ワームで狙う港湾タチウオ釣り カラーチェンジと波動の強さで釣果は変わる!

シンプルなジグヘッドで狙うタチウオ釣り

今朝は少し早起きをしてタチウオ釣りに行ってきました。この時期のタチウオは結構ムラが出やすく、釣れる日と釣れない日の差が大きいので難しいことも良くあります。

一般的にタチウオ釣りは群れを探したり回遊してくるのを待つことが多いです。しかし、地元静岡の港には居つきの単独行動をするタチウオが存在するので、そういった個体を狙って行くとゼロにならないことが多々あります。

こういった居つきのタチウオは回遊性の高い個体と違い、非常にセレクティブです。ですので、余計なアクションを加えたり、スナップやトリプルフックが付いているだけで食ってこないことがあります。

そのため、私は港湾の岸壁からタチウオ釣りを行う場合はシングルフックのシンプルなジグヘッドを使い、カーブフォールとただ巻きで釣っていきます。

 

すでに廃版になってしまったカルティバのミッドランという下向きのロングシャンクフックが付いたジグヘッドが最高です。
カラーは最も夜光が強いミッドナイトグローと、グローが弱いピンクグローをローテーションさせます。サーフのヒラメ釣りの場合、カラーによる釣果の差はほとんどありませんがこのタチウオ釣りにおいてはカラーによって全く反応が変わるので注意が必要です。
個人的にはまずアピールの強いミッドナイトグローから使うことが多いです。もしそれで反応がなければ少しアピールを落としてピンクグローにチェンジします。
また、ワームはシャッドテールのついた波動の強いグラスミノーと波動の弱いピンテールワーム(エコギア ミノー)を使います。特に春先のチアユやシラスウナギパターンになった時はシャッドテールでは喰わないのにピンテールワームのただ巻きには入れ食いになることもあります。

集魚灯を付けて30分ほどでタチウオが!

集魚灯を付けてまずは餌となる小魚を集めます。少し時間が掛かるのでその間はカサゴ釣りをしたりして時間を潰すことが多いです。

ですが、どういうわけか癒しのカサゴは反応が少なく1匹釣れたのみでした。あまり真剣にカサゴを狙ってしまうと本命の釣りを忘れてしまいそうなのでしばらくしたところでタチウオ狙いを始めます。

ライトの下には若干のイワシが集まっていますがタチウオなどに追われている様子はありません。

不思議なもので、経験を積んでくるとイワシの泳ぎ方や仕草で『イワシの群れの下にそれを狙う魚がいるのか』などが魚の姿が見えなくてもわかるようになってきます。

こういったときは沖の居つき系のタチウオを狙った方が効率が良いのでお気にキャストしカウント20程からスタートしました。

数投しても反応がないのでカウントを35ほどに変更して少し深いところを引いてきます。すると、コツンというアタリ!

そのまま巻き続けると穂先が微妙に入りました。

弾かれないようにゆっくり大きくアワセを入れるとタチウオの引きが伝わってきました!重さはそこそこに感じるのでサイズも悪くはなさそうです。

足元まで寄せたら抜き上げでバラさないようにタイミングを見計らってキャッチ。

指3本強のタチウオゲットです!サイズもまずまず、やはり釣りたてのタチウオはピカピカで綺麗ですね!!

血抜きを済ませ、次を狙います。ラインに傷がないことを確認してから先ほど釣れた少し深めのタナを探ってみますが全く反応がありません。やはり単独行動のタチウオだったようです。こうなるとまたタチウオがかやってくるのを待つしかないのでしばらく我慢です。

そのままアタリすらない時間が45分ほど過ぎたでしょうか?突然イワシがパッと散ったのが見えました!!

どうやらついに回ってきたようです。注意して足元を見ているとまたすぐにタチウオがギラッとイワシを捕食しました。

うまくいけば群れていそうな感じです。少し浅めの水深をカーブフォールを交えながら探ります。少し巻いていったん止め、テンションをかけながらフォールさせるとガツガツという感触♪

しかし、アワセる前に放してしまったようで軽くなってしまいました。そのまま巻き続け、追い食いを促すとまたアタリが!!

今度はしっかりとアワセが決まりました!先ほどよりも引きが強く、期待できそうです。

指4本弱の良いサイズのタチウオでした。口の外から掛かっていたのであやうく針が外れるところでした・・・。

2匹釣り上げたので少し満足し休憩をしていると、まだタチウオはいるようでイワシのウロコが水中にキラキラと舞っています!

どうやら今がチャンスタイムのようなのですぐに釣りを再開します。今度はワームのカラーをピンクにチェンジし、グローの強さを弱くしてみました。

少し深めまで沈めてから巻き上げてみます。これも日によって違うのですが、水平に引くのが良い時、徐々に落とし込むように巻いてくる時が良い時、巻き上げてくる時が良い時と日によって巻き方のパターンがあるのでいろいろ試してみるのがオススメです。

すると、結果はすぐに帰ってきて足元まで巻いてきてヒットしました!魚との距離が近いのでバラさないように注意して一気に抜き上げキャッチ成功!

良いとは言えない状況でしたが3匹のタチウオを釣り上げることができたので終了しました。

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です