありますが、おすすめなのは久能山の真下にある農家さんが開いてくださっている駐車場です。

1回200円というとても親切な料金で利用でき、気持ちよく釣りを楽しむことができると思います!

場所は久能山の真下です

山の真ん中に見えるのが東照宮です。

国道沿いのサークルKの隣になるので、わかりやすいと思います。

くれぐれも、空いたスペースに車を停めて釣りをしたりしないようにしましょう。

場所によっては警察が出動する事態にもなっています。釣り人自らが自分たちの首を絞めることのないように、マナーはしっかり守って釣りをしましょう。



静岡サーフの特徴は?

静岡サーフにはいくつかの特徴があります。特徴をしっかり把握しておくことで、皆さまの釣果につなげていただければ幸いです。

基本的に急深のサーフ

静岡サーフは駿河湾に面しています。駿河湾は全国的にも急深な地形をしていて、港から20分ほど船で沖に出るとすぐに水深1000m級の地点にたどり着きます。

したがって、サーフも比較的水深があり、

100m程遠投すると約5~8m程の水深のある場所が多いです。三保方面に行くとさらに水深は深くなってきて、深いところでは水深20mを超えてきます。

こうなると、シンキングミノーなどよりもバイブレーションやメタルジグ、ワームなどが使いやすいと思います。

私個人として、使うのは40gのメタルジグのみで1年中釣りをしています。

また、急深サーフで気を付けなければならないことがあります。

それは、

一見すると波がないような状況に見えても、

波打ち際の駆け上がりで波が圧縮されて一気に強い波ができることです。

 

この日はべたなぎですが、このように沖で波が立つことはほとんどありません。荒れてくると、波打ち際の駆け上がりで波が一気に高くなるので気を付けましょう。

 

これは遠くから波が立つ遠浅のサーフとは違う点です。

例えば、梅雨前線が停滞しているときなど、天気予報では波の出る予報が出ていないにもかかわらず、いざ釣りに出かけてみると岸近くだけ強烈なうねりが入っていたりすることがあるので気を付けましょう。

また、不用意にウェーディングして立ちこんでしまうと、うねりがあるときなどは予想外の強い波が来て危険です。からなず注意して釣りをしましょう。

テトラ帯での釣りを強いられることも

静岡サーフはテトラ帯と小ワンドの繰り返しだということをすでに説明しました。基本的に、朝早く来た人はワンドに場所取りをすることが多く、遅い時間になると釣り人が多すぎて、テトラの上で釣りをすることになる場合もあります。

こういったことも踏まえ、フェルトソールのウェーダーだけではなく、スパイクや滑りにくい厨房用の長靴などを用意しておくと安心です。とにかく、安全第一で釣りを楽しみたいものですね。

テトラの上はこのような感じになっています。

横方向を見てみると、

このような状態です。

よく、テトラの上で釣りをいしている方を見ていると、取り込みの事を全く考えていない方を見かけます。

テトラの上の釣りになると、場所選びによっては取り込みが不可能な場所があります。具体的には、テトラの組み方によって波打ち際まで近寄れない場所なども多いんですね。

そういった場所で魚を掛けてもロッドを破損したりする原因になります。

必ず安全確認をしたうえで、更に取り込みができそうか?などといったこともしっかり考えポイント選択をしましょう。

また、取り込みの際には磯ダモも必要です。

場所によっては高さがあったりするので、長さは最低でも5m以上。出来れば6mものもを購入すると良いと思います。

この時、安いシャフトはハリが弱くて使い物になりません。出来れば定価2万円前後のものを購入した方がはるかに快適に釣りが楽しめると思いますので参考にしてみてください。

 

安全に楽しく、マナーを守って静岡サーフで釣りを楽しみましょう!

焼津周辺の釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2018.01.07

清水港釣り場紹介、狙えるおすすめターゲットを詳しく解説!

2017.10.04

【人気釣りポイント】青物の聖地、三保の釣り場を詳細解説!

2017.10.11

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です